2018年2月のスケジュール


<2018年1月のスケジュール


2018年2月のスケジュール表

内容 開始時刻 大人 シニア 高校生 小中学生 場 所
1 市川崑監督特集「プーサン」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 250円 無料 ホール
2 市川崑監督特集「こころ」 10:30/14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
3 市川崑監督特集「ビルマの竪琴」総集篇 10:30/14:00/18:00 510円 250円 無料 無料 ホール
4 ドキュメンタリー 西洋の建築と美術
「もしも建物が話せたら」
10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
5 休 館 日
6 催し物はありません
7 ドキュメンタリー 西洋の建築と美術
「フォスター卿の建築術」
14:00/18:30 380円 180円 180円 無料 ホール
8 ドキュメンタリー 西洋の建築と美術
「ふたりのイームズ:建築家チャールズと画家レイ」
14:00/18:30 380円 180円 180円 無料 ホール
9 ドキュメンタリー 西洋の建築と美術
「創造と神秘のサグラダ・ファミリア」
14:00/18:30 380円 180円 180円 無料 ホール
10 ドキュメンタリー 西洋の建築と美術
「フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館」
14:00/18:00 380円 180円 無料 無料 ホール
10 メディア・レクチャー
「スクリーンの中の広島」にいたるまで
15:00 無料 無料 無料 無料 試写試聴室
11 日・祝 PFFアワード・セレクション「シジフォスの地獄」ほか 10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
12 月・休 PFFアワード・セレクション「ゴロン、バタン、キュー」ほか 10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
13 休 館 日
14 PFFアワード・セレクション「ヴァニタス」ほか 14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
15 PFFアワード・セレクション「したさきのさき」ほか 14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
16 市川崑監督特集「炎上」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 250円 無料 ホール
17 市川崑監督特集「鍵」 10:30/14:00/18:00 510円 250円 無料 無料 ホール
17 レコードコンサート「シャンソン・バラエティ」 15:00 無料 無料 無料 無料 試写試聴室
18 ファミリーシアター「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」 10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
19 休 館 日
20 催し物はありません
21 市川崑監督特集「野火」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 250円 無料 ホール
22 市川崑監督特集「おとうと」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 250円 無料 ホール
23 市川崑監督特集「黒い十人の女」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 250円 無料 ホール
24 市川崑監督特集「東京オリンピック」 10:30/14:30 510円 250円 無料 無料 ホール
25 市川崑監督特集「私は二歳」 10:30/14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
26 休 館 日
27 催し物はありません
28 市川崑監督特集「太平洋ひとりぼっち」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 250円 無料 ホール

  映画鑑賞会について。

  • 発券・開場は開映の1時間前(10:30の回は30分前)から行ない、定員に達し次第締切となります。
  • 開映30分後からの入場はできません。
  • 各回入替制です。鑑賞券は当日・当該回のみ有効です。
  • 都合により、発券・開場・開映時間が変更になる場合があります。
  • 各種手帳類の提示により、映画鑑賞料が無料になります。 詳しくはこちら
  • シニアは65歳以上。 運転免許証や健康保険証など年齢がわかる公的証明書、または健康手帳(平成19年度まで65歳以上のすべての人に配布されていたもの)をご提示ください。
市川崑監督特集
  
  •  市川崑監督(1915-2008)は、アニメーションの分野で映画人としてのキャリアをスタートさせ、戦後間もなく劇映画の監督としてデビューします。喜劇の名手として注目を集めた後、文芸映画で巨匠としての地位を確立し、常に日本映画の第一線でメガフォンをとり続けました。旺盛な実験精神、才気あふれる映像表現、シニカルな人間描写によって数々の秀作、話題作を生み出した市川崑監督。その軌跡を、2カ月にわたる特集で振り返ります。今月は、海外でも高い評価を得た『ビルマの竪琴』、映画化が難しいと思われた原作に挑んだ『炎上』や『野火』、家族の葛藤と愛情を切ないまでに描いた『おとうと』、独自の視点からオリンピックを捉えた『東京オリンピック』などを上映します。多くの皆様のご来場をお待ちしています。
  • ※今月の上映作品には、映像・音声が良好ではないものがあります。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

