→ トップページ


← 2017年7月のスケジュール 2017年9月のスケジュール →

2017年8月のスケジュール

内     容 開始時刻 料 金 場 所
大人 高校生 シニア 小中学生
平成生まれの
人は無料です。※
1 催し物はありません
2 平和のシネマテーク 2017 「原爆の図」「長崎の子」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 250円 無料 ホール 
3 平和のシネマテーク 2017 「記録なき青春」 10:30/14:00/18:30  380円  180円 180円
4 平和のシネマテーク 2017 「黒い雨にうたれて」 10:30/14:00/18:30  510円  250円 250円
5 平和のシネマテーク 2017 「原爆の子」 10:30/14:00
平和のシネマテーク 2017 「碑」 18:00 無料 無料 無料
6 平和のシネマテーク 2017 「いしぶみ」   10:30/14:00
7 休 館 日
8 催し物はありません
9 平和のシネマテーク 2017  「TOMORROW 明日」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 250円 無料 ホール
10 平和のシネマテーク 2017  「ヒロシマ1966」 10:30/14:00/18:30
11 金・祝 平和のシネマテーク 2017  「クロがいた夏」     10:30/14:00
12 平和のシネマテーク 2017  「父と暮せば」   10:30/14:00/18:00
13 平和のシネマテーク 2017  「その夜は忘れない」 10:30/14:00
14 休 館 日
15 振替休館日
16 ファミリーシアター
「手紙」「字のないはがき」「海からぶたがやってきた!」 
10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
17 ファミリーシアター
「手紙」「字のないはがき」「海からぶたがやってきた!」 
10:30/14:00
18 平和のシネマテーク 2017  「河 あの裏切りが重く」 10:30/14:00/18:30  510円  250円 250円
19 平和のシネマテーク 2017  「ヒロシマの証人」 10:30/14:00/18:00
レコードコンサート 「ジャズ音楽への誘い」 15:00  無料  無料 無料 試写試聴室
野外上映会 「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」 上映予定時間
19:30〜21:00
500円
 (任意
・要申込)
無料
(要申込)
500円
 (任意
・要申込)
無料
(要申込)
中央公園西側
河岸緑地
20 平和のシネマテーク 2017  「ドキュメント8.6」 10:30/14:00  380円  180円 180円   ホール
21 休 館 日
22 催し物はありません
23 音楽映画特集 愛と情熱の天才たち
「ショパン 愛と哀しみの旋律」
14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
24 音楽映画特集 愛と情熱の天才たち
「クララ・シューマン 愛の協奏曲」
14:00/18:00 380円 180円 180円
25 音楽映画特集 愛と情熱の天才たち
「オーケストラ!」
14:00/18:00  510円  250円  250円
26 音楽映画特集 愛と情熱の天才たち
「ナンネル・モーツアルト 哀しみの旅路」
14:00/18:00 380円 180円  180円
27 音楽映画特集 愛と情熱の天才たち
「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」
10:30/14:00
28 休 館 日
29 催し物はありません
30 平和のシネマテーク 2017  「戦場の女たち」 10:30/14:00/18:30 380円 180円  180円 無料 ホール 
31 平和のシネマテーク 2017
「核のない21世紀を ヒロシマからのメッセージ」
10:30/14:00/18:30
●発券・開場は開映の1時間前(10:30の回は30分前)から行ない、定員に達し次第締切となります。
●開映30分後からの入場はできません。
●各回入替制です。鑑賞券は当日・当該回のみ有効です。
●都合により、発券・開場・開映時間が変更になる場合があります。
●各種手帳類の提示により、映画鑑賞料が無料になります。 詳しくはこちら> 「利用案内」
●シニアは65歳以上。 運転免許証や健康保険証など年齢がわかる公的証明書、または健康手帳(平成19年度まで65歳以上のすべての人に配布されていたもの)をご提示ください。
  ※2017年7・8月は平成生まれの人は無料で映画鑑賞ができます。 
  学生証、運転免許証、健康保険証など生年月日を確認できる身分証名書を受付にお見せください。  

