→ トップページ


← 2014年12月のスケジュール      2015年2月のスケジュール → 
2015年1月のスケジュール
内     容 時 間 料 金 場 所
大人 シニア 高校生 小中学生
1 休 館 日
2 休 館 日
3 休 館 日
4 休 館 日
5 休 館 日
6 催し物はありません
7 文化映画 「利休の茶」 ほか 14:00・18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
8
9 ヤマガタ in 広島 「祖国か死か」 14:00・18:30 380円 180円 180円
10 ヤマガタ in 広島 「リヴィジョン/検証」 14:00・18:00 無料
ビデオ入門講座 13:00〜16:00 無料
(要申込)
無料
(要申込)
- - 多目的研修室
11 ヤマガタ in 広島 「サンティアゴの扉」 10:30・14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
ビデオ入門講座 13:00〜16:00 無料
(要申込)
無料
(要申込)
- - 多目的研修室
12 月・祝 ヤマガタ in 広島 「我々のものではない世界」 10:30・14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
13 休 館 日
14 文化映画 郷土玩具 駒」 ほか 14:00・18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
15 小津安二郎監督特集 学生ロマンス 若き日」 14:00・18:30 510円 250円 250円
16 小津安二郎監督特集 「長屋紳士録」 10:30・14:00・18:30
17 小津安二郎監督特集 「晩春」 10:30・14:00・18:00 無料
18 小津安二郎監督特集 「東京の合唱」 10:30・14:00 380円 180円 180円
19 休 館 日
20 催し物はありません
21 文化映画 「甦える文化財 ―表装の技術―」 ほか 14:00・18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
22 小津安二郎監督特集 「和製喧嘩友達」 ほか 14:00・18:30 510円 250円 250円
23 小津安二郎監督特集 「東京の宿」 10:30・14:00・18:30 380円 180円 180円
24 ファミリーシアター 「さよなら銀河鉄道999 ―アンドロメダ終着駅― 10:30・14:00・18:00 510円 250円 無料
25 サウンド・アンド・サイレント 「出来ごころ」 14:00 380円 180円 180円
26 休 館 日
27 文化映画 「国宝 『鳥獣人物戯画』」 ほか 14:00・18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
28 小津安二郎監督特集 「突貫小僧」 ほか 14:00・18:30 510円 250円 250円
29 小津安二郎監督特集 「その夜の妻」 ほか 14:00・18:00
30 小津安二郎監督特集 「風の中の牝雞」 10:30・14:00・18:30
31 小津安二郎監督特集 「宗方姉妹」 10:30・14:00・18:00 無料
●発券・開場は開映の1時間前(10:30の回は30分前)から行ない、定員に達し次第締切となります。
●開映30分後からの入場はできません。
●各回入替制です。鑑賞券は当日・当該回のみ有効です。
●都合により、発券・開場・開映時間が変更になる場合があります。

●各種手帳類の提示により、映画鑑賞料が無料になります。 詳しくはこちら
●シニアは65歳以上。 運転免許証や健康保険証など年齢がわかる公的証明書、または健康手帳(平成19年度まで65歳以上のすべての人に配布されていたもの)をご提示ください。


名作映画鑑賞会
↑ページトップへ

小津安二郎監督特集
小津安二郎監督は、1903(明治36)年12月12日に生まれ、1963(昭和38)年12月12日、60歳の誕生日に亡くなりました。2013(平成25)年は小津監督の生誕110年、没後50年にあたります。これを機に回顧上映が開催されたり、カラー作品のデジタル修復が行われるなど、再び小津作品に注目が集まっています。
広島市映像文化ライブラリーでも、小津監督の作品にふれていただこうと、1月から3月にかけて小津監督の特集を開催します。今回の特集では、1929(昭和4)年に公開された「学生ロマンス 若き日」から遺作の「秋刀魚の味」まで、小津監督の現存する全作品を上映します。とりわけ、当館では初めて上映するサイレント(無声)作品からは、巨匠としての円熟味を増した戦後の作品とは、また趣の異なる小津作品の魅力を発見することができることでしょう。多くの皆様のご来場をお待ちしています。
協力/松竹株式会社
※今月の上映作品には、映像・音声が良好ではないものがあります。
※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。