2/1(木) プーサン

  • 1953(昭和28)年 東宝 97分 白黒 35㎜
  • 監督/市川 崑 出演/伊藤雄之助、越路吹雪、八千草薫、藤原釜足
 主人公の野呂米吉は、ひょんなことから予備校の講師をクビになり、職を求めて悪戦苦闘。横山泰三の4コマ漫画をもとに、辛口のギャグを散りばめながら、当時の世相を風刺した喜劇。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

2/2(金) こころ

  • 1955(昭和30)年 日活 121分 白黒 DVD
  • 監督/市川 崑 出演/森 雅之、新珠三千代、三橋達也、安井昌二
 学生の日置は野淵先生を尊敬していた。子どもはなく、妻と二人暮らしの先生には、どこか暗い影があった。やがて先生は自殺し、日置にあてた遺書には先生の秘められた過去がつづられていた…。夏目漱石の同名小説をもとに、人間の孤独に迫った作品。(作品提供/日活)
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

2/3(土) ビルマの竪琴 総集篇

  • 1956(昭和31)年 日活 116分 白黒 35㎜
  • 監督/市川 崑 出演/三国連太郎、安井昌二、三橋達也、浜村 純
 太平洋戦争の末期、竪琴の名手・水島上等兵は、亡くなった仲間の霊をなぐさめるために、部隊の仲間と別れ、僧侶になってビルマ(現・ミャンマー)の地にとどまる決心をする。鎮魂の祈りがこめられた秀作で、ベネチア国際映画祭でサン・ジョルジョ賞を受賞した。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生無料、小・中学生無料

2/16(金) 炎上

  • 1958(昭和33)年 大映(京都) 99分 白黒 35㎜
  • 監督/市川 崑 出演/市川雷蔵、中村鴈治郎、仲代達矢、新珠三千代
 1950年に起きた金閣寺焼失事件。この事件を題材に、金閣寺に象徴される理想の美と主人公との葛藤を描いた、三島由紀夫の小説『金閣寺』の映画化。市川崑監督は、主人公の孤独感や彼をとりまく人間関係に焦点を合わせて描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

2/17(土) 鍵

  • 1959(昭和34)年 大映(東京) 107分 カラー 35㎜
  • 監督/市川 崑 出演/京マチ子、中村鴈治郎、仲代達矢、叶 順子
 古美術鑑定家の剣持は、娘の恋人と妻とを接近させることによって、自らの嫉妬心をかきたて、若返ろうとする。一方、貞淑さを装っていた妻の郁子も陰で策略をめぐらせていた…。谷崎潤一郎の同名小説をもとに、冷え冷えとした人間関係を描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生無料、小・中学生無料

2/21(水) 野火

  • 1959(昭和34)年 大映(東京) 104分 白黒 35㎜
  • 監督/市川 崑 出演/船越英二、滝沢 修、ミッキー・カーチス、浜村 純
 大岡昇平の同名小説の映画化。太平洋戦争末期のフィリピン戦線で、飢えに苦しみながら敗走する田村一等兵。彼の行動を追いながら、戦争が生み出した極限状況のなかで、人間の尊厳は保たれるのだろうか、というテーマを追究した問題作。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

2/22(木) おとうと

  • 1960(昭和35)年 大映(東京) 98分 カラー 35㎜
  • 監督/市川 崑 出演/岸 惠子、川口 浩、田中絹代、森 雅之
 幸田文の自伝的な小説の映画化。小説家の家庭を舞台に、家族の葛藤と愛情を描く。市川崑監督とカメラマンの宮川一夫は、大正時代の雰囲気を抑えた色調で表現。弟思いの姉を好演した岸惠子をはじめ、家族を演じる4人の俳優が見事なアンサンブルを見せている。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