   平和のシネマテーク 2017

↑ページトップへ

 原爆や戦争をテーマにした作品を特集する「平和のシネマテーク2017」。いしぶみの写真今月は、広島出身の新藤兼人監督が撮った、原爆をテーマにした映画の原点ともいえる「原爆の子」、是枝裕和監督がテレビ・ドキュメンタリーの名作をリメークした「いしぶみ」、8月9日の前日に焦点をあわせ、原爆で失われた生活のかけがえのなさを浮かび上らせる「TOMORROW 明日」、井上ひさしの戯曲を宮沢りえと原田芳雄の主演で映画化した「父と暮せば」などを上映します。多くの皆様のご来場をお待ちしています。

※今月の上映作品には、映像・音声が良好でないものがあります。

※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

8/2(水) 原爆の図

1952(昭和27)年 新星映画社 17分 白黒 16mm
監督/今井 正、青山通春 撮影/浦島 進 美術/江坂 実

長崎の子

   

1957(昭和32)年 共同映画社、新東映画社、新文化映画社 46分 白黒 35mm
監督/木村荘十二  出演/五月藤江、吉行和子、塚田親一、小柳秀樹

 丸木位里・俊夫妻が原爆の惨禍を描く姿を追った「原爆の図」と、原爆で親を亡くしながらも、たくましく生きる長崎の子どもたちを描いた「長崎の子」を上映。(2作品 63分)

①10:30〜 ②14:00〜 ③18:30〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・平成生まれの人は無料


8/3(木) 記録なき青春

1967(昭和42)年 「記録なき青春」製作上映委員会、日本原水爆被害者団体協議会 白黒 80分 16mm
監督/阿部孝男  出演/田村正和、真理アンヌ、加藤 嘉、永井智雄

 広島に住む予備校生の多川鉄也は、同じ被爆二世の少女・利里と出会う。生活苦にあえぐ利里の祖父が自殺し、その遺書から母親が生きていることを知った利里は岩国に向かう。しかし、鉄也と利里の前には過酷な運命が待ち構えていた…。

①10:30〜 ②14:00〜 ③18:30〜
鑑賞料/大人380円・シニア(65歳以上)180円・平成生まれの人は無料


8/4(金) 黒い雨にうたれて

1984(昭和59)年 ゲンプロダクション、土田プロダクション 94分 カラー 35mm
監督/白土 武  声の出演/西城秀樹、島村佳江、大林丈史、政宗一成

 原爆を扱った中沢啓治の作品の原点ともいえる劇画をもとにしたアニメーション。原爆投下から30数年たった広島。幼い頃に被爆した岩田武司がマスターをつとめるスナック「赤馬」。そこに集まる被爆者の怒りと悲しみを描く。(この作品は大人向けに製作されたアニメーションです。)

①10:30〜 ②14:00〜 ③18:30〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・平成生まれの人は無料


8/5(土) 原爆の子

1952(昭和27)年 近代映画協会、劇団民芸 96分 白黒 35mm
監督/新藤兼人  出演/乙羽信子、滝沢 修、北林谷栄、宇野重吉

 広島の被爆をテーマの中心に据えた初めての劇映画として内外で大きな反響を呼んだ作品。被爆当時、広島で幼稚園の先生をしていた若い女性が、7年後の夏休みに広島を訪れ、かつての園児たちと再会するという構成で、被爆者のその後の生活を描く。

①10:30〜 ②14:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・平成生まれの人は無料


8/5(土) 碑

1969(昭和44)年 広島テレビ 53分 白黒 DVD
構成/松山善三 演出/杉原 萌  出演/杉村春子

 昭和20年8月6日、建物解体の作業に動員され、爆心地から500メートルの距離で被爆した旧制・広島第二中学校の一年生。彼らの生と死を、遺族への取材をもとにした朗読劇で描く。語り手は、広島市出身の杉村春子。芸術祭優秀賞受賞。

