→ トップページ


← 2014年11月のスケジュール                      2015年1月のスケジュール →
2014年12月のスケジュール
内     容 時 間 料 金 場 所
大人 シニア 高校生 小中学生
1 休 館 日
2 催し物はありません
3 MoMA 映画コレクション 「暗黒の恐怖」 14:00・18:30 510円 250円 250円 無料 ホール
4 MoMA 映画コレクション
「アンディ・ウォーホル プログラム」 (2作品)
14:00 380円 180円 180円
いちだい知のトライアスロン 出張講座&映画上映会 18:00 無料 無料 無料
5 MoMA 映画コレクション 「悲しみよこんにちは」 14:00・18:30 510円 250円 250円
6 MoMA 映画コレクション 「ビッグ・トレイル」 14:00・18:00 無料
7 MoMA 映画コレクション 「バンド・ワゴン」 10:30・14:00 250円
8 休 館 日
9 催し物はありません
10 仲代達矢特集 「永遠の人」 10:30・14:00・18:30 510円 250円 250円 無料 ホール
11 仲代達矢特集 「他人の顔」 10:30・14:00・18:00
12 MoMA 映画コレクション 「スウィート・スウィートバック」 14:00・18:30 510円 250円 250円
13 MoMA 映画コレクション 「イタリアン・アメリカン」 14:00・18:00 無料
レコードコンサート
「合唱音楽の楽しみ16 合唱交流が育んできた広島の想い」
15:00〜17:00 無料 無料 無料 無料 試写試聴室
14 MoMA 映画コレクション 「短篇集」 (6作品) 10:30・14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
15 休 館 日
16 バリアフリー上映会 「英国王のスピーチ」 14:00・18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
17 仲代達矢特集 「上意討ち 拝領妻始末」 10:30・14:00・18:00 510円 250円 250円
18 仲代達矢特集 「いのち・ぼうにふろう」
19 仲代達矢特集 「天国と地獄」
20 仲代達矢特集 「華麗なる一族」 10:30・15:00 無料
21 ファミリーシアター
「それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ」 ほか
10:30・14:00 510円 250円 250円
22 休 館 日
23 火・祝 仲代達矢特集 「金環蝕」 10:30・14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
24 休 館 日
25 仲代達矢特集 「遠野物語」 10:30・14:00・18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
26 仲代達矢特集 「影武者」 10:30・14:30
27 仲代達矢特集 「乱」 10:30・14:00・17:30
28 仲代達矢特集 「ハチ公物語」 10:30・14:00
29 休 館 日
30 休 館 日
31 休 館 日(〜1月5日)
●発券・開場は開映の1時間前(10:30の回は30分前)から行ない、定員に達し次第締切となります。
●開映30分後からの入場はできません。
●各回入替制です。鑑賞券は当日・当該回のみ有効です。
●都合により、発券・開場・開映時間が変更になる場合があります。

●各種手帳類の提示により、映画鑑賞料が無料になります。 詳しくはこちら
●シニアは65歳以上。 運転免許証や健康保険証など年齢がわかる公的証明書、または健康手帳(平成19年度まで65歳以上のすべての人に配布されていたもの)をご提示ください。


名作映画鑑賞会
↑ページトップへ

仲代達矢特集
11月に引き続き、仲代達矢さんの特集を開催します。今月は、高峰秀子や佐田啓二との共演で、夫婦の愛憎の年月を描いた「永遠の人」、誘拐犯を追う警部を熱演した、黒澤明監督のサスペンス大作「天国と地獄」、自らの命を犠牲にしても若者の恋を実らせようとする無頼漢を演じた「いのち・ぼうにふろう」、山崎豊子のベストセラー小説をもとに、金融界の裏面をオールスター・キャストで描いた「華麗なる一族」などを上映します。多くの皆様のご来場をお待ちしています。
※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。