2/23(金) 黒い十人の女

   
  • 1961(昭和36)年 大映(東京) 102分 白黒 35㎜
  • 監督/市川 崑 出演/山本富士子、岸 惠子、船越英二、宮城まり子
 リバイバル公開やテレビドラマ化で注目を集めた市川崑監督の異色作。妻を含め10人の女性と関係を持つテレビ・プロデューサーの風松吉。風の妻は、夫と女性たちとの関係を解消しようと策略をめぐらすが…。白黒の陰影の濃い画面の中で、風をめぐる不毛な人間関係を描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

2/24(土) 東京オリンピック

  • 1965(昭和40)年 東京オリンピック映画協会 169分 カラー 35㎜
  • 総監督・脚本/市川 崑 脚本/和田夏十、白坂依志夫、谷川俊太郎
 1964年に開催された東京オリンピックの公式記録映画。市川崑監督は、超望遠レンズやスローモーションなどを駆使して、勝敗や記録よりも、孤独な闘いに挑む選手たちの内面に迫ろうとした。市川監督ならではの才気にあふれる映像が随所に散りばめられている。
※途中、休憩があります。
  • ①10:30~ ②14:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生無料、小・中学生無料

2/25(日) 私は二歳

  • 1962(昭和37)年 大映(東京) 87分 カラー 35㎜
  • 監督/市川 崑 出演/山本富士子、船越英二、浦辺粂子、岸田今日子
 原作は、当時ベストセラーとなった松田道雄の育児評論。団地に住む夫婦に男の子が生まれ、両親やおばあちゃんが大騒ぎ。子育てを題材に家族の絆をユーモラスに描く。
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

2/28(水) 太平洋ひとりぼっち

  • 1963(昭和38)年 石原プロモーション、日活 カラー 100分 35㎜
  • 監督/市川 崑 出演/石原裕次郎、浅丘ルリ子、森 雅之、田中絹代
 1962年に太平洋の単独横断に成功した堀江謙一の手記を映画化。小型のヨット“マーメイド号”で大海原を航海する堀江青年の冒険に、出発するまでの家族との葛藤が回想として織り込まれる。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料
  •  ルネサンス美術が満ち溢れ、街全体が美術館のようなイタリア・フィレンツェ、今世紀中の完成は困難と思われていたスペインのサグラダ・ファミリア、20世紀を代表するデザイナーの作品群など、中世から現代の、主にヨーロッパの建築や美術に焦点をあてた傑作のドキュメンタリーを上映します。
  • ※上映作品の紹介は、作品提供先からの情報を基にしています。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

2/4(日) もしも建物が話せたら Cathedrals of Culture 

もしも建物が話せたらの写真
  • 2014年 ドイツ、デンマーク、ノルウェー、オーストリア、フランス、アメリカ、日本
  • 165分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ヴィム・ヴェンダース、ミハエル・グラウガー、マイケル・マドセン、ロバート・レッドフォード、マルグレート・オリン、カリム・アイノズ
 「もしも建物が話せたら、何を語るだろう?」という問いをテーマに、世界各国から集結した6人の監督たちがそれぞれ思い入れのある建築物の心の声を描き出す、オムニバス・ドキュメンタリー。
(作品提供/アップリンク)
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

2/7(水) フォスター卿の建築術 How Much Does Your Building Weigh, Mr.Foster ?

フォスター卿の建築術の写真
  • 2010年 イギリス 76分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ノルベルト・ロペス・アマド&カルロス・カルカス
  • 出演/ノーマン・フォスター、バックミンスター・フラー、リチャード・ロジャース、リチャード・ロング、ボノ、蔡國強、他
 エリザベス女王から貴族爵位を与えられ“モダニズムのモーツァルト”と評される、イギリスの国際的な建築家ノーマン・フォスター。著名人へのインタビューや数多くの建築作品を通し同氏のデザイン哲学に迫るドキュメンタリー。
(作品提供/アップリンク)
  • ①14:00~ ②18:30~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

2/8(木) ふたりのイームズ:建築家チャールズと画家レイ Eames:the architect and the painter

ふたりのイームズ:建築家チャールズと画家レイ
  • 2011年 アメリカ 84分 カラー・白黒 Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ジェイソン・コーン、ビル・ジャージー
  • 出演/チャールズ・イームズ、レイ・イームズ、ルシア・イームズ
 世界中で親しまれているイームズ・チェアの生みの親であるチャールズ&レイ・イームズ夫妻。1940~60年代にアメリカの近代主義から生まれたデザインの潮流「ミッド・センチュリー・モダン」の旗手として知られる二人の素顔に迫ったドキュメンタリー。
(作品提供/アップリンク)
  • ①14:00~ ②18:30~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