1/15(木) 学生ロマンス 若き日
1929(昭和4)年 松竹蒲田 103分 白黒 無声
監督/小津安二郎  出演/結城一郎、斎藤達雄、松井潤子、飯田蝶子
何事にも調子のいい学生・渡辺と、実はスキーが苦手な学生・山本がスキーに出かけ、美貌の女性をめぐって恋のライバルに…。随所に秀逸なギャグが盛り込まれた青春コメディ。現存する最も初期の小津作品。
①14:00〜 ②18:30〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料
(フィルム提供/松竹)

1/16(金) 長屋紳士録
1947(昭和22)年 松竹大船 71分 白黒
監督/小津安二郎  出演/飯田蝶子、青木放屁、笠 智衆、小沢栄太郎
小津安二郎監督の戦後第一作。下町の長屋に親とはぐれた少年・幸平が連れてこられる。はじめ長屋の住人たちは、幸平の世話を押しつけ合うが、荒物屋のおたねは次第に幸平に情が移っていく。荒廃した東京を舞台に、長屋の人々と幸平との心の交流を描く人情劇。
①10:30〜 ②14:00〜 ③18:30〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料

1/17(土) 晩 春
1949(昭和24)年 松竹大船 108分 白黒 
監督/小津安二郎  出演/笠 智衆、原 節子、月丘夢路、杉村春子
小津安二郎監督と原節子が初めてコンビを組んだ作品。鎌倉に住む大学教授とその娘。父を一人にしたくないと、娘は結婚に乗り気ではないが、父は寂しさをこらえて娘を嫁がせようとする。父と娘の愛情を端正なスタイルで描いた小津作品。
①10:30〜 ②14:00〜 ③18:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・小中高校生無料

1/18(日) 東京の合唱コーラス
1931(昭和6)年 松竹蒲田 90分 白黒 無声
監督/小津安二郎  出演/岡田時彦、八雲恵美子、斎藤達雄、飯田蝶子
保険会社に勤める主人公の岡島は、同僚がクビになったのに抗議して、自らも解雇される。岡島は学生時代の恩師と再会し、彼が営む洋食屋を手伝うことになるが…。随所にギャグをちりばめながら、サラリーマンの哀愁をにじませる。
①10:30〜 ②14:00〜
鑑賞料/大人380円・シニア(65歳以上)180円・高校生180円・小中学生無料

1/22(木) 和製喧嘩友達/大学は出たけれど/落第はしたけれど  〈3作品・90分〉
和製喧嘩友達
1929(昭和4)年 松竹蒲田 14分 白黒 無声 [デジタル復元版]
監督/小津安二郎  出演/渡辺 篤、浪花友子、吉谷久雄、結城一郎
若い二人のトラック運転手が、身寄りのない娘を引き取るが、二人ともその娘に惚れてしまう。はたして娘の意中の男性は…。

大学は出たけれど
1929(昭和4)年 松竹蒲田 12分 白黒 無声 部分
監督/小津安二郎  出演/高田 稔、田中絹代、鈴木歌子、日守新一
大学を卒業したものの職のない野本。妻は家計を助けようとバーで働くが、野本の焦りはつのるばかり…。

落第はしたけれど
1930(昭和5)年 松竹蒲田 64分 白黒 無声 不完全
監督/小津安二郎  出演/斎藤達雄、田中絹代、二葉かほる、青木富夫
カンニングで試験を乗り切ろうとした高橋だったが、下宿の中で彼だけが落第してしまう。しかし、卒業した連中にも職がない。かえって高橋の方が溌剌と再度の学生生活を送るのだった。
①14:00〜 ②18:30〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料
(フィルム提供/松竹)

1/23(金) 東京の宿
1935(昭和10)年 松竹蒲田 80分 白黒 無声サウンド版
監督/小津安二郎  出演/坂本 武、突貫小僧、岡田嘉子、飯田蝶子
坂本武扮する喜八を主人公とする‘喜八もの’の一本。下町の工場地帯、失業中の喜八は二人の子どもを連れて職を探す。同じような境遇の母子に出会い、その世話をする喜八だったが、ついに母子の窮状を救うため、盗みを働いてしまう…。
①10:30〜 ②14:00〜 ③18:30〜
鑑賞料/大人380円・シニア(65歳以上)180円・高校生180円・小中学生無料