12/10(水) 永遠の人
1961(昭和36)年 松竹大船 106分 白黒
監督/木下惠介  出演/高峰秀子、佐田啓二、仲代達矢、乙羽信子
主人公のさだ子は、恋人の隆をあきらめ、地主の息子・平兵衛(仲代達矢)と結婚する。が、2人の間には愛よりも激しい憎しみがあった。九州の阿蘇を舞台に、昭和7年から36年までの30年間にわたるさだ子・平兵衛夫婦の憎悪の歳月を描く。
①10:30〜 ②14:00〜 ③18:30〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料

12/11(木) 他人の顔
1966(昭和41)年 勅使河原プロダクション、東京映画 121分 白黒
監督/勅使河原 宏  出演/仲代達矢、平幹二朗、岸田今日子、京マチ子
安部公房の小説を映画化。顔に大やけどを負った主人公は、医師に作ってもらった他人の顔をつけて別の人生を生きようとする。しかし彼は、自分は何者なのかという問いに苦しめられる。
①10:30〜 ②14:00〜 ③18:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料

12/17(水) 上意討ち 拝領妻始末
1967(昭和42)年 東宝、三船プロダクション 121分 白黒
監督/小林正樹  出演/三船敏郎、加藤 剛、司 葉子、仲代達矢
滝口康彦の『拝領妻始末』をもとに、武家社会の非情な一面を描いた力作。藩主の命により、側室を息子の妻として与えられた笹原伊三郎。突如、妻を返上せよとの上意が下るが、伊三郎の一家は家名断絶を覚悟のうえで反抗する。
①10:30〜 ②14:00〜 ③18:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料

12/18(木) いのち・ぼうにふろう
1971(昭和46)年 東宝、俳優座 121分 白黒
監督/小林正樹  出演/仲代達矢、栗原小巻、酒井和歌子、勝新太郎
山本周五郎の小説『深川安楽亭』を仲代達矢夫人の隆巴が脚色。四方を水路に囲まれた江戸深川の安楽亭を根城に、抜け荷を働く無頼漢たち。若者の純愛に心を打たれた彼らは、自分の命を棒に振っても2人の恋を実らせようとする。
①10:30〜 ②14:00〜 ③18:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料

12/19(金) 天国と地獄
1963(昭和38)年 東宝、黒澤プロダクション 143分 白黒
監督/黒澤 明  出演/三船敏郎、仲代達矢、山崎 努、香川京子
製靴会社の重役の息子と間違えられて運転手の子どもが誘拐された。巧妙な手口で身代金を手に入れた犯人。全力をあげて犯人を追跡する捜査陣。特急列車を利用した身代金の受け渡しなど、全編息詰まるようなサスペンスに満ちた大作。
①10:30〜 ②14:00〜 ③18:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料

12/20(土) 華麗なる一族
1974(昭和49)年 芸苑社 211分 カラー
監督/山本薩夫  出演/佐分利信、仲代達矢、京マチ子、田宮二郎
金融界の裏面を描いた山崎豊子のベストセラー小説の映画化。関西の財界を支配する銀行家の一族を中心に、富と権力をめぐる人間たちの野望や愛憎をオールスター・キャストで描き、山本薩夫監督が重厚な人間ドラマに仕上げている。
①10:30〜 ②15:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・小中高校生無料

12/23(火・祝) 金環蝕
1975(昭和50)年 大映映画 154分 カラー
監督/山本薩夫  出演/仲代達矢、宇野重吉、三國連太郎、高橋悦史
九頭流川ダム汚職事件をモデルにした石川達三の同名小説の映画化。汚職事件をめぐる政治家たちの攻防を、多彩な出演者で描く社会派ドラマ。仲代達矢や宇野重吉、三國連太郎らの演技派俳優たちが虚々実々の駆け引きを見せる。
①10:30〜 ②14:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料

