2022年10月のスケジュール


<2022年9月のスケジュール


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
映画鑑賞会では、座席の間隔を空けて
ご着席いただきます。 各回限定84席

2022年10月のスケジュール表

 鑑賞料
内容 開始時刻 大人 シニア 高校生 小中学生 会 場
1 2022 KOREA WEEK 韓国映画特集 IN 広島
「きらめく拍手の音」
☆アフタートーク
10:30 無料 無料 無料 無料 ホール
2022 KOREA WEEK 韓国映画特集 IN 広島
「82年生まれ、キム・ジヨン」
☆開幕式・アフタートーク
14:30 無料 無料 無料 無料 ホール
2 2022 KOREA WEEK 韓国映画特集 IN 広島
「ビューティー・インサイド」
10:30 無料 無料 無料 無料 ホール
2022 KOREA WEEK 韓国映画特集 IN 広島
「茲山魚譜 -チャサンオボ-」
14:00 無料 無料 無料 無料 ホール
3 休 館 日
4 催し物はありません
5 2022 KOREA WEEK 韓国映画特集 IN 広島
「きらめく拍手の音」
10:30 無料 無料 無料 無料 ホール
2022 KOREA WEEK 韓国映画特集 IN 広島
「ミナリ」
14:00 無料 無料 無料 無料 ホール
2022 KOREA WEEK 韓国映画特集 IN 広島
「茲山魚譜 -チャサンオボ-」
18:00 無料 無料 無料 無料 ホール
6 2022 KOREA WEEK 韓国映画特集 IN 広島
「ミナリ」
10:30 無料 無料 無料 無料 ホール
2022 KOREA WEEK 韓国映画特集 IN 広島
「82年生まれ、キム・ジヨン」
14:30 無料 無料 無料 無料 ホール
2022 KOREA WEEK 韓国映画特集 IN 広島
「ビューティー・インサイド」
18:00 無料 無料 無料 無料 ホール
7 2022 KOREA WEEK 韓国映画特集 IN 広島
「茲山魚譜 -チャサンオボ-」
10:30 無料 無料 無料 無料 ホール
2022 KOREA WEEK 韓国映画特集 IN 広島
「きらめく拍手の音」
14:30 無料 無料 無料 無料 ホール
2022 KOREA WEEK 韓国映画特集 IN 広島
「ミナリ」
18:00 無料 無料 無料 無料 ホール
8 開館40周年記念 生誕110年 新藤兼人特集
「鉄輪」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 無料 無料 ホール
9 開館40周年記念 生誕110年 新藤兼人特集
「讃歌」
10:30/14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
レコードコンサート
「シャンソンで世界旅行」
14:00 無料
(要申込)
無料
(要申込)
無料
(要申込)
無料
(要申込)
多目的研修室
10 月・祝 ファミリーシアター
アラビアンナイト シンドバッドの冒険」
10:30/14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
11 振 替 休 館 日
12 開館40周年記念 生誕110年 新藤兼人特集
「心」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
13 開館40周年記念 生誕110年 新藤兼人特集
「わが道」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
14 開館40周年記念 生誕110年 新藤兼人特集
「竹山ひとり旅」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
15 開館40周年記念 生誕110年 新藤兼人特集
「ある映画監督の生涯 私家版
10:30/14:00/17:30 510円 250円 無料 無料 ホール
16 開館40周年記念 生誕110年 新藤兼人特集
「ドキュメント8・6」
10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
17 休 館 日
18 催し物はありません
19 開館40周年記念 生誕110年 新藤兼人特集
「絞殺」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
20 開館40周年記念 生誕110年 新藤兼人特集
「北斎漫画」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
21 開館40周年記念 生誕110年 新藤兼人特集
「祭りの声」
10:30/14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
22 開館40周年記念 生誕110年 新藤兼人特集
「ブラックボード」
10:30/18:00 510円 250円 無料 無料 ホール
プロデューサーズ・トーク 14:00 無料
(要申込)
無料
(要申込)
無料
(要申込)
無料
(要申込)
ホール
23 ソクーロフ特集2022
「孤独な声」
10:30/14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
24 休 館 日
25 催し物はありません
26 ソクーロフ特集2022
「モスクワ・エレジー タルコフスキーに捧ぐ
14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
27 ソクーロフ特集2022
「セカンド・サークル」
14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
28 ソクーロフ特集2022
「精神(こころ)の声 デジタル・リマスター版
14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
29 ソクーロフ特集2022
「精神(こころ)の声 デジタル・リマスター版
10:30 380円 180円 無料 無料 ホール
30 ソクーロフ特集2022
「太陽」
10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
31 休 館 日