2/9(金) 創造と神秘のサグラダ・ファミリア Sagrada: El misteri de la creació    

創造と神秘のサグラダ・ファミリアの写真
  • 2012年 スイス 94分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ステファン・ハウプト
  • 出演/ジャウマ・トーレギタル、外尾悦郎、ジョルディ・ボネット、ジョアン・リゴール
 アントニオ・ガウディが構想し、完成までに300年かかると言われていた世紀の大プロジェクトが、いかにして2026年完成予定となったのか。スタッフしか入れない内部の映像と建築関係者らのインタビューによって解明するドキュメンタリー。
(作品提供/アップリンク)
  • ①14:00~ ②18:30~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

2/10(土) フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館 Florence and the Uffizi Gallery

フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館の写真
  • 2015年 イタリア 97分 カラー Blu-ray 日本語吹替
  • 監督/ルカ・ヴィオット
  • 出演/サイモン・メレルズ、アントニオ・ナターリ、マルコ・チアッティ
  • 日本語版ナレーション/小林薫
 ヨーロッパ最古の美術館の1つで、イタリア国内では最高の質と量を誇る収蔵品のウフィツィ美術館。同館が収蔵する傑作の数々のほか、花の都フィレンツェの街並み、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂や至高の絵画、彫刻を紹介。
(作品提供/コムストック・グループ)
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生無料、小・中学生無料
PFFアワード・セレクション

  •  日本映画の第一線で活躍する映画監督を輩出しつづける「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」。広島市映像文化ライブラリーでは、このフェスティバルのメインプログラムである「PFFアワード」(自主製作映画のコンペティション)の2015年と2016年の受賞作品を上映します。
  •  明日の日本映画を担う若い世代の監督たちの、新鮮な表現やみずみずしい感性にあふれた作品を、ぜひご鑑賞ください。
  •  
  • 作品提供/ぴあフィルムフェスティバル事務局
  • ※上映作品の紹介は、作品提供先からの情報を基にしています。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

2/11(日・祝) 10:30~ <2作品・111分>

  • シジフォスの地獄
シジフォスの地獄の写真
  • 2016審査員特別賞 監督/伊藤 舜 19分 カラー Blu-ray
 ある朝、石井の勤める砂利選別作業所に新人がやってくる。まったく仕事が出来ない後輩をなんとか指導しながら、石井は辞めて行った先輩のことを思い出す。新人は初日の昼休みを待たず、会社の業務を混乱に陥れて逃走する。
  • 嘘と汚れ
嘘と汚れの写真
  • 2015審査員特別賞 監督/猪狩裕子 92分 カラー Blu-ray
 大道具会社で老人と若い女性が和気あいあいと作業する長いシーンで幕開けする。その後も続く作業場の光景に観客を引き込んだうえで、小事件が起き、心理劇へと鮮やかに変貌する。勇気を出せなかったゆえに広がる罪。
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料
  •  

2/11(日・祝) 14:00~ <2作品・109分>

  • わたしはアーティスト
わたしはアーティストの写真
  • 2015審査員特別賞、観客賞(京都) 監督/籔下雷太 24分 カラー Blu-ray
 「私は2年C組、尾崎沙織。抑圧と孤独を表現するため自分を撮る」。誰もいない教室で机に立って踊る私。自分で髪にハサミを入れる私。誰も私を理解してくれないと思っていたのに、「尾崎さんて変わってるよね」と言われた瞬間、世界は色づく!
  • あるみち
あるみちの写真
  • 2015グランプリ、観客賞(福岡) 監督/杉本大地 85分 カラー Blu-ray ベルリン国際映画祭出品
 監督本人が主人公を演じ、友人や母親役も実際の本人たちが演じる。浪人時代を経て大学に入学してからの監督自身の体験を描く。新しい友人たちとの最初はぎこちない会話や、昔の仲間との関係性の変化、そして母親との何気ない日常が、生き生きと再現される。
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料
  •  