①18:00〜
鑑賞料/無料


8/6(日) いしぶみ

2016(平成28)年 広島テレビ 85分 カラー Blu-ray
監督/是枝裕和  出演/綾瀬はるか、池上 彰

 テレビ史に残る名作ドキュメンタリー「碑」を、是枝裕和監督がリメーク。シンプルなセットを背景にした朗読劇という旧作のスタイルを尊重しながらも新たな演出が加えられている。広島市出身の綾瀬はるかが語り手を務め、現在の視点からヒロシマを語り継ぐ。      
配給/広島テレビ

①10:30〜 ②14:00〜
鑑賞料/無料


8/9(水) TOMORROW 明日

1988(昭和63)年 ライトヴィジョン、沢井プロダクション、創映新社 105分 カラー 35mm
監督/黒木和雄  出演/桃井かおり、南 果歩、仙道敦子、佐野史郎

 昭和20年8月8日、長崎。三浦家では、若い2人のささやかな結婚披露宴が行われ、新婦の姉は夜明けに新しい命を産み落とす。8月9日の原爆で失われた人々の営み、そのかけがえのなさを浮かび上がらせる。

①10:30〜 ②14:00〜 ③18:30〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・平成生まれの人は無料


8/10(木) ヒロシマ1966

1966(昭和41)年 プロダクション「新制作集団」、広島県原爆被爆者映画製作の会 78分 白黒 35mm
監督/白井更生  出演/望月優子、鈴木宏子、加藤 剛、松本典子

 夫を原爆症で亡くし、娘の将来に希望を託して働いてきた母は、娘の大企業への就職がかなわなかったため自暴自棄となる。娘はそんな母を支えて強く生きようとするが…。安保闘争の中で挫折した恋人たちの姿と交錯させながら、1966年の広島に生きる母娘の絆を描く。
 (収集協力/東京国立近代美術館フィルムセンター)

①10:30〜 ②14:00〜 ③18:30〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・平成生まれの人は無料


8/11(金・祝) クロがいた夏

1990(平成2)年 ゲンプロダクション、中国放送 67分 カラー 35mm
監督/白土 武  声の出演/田口悦子、小刀将弘、中島ゆき、矢田耕司

 伸子と誠のきょうだいは、カラスにおそわれていた子猫を助け、クロと名づけて育てる。が、8月6日の原爆はクロの小さな命も奪っていった。子どもたちと子猫のふれあいを通して、原爆の悲惨さを訴えるアニメーション。

①10:30〜 ②14:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・平成生まれの人は無料


8/12(土) 父と暮せば

2004(平成16)年 衛星劇場、バンダイビジュアル、日本スカイウェイ、テレビ東京メディアネット、葵プロモーション、パル企画 99分 カラー 35mm
監督/黒木和雄  出演/宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信

 井上ひさしの同名戯曲の映画化。被爆から3年後の広島、図書館に勤める美津江は、生き残ったことに負い目を感じ、恋愛からも遠ざかろうとしていた。そんな美津江の前に父の幽霊が現れ、あの手この手で美津江の恋を成就させようとする…。

①10:30〜 ②14:00〜 ③18:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・平成生まれの人は無料


8/13(日) その夜は忘れない

1962(昭和37)年 大映(東京) 95分 白黒 35mm
監督/吉村公三郎  出演/若尾文子、田宮二郎、川崎敬三、江波杏子

 戦後17年、雑誌記者の加宮は原爆の取材のために広島を訪れる。加宮はバーのマダム・秋子と出会い恋に落ちるが、秋子は原爆のために深い傷を負っていた…。加宮と秋子の恋愛を通して、癒しがたい原爆の爪痕を浮き彫りにする