※新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、急遽、上映等が中止・変更になる場合があります。

お客様へのお願い
  • ・発熱や咳など体調に不安がある方は、ご入館を
    お控えください。
  • ・マスクを着用されていない場合はご入館を
    お控えください。
  • ・広島県外からのお客様は、各都道府県の
    移動自粛要請にあわせてご来館いただくようお願いします。

映画鑑賞会について。

発券・開場は
開映の1時間前頃(10:30の回は30分前頃)から1階受付で行ない、定員に達し次第締切となります。
  • 開映30分後からの入場はできません。
  • 各回入替制です。
    鑑賞券は当日・当該回のみ有効です。
    (前売券はありません。)
  • 都合により、発券・開場・開映時間が変更になる場合があります。
  • 各種手帳類の提示により、映画鑑賞料が無料になります。 詳しくは こちら
  • シニアは65歳以上。 運転免許証や健康保険証など年齢がわかる公的証明書、または健康手帳(平成19年度まで65歳以上のすべての人に配布されていたもの)をご提示ください。
開館40周年記念 生誕110年 新藤兼人特集
  •  10月から11月にかけて、生誕110年にちなんだ新藤兼人特集の第2期を開催します。今月は、谷崎潤一郎や夏目漱石の小説を独自の視点から映画化した『讃歌』や『心』、師である溝口健二の人間像と創作の秘密に迫った『ある映画監督の生涯』、社会的な問題を取り上げた『わが道』や『ブラックボード』など、1970年代、80年代の作品を上映します。また、広島市立中央図書館では、10月から12月にかけて、企画展「生誕110年 新藤兼人展」を開催します。映画とあわせてご観覧ください。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。
★企画展「生誕110年 新藤兼人展」
  • 10月8日(土)~12月25日(日)
  • 広島市立中央図書館 2階展示ホール 入場無料
  • 著書やシナリオ、自筆資料などを展示し、新藤兼人監督の生涯を振り返ります。
  • お問い合わせ先/広島市立中央図書館 ☎082-222-5542 FAX 082-222-5545

10/8(土) 鉄輪

  • 1972(昭和47)年 近代映画協会 91分 カラー 35㎜
  • 監督/新藤兼人
  • 出演/乙羽信子、観世栄夫、フラワー・メグ、殿山泰司
 平安時代、夫に捨てられた妻が丑の刻参りをして夫に呪いをかける。一方、現代では若い女と一緒になった夫を妻が執拗に追い回す。能の演目『鉄輪』をもとに、平安時代の物語と現代のドラマを交錯させながら、嫉妬のテーマを浮かび上がらせる。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生無料、小・中学生無料

10/9(日) 讃歌

  • 1972(昭和47)年 近代映画協会、ATG 110分 カラー 35㎜
  • 監督/新藤兼人
  • 出演/渡辺督子、河原崎次郎、乙羽信子、原田大二郎
 谷崎潤一郎の『春琴抄』の四度目の映画化。琴三絃に非凡な才能を見せる春琴、彼女に献身的に仕える佐助。新藤兼人監督自らが作者として画面に登場し、かつて春琴に仕えていた老女から、春琴と佐助の秘密を聞き出すという構成で、二人の愛の世界を描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

10/12(水) 心

  • 1973(昭和48)年 近代映画協会、ATG 89分 カラー 35㎜
  • 監督/新藤兼人
  • 出演/松橋 登、辻 萬長、杏梨、乙羽信子
 主人公の学生Kと親友のSは、二人とも下宿先の美しい娘I子に思いを寄せていた。KがSを出し抜いてI子に結婚を申し込んだことから、二人の関係に亀裂が生じる。夏目漱石の同名小説をもとに、新藤兼人監督が人間の“裏切り”に焦点を合わせて描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

10/13(木) わが道

  • 1974(昭和49)年 「わが道」製作実行委員会、近代映画協会 130分 カラー 35㎜
  • 監督/新藤兼人
  • 出演/乙羽信子、殿山泰司、河原崎長一郎、岡田英次
 青森県出身の季節労働者が東京で行き倒れて死亡する。これが身元不明人として処理され、遺族への照会もなく医大で解剖実験されるという事件が起きた。訴訟を起こして真相を追究する妻の姿を描き、人間の生きる権利を訴えかけた社会派ドラマ。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

10/14(金) 竹山ひとり旅

  • 1977(昭和52)年 近代映画協会、ジァン・ジァン 124分 カラー 35㎜
  • 監督/新藤兼人
  • 出演/林 隆三、乙羽信子、倍賞美津子、島村佳江
 津軽三味線の名人・高橋竹山の若き日の放浪時代を描く。幼くして視力を失った竹山は東北、北海道を門付けしてまわり、苦しい修行時代を送る。壁にぶつかった竹山を見守り再起を促すのは母であり、二度目の妻であった。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

