2018年10月のスケジュール


<2018年9月のスケジュール


2018年10月のスケジュール表

内容 開始時刻 大人 シニア 高校生 小中学生 場 所
1 休 館 日
2 催し物はありません
3 文化映画「大久保利通」ほか 14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
4 文化映画「薩摩盲僧琵琶」 14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
5 韓国映画特集「王の涙 イ・サンの決断」 14:00/18:00 無料 無料 無料 無料 ホール
6 韓国映画特集「スノーピアサー」 14:00/18:00 無料 無料 無料 無料 ホール
7 韓国映画特集「あなたの初恋探します」 10:30/14:00 無料 無料 無料 無料 ホール
8 月・祝 韓国映画特集「ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆」 10:30/14:00 無料 無料 無料 無料 ホール
9 休 館 日
10 韓国映画特集「奇跡のピアノ」 14:00/18:30 無料 無料 無料 無料 ホール
11 生誕100年 川島雄三監督特集「銀座二十四帖」 10:30/14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
12 生誕100年 川島雄三監督特集「洲崎パラダイス 赤信号」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 250円 無料 ホール
13 阪本順治監督作品「顔」 10:30/18:00 510円 250円 無料 無料 ホール
13 ディレクターズ・トーク 阪本順治監督 14:00 無料 無料 無料 無料 ホール
14 ファミリーシアター「映画 きかんしゃトーマス
キング・オブ・ザ・レイルウェイ トーマスと失われた王冠」
10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
15 休 館 日
16 催し物はありません
17 生誕100年 川島雄三監督特集「わが町」 10:30/14:00/18:30 380円 180円 180円 無料 ホール
18 生誕100年 川島雄三監督特集「幕末太陽傳」 10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
19 生誕100年 川島雄三監督特集「貸間あり」 10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
20 丸木位里・俊のドキュメント「水俣の図・物語」 10:30/14:00 380円 180円 無料 無料 ホール
21 丸木位里・俊のドキュメント「原爆の図」ほか 10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
22 休 館 日
23 催し物はありません
24 文化映画「モーツァルトの生涯」 14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
25 生誕100年 川島雄三監督特集「雁の寺」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 250円 無料 ホール
26 生誕100年 川島雄三監督特集「青べか物語」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 250円 無料 ホール
27 国際アニメーション・デー2018 in 広島 14:00/18:00 無料 無料 無料 無料 ホール
27 レコードコンサート「ジャズ音楽への誘い」 15:00 無料 無料 無料 無料 試写試聴室
28 活弁シアター「月よりの使者」 14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
29 休 館 日
30 催し物はありません
31 生誕100年 川島雄三監督特集「しとやかな獣」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 250円 無料 ホール

  映画鑑賞会について。

  • 発券・開場は開映の1時間前(10:30の回は30分前)から行ない、定員に達し次第締切となります。
  • 開映30分後からの入場はできません。
  • 各回入替制です。鑑賞券は当日・当該回のみ有効です。
  • 都合により、発券・開場・開映時間が変更になる場合があります。
  • 各種手帳類の提示により、映画鑑賞料が無料になります。 詳しくはこちら
  • シニアは65歳以上。 運転免許証や健康保険証など年齢がわかる公的証明書、または健康手帳(平成19年度まで65歳以上のすべての人に配布されていたもの)をご提示ください。
生誕100年 川島雄三監督特集
  •  今月は、生誕100年にちなんで、川島雄三監督(1918-63)の特集を開催します。1944(昭和19)年にデビューして生涯に51本の作品を撮り、45歳の若さで亡くなった川島雄三監督は、喜劇に才気を示す一方、人情劇や文芸作品などでも確かな手腕を発揮し、日本映画にユニークな足跡を残しました。『幕末太陽傳』や『貸間あり』、『しとやかな獣』などを上映し、川島作品の世界を振り返ります。
  • ※今月の上映作品には、映像・音声が良好ではないものがあります。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