①10:30〜 ②14:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・平成生まれの人は無料


8/18(金) 河 あの裏切りが重く

1967(昭和42)年 フィルム新映人 103分 白黒 35mm
監督/森 弘太  出演/灰地 順、富田公子、佐藤 慶、浜村 純

 終戦から20年、1組の男女が広島の友人を訪ねる。その友人の兄は被爆後行方不明になった。その兄の生存を示す手紙に接し、2人は差出人を探して様々な被爆者に会う。時間が20年前に逆行したように感じた2人は、20年の無意味さを自らに問うのだった…。

①10:30〜 ②14:00〜 ③18:30〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・平成生まれの人は無料


8/19(土) ヒロシマの証人

1968(昭和43)年 「ヒロシマの証人」製作上映実行委員会 106分 白黒 35mm
監督/斎村和彦  出演/望月優子、高 毬子、山本 学、磯村みどり

 病院に勤める康子は、母が白血病で倒れ、自らも母の胎内で被爆していたことを知ってショックを受ける。しかし、医師の根本に励まされ、康子は被爆者の心を伝える“ヒロシマの証人”として力強く生きていこうと決心する。

①10:30〜 ②14:00〜 ③18:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・平成生まれの人は無料


8/20(日) ドキュメント8・6

1977(昭和52)年 中国放送 83分 カラー 16mm
監督/新藤兼人 撮影/黒田清己 音楽/林 光 ナレーター/草野大悟

 新藤兼人監督自らがインタビュアーとなって被爆者の声を聞く。一方、広島に原爆を投下したB29の指揮官に取材を試みるが不成功に終る。そうした経過をも描きながら、被爆体験の風化に警鐘を鳴らしたドキュメンタリー。

①10:30〜 ②14:00〜
鑑賞料/大人380円・シニア(65歳以上)180円・平成生まれの人は無料


8/30(水) 戦場の女たち

1989(平成元)年 シグロ 55分 カラー 16o
監督/関口典子(関口祐加) 撮影/クリス・オーウェン、清水良雄 音楽/小室 等

 太平洋戦争で激戦地となったパプア・ニューギニア。戦争がパプア・ニューギニアの人々、とりわけ女性たちの人生をどのように変えたか、彼女たち自身の証言によって浮かび上がらせたドキュメンタリー。戦争を女性の視点から見つめた、関口典子監督の第一作。

①10:30〜 ②14:00〜 ③18:30〜
鑑賞料/大人380円・シニア(65歳以上)180円・平成生まれの人は無料


8/31(木) 核のない21世紀を ヒロシマからのメッセージ

2001(平成13)年 中国放送、広島映画センター、青銅プロダクション 60分 カラー 16mm
監督/片桐直樹 撮影監督/山本 駿 音楽/佐藤容子 ナレーター/横山雄二

 ビキニやセミパラチンスクなど、核実験によるヒバクシャの実態が明らかになるなか、広島・長崎の被爆治療の経験が世界のヒバクシャの治療に活かされていく。世界に被爆の実相を訴え続ける広島・長崎の被爆者たち。21世紀の課題となった核兵器廃絶への動きを追ったドキュメンタリー。

①10:30〜 ②14:00〜 ③18:30〜
鑑賞料/大人380円・シニア(65歳以上)180円・平成生まれの人は無料



  

   音楽映画特集 愛と情熱の天才たち

↑ページトップへ

 ロベルト・シューマンとブラームス、2人の天才作曲家に深く関わったクララの人生を描いた「クララ・シューマン 愛の協奏曲」、音楽の才能に恵まれながらも、弟である神童モーツァルトの影に隠れた存在となってしまった姉の生涯を描く「ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路」、天才ヴァイオリニストの生涯に迫る「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」など、クラシック音楽を題材にした5作品を上映します。