1/28(水) 突貫小僧/淑女と髯  〈2作品・88分〉
突貫小僧
1929(昭和4)年 松竹蒲田 14分 白黒 無声
監督/小津安二郎  出演/斎藤達雄、青木富夫、坂本 武
誘拐犯も手を焼く子ども・鉄坊の腕白ぶりを描く。鉄坊を演じた青木富夫は、題名の突貫小僧が芸名となり、一躍松竹蒲田の子役スターに。

淑女と髯
1931(昭和6)年 松竹蒲田 74分 白黒 無声
監督/小津安二郎  出演/岡田時彦、川崎弘子、飯田蝶子、伊達里子
剣道の達人だが無精髯のために女性に嫌われる岡嶋。ところが髯を剃ると意外と美男子。就職はすんなり決まり、女性にもて始める…。
①14:00〜 ②18:30〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料

1/29(木) その夜の妻/東京の女  〈2作品・112分〉
その夜の妻
1930(昭和5)年 松竹蒲田 65分 白黒 無声 不完全
監督/小津安二郎  出演/岡田時彦、八雲恵美子、山本冬郷、斎藤達雄
病気の娘を必死で看病する母。その治療代のために盗みを働く父。やがて警察の手が迫る。一夜の出来事をアメリカの犯罪映画を思わせるタッチで描いた作品。

東京の女
1933(昭和8)年 松竹蒲田 47分 白黒 無声 不完全
監督/小津安二郎  出演/岡田嘉子、江川宇礼雄、田中絹代、奈良真養
姉のちか子は、弟の良一の学費のために昼はタイピスト、夜は怪しげな酒場で働き警察にマークされていた。それを知った良一は姉に反発し、姉弟の間に亀裂が入る…。
①14:00〜 ②18:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料
(フィルム提供/松竹)

1/30(金) 風の中の牝雞
1948(昭和23)年 松竹大船 84分 白黒
監督/小津安二郎  出演/佐野周二、田中絹代、村田知英子、笠 智衆
復員してこない夫を待ちながら息子と暮らしていた妻は、病気になった息子の治療費を工面するため、見知らぬ男と過ちを犯す。復員してきた夫は、彼女の過ちを激しく責める。戦後の世相を反映しながら、夫婦の亀裂を描いた作品。
①10:30〜 ②14:00〜 ③18:30〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・高校生250円・小中学生無料

1/31(土) 宗方姉妹
1950(昭和25)年 新東宝 112分 白黒
監督/小津安二郎  出演/田中絹代、高峰秀子、上原 謙、笠 智衆
大佛次郎の長編小説の映画化。姉の節子は夫が失業中のためバーに勤めるが、かつての恋人・田代への思いを断ち切れずにいた。自由奔放な妹の満里子は、思いのままに生きるよう節子や田代をけしかける。東京や京都を舞台に、対照的な姉妹の生き方を描く。
①10:30〜 ②14:00〜 ③18:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・小中高校生無料

サウンド・アンド・サイレント
↑ページトップへ

1/25(日) 14:00〜   鑑賞料/大人380円・シニア(65歳以上)180円・高校生180円・小中学生無料
サイレント映画を伴奏つきでお楽しみいただく「サウンド・アンド・サイレント」。
今回は、1月、2月にわたって3回開催します。
1月は、小津安二郎監督特集の一環として、「出来ごころ」をピアノの伴奏つきでご覧いただきます。
※本作品には映像が良好でない箇所があります。
※当日の上映時間は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

上映作品/「出来ごころ」
演奏/山下雅靖 (ピアノ)
出来ごころ
1933(昭和8)年 松竹蒲田 100分 白黒 無声
監督/小津安二郎  出演/坂本 武、伏見信子、大日方伝、飯田蝶子
息子と二人暮らしの喜八は、身寄りのない娘春江の世話を焼き、彼女にぞっこんとなる。が、春江は喜八の仕事仲間の次郎に思いを寄せていた。東京の下町を舞台に、喜八をとりまく人々の人情の機微と親子の情愛を描く。

