ホーム > 施設のご利用について > ご利用案内

施設のご利用について

ご利用案内 利用料金 空室状況 予約申し込み

開館時間・休館日

開館時間 9:00〜21:00 休館日  月曜日(休日および8月6日にあたるときは開館)
年末年始(12月29日〜1月3日まで)

申込み

予約・申し込みの受付

・ 使用日の1年前から受け付けます。
・ 使用日の1年前が休館日のときは、その翌日となります。

予約方法

空室状況を確認後、窓口、電話、インターネット(オンライン)、FAXにて受け付けます。

連続使用期間

連続して使用できる期間は、原則として3日間です。(ロビーギャラリーは7日間)
ただし、使用前6カ月未満で受け付ける場合は連続して7日間まで使用できます。

申し込みの方法

当区民文化センター事務室に所定の使用許可申請書を提出してください。

申請書の記入

所定の申請書に、使用者、使用内容、使用時間などについて具体的に記入してください。
※使用時間には、準備やあとかたづけの時間を含みます。

利用に必要な費用

・ 使用の際には利用料(施設利用料と附属設備利用料)が必要です。
詳しくは「利用料金」の項をご覧ください。

・ ホールを利用する際には、催し物の内容によって、舞台・照明・音響などの専門業者を主催者で手配していただく場合があります。

使用許可

使用許可書の交付

ホール、会議室等の使用許可書は、利用料の納付の際にお渡しします。

使用を許可できない場合

つぎの場合は施設の使用許可はできません。

  • 秩序又は風俗を害するおそれがあるとき。
  • 施設又は設備をき損するおそれがあるとき。
  • 会合の性質が騒じょうを起こすおそれがあるとき。
  • その他管理運営上支障があるとき。

目的外使用等の禁止

使用許可を受けた施設や設備を、許可を受けた目的以外に使用したり、転貸またはその使用権を譲渡することはできません。

使用を取りやめるとき

既納の使用料は、原則としてお返ししません。
ただし次の場合に該当するときは、それぞれに掲げる額を返還します。

ホール
  • 使用者の責めに帰することができない理由により
    使用することができない場合(全額)
  • 使用日の2カ月前までに使用の取消し、又は変更を申し出た場合(全額)
  • 使用日の1カ月前までに使用の取消し、又は変更を申し出た場合(半額)
使用日の1カ月未満の取消・変更に伴う使用料返還はできません
会議室等
  • 使用者の責めに帰することができない理由により
    使用することができない場合(全額)
  • 使用日の1週間前までに使用の取消し、又は変更を申し出た場合(全額)
  • 使用日の前日までに使用の取消し、又は変更を申し出た場合(半額)

使用の前に

関係機関への届出

使用が許可された場合、つぎの機関等に届出を必要とする場合があります。
防火管理  安佐南消防署(082−877−4101)
警備防犯  安佐南警察署(082−874−0110)
著作権    日本著作権協会中国支部(082−249−6362)

施設使用に必要な人員

使用者は、必ず会場責任者をおいてください。
また場内外整理員、駐車場整理員等は、使用者側で手配してください。
さらに事故等の発生にそなえ観客の避難誘導、緊急連絡、救急措置について係員と打ち合わせをし、万一の場合にも万全の対策がとれるようにしてください。
なお、事故などの場合は、使用者側で責任を負っていただきます。

駐車場の利用

駐車場の収容台数には限りがありますので、公共交通機関をご利用いただくよう周知徹底してください。なお、駐車場の整理は、主催者の責任で行ってください。路上駐車は固くお断りいたします。

守っていただくこと

利用者は次の事を守ってください。

  • 消防法上、各部屋の定員は厳守すること。
  • 区民文化センター内外の壁、柱、ガラス等にはり紙をしたり釘類を打たないこと。
  • 許可なく区民文化センター内外での寄附金品の募集、物品の宣伝・販売などをしないこと。
  • 許可なく施設・設備を使用したり、立ち入らないこと。
  • 許可なく火気を使用したり特別の設備をしないこと。
  • 所定の場所以外で飲食、喫煙はしないこと。
  • 危険物、不潔な物品又は動物を持ち込まないこと。
  • 騒音、怒声を発し又は暴力を用いる等、他人に迷惑を及ぽす行為をしないこと。

打ち合わせ

ホール

使用日の1ヶ月前までに、次の事項について打ち合せを行ってください。
なお、打ち合せの日時については、必ず事前にご連絡ください。

当日のスケジュール(搬入・仕込み・リハーサル・本番・搬出)

舞台設営(舞台図面・照明仕込図・音響仕込図)
舞台・照明・音響の専門業者
本番の進行(台本)
受付、場内外整理、駐車場整理
物品の展示販売
諸届、各種手配(火気使用・特殊効果・著作権・ピアノ調律)

会議室等

会議室等の使用に際して、設備や電源を使用される場合には、施設使用料のお支払いの際に申し出てください。 なお、追加使用が発生した場合は、当日申し出てください。

使用当日

使用許可書の携帯

使用者は必ず使用許可書を携帯してください。

使用時間

許可された使用時間には「搬入、仕込み(準備)」から「あとかたづけ、搬出」までの時間を含みます。時間内にすべて終了するように厳守してください。

原状回復

施設の使用終了後は、施設及び附属設備などを原状に回復してください。
区民文化センターの施設、設備などをき損又は滅失したときは損害賠償をしていただきます。

入場者の整理

開場時間前の入場者の整理は、主催者の責任で行ってください。

定員の厳守

消防法上、入場者の定員は厳守してください。

舞台の使用

舞台、照明、音響などの設備、備品の使用、操作については、すべて係員の指示に従って使用してください。また、ホール附属設備使用料については使用後、窓口にて現金でお支払いください。

火気の使用

客席、舞台、舞台袖での喫煙は禁止しておりますので、舞台関係者にも周知のうえ厳守してください。火気を必要とする演出は、事前に区民文化センターの防火管理者に届出て承認を受けたあと、消防署の許可を得ることが必要です。

湯茶の利用

湯呑茶碗・急須・ポット等が備えてありますので、ご利用ください。お茶の葉は持参してください。
なお、終了後は、洗ってもとの場所にしまってください。

楽屋の管理

盗難予防のため、部屋を空ける場合には必ず旋錠してください。また、楽屋内にはロッカーを用意しております。
楽屋等での盗難等については当方では責任を負いません。

ごみの処理

利用に際して出たごみは、主催者が責任をもって処理して下さい。