作品提供/博報堂DYミュージック & ピクチャーズ、ニューセレクト、新日本映画社

※上映作品の紹介は、作品提供先からの情報を基にしています。

※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

8/23(水) ショパン 愛と哀しみの旋律 CHOPIN. PRAGNIENIE MIŁOŚCI

2002年 ポーランド 126分 カラー 35mm 日本語字幕
ショパン 愛と哀しみの旋律の写真 監督/イェジ・アントチャク
出演/ピョートル・アダムチク、ダヌタ・ステンカ、ポジェナ・スタフーラ

 若き作曲家ショパンは、帝政ロシアの圧制にあえぐ祖国ポーランドを離れ、パリへとたどり着く。挫折を味わいながらも人気作曲家リストの計らいで、ついに念願のパリ社交界デビューを果たす。そんなある日、人気作家ジョルジュ・サンドと出会い、たちまち恋に落ちる

①14:00〜 ②18:00〜
鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、平成生まれの人は無料


8/24(木) クララ・シューマン 愛の協奏曲 GELIEBTE CLARA

2008年 ドイツ、フランス、ハンガリー 109分 カラー DVD 日本語字幕
クララ・シューマン 愛の協奏曲の写真 監督/ヘルマ・サンダース=ブラームス
出演/マルティナ・ゲデック, パスカル・グレゴリー, マリック・ジディ

 天才作曲家ロベルト・シューマンの妻クララは、ピアニストとしてツアーを回りながら、持病の頭痛に苦しむ夫を支え、7人の子供の母として多忙な日々を送っていた。そんな時、彼女の前に若き新進作曲家ヨハネス・ブラームスが現れる…。ブラームス家の末裔が音楽界のタブーに迫る。

①14:00〜 ②18:00〜
鑑賞料/大人380円・シニア(65歳以上)180円・平成生まれの人は無料


8/25(金) オーケストラ!  Le Concert

2009年 フランス 124分 カラー 35mm 日本語字幕
オーケストラ!の写真 監督/ラデュ・ミヘイレアニュ
出演/アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン

 劇場清掃員として働く冴えない中年男アンドレイ・フィリポフは、かつてはロシア・ボリショイ交響楽団で主席を務めた天才指揮者だった。ある日、パリの有名劇場が出演オーケストラを探しているFAXを目にした彼は、とんでもないことを思いつく。

①14:00〜 ②18:00〜
鑑賞料/大人510円・シニア(65歳以上)250円・平成生まれの人は無料


8/26(土) ナンネル・モーツアルト 哀しみの旅路 NANNERL, LA SOEUR DE MOZART

2010年 フランス 120分 カラー DVD 日本語字幕
ナンネル・モーツアルト 悲しみの旅路の写真 監督/ルネ・フェレ
出演/マリー・フェレ、マルク・バルベ、ダヴィッド・モロー、クロヴィス・フワン

 18世紀中頃、父レオポルトは息子を売り出すべく、ヨーロッパを巡る演奏旅行に繰り出す。姉のナンネルも、幼い頃から音楽の才能を花開かせていたが、父は彼女の才能を決して認めなかった。ある日、宮殿で王太子と出会い、その才能を認められた彼女は、彼のために曲を作るよう依頼されるのだが…。

①14:00〜 ②18:00〜
鑑賞料/大人380円・シニア(65歳以上)180円・平成生まれの人は無料


8/27(日) パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト  DER TEUFELSGEIGER

2013年 ドイツ 122分 カラー DVD 日本語字幕
パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニストの写真 監督/バーナード・ローズ
出演/ディヴィッド・ギャレット、ジャレッド・ハリス、ヘルムート・バーガー

 かつてない演奏方法でセンセーションを巻き起こした天才ヴァイオリン奏者ニコロ・パガニーニは、派手な女性関係、酒やギャンブルに溺れるなど、スキャンダラスな面を持っていた。彼をスターへと導いたマネージャーと、ただ一人愛した女性を通じてドラマチックな生涯に迫る。