12/25(木) 遠野物語
1982(昭和57)年 IBC岩手放送、俳優座映画放送、麻布企画、鐵プロダクション
110分 カラー
監督/村野鐵太郎  出演/原 陽子、隆 大介、江波杏子、仲代達矢
日露戦争の頃、愛し合いながらも、この世では成就しない武夫と小夜の恋。2人は白馬に乗って夢幻の世界で結ばれる。柳田国男の「遠野物語」と阿伊染徳美の「わがかくし念仏」をもとに幻想的な愛の物語を描く。
①10:30〜 ②14:00〜 ③18:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料

12/26(金) 影武者
1980(昭和55)年 東宝映画、黒澤プロダクション 180分 カラー
監督/黒澤 明  出演/仲代達矢、山崎 努、萩原健一、根津甚八
武田信玄(仲代達矢)は自らの死を三年間秘密にせよと遺言してこの世を去った。武田の重臣たちは影武者(仲代達矢)を用いて信玄の存命を装う。信長、家康と武田勢の攻防、信玄の影武者となった男の数奇な運命を、壮麗な映像美で描く。カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。
①10:30〜 ②14:30〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料

12/27(土) 乱
1985(昭和60)年 ヘラルド・エース、グリニッチ・フィルム・プロダクション
カラー 162分
監督/黒澤 明  出演/仲代達矢、寺尾 聰、根津甚八、隆 大介
戦国時代の武将・一文字秀虎(仲代達矢)は、三人の息子に家督や城を譲って引退する。兄弟が力を合わせてという秀虎の願いもむなしく、息子たちは骨肉の争いを繰り広げることに…。シェイクスピアの「リア王」をベースにした悲劇が、「影武者」をしのぐスケールで描かれる。
①10:30〜 ②14:00〜 ③17:30〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料

12/28(日) ハチ公物語
1987(昭和62)年 東急グループ、三井物産、松竹グループ 107分 カラー
監督/神山征二郎  出演/仲代達矢、八千草薫、石野真子、長門裕之
秋田犬のハチは、飼い主の大学教授(仲代達矢)が亡くなった後も、渋谷の駅で教授の帰りを待ち続けた。銅像になった忠犬ハチ公の実話を、新藤兼人の脚本で映画化。昭和初期の渋谷駅をオープンセットで再現したのも話題となった。
①10:30〜 ②14:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料

外国映画鑑賞会
↑ページトップへ

Film Treasures from The Museum of Modern Art
MoMA ニューヨーク近代美術館映画コレクション


そこにわれわれが感じるのは、目くるめく映画の自由である。映画にも古典はあるが、一世紀ほどの間に選ばれた古典はいつも古典でないものによって照らし直され、改めて時の試練テスト・オブ・タイムに耐えて行くことになる。MoMAは突然に姿を現す輝ける非=古典を見逃さず、上映し、保存し、古典の定義そのものを揺さぶってきた。
     「フィルムの夢、映画の自由 ― MoMAコレクションの上映を考える」岡島尚志 カタログ所収より

MoMAの通称で知られる「ニューヨーク近代美術館」。
その映画部門は、イギリス生まれの映画評論家アイリス・バリーの献身的な努力により、1929年の美術館設立の6年後、1935年に誕生しました。それから80年、MoMAは膨大なコレクションと野心的な上映プログラムで、常に世界のフィルム・アーカイブ運動をリードし続けてきました。
今回の企画では、映画草創期1905年に撮られた『ニューヨークの地下鉄』から、D・W・グリフィスやマック・セネットの短篇、ウォルト・ディズニー自身がつくった貴重なアニメーションや、ハワード・ホークスの初期の名作、ジョン・ウェインの初主演作に1950年代ハリウッドの黄金時代を彩る作品、アフリカン・アメリカンによる伝説的なインディペンデント映画や若き日のマーティン・スコセッシ監督が自身の両親を撮った貴重なドキュメンタリーまで、多様で魅力的な作品群を美しいヴィンテージ・プリントでご覧いただきます。MoMAの映画コレクションの豊かさと独自性を心ゆくまでご堪能ください。
「MoMAニューヨーク近代美術館映画コレクション」 公式ホームページ
■主 催/広島市映像文化ライブラリー、東京国立近代美術館フィルムセンター、
  一般社団法人コミュニティシネマセンター(シネマテーク・プロジェクト)
■特別協力/ニューヨーク近代美術館
■共 催 (シネマテーク・プロジェクト参加団体・予定)/川崎市市民ミュージアム(川崎市)、
  川崎市アートセンター(川崎市)、金沢21世紀美術館(金沢市)、神戸アートビレッジセンター(神戸市)、
  山口情報芸術センター(山口市)、高知県立美術館(高知市) ほか
■協 力/アテネ・フランセ文化センター