10/11(木) 銀座二十四帖

  • 1955(昭和30)年 日活 117分 白黒 16㎜
  • 監督/川島雄三 出演/月丘夢路、三橋達也、河津清三郎、北原三枝
 自らの肖像画を描いた人物を探す京極和歌子、銀座の街から覚醒剤を一掃しようとする花屋のコニイ。すべての鍵を握るのはG・Mというイニシャルの人物だった。月丘夢路、三橋達也の主演で、銀座を舞台に恋と謎解きとアクションの物語が展開される。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

10/12(金) 洲崎パラダイス 赤信号

  • 1956(昭和31)年 日活 81分 白黒 35㎜
  • 監督/川島雄三 出演/新珠三千代、三橋達也、轟夕起子、河津清三郎
 川島雄三が、『幕末太陽傳』よりも好きだという作品。行くあてのない蔦枝と義治は、遊郭のある洲崎にたどり着く。生活の立て直しは難しく、焦りと諦めが交錯し、2人の気持ちはすれ違う。離れようとしても離れられない男と女の姿を描いた佳作。(作品提供/日活)
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

10/17(水) わが町

  • 1956(昭和31)年 日活 98分 白黒 DVD
  • 監督/川島雄三 出演/辰巳柳太郎、南田洋子、大坂志郎、殿山泰司
 デビュー作『還って来た男』をきっかけに、川島雄三は小説家の織田作之助と親交を持った。その織田作之助の同名小説を映画化。大阪の長屋を舞台に、人力車を引いて男手一つで娘や孫娘を育てた頑固一徹な男・佐度島他吉の生涯を、明治、大正、昭和にわたって描く。(作品提供/日活)
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

10/18(木) 幕末太陽傳

  • 1957(昭和32)年 日活 110分 白黒 35㎜
  • 監督/川島雄三 出演/フランキー堺、左 幸子、南田洋子、石原裕次郎
 落語をもとにした川島雄三の代表作。品川の遊郭を舞台に、居残り佐平次と幕末の太陽族・高杉晋作がからみ合う。フランキー堺扮する佐平次は、時に死を予感させながらも、しぶとく、要領よく立ち回り、町人のバイタリティーを体現してみせる。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

10/19(金) 貸間あり

  • 1959(昭和34)年 宝塚映画 112分 白黒 35㎜
  • 監督/川島雄三 出演/フランキー堺、淡島千景、桂小金治、乙羽信子
 井伏鱒二の同名小説の映画化。大阪のアパート屋敷の住人は変わり者ばかり。フランキー堺扮するよろず引き受け業の与田五郎を中心に、巻き起こる騒動の数々を猥雑なエネルギーを感じさせながら描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

10/25(木) 雁の寺

  • 1962(昭和37)年 大映(京都) 98分 パートカラー 35㎜
  • 監督/川島雄三 出演/若尾文子、三島雅夫、木村 功、高見国一
 水上勉の同名小説を映画化したミステリー仕立ての文芸作品。京都衣笠山麓にある雁の襖絵で名高い禅寺。厳しい修行を課せられた若い僧の慈念は、愛人と一緒に暮らす住職の慈海に憎悪をつのらせていく。やがて、住職は不可解な失踪を遂げ…。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

10/26(金) 青べか物語

  • 1962(昭和37)年 東京映画 100分 カラー 35㎜
  • 監督/川島雄三 出演/森繁久彌、東野英治郎、左 幸子、フランキー堺
 山本周五郎の同名小説を新藤兼人が脚色。活きのいい人々に刺激を受けて傑作を書こうと、江戸川の河口の町にやってきた小説家が主人公。バイタリティーにあふれた町の人々と小説家との交流をユーモラスに描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