①10:30〜 ②14:00〜
鑑賞料/大人380円・シニア(65歳以上)180円・平成生まれの人は無料



   野外上映会

↑ページトップへ

ポップラ劇場2017 市民野外上映会

 夏休みに川辺で映画の上映会を開催します。夏の夜空のもと、開放感いっぱいの屋外でいつもとは違う映画鑑賞を体験してみませんか? 上映作品は、妖精と人間の間に生まれた兄妹の冒険を描くアニメーション映画「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」。多くの皆様のご来場をお待ちしています。

主催/ポップラ・ペアレンツ・クラブ、広島市映像文化ライブラリー ( 詳しいイベント内容は> こちら )

【日 時】  平成29年8月19日(土) ※雨天の場合は8月20日(日)に順延
       午後4時開場、4時半からピクニックタイム
       上映予定時間:午後7時半〜午後9時
【会 場】  基町POP’La(ポップラ)通り(広島市中区基町 中央公園西側河岸緑地)
【参加料】  (任意)/大人500円 ※当上映会の費用に充てさせていただきます。(ポップラ・ペアレンツ・クラブ負担分)

【申込み方法】 はがきかEメールに、〒住所、氏名、参加人数、電話番号、E-mailアドレス、
          この映画について思うこと、を添えて下記にお送りください。
【あて先】  ・はがきの場合
           〒730-0801 広島市中区寺町5−15
           PPC「ソング・オブ・ザ・シー 市民野外上映会」係
        ・メールの場合
           件名「ソング・オブ・ザ・シー 市民野外上映会参加希望」
           E-mailアドレス sinngopapa4588@gmail.com
【問い合わせ】 ポップラ・ペアレンツ・クラブ
          担当:山ア(午後5時〜午後9時 090-4695-3077)  



   ファミリーシアター

↑ページトップへ

8/16(水)、17(木)  (3作品・81分)   夏休みの自由研究に!

  当日、それぞれの作品に関するワークシートをさしあげます。夏休みの自由研究にお役立てください。

手紙

2004年(平成16) 学習研究社 18分 カラー 16mm
手紙の写真 原作/宮本輝 監督/森田浩光
フィルム提供/学研教育アイ・シー・ティー

 タケオのおじいちゃんは、一通の古い手紙を大切に持っていた。その手紙は、戦争の時におじいちゃんと同じ戦場にいた友達が、広島で暮らす両親にあてて書いたものだった…。

字のないはがき

2003年(平成15) 学習研究社 18分 カラー 16mm
字のないはがき 原作/向田邦子 監督/四分一節子
フィルム提供/学研教育アイ・シー・ティー

 「元気な日はマルを書いて、毎日1枚ずつポストに入れなさい。」学童疎開することになった幼い妹に、父は自分あてのハガキをたくさん渡した。はじめは大きなマルのハガキが届いたが、だんだんマルは小さくなり、ついにバツに変わった…。

海からぶたがやってきた!

1997年(平成9) 学習研究社 45分 カラー 16mm
海からぶたがやってきた!の写真 原作/下嶋哲朗 監督/森田浩光
フィルム提供/学研教育アイ・シー・ティー

 豚肉を多く食べる沖縄では、黒豚は大切な動物だったが、戦争でそのほとんどが死んでしまった。それを知ったハワイ在住の沖縄人は、アメリカの白豚を沖縄に届けるため長い航海に出る…。

①10:30〜 ②14:00〜 (両日とも)
鑑賞料/大人380円・シニア(65歳以上)180円・平成生まれの人は無料



   レコードコンサート

↑ページトップへ

8/19(土) 15:00〜17:00 入場無料レコードコンサートのパンフレット

「ジャズ音楽への誘い」

選曲 & 解説 / 藤井政美(サックス奏者)

 今回のレコードコンサートは、ジャズに興味があるけれど、どうやって楽しめばいいのか?という方に向けたコンサートです。サックスの演奏家として活動する藤井政美が、なじみ易い聴き方を提案していきます。

会場 1階 試写試聴室




↑ページトップへ

→ トップページ