2/12(月・休) 10:30~ <2作品・101分>

  • ゴロン、バタン、キュー
ゴロン、バタン、キュー写真
  • 2015審査員特別賞、観客賞(神戸) 監督/山元 環 54分 カラー Blu-ray
 淀川の河川敷に元日雇い労働者の佐々木さんが作ったハウスに同居する青年は、生まれて初めて自由を知る。そして魅力的な女性の出現により、青年の世界は少し広がるのだが…。心優しき人間たちの孤独と生きづらさをみずみずしく描く。
  • 食卓
食卓の写真
  • 2016グランプリ 監督/小松 孝 47分 カラー Blu-ray バンクーバー国際映画祭出品
 年金生活を送る父とニートで詩人の息子は、食事も別々で交流もない。そこにネットの結婚相談所で父と知り合った女性が住むことになり、家族のかたちは変わっていく。お互いが努力して三人で囲む食卓。だがそれが理想の家族生活であるわけでは決してなかった…。
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料
 

2/12(月・休) 14:00~

  • いさなとり
いさなとりの写真
  • 2015観客賞(東京)、日本映画ペンクラブ賞
  • 監督/藤川史人(広島県出身) 91分 カラー Blu-ray リマインディペンデント国際映画祭グランプリ
 太古の昔には海の底だった町では、今も鯨の化石が出てくる。この地に千年前から伝わるという天狗の舞いや、被爆体験を語る老人、無縁仏の存在などを点在させながら、中学生のユウタが体験する出会いと別れを描く。(ロケ地:広島県三次市)
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

2/14(水) 14:00~

  • ヴァニタス
ヴァニタスの写真
  • 2016観客賞(東京) 監督/内山拓也 104分 カラー Blu-ray
  • バンクーバー国際映画祭、香港国際映画祭出品
 大学に入学した柴原は、3人の男子生徒と友人になるが、学校以外の関わりはなく、普段何をしているかはお互いに知らない。生活のために続けるバイト、怪しげな先輩を介した怪しげな仕事、誰にも言えない心の悩み、そうしたものが積み重なって4人は少しずつ離れていく…。
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

2/14(水) 18:00~ <2作品・114分>

  • ムーンライトハネムーン
ムーンライトハネムーンの写真
  • 2015準グランプリ 監督/冨永太郎 71分 カラー Blu-ray
 大沼幸一は、仲良し4人組のなかでもっとも目立たない風貌だが、仲間内で人気ナンバーワンのユウコと付き合っている、つもり。貪欲かつ狡猾な女にまんまと翻弄される幸一の痛々しさもさることながら、ほかの男たちの間抜けぶりも泣かせる。
  • また一緒に寝ようね
また一緒に寝ようねの写真
  • 2016審査員特別賞、映画ファン賞(ぴあ映画生活賞)、観客賞(神戸)
  • 監督/首藤 凜 43分 カラー Blu-ray
 社員の南と、働きもせずに彼女に養われている彼氏・荻野。彼はある事件をきっかけに幻覚を見るようになり、南は、彼の幻覚に付き合いながらも、高校時代の先輩の家をひそかに度々訪れていた。南と彼と先輩、三角関係の行く先は…。
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料
  •  

2/15(木) 14:00~ <2作品・90分> 

  • したさきのさき
したさきのさきの写真
  • 2015エンタテインメント賞(ホリプロ賞)、ジェムストーン賞(日活賞)、映画ファン賞(ぴあ映画生活賞)、観客賞(名古屋)
  • 監督/中山剛平 45分 カラー Blu-ray
 クラスで人気者のハンサムな智哉は、咲紀の親友・亜子と親しい。だが、亜子いわく智哉は「クソナルシスト」。それでも咲紀は彼への気持ちを募らせていく。そこでやめておいて!という観客のハラハラ感を裏切って彼女は彼の唾液を求めてやまない。
  • 溶ける
溶けるの写真
  • 2016審査員特別賞 監督/井樫 彩 45分 カラー Blu-ray カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門出品
 田舎町に住む高校生・真子は、学校や友人関係のストレスを密かに近所の川に飛び込むことで解消している。ある日、その姿を東京からやって来た従兄弟に見られる。夏を一緒に過ごすことになった従兄弟の存在、親友との関係、将来の事などが彼女の生活に変化をもたらす…。
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