Fシネマ・プロジェクト
100年をこえる映画の歴史の中で、デジタル化された作品はごくわずかにすぎません。フィルムでの上映環境を保持しつづけるために、調査を行い、関係者のネットワークを構築し、フィルムの知識や情報を共有し、さらに、フィルムの魅力を伝えるための具体的な企画を実施する、それがコミュニティシネマセンターの「Fシネマ・プロジェクト」です。「MoMA ニューヨーク近代美術館映画コレクション」も、Fシネマ・プロジェクトの一環として実施しています。

※本特集の上映作品の中には、映像・音声が良好でないものがあります。
※『アンディ・ウォーホル プログラム』『ニューヨークの地下鉄』『フラッシング・メドウズ』には日本語字幕がついていませんが、鑑賞に支障はありません。その他の作品は日本語字幕付き。
※上映作品の紹介は、フィルム提供先からの情報を基にしています。
※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。



12/3(水) 暗黒の恐怖  Panic in the Streets
1950年 96分 白黒 製作会社/20世紀フォックス 監督/エリア・カザン
原作/エドナ・アンハルト、エドワード・アンハルト 撮影/ジョー・マクドナルド
出演/リチャード・ウィドマーク、ポール・ダグラス、ジャック・パランス
肺ペストの蔓延を防ぐため、ニューオーリンズの公衆衛生局の少佐がベテラン刑事と共に殺人事件の容疑者を追い続ける三日間を描く。演劇出身のカザンが、多彩な映画的技法を採り入れる転機となったフィルム・ノワール作品。ジャック・パランスのデビュー作でもある。
①14:00〜 ②18:30〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料

12/4(木) アンディ・ウォーホル プログラム (2作品・82分)
            ※日本語字幕がついていませんが、鑑賞に支障はありません。
スクリーンテスト アンディ・ウォーホルの最も美しい女性たち (4人版)
Four of Andy Warhol's Most Beautiful Women
1964年 16分 白黒 無声 監督・撮影/アンディ・ウォーホル
出演/ベイビー・ジェーン・ホルツァー、アン・ブキャナン、アイヴィ・ニコルソン、サリー・カークランド
数多く撮影された「スクリーンテスト」シリーズから編集された一篇。スーパースターになる「見込みのある」四人にスクリーンテストのポーズをとらせ、固定カメラから撮影することで、人物とその周囲の時間をフィルムに定着させる。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ  The Velvet Underground and Nico
1966年 66分 白黒 監督・出演/アンディ・ウォーホル 監督・撮影/ポール・モリシー
撮影/バーバラ・ルービン 音楽/ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
出演/ニコ、ルー・リード、ジョン・ケイル
ウォーホルのプロデュースによってデビューした伝説のバンド、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコの「ファクトリー」でのセッションを定点から観察する。時折セッションに参加するように、カメラは激しく揺れ、ズームする。市警闖入のハプニングもそのまま、ライブの時間の流れを提示する。
①14:00〜
鑑賞料/大人380円・シニア(65歳以上)180円・高校生180円・小中学生無料

出張講座&映画上映会
「アンディ・ウォーホル プログラム」②18:00〜の回は、広島市立大学「いちだい知のトライアスロン」として、上映前に市立大学教員による講座を実施します(入場無料)。
詳しくは こちら

