文化情報マガジン 財団文化イベント 財団文化出版 文化活動助成 財団の施設
文化活動助成事業
募集
助成事業決定
広島市文化振興基金
よくある質問
 
from 文化事業部
文化情報マガジンto you
to you 広島の
文化活動を
応援する、
イベント
まるごと
情報誌
今月の広島カレンダー
まちづくり・生涯学習情報誌らしっく
施設・情報検索
a-ネット
ひろしま公共施設予約サービス
 
 

文化活動助成事業 よくある質問


Q: 同じ年度に助成金を2回受けられますか。
A: 受けられません。
助成は同一年度内に1団体(個人)について1回としています。

Q: 他の助成金を申請あるいは交付されている事業でも応募できますか。
A: 民間の助成団体の助成金を申請あるいは交付されている事業については応募できます。
広島市及びその関係団体【国・県・市等の公的機関・団体も含む(以下、公的団体)】から助成金を交付されている事業又は交付決定している事業については応募できません。
これから公的団体の助成金を申請する事業については当財団の助成金にも応募はできますが、当財団の交付決定前に公的団体から助成金の交付決定通知を受けた場合、当財団の助成金申請を取り下げていただくようになります。当財団の交付決定後に公的団体から助成金の交付決定通知を受けた場合、当財団の助成金を受けるときは公的団体の助成金を辞退していただき、公的団体の助成金を受けるときには当財団の助成金を辞退していただくようになります。

Q: 助成金額は申請金額と同額になりますか。
A: 同額とは限りません。
助成金額については、20万円を限度とし、助成対象経費の2分の1以内で、審査委員会の審査を経て、予算の範囲内で決定しますので、申請額から減額された額になる場合もあります。

Q: 前日のゲネプロ(通し稽古)は本番とは違う会場を使用するのですが、対象経費(会場使用料)として認められますか。
A: 認められます。

Q: 申請書の実施内容や特記事項が書ききれないため別紙として書いてもいいでしょうか。
A: 申請書への記載については、1ページに収まるようにご記入ください。
ただし、実施内容に記載するゲスト出演(出品)者等が多くて書ききれない場合に限り、別添資料としてゲスト出演(出品)者名簿を作成して提出することができます。なおその際には、ゲスト出演(出品)者の所在地も分かるように記載してください。

Q: 印刷物・看板等には、必ず「公益財団法人広島市文化財団文化活動助成事業」の記載をお願いしますとありますが、審査結果発表の前に印刷をしないと広報が間に合わないのですが、どうすればいいのでしょうか。
A: 助成交付決定前に作成したポスター・チラシについては記載されていなくても問題ありませんが、公演等の実施の際に使用する看板、配布するプログラム等には必ず記載してください。

topページトップへ