2/15(木) 18:00~ <2作品・116分> 

  • 花に嵐
花に嵐の写真
  • 2016準グランプリ、ジェムストーン賞(日活賞)、日本映画ペンクラブ賞、観客賞(名古屋・福岡)
  • 監督/岩切一空 76分 カラー Blu-ray
 大学入学後、誘われるがまま映画サークルに入った"僕"は、部室に置いてあったカメラを借りて映像日記を撮り始める。新しい環境の中、行く先々で"僕"の前に必ず現れるなんとなく気になってしまう彼女に、"僕"は未完に終わった映画の続きを撮ってほしいと頼まれる。
  • DRILL AND MESSY
DRILL AND MESSYの写真
  • 2016エンタテインメント賞(ホリプロ賞)、観客賞(京都)
  • 監督/吉川鮎太 40分 カラー Blu-ray
 大学の映像学科に通う雪緒は、女の体を様々な流動物で汚す様子を撮影している。ある日、彼は何気なく覗いた彫刻室で、一心不乱に石膏像を破壊している女・真衣と出会う。汚すことに美を見出す男と、壊すことで完成させる女。ふたりの芸術性と欲望は似ているのか、正反対なのか。
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料
  •  

2/18(日) シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島

シンドバッドの写真
  • 2015(平成27)年 プロジェクトシンドバッド 50分 カラー Blu-ray
  • 監督/宮下新平 声の出演/村中 知、田辺桃子、鹿賀丈史、薬師丸ひろ子
 『アラビアンナイト』からシンドバッドの冒険をアニメーション化。海の向こうの世界へと船出することを夢見ていたシンドバッド。そんなシンドバッドの前に、ある日、空から木馬に乗った少女サナが現れ、心ときめく冒険がはじまる…。(作品提供/新日本映画社)
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料
メディア・レクチャー

2/10(土) 15:00~16:30 入場無料

  • 「スクリーンの中の広島」にいたるまで
  •  講師/西﨑智子(広島フィルム・コミッション)
 広島フィルム・コミッションの西﨑智子さんをお迎えして、昨年からロングラン上映を続ける映画『この世界の片隅に』をはじめとする、広島でロケが行われた作品のこぼれ話や広島フィルム・コミッションの活動を紹介します。
   
  • ※メディア・レクチャーは「広島市高齢者いきいき活動ポイント事業」の対象となります。
レコードコンサート

2/17(土) 15:00~17:00 入場無料

  • シャンソン・バラエティ
  • 選曲&解説/戸板 律子(フランス語講師、シャンソン研究家)
 シャンソンとはフランス語で「歌」という意味。フランス語で歌われるポピュラーソングのことですが、日本では「シャンソン」「フレンチポップ」として知られているごく一部の楽典を除いて、余り聞く機会はないのではないでしょうか。日本のポピュラーソングに演歌もポップスもラップもあり、ラブソングも応援ソングもあるように、フランス(語・圏)のポピュラーソングにも様々な音楽スタイルがあり、色々なことを歌っています。バラエティ豊かなシャンソンを対訳字幕つきでご紹介します。
  • 会場 1階試写試聴室
  •  
  • ※レコードコンサートは「広島市高齢者いきいき活動ポイント事業」の対象となります。


開館時間

・火曜日~土曜日
午前10時~午後8時
・日曜日・祝日・8月6日
午前10時~午後5時

休館日

・月曜日(8月6日、祝日は開館)
・祝日の翌日
ただし土・日・月曜日にあたるときは、直後の平日
・12月29日~1月4日

1月の休館日

 1日(月)~4日(木)、9(火)
 15日(月)、22日(月)、29(月)
 


page top