10/31(水) しとやかな獣

  • 1962(昭和37)年 大映(京都) 96分 カラー 35㎜
  • 監督/川島雄三 出演/若尾文子、伊藤雄之助、船越英二、高松英郎
 元軍人の父親をリーダーとする詐欺師まがいの悪人一家と、その上をいく美貌の悪女との丁々発止のやりとりを、ブラック・ユーモアたっぷりに描く。団地の一室、3日間の出来事という限定された枠組みの中で、川島雄三が凝りに凝った画面作りを見せる。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料
  •  10月のコリア・ウィークの一環として、韓国映画を特集します。今回は、李朝の王イ・サンを主人公にした歴史ドラマ『王の涙 イ・サンの決断』、ヒット・ミュージカルを映画化した恋愛映画『あなたの初恋探します』、豪華キャストによるSFアクション『スノーピアサー』などを上映します。さまざまなジャンルで魅力ある作品が生み出される、多彩な韓国映画をご鑑賞ください。
  • 主催/駐広島大韓民国総領事館、広島市映像文化ライブラリー
  • 共催/韓国国際交流財団
kfの写真
  • ※上映作品の紹介は、作品提供先からの情報を基にしています。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

10/5(金) 王の涙 イ・サンの決断 역린

王の涙 イ・サンの決断の写真
  • 2014年 韓国 137分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/イ・ジェギュ
  • 出演/ヒョンビン、チョン・ジェヨン、チョ・ジョンソク
 李朝第22代国王イ・サンは、宮廷内の最大派閥・老論派の策謀により、絶えず暗殺の危険にさらされていた。理想の政治を行うため、イ・サンが老論派を排除しようとすると、老論派は凄腕の刺客を差し向けた…。イ・サンを真に偉大な王へと変えた運命の出来事を描く歴史ドラマ。
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人無料、シニア(65歳以上)無料、高校生無料、小・中学生無料

10/6(土) スノーピアサー 설국열차

スノーピアサーの写真
  • 2013年 韓国、アメリカ、フランス 125分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ポン・ジュノ
  • 出演/クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、エド・ハリス
 『殺人の追憶』などで知られるポン・ジュノ監督が、フランスのコミックを映画化したSFアクション。雪と氷に覆われた近未来の地球で、人類唯一の生存場所となった列車スノーピアサー。豪華な前方車両では富裕層の人々が暮らし、最後尾では貧困層が飢えに苦しんでいた。やがて、悲惨な現状を変えるため貧困層の反乱が起きる…。
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人無料、シニア(65歳以上)無料、高校生無料、小・中学生無料

10/7(日) あなたの初恋探します 김종욱찾기

あなたの初恋探しますの写真
  • 2010年 韓国 112分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/チャン・ユジュン
  • 出演/イム・スジョン、コン・ユ、チョン・ホジン
 ミュージカルの舞台監督として忙しい毎日を送るソ・ジウは、お見合いの相手にプロポーズされても、初恋の男性が忘れられず結婚に踏み切れない。ジウは、父に連れられ、ハン・ギジュンが起業した“初恋探し株式会社”を訪れ、初恋の相手を探す調査を依頼するのだが…。韓国のヒット・ミュージカルを映画化したラブストーリー。
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人無料、シニア(65歳以上)無料、高校生無料、小・中学生無料

10/8(月・祝) ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆 히말라야

ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆の写真
  • 2015年 韓国 124分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/イ・ソクフン
  • 出演/ファン・ジョンミン、チョンウ、チョ・ソンハ
 引退した登山家オム・ホンギルは、最愛の後輩ムテクがエベレストで遭難死したことを知る。誰もが遺体回収をあきらめるが、ホンギルは数々の偉業を成し遂げたかつての仲間たちを集め“ヒューマン遠征隊”を結成。山岳史上、最も危険で困難な登攀に挑んだ…。
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人無料、シニア(65歳以上)無料、高校生無料、小・中学生無料

10/10(水) 奇跡のピアノ 기적의 피아노

奇跡のピアノの写真
  • 2015年 韓国 80分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/イム・ソング
  • 出演/ユ・イェウン、パク・ジョンスン、ユ・ジャンジュ
  • ナレーション/パク・ユチョン
 視覚障害を持つ少女イェウンは、聴覚と音感に優れ、ピアノに非凡な才能を見せた。母親は、娘の夢を叶えるため、イェウンをピアノコンクールに出場させることに。しかし、それは難しい挑戦だった…。韓国のテレビでも紹介され、注目を集めた天才ピアノ少女とその家族を追ったドキュメンタリー。
  • ①14:00~ ②18:30~
  • 鑑賞料/大人無料、シニア(65歳以上)無料、高校生無料、小・中学生無料
ディレクターズ・トーク&関連上映