10/15(土) ある映画監督の生涯 私家版

  • 1975(昭和50)年 近代映画協会 150分 カラー 35㎜
  • 監督/新藤兼人
  • 出演/田中絹代、木暮実千代、京マチ子、乙羽信子
 『西鶴一代女』や『雨月物語』など、日本映画史上に残る数々の傑作を生んだ巨匠・溝口健二。新藤兼人監督自らがインタビュアーとなり、溝口作品に携わった俳優やスタッフの証言によって、溝口健二の人間像と創作の秘密に迫ったドキュメンタリー。(作品提供/近代映画協会)
  • ①10:30~ ②14:00~ ③17:30~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生無料、小・中学生無料

10/16(日) ドキュメント8・6

  • 1977(昭和52)年 中国放送 83分 カラー 16㎜
  • 監督/新藤兼人  
    撮影/黒田清己
  • 音楽/林 光 ナレーター/草野大悟
 戦後30数年を経て製作された、被爆体験の風化へ警鐘を鳴らすドキュメンタリー。新藤兼人監督自らが被爆者の声を聞く一方、広島に原爆を投下したB29の指揮官に取材を試み、原爆を落とした者と落とされた者との隔たりを浮かび上がらせていく。
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

10/19(水) 絞殺

  • 1979(昭和54)年 近代映画協会、ATG 116分 カラー 35㎜
  • 監督/新藤兼人
  • 出演/西村 晃、乙羽信子、狩場 勉、会田初子
 素直で成績も優秀な息子が突然、両親に暴力を振るい始めた。身の危険を感じた父は耐えかねて息子を絞殺する。母親は息子を殺した夫を責め…。実際に起きた事件をもとに、家族崩壊の根源を探る問題作。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

10/20(木) 北斎漫画

  • 1981(昭和56)年 松竹 119分 カラー 35㎜
  • 監督/新藤兼人
  • 出演/緒形 拳、西田敏行、田中裕子、樋口可南子
 矢代静一の同名戯曲の映画化。創作意欲のおもむくままに奔放に生きた浮世絵師・葛飾北斎。彼の生涯を、堅実に戯作者への道を歩む友人の滝沢馬琴と対比させながら、北斎の娘お栄、馬琴の女房お百、魔性の女お直の三人の女性をからませて描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

10/21(金) 祭りの声

  • 1982(昭和57)年 中国放送 72分 カラー 16㎜
  • 監督/新藤兼人
  • 撮影/三宅義行、黒田清己
  • 音楽/林光  ナレーター/杉村春子
 新藤兼人監督の姉・久代は、大正時代に日系移民の男性と結婚しアメリカに渡った。50年あまりの時を経て、新藤監督は姉とアメリカで再会する。農地の開拓、太平洋戦争の時の収容所での生活、夫の死、一人での子育て。姉の苦難に満ちた生涯がつづられる。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

10/22(土) ブラックボード

  • 1986(昭和61)年 地域文化推進の会、電通 110分 カラー 35㎜
  • 監督/新藤兼人
  • 出演/辻 輝猛、乙羽信子、宅麻 伸、佐野量子
 新藤兼人監督が、いじめの問題を取り上げた作品。ある朝、川で中学生の男の子の他殺死体が発見される。警察の捜査が進むなか、犯人は被害者のクラスメートであることが判明する。事件の真相を探る新聞記者の取材をとおして、いじめの実態が浮かび上がっていく…。
(作品提供/近代映画協会)
  • ①10:30~ ②18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生無料、小・中学生無料
2022 KOREA WEEK
韓国映画特集 in 広島 
-多彩なジャンルの韓国映画に出会う-
  •  10月のコリア・ウィークの一環として、韓国映画を特集します。今回は、耳の聴こえない両親の世界を聴こえる娘の目線からやさしく描くドキュメンタリー『きらめく拍手の音』、大ベストセラー小説を映画化した『82年生まれ、キム・ジヨン』、史上初1役123人が演じるファンタジーロマンス『ビューティー・インサイド』、実話を基に描く身分を越えた友情物語『茲山魚譜-チャサンオボ-』、困難に立ち向かう韓国系移民一家の物語『ミナリ』の5作品を上映します。さまざまなジャンルで魅力ある作品が生み出される、多彩な韓国映画をご鑑賞ください。
  • 主催/駐広島大韓民国総領事館、
    広島市映像文化ライブラリー
★トークゲスト
イギル・ボラ監督の写真
イギル・ボラ監督
大塚大輔氏の写真
大塚大輔氏
(福岡インディペンデント映画祭
プログラミングディレクター)
  • ※上映作品の紹介は、作品提供先からの情報などを参考にしています。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