12/5(金) 悲しみよこんにちは  Bonjour Tristesse
1958年 94分 白黒・カラー 製作会社/ホイール・プロ
監督/オットー・プレミンジャー 原作/フランソワーズ・サガン
撮影/ジョルジュ・ぺリナール 出演/デボラ・カー、デイヴィッド・ニーヴン、ジーン・セバーグ
フランソワーズ・サガンのベストセラー小説の映画化。南仏で父と夏を過ごす17歳のセシル。父が亡き母の友人アンヌと結婚すると知ったセシルは、二人の仲を裂こうとするが、それが思わぬ悲劇を招く。ジーン・セバーグのショートヘアが“セシルカット”として大流行、ジュリエット・グレコが唄う主題歌もヒットした。
①14:00〜 ②18:30〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料

12/6(土) ビッグ・トレイル  The Big Trail
1930年 122分 白黒 製作会社/フォックス 監督/ラウォール・ウォルシュ
原作/ハル・G・エヴァーツ
撮影/アーサー・エドスン(70o版)、ルシアン・N・アンドリオット(35o版)
出演/ジョン・ウェイン、マーガリート・チャーチル、エル・ブレンデル
19世紀半ば、苦闘の末にオレゴン街道の西の果てにたどり着く開拓民たちを描いた叙事詩西部劇。ジョン・ウェインの初主演作品としても有名。1980年代、70oワイド版(グランジャー)がMoMAによって35oシネマスコープ・プリントに復元された。
①14:00〜 ②18:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・小中高校生無料

12/7(日) バンド・ワゴン  The Band Wagon
1953年 112分 カラー 製作会社/MGM 監督/ヴィンセント・ミネリ
原案・脚色/ベティ・カムデン、アドルフ・グリーン 撮影/ハリー・ジャクソン
出演/フレッド・アステア、シド・チャリシー、オスカー・レヴァント
監督ヴィンセント・ミネリ、主演フレッド・アステア、MGMミュージカルの最高峰。アステア演じるトニー・ハンターは、かつての栄光再びと旧友のマートン夫妻が書き上げたミュージカルの舞台化を目指す。劇中曲「ザッツ・エンターテイメント」は後年のアンソロジー映画の題名にもなった。
①10:30〜 ②14:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料

12/12(金) スウィート・スウィートバック  Sweet Sweetback's BaaDasssss Song
1971年 98分 カラー 製作会社/イアー・プロ
監督・脚本・音楽・出演/メルヴィン・ヴァン・ピープルズ 撮影/ボブ・マックスウェル
出演/サイモン・チャックスター、ヒューバート・スケールズ、黒人コミュニティの人々
メルヴィン・ヴァン・ピープルズ監督・製作・主演の伝説のブラックスプロイテーション・ムービー。白人の悪徳警官に追われるスウィートバックは、怒り、戦い、走り続ける、どこまでも。2004年に監督がMoMAに提供したオリジナルネガから復元された。
①14:00〜 ②18:30〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料

12/13(土) イタリアン・アメリカン  Italianamerican
1974年 48分 カラー 脚本・監督・出演/マーティン・スコセッシ
脚本/マーディク・マーティン、ラリー・コーエン 撮影/アレックス・ハーシュへルド
出演/キャサリン・スコセッシ、チャールズ・スコセッシ
若くして名声を得たマーティン・スコセッシが両親を撮影した貴重なドキュメンタリー。食卓を囲んで交わされる親子の会話から、苦しい時代を生きた、あるイタリア系移民の家族史が立ち上がる。クレジットの最後にスコセッシ家のイタリア料理のレシピが登場する。
①14:00〜 ②18:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・小中高校生無料

12/14(日) 短篇集 (6作品・51分)
ニューヨークの地下鉄  Interior N.Y. Subway, 14th Street to 42nd Street
※日本語字幕がついていませんが、鑑賞に支障はありません。