10/13(土) ディレクターズ・トーク 14:00~15:00

  • ゲスト/阪本順治(映画監督)
  • 聞き手/玉田陽子(フリーパーソナリティ)
  •  監督デビュー作「どついたるねん」が様々な映画賞を受賞して一躍注目を集め、その後も男の生き様を描く作品や社会派ドラマ、ドキュメンタリーまで、コンスタントに作品を撮り続ける阪本順治監督をお招きし、広島ロケ作品『エルネスト もう一人のゲバラ』や最新作『半世界』、これまで手掛けられた作品について語っていただきます。(講演は手話通訳と要約筆記を行います)
    
  • 入場無料(申込不要)
  • ※ディレクターズ・トークは「広島市高齢者いきいき活動ポイント事業」の対象となります。
  • ※映画鑑賞は対象外です。

10/13(土) 関連上映「顔」

顔の写真
  • 2000(平成12)年公開 松竹、衛星劇場、毎日放送、セディックインターナショナル、КИНО 123分 カラー 35㎜
  • 監督/阪本順治
  • 出演/藤山直美、佐藤浩市、豊川悦司、大楠道代
 35年間家に閉じこもっていた正子は、衝動的に妹を殺害してしまったことをきっかけに家を出て逃亡する。初めて体験する外の世界を転々としながら、さまざまな人たちとの出会いによって、正子は人の温かみと生きる意欲を見出していく。(作品提供/セディックインターナショナル)
  • ①10:30~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生無料、小・中学生無料
【プロフィール】
阪本監督の写真
 阪本順治
 1958年生まれ、大阪府出身。
 大学在学中より、石井聰亙(現:岳龍)、井筒和幸、川島透といった“邦画ニューウェイブ”の一翼を担う監督たちの現場にスタッフとして参加する。89年、赤井英和主演の『どついたるねん』で監督デビューし、芸術選奨文部大臣新人賞、日本映画監督協会新人賞、ブルーリボン賞最優秀作品賞ほか数々の映画賞を受賞。満を持して実現した藤山直美主演の『顔』(2000)では、日本アカデミー賞最優秀監督賞や毎日映画コンクール日本映画大賞・監督賞などを受賞、確固たる地位を築き、以降もジャンルを問わず刺激的な作品をコンスタントに撮り続けている。斬新なSFコメディ『団地』(16)で藤山直美と16年ぶりに再タッグを組み、第19回上海国際映画祭にて金爵賞最優秀女優賞をもたらした。その他の主な作品は、『KT』(02)、『亡国のイージス』(05)、『魂萌え!』(07)、『闇の子供たち』(08)、『座頭市THE LAST』(10)、『大鹿村騒動記』(11)、『北のカナリアたち』(12)、『人類資金』(13)、『ジョーのあした―辰𠮷𠀋一郎との20年―』(16)『エルネスト もう一人のゲバラ』(17)など。最新作は2019年公開予定の稲垣吾郎主演『半世界』。

10/3(水)

  • 大久保利通(22分)
  • 明治の洋風建築(28分)
  • ぶんきょうゆかりの文人たち-観潮楼をめぐって-(38分)
 明治維新の原動力となった政治家の生涯をたどる『大久保利通』、日本の近代建築の夜明けを語る文化遺産を紹介する『明治の洋風建築』、森鷗外を中心に東京の文京区に住んだ文人たちの交流をつづる『ぶんきょうゆかりの文人たち -観潮楼をめぐって-』。明治にまつわる3作品を上映します。(3作品・88分)
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

10/4(木)

  • 薩摩盲僧琵琶
 鹿児島地方に800年も前から伝えられ、人々の生活に深く根ざした薩摩盲僧琵琶を、琵琶を弾じる盲僧たちの生活を追いながら紹介します。(90分)
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

10/24(水)

  • モーツァルトの生涯
 名曲の数々を紹介しながら、旅から旅へのモーツァルトの生涯をたどります。(90分・白黒)
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料
ファミリーシアター