外国映画鑑賞会
↑ページトップへ

ヤマガタ in 広島 ―山形国際ドキュメンタリー映画祭優秀作品上映会―

アジア初の国際ドキュメンタリー映画祭として、1989年から2年に一度開催され、国内外で高い評価を得ている山形国際ドキュメンタリー映画祭。そのメインプログラムとなるインターナショナル・コンペティションでは、各国・地域の文化、宗教や社会情勢などが反映された優秀な作品が数多く紹介されています。今回は、2013年の受賞作品を中心に上映します。広島ではなかなか見る機会の少ない海外のドキュメンタリー作品を、ぜひこの特集でご鑑賞ください。
作品提供/認定NPO法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭
2月の上映作品・スケジュール

※全作品ブルーレイでの上映になります。
※全作品日本語字幕つき。
※上映作品の紹介は、作品提供先からの情報を基にしています。
※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。


1/9(金) 祖国か死か  Motherland or Death
2011年 ロシア 99分 カラー
監督/ヴィタリー・マンスキー
楽園、あるいは革命のイメージばかりが一人歩きしているキューバに、ウクライナ生まれのヴィタリー・マンスキー監督が訪れ、庶民たちの生活をスケッチしていく中で、風変わりな異邦人の視点からキューバ像を浮かび上がらせる。本作の題名は革命のスローガンからとられているが、このイメージに縛られているのはキューバの人々なのか。監督の猥雑にして旺盛な好奇心のおもむくまま、ヴィヴィッドで抒情的な紀行が映像に焼きつけられていく。
①14:00〜 ②18:30〜
鑑賞料/大人380円・シニア(65歳以上)180円・高校生180円・小中学生無料

1/10(土) リヴィジョン/検証  Revision  〔2013優秀賞〕
2012年 ドイツ 106分 カラー
監督/フィリップ・シェフナー
1992年、ドイツとポーランド国境のとうもろこし畑で、ルーマニアからやってきた2人の不法移民が射殺される。監督のフィリップ・シェフナーは、この事件にまつわる風景と記憶、目撃者の証言、資料、独自の調査結果をパズルのように組み合わせ、1つの「映画的検証」として作品を形作っていく。ドイツ当局によって「ハンターによる誤射事件」として片付けられた2人の男性の死の背景にある人種差別と暴力の歴史が次第に浮かび上がってくる。
①14:00〜 ②18:00〜
鑑賞料/大人380円・シニア(65歳以上)180円・小中高校生無料

1/11(日) サンティアゴの扉  The Other Day  〔2013優秀賞〕
2012年 チリ 122分 カラー
監督/イグナシオ・アグエロ
チリ、サンティアゴのとある家。陰影にあふれた美しい映像を通して、見る者はある家族の記憶へと深く導かれていく。が、たびたび訪問客が玄関の呼び鈴を鳴らし、遮られる。家の主である映画作家はその訪問客たちに興味をもち、彼らの日常へも入り込んでいく。サンティアゴの町、路地の姿、そこで生き、働く人々との対話から、家族史とチリ現代史が詩情豊かに交錯する。
①10:30〜 ②14:00〜
鑑賞料/大人380円・シニア(65歳以上)180円・高校生180円・小中学生無料

1/12(月・祝) 我々のものではない世界  A World Not Ours  〔2013ロバート&フランシス・フラハティ賞〕
2012年 パレスティナ、アラブ首長国連邦、イギリス 93分 カラー・白黒
監督/マハディ・フレフェル
レバノン南部のパレスティナ難民キャンプで育ち、現在はデンマークで生活している監督が毎年里帰りして撮りためた映像に、父の遺したホームビデオなどを織り交ぜ構成された本作には、ある家族の物語と、この数十年のパレスティナの歴史、キャンプ内部の変容が映し出される。仮住まいだったはずの「難民キャンプ」に長年暮らし続けざるをえない人々の現実に、当事者でもなく完全な外部者でもない監督が迫る。タイトルは、1972年に暗殺されたパレスティナ人作家ガッサン・カナファーニーの小説のタイトルに基づく。
①10:30〜 ②14:00〜
鑑賞料/大人380円・シニア(65歳以上)180円・高校生180円・小中学生無料

文化映画鑑賞会
↑ページトップへ

1/7(水)・8(木) 〈2本立て・78分〉
利休の茶
茶の湯釜
―角谷一圭のわざ―
利休ゆかりの茶室・路地・茶道具などを可能な限り探り、利休の美意識と高い精神性を見るとともに、古今の茶の湯釜の名品を研究し伝統の技と現代感覚を調和させた人間国宝・角谷一圭の制作する姿を紹介します。
①14:00〜 ②18:00〜
鑑賞料/大人380円・シニア180円・高校生180円・小中学生無料