1905年 4分 白黒 無声  製作会社/アメリカン・ミュートスコープ・アンド・バイオグラフ
監督/G・W・ビッツァー

1904年に開通したニューヨークの地下鉄。14丁目駅を出発した地下鉄が42丁目駅に到着するまでを記録している。監督はグリフィス作品の名カメラマン、G・W・ビッツァー。公開当時のナイトレートのオリジナルネガからニュープリントを作成。

女の叫び  The Lonedale Operator

1911年 17分 白黒(一部染色)  無声 製作会社/バイオグラフ
監督/D・W・グリフィス 脚本/マック・セネット 撮影/G・W・ビッツァー
出演/ブランチ・スウィート、フランシス・J・グランドン、エドワード・ディロン

給料袋目当てに駅に押し入ろうとする強盗と、立てこもって助けを求める通信手の娘の攻防、そして恋人の危機を知って汽車で駆けつける機関士によるラスト・ミニッツ・レスキューが、クロスカッティングの手法でスリルたっぷりに描かれる。

男の友情  Friends

1912年 13分 白黒 無声 製作会社/バイオグラフ
監督・脚本/D・W・グリフィス 撮影/G・W・ビッツァー
出演/メアリー・ピックフォード、ヘンリー・ウォルソール、ライオネル・バリモア

メアリー・ピックフォードやライオネル・バリモアら後のビッグ・スターを配した一巻もの。西部の金鉱町を舞台に孤児の少女を巡る三角関係が展開するが、二人の男は古くからの友人であった。

ツーリスト  The Tourists

1912年  6分 白黒 無声 製作会社/バイオグラフ
監督/マック・セネット 撮影/パーシー・ヒギンソン
出演/メーベル・ノーマンド、チャールズ・ウェスト、ウィリアム・J・バトラー

列車の停車中に付近の観光に出向いた一行が乗り遅れてしまったことから巻き起こる、セネットお得意のドタバタ喜劇。ネイティヴ・アメリカンの妻が自分の夫に対して馴れ馴れしく接する白人女性に嫉妬して…。

ニューマン劇場のお笑い漫画  Newman Laugh-o-Grams

1920年  3分 白黒 無声 製作会社/ラフォグラム
監督・出演/ウォルト・ディズニー

19歳のウォルト・ディズニーがカンザスシティーのフランク・L・ニューマンの映画館のために作ったアニメーション。映画界の大立者となる以前のディズニーを見ることができる貴重な作品。

フラッシング・メドウズ  Flushing Meadows
※日本語字幕がついていませんが、鑑賞に支障はありません。

1965年 8分 カラー 無声
監督/ジョゼフ・コーネル 撮影/ラリー・ジョーダン

現代アート作家として知られるジョゼフ・コーネルが、友人である家出少女ジョイス・ハンターの死を悼んで撮った哀悼の映画。コーネル最後の映像作品で、長く所在不明とされていたが、ジョゼフ・アンド・ロバート・コーネル記念財団がMoMAに寄贈した映画の中から2003年に復元された。
①10:30〜 ②14:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料

広島市立大学「いちだい知のトライアスロン」・広島市映像文化ライブラリー連携事業
出張講座&映画鑑賞会
↑ページトップへ

広島市立大学の学生が、読書、映画鑑賞、美術鑑賞等を通じて幅広い教養を身につけることを目指す「いちだい知のトライアスロン」。その一環として、市立大学教員による講座とともに、映画「アンディ・ウォーホル プログラム」を鑑賞する企画です。学生だけでなく一般の方もぜひご参加ください。

12/4(木) 18:00〜  入場無料 ※申し込みは不要です
講師/チャールズ・ウォーゼン (広島市立大学芸術学部准教授)
上映作品/アンディ・ウォーホル プログラム   作品について
       
「スクリーンテスト アンディ・ウォーホルの最も美しい女性たち (4人版)」
       ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ

バリアフリー上映会
↑ページトップへ

吃音に悩む英国王ジョージ6世が自らを克服し、国民に愛される本当の王になるまでを描いた感動の伝記映画「英国王のスピーチ」を、視覚障害や聴覚障害の方もご鑑賞いただけるよう、日本語吹替え・日本語字幕つきで上映します。

12/16(火) 英国王のスピーチ  The King's Speech  日本語吹替え・日本語字幕つき
2010年 イギリス、オーストラリア 118分 カラー
監督/トム・フーパー
出演/コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェフリー・ラッシュ、ガイ・ピアース
子どもの頃から吃音のせいで無口で内向的なジョージ6世は、兄のエドワードが愛のために王冠を捨てたことから、予期せぬ王の座についた。折しもヒトラー率いるナチスドイツとの開戦を余儀なくされる中、妻エリザベスとスピーチ・セラピストのサポートで歴史的演説を成し遂げ、王は国民のリーダーとして戦争という難局に立ち向かう。第83回アカデミー賞で作品賞など4部門を受賞。
①14:00〜 ②18:00〜
鑑賞料/大人380円・シニア(65歳以上)180円・高校生180円・小中学生無料

ファミリーシアター
↑ページトップへ

12/21(日)  それいけ! アンパンマン いのちのほしのドーリィ
2006(平成へいせい18)ねん  日本にほんテレビ、バップ、トムス・エンタテイメント、フレーベルかん、やなせスタジオ
51ぷん  カラー
監督かんとく矢野やの博之ひろゆき   こえ出演しゅつえん戸田とだ恵子けいこ中尾なかお隆聖りゅうせい増岡ますおか ひろし佐久間さくまレイ
うみただよはこなかから、アンパンマンはドーリィという人形にんぎょうたすします。いのちのほしからいのちをもらったドーリィは、よろこびのあまり勝手かってなことばかりして、みんなをこまらせます…。
同時上映どうじじょうえい/コキンちゃんとあおいなみだ(20ぷん) 〈2作品さくひん・71ぷん
フィルム提供ていきょう/トムス・エンタテインメント
①10:30〜 ②14:00〜
鑑賞料かんしょうりょう大人おとな510えん・シニア(65歳以上さいいじょう)250えん高校生こうこうせい250えん小中学生しょうちゅうがくせい無料むりょう

レコードコンサート
↑ページトップへ

12/13(土) 15:00〜17:00  入場無料
合唱音楽の楽しみ16
被爆50周年から70周年へ 合唱交流が育んできた広島の想い
選曲&解説/谷 千鶴子(合唱指揮者、広島県合唱連盟理事長)
今年3月25日、広島県合唱連盟は、公募による13歳〜82歳のメンバーによる「平和と希望の合唱団広島」を編成して、エリザベト音楽大学室内合唱団と共に、ニューヨークの国連本部で、念願の「平和と希望のコンサート」を、日本政府国連代表部と共催で開催いたしました。
日本の合唱団として初めての国連本部での演奏会は、普段政治のリアルな議論の場として知られる経済社会理事会の会議場での開催でした。この実現には、2012年5月に初めて広島を訪問し、「平和と慰霊のコンサート」を開催した国連本部職員で構成されるUN-SINGERS(国連合唱団)との厚い友情が力を発揮しました。
1995年、被爆50周年記念事業「ピースワールド in 広島 ’95」から始まった海外の合唱団と広島の合唱団との交流は、1999年「オーガスト・イン・ヒロシマ ’99」をはじめ、多くの実を結びました。「人類初の被爆都市ヒロシマ」は「国際平和文化都市ヒロシマ」として見事に復興し、世界の合唱人との交流を続け、「平和と希望」を発信しています。この20年間に広島を訪れた海外の合唱団の演奏を紹介し、交流の熱い想いと人々の微笑みをご一緒に楽しみたいと思います。
↑ページトップへ

→ トップページ