10/14(日) 映画 きかんしゃトーマス
キング・オブ・ザ・レイルウェイ トーマスと失われた王冠

  • 2013年 イギリス 61分 カラー Blu-ray 日本語吹替
  • 監督/ロブ・シルべストリ
  • ナレーター/ジョン・カビラ
  • 声の出演/比嘉久美子、神代知衣、納谷六朗
 トップハム・ハット卿の友人、ノランビー伯爵がソドー島に帰ってきた。伯爵はウルフステッド城の再建を進め、トーマスたちも作業を手伝うが、思いがけないトラブルが発生し…。(作品提供/ソニー・クリエイティブプロダクツ)
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料
活弁シアター

10/28(日) 活弁シアター「月よりの使者」 14:00~

 気高く美しい看護師と病魔に立ち向かう青年の究極のメロドラマ。弁士の第一人者、澤登翠と楽団カラード・モノトーンによる豪華舞台に乞うご期待!

協力/国立映画アーカイブ
  • ※本作品には映像が良好でない箇所があります。
  • ※当日の上映時間は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。
活動弁士/澤登 翠
演奏/カラード・モノトーン・ミニユニット
  (作・編曲/ギター:湯浅ジョウイチ、フルート/鈴木真紀子)
国立映画アーカイブロゴ 月よりの使者の写真
  • 月よりの使者
  • 1934(昭和9)年 入江たか子プロダクション 147分 白黒 無声 35㎜
  • 監督/田坂具隆
  • 出演/入江たか子、高田 稔、水原玲子、菅井一郎
 広島県出身の田坂具隆監督がメガフォンをとり、当時人気絶頂の入江たか子と高田稔が共演した大ヒット作。信州の高原にある療養所を舞台に、入江たか子扮する美貌の看護師・野々口道子をめぐる恋模様を描くメロドラマ。1949年に花柳小菊の主演で、1954年には山本富士子の主演でリメークされている。(国立映画アーカイブ所蔵作品)
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

【活動弁士プロフィール】
 澤登 翠 (さわと みどり) / 台本、語り
 法政大学文学部哲学科卒業。故松田春翠門下。
日本の伝統話芸「活弁」の第一人者として、国内を始め仏、伊、米他海外にも招聘され好評を博している。洋画、現代劇、時代劇とレパートリーも豊富。活弁の継承者としての活動が評価され、これまでに文化庁芸術祭優秀賞、文化庁映画賞他を受賞。無声映画鑑賞会での公演を基盤にフィルムセンターや各地の映画祭での公演、大学他での講座、TV番組のナレーション、朗読とその活動は多岐に亘る。2015年、「文藝春秋」に掲載の「日本を代表する女性120人」に選出、2017年3月には松尾芸能賞特別賞を受賞。本年、弁士デビュー45周年を迎える。
広島市現代美術館特別展 「丸木位里・俊 -《原爆の図》をよむ」関連上映
丸木位里・俊のドキュメント
  • 広島市現代美術館の特別展「丸木位里・俊 -《原爆の図》をよむ」の関連企画として、丸木夫妻の画業をたどったドキュメンタリーなどを上映します。展覧会とあわせてご鑑賞ください。
  • 主催/広島市現代美術館、広島市映像文化ライブラリー

10/20(土) 水俣の図・物語

HELLFIRE 劫火の写真
  • 1981(昭和56)年 青林舎 113分 カラー 16㎜
  • 演出/土本典昭 撮影/瀬川順一、一之瀬正史 音楽/武満 徹 詩/石牟礼道子
 水俣病をテーマにした連作で知られる土本典昭監督が、《水俣の図》の制作に取り組む丸木夫妻の姿を追う。(作品提供/シグロ)
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生無料、小・中学生無料

10/21(日)