1/14(水) 〈3本立て・80分〉
郷土玩具

日本刀
―宮入行平のわざ―
日本各地に伝わる数々の「駒」の歴史的要素と地方独自の伝統、日本の伝統凧の凧絵や形の違いと民間伝承の習俗、重要無形文化財「日本刀」保持者・宮入行平の伝承する作刀技法を紹介します。
①14:00〜 ②18:00〜
鑑賞料/大人380円・シニア180円・高校生180円・小中学生無料

1/21(水) 〈2本立て・78分〉
甦える文化財 ―表装の技術―
みちのくに和紙 白石和紙
本願寺西山別院の本堂障壁画、本法寺の柴上金字法華経など重要無形文化財の保存修理過程の記録と、平安朝中期頃から宮廷で愛用されたみちのくに紙「白石和紙」の伝統技法を記録、紹介します。
①14:00〜 ②18:00〜
鑑賞料/大人380円・シニア180円・高校生180円・小中学生無料

1/27(火) 〈2本立て・80分〉
国宝「鳥獣人物戯画」
美しさの秘密 ―美を感じる心―
12世紀に鳥羽僧正が描いたとされる鳥獣人物戯画の甲〜丁の全巻を紹介します。また、横山大観、平山郁夫などの作品、活動、考えを通して、美しさは最初からそこにあるわけではなく、美しいものを見る目と感じる心により見つけだし、素直な心で感じ、表現することの大切さを描きます。
①14:00〜 ②18:00〜
鑑賞料/大人380円・シニア180円・高校生180円・小中学生無料

ファミリーシアター
↑ページトップへ

1/24(土)  さよなら銀河鉄道ぎんがてつどう999スリーナイン ―アンドロメダ終着駅しゅうちゃくえき
1981(昭和56)年 東映動画 130分 カラー
監督/りんたろう  声の出演/野沢雅子、池田昌子、肝付兼太、井上真樹夫
地球にもどった星野鉄郎は機械化人間との戦いに参加するが、999号に乗るようにとメーテルからメッセージを受け、再び999号に乗って宇宙へと旅立つ。終着駅を目指して進む999号。惑星プロメシュームに着いた鉄郎が見たのは、信じられない光景だった…。
作品提供/東映
①10:30〜 ②14:00〜 ③18:00〜
鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生無料、小・中学生無料

ビデオ入門講座
↑ページトップへ

1/10(土)、11(日)     ※事前に申し込みが必要です 終了しました
 
成人式、入学式、誕生日会や結婚式など素敵な思い出の数々を映像に残しておきたい!
そんな皆さんに、ビデオカメラで撮影した映像の編集をやさしく学べる講座を開催します。
ぜひこの講座に参加してあなたの想い出作りにお役立てください!
このビデオ講座では、プロのカメラマンから編集の基本操作を習得し、撮影した映像の並びかえや文字・音楽の挿入、DVDの作成方法などについてを学びます。

講師/田中智也 (映像制作会社代表)
〔内 容〕 1/10(土) 13:00〜16:00  撮影した映像の並びかえ
1/11(日) 13:00〜16:00  文字・音楽の挿入、DVDの作成方法、講評
〔対 象〕 一般 (2日とも参加できる方)
〔定 員〕 10名(先着順)
〔参加費〕 無料
〔必要なもの〕 家庭用ビデオカメラ、編集のできるパソコン(Windows7以降が入っているもの)、DVD-R
※編集ソフトはLiveムービーメーカーを使用する予定です。
※当日は、家族・行事・風景などのテーマを決めて事前に撮影したものをご持参ください。
  (10分〜15分程度。テーマは自由)
〔申し込み方法〕電話か映像文化ライブラリー窓口にてお申込みください。
〔お申し込み・お問い合わせ〕広島市映像文化ライブラリー 電話 082-223-3525

【講師プロフィール】
ふれあいチャンネル編成制作部に勤務後、2000年に独立。テレビ番組制作、企業ビデオ、イベント映像の企画・撮影・編集を手掛ける。現在、ビジュアルパンダー代表取締役ならびに広島工業大学専門学校映像学科講師を務めている。
↑ページトップへ

→ トップページ