文化情報マガジン 財団文化イベント 財団文化出版 文化活動助成 財団の施設
NEWS
事業課主催イベント
美術
音楽
演劇・舞踊
映像
研修・講座
展示
各種イベント
 
from 文化事業部
文化情報マガジンto you
to you 広島の
文化活動を
応援する、
イベント
まるごと
情報誌
今月の広島カレンダー
まちづくり・生涯学習情報誌らしっく
施設・情報検索
a-ネット
ひろしま公共施設予約サービス
 
 

令和2年度能楽ワークショップ 「能楽入門講座」受講生募集!


600年以上の歴史を持つ日本が誇る伝統芸能「能」の謡を学び、能舞台で発表しませんか?

講座参加者は、令和2年10月10日(土)開催の 「市民能楽のつどい」に出演し、その成果を発表します。
 ※発表は能の演目を複数名で謡う「連吟」の形式で行います。
 ※「能面」、「装束」、「囃子(大鼓・小鼓・笛・太鼓)」をつけての練習はありません。
 ※「市民能楽のつどい」は、広島市能楽愛好者連盟と本財団の主催で、毎年10月に開かれる、能楽愛好者達の発表会です。 

 

pdf募集チラシ(PDF)

■ワークショップ内容
日  時    令和2年5月26日~10月13日 
         原則、毎週火曜日 18:30~20:30 (準備・片付を含む)  全20回(予定)
会  場    JMSアステールプラザ
受講料    4,000円
         ※足袋と発表の際の衣装(洋服可)は、各自でご用意いただくようになります。
講  師     野﨑信平(宝生流教授嘱託)・森憲治(宝生流教授嘱託)・原明博(広島宝生会理事)         
発表曲     「土蜘」(つちぐも) 

■主な日程及び内容
5月26日(火)   オリエンテーション
6月2日(火)~   謡の稽古 
10月9日(金)   「市民能楽のつどい」リハーサル
10月10日(土)  「市民能楽のつどい」に出演 
10月13日(火)   反省会

■応募要項
対  象     15歳以上
募集人数    30人
応募方法    はがき、FAXまたはEメールでお申し込みください。
記入事項    氏名(フリガナ)、年齢、住所、TEL、FAX、Eメールアドレス、 応募動機、経験の有無(経験者の方は、年数、流派など)
しめきり     令和2年5月8日(金)※必着

■応募・問い合わせ先
(公財)広島市文化財団 事業課「能楽入門講座」係
〒730-0812 広島市中区加古町4-17
TEL 082-244-0750  FAX 082-245-0246
Eメール bunka@cf.city.hiroshima.jp

topページトップへ