HELLFIRE 劫火の写真
  • 原爆の図
  • 1953(昭和28)年 新星映画社 17分 白黒 16㎜
  • 監督/今井 正、青山通春 撮影/浦島 進 解説/赤木蘭子
《原爆の図》のうち、《第1部 幽霊》から《第5部 少年少女》までを紹介し、巡回展の反響を伝える。
  • ひろしまのピカ
  • 1987(昭和62)年 シグロ、原爆の図丸木美術館 24分 カラー DVD
  • 演出/土本典昭 絵・文/丸木 俊 音楽/小室 等 語り/中山千夏、竹下景子
 丸木俊が位里の協力を得て描いた絵本《ひろしまのピカ》を、中山千夏と竹下景子の語りで映像化。
  • HELLFIRE 劫火-ヒロシマからの旅-
  • 1988(昭和63)年 シグロ(日本語版製作) 58分 カラー 16㎜
  • 監督/ジャン・ユンカーマン
 『老人と海』などのドキュメンタリーで知られるジャン・ユンカーマンが、戦争や公害と向き合いながら絵を描き続けた丸木夫妻の軌跡をたどる。(作品提供/シグロ)(3作品・99分)
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料
広島市現代美術館特別展
丸木位里・俊 -《原爆の図》をよむ
9月8日(土)~11月25日(日) 10:00~17:00 広島市現代美術館特別展特設サイト
会場/広島市現代美術館 広島市南区比治山公園1-1
休館日/月曜日(ただし9月17日、24日、10月8日は開館)、9月18日、25日、10月9日(火)
TEL 082-264-1121 FAX 082-264-1198 https://www.hiroshima-moca.jp
国際アニメーション・デー2018 in 広島
  • ※上映作品の紹介は、作品出品時の情報を基にしています。
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人無料、シニア(65歳以上)無料、高校生無料、小・中学生無料

10/27(土)①14:00~ <7作品・62分>

インスティンクトの写真
  • インスティンクト Instinct
  • 2003年 エストニア 10分 第10回大会 優秀賞
  • 監督/ラオ・ヘイドメッツ
 創造主が自ら創り出したものを自分で管理できなくなり、創り出されたものがそれ自身の意思で動き出したらどうなるか。クローンや人工知能の開発に関わっている人や機知に富んだ人々にぜひ見ていただきたい作品。
スクエア オブ ライトの写真
  • スクエア オブ ライト The Square of Light
  • 1992年 スイス 5分 第4回大会 カテゴリーE 1位
  • 監督/クロード・リュエ
 動きを表現した短編。自分自身の影にまどわされるボクサーの幻想。彼の幻想はだんだん強くなり突然砕かれる。
ピンク・ドールの写真
  • ピンク・ドール Pink Doll
  • 1997年 ロシア 10分 第7回大会 優秀賞
  • 監督/ヴァレンティン・オレシュヴァング
 少女の母には愛人がいる。母は愛人からのプレゼントを子どもに渡す・・・ピンクの人形だ。人形は綺麗だが危険だ。少女の嫉妬が思いがけないファンタジーに変わる!
ファーメントの写真
  • ファーメント Ferment
  • 1999年 イギリス 5分 第8回大会 優秀賞
  • 監督/ティム・マクミラン
 ある静かな町の広場で、老人が胸をおさえて地面に倒れこみ、そして時が止まる。我々の旅が始まる。広場を出発し、通りを下り、ビルを抜けていく。凍り付いた瞬間の合間に人間の様子がありありと展開してゆく。
ピリオドの写真
  • ピリオド Period
  • 1995年 フランス 2分 第6回大会 優秀賞
  • 監督/フィリップ・ビリオン
 この作品はストーリーよりも、イメージを表現する映像アートを意図している。臨場感あふれる海を三次元で表現するため、非日常的な雰囲気をもつテクスチャーとライティングを使用した。
ピリオドの写真
  • お坊さんと魚 The Monk and the Fish
  • 1994年 オランダ、フランス 6分 第6回大会 ヒロシマ賞
  • 監督/マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット
 一人の僧侶が修道院近くのため池で一匹の魚を発見する。魚にとりつかれたように、僧侶は必死にあらゆる方法で捕まえようとする。物語は次第に象徴的に展開してゆく。
ピリオドの写真
  • 老婦人とハト The Old Lady and the Pigeons
  • 1996年 カナダ 23分 第7回大会 グランプリ
  • 監督/シルヴァン・ショメ
 50年代末のパリ。巡回する警官。空腹の彼は、公園でハトに餌をやっている老婦人を見かける。彼女はハトにご馳走を与えている。警官は食べ物にありつこうとハトの格好をして老婦人のアパートへ行く。彼女の気前の良さにつけ込んだ彼は、毎日通い、次第に太っていく。そして有る日、彼女の真の目的に気付くのである。

10/27(土)②18:00~ <7作品・62分>

ストーミーナイトの写真
  • ストーミーナイト Stormy Night
  • 2003年 カナダ 10分 第10回大会 国際審査委員特別賞
  • 監督/ミシェル・ルミユ
嵐の夜、ある少女は犬と一緒にいた。たくさんの疑問が彼女の頭の中をよぎる。
愚か者の村の写真
  • 愚か者の村 Village of Idiots
  • 1999年 カナダ 13分 第8回大会 木下蓮三賞
  • 監督/ユージン・フェドレンコ、ローズ・ニューラブ
 生まれた時から住んでいる村の生活にうんざりしたシュメンドリクは、知を求めて旅立つ。そして、新たな村にたどり着くが、そこは昔の村に瓜二つだった…。ユダヤの民話を基に、ジョン・ラザルスが脚色した作品で、新しい生活と元の生活を対比して、自分に無いものをロマンチックに想像しがちな人間をおもしろおかしく表現する。
パラダイスの写真
  • パラダイス The Paradise
  • 1994年 旧ユーゴスラビア 2分 第5回大会 国際審査委員特別賞
  • 監督/ネジェリコ・ウボヴィッチ
二人にとっては、この小さいものがすべてだろうか?
フライング・ナンセンの写真
  • フライング・ナンセン Flying Nansen
  • 1999年 アメリカ 12分 第8回大会 優秀賞
  • 監督/イゴール・コヴァリヨフ
探検家ナンセンが女の待つ南極へと旅する。
ラ・ピルエットの写真
  • ラ・ピルエット La Pirouette
  • 2002年 カナダ 8分 第9回大会 国際審査委員特別賞
  • 監督/タリ
 都市に住んでいる人々が、いかに食卓の上の食べ物との繋がりを絶たれているかを表す食物連鎖についての作品。都会の傾向とは対照的に、田舎の老女は動物をかわいがり育て、そして食べてしまう。
サンドマンの写真
  • サンドマン The Sandman
  • 1991年 イギリス 10分 第4回大会 グランプリ
  • 監督/ポール・ベリー
 サンドマン(砂かけ男)のお話は、欧州の就寝時の子どもたちを恐怖のどん底へ落としめている。眠れない子どもたちに砂をかけるサンドマンの暗いお話は、非常に恐ろしい結末を迎える。
地球の果てでの写真
  • 地球の果てで At the Ends of the Earth
  • 1999年 フランス 8分 第8回大会 国際審査委員特別賞
  • 監督/コンスタンティン・ブロンジット
山のてっぺんで、微妙にバランスをとっている家が、一方からもう一方へと傾き、住人たちを悩ませる。
レコードコンサート

10/27(土) 15:00~17:00 入場無料

  • ジャズ音楽への誘い
  • 選曲&解説/藤井政美(サックス奏者)
 ジャズという言葉でくくられるなかに、多くの音楽的な広がり、楽しみ方の幅があります。
今回のレコード・コンサートを通じて、知っている方にも知らない方にも、より多くの発見と喜びを感じていただければと願っています。
  • 会場 1階試写試聴室
  •  
  • ※レコードコンサートは「広島市高齢者いきいき活動ポイント事業」の対象となります。


開館時間

・火曜日~土曜日
午前10時~午後8時
・日曜日・祝日・8月6日
午前10時~午後5時

休館日

・月曜日(8月6日、祝日は開館)
・祝日の翌日
ただし土・日・月曜日にあたるときは、直後の平日
・12月29日~1月4日

10月の休館日

 1日(月)、9日(火)
 15日(月)、22日(月)、29日(月)
 

page top