きらめく拍手の音 반짝이는 박수 소리  ★ アフタートーク

きらめく拍手の音の写真
  • 山形ドキュメンタリー映画祭2015
    アジア千波万波部門特別賞受賞
  • 2014年 韓国 80分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/イギル・ボラ
  • 出演/イ・サングク、キル・ギュンヒ、イ・グァンヒ、イギル・ボラ
 聴こえる[わたし]が見つめる、聴こえない両親の世界。表情ゆたかな手話が交差する、静かだけれどにぎやかな家族のものがたりを韓国の若き女性監督が繊細な語り口でつむぎだす。特別で美しい両親の世界を自身の葛藤も交えながら親密な距離で伝える、娘から両親へのプレゼントのようなドキュメンタリー。
  • ①10/1(土) 10:30~ ★アフタートーク  ②10/5(水) 10:30~ ③10/7(金) 14:30~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/無料
★ アフタートーク
10/1(土)10:30からの上映終了後には、
『きらめく拍手の音』のイギル・ボラ監督と大塚大輔氏(福岡インディペンデント映画祭 プログラミングディレクター)によるアフタートークを行います。

82年生まれ、キム・ジヨン 82년생 김지영  ★ アフタートーク

82年生まれ、キム・ジヨンの写真
  • 2019年 韓国 118分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/キム・ドヨン
  • 出演/チョン・ユミ、コン・ユ、キム・ミギョン
 結婚・出産を機に仕事を辞め、育児と家事に追われるジヨン。常に誰かの母であり妻である彼女は、ある日からまるで他人が乗り移ったような言動をとるようになる。その時の記憶はすっぽりと抜け落ちている妻に、夫のデヒョンは傷つけるのが怖くて真実を告げられない。なぜ彼女の心は壊れてしまったのか、少女時代から現在に至るまでの人生を通して、見えてくるものとは…。
  • ①10/1(土) 14:30~ ★アフタートーク  ②10/6(木) 14:30~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/無料
★ アフタートーク
10/1(土)14:30からの上映については、上映前に2022 KOREA WEEK 韓国映画特集 in 広島の開幕式を行います。また上映終了後には、大塚大輔氏(福岡インディペンデント映画祭 プログラミングディレクター)によるアフタートークを行います。

ビューティー・インサイド 뷰티 인사이드

ビューティー・インサイドの写真
  • 2015年 韓国 127分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ペク
  • 出演/ハン・ヒョジュ、パク・ソジュン、上野樹里、イ・ジヌク、キム・ジュヒョク、ユ・ヨンソク
 18歳のときから目覚めると心以外の姿、性別、国籍等の全てが変わるようになってしまった主人公ウジン。ある日、美しい女性イスに出会い一目で恋に落ちてしまう。彼女に告白する“見た目”になる日を待って、ついにデートに誘いロマンティックな3日間を過ごす。しかし、うっかり電車で寝てしまったため起きると全く別の顔になってしまい…。
  • ①10/2(日) 10:30~ ②10/6(木) 18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/無料

茲山魚譜 -チャサンオボ- 자산어보

茲山魚譜の写真
  • 2021年 韓国 126分 白黒 Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/イ・ジュニク
  • 出演/ソル・ギョング、ピョン・ヨハン、リュ・スンリョン、イ・ジョンウン、ミン・ドヒ
 1801年、朝鮮王朝時代 ― 新王即位に伴い前王に仕えていた博物学者チョン・ヤクチョンは罷免され黒山島に追放されるが、島を取り巻く海の生物に魅了され親切な島民の暮らしに役立つような“海洋生物学書”を執筆したいと思い始める。豊富な知識を持ちながらも貧しい海の暮らしから離れたい青年チャンデと出会い、共に学び合うなかで友情を育み、一つの目標に向かって進んでいく。
  • ①10/2(日) 14:00~ ②10/5(水) 18:00~ ③10/7(金) 10:30~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/無料

ミナリ 미나리

ミナリの写真
  • 第36回サンダンス映画祭グランプリ(審査員賞)+観客賞 W受賞、 第93回アカデミー賞助演女優賞(ユン・ヨジョン)、 他多数
  • 2020年 アメリカ 116分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/リー・アイザック・チョン
  • 出演/スティーヴン・ユァン、ハン・イェリ、ユン・ヨジョン
 1980年代、韓国系移民のジェイコブは、農業で成功することを夢みてアメリカのアーカンソー州の高原へ家族と共に引っ越してきた。しかし現実は厳しく、荒れた土地では水が干上がり作物も売れない。追い詰められた一家に、思いもしない事態が持ち上がる…。
  • ①10/5(水) 14:00~ ②10/6(木) 10:30~ ③10/7(金) 18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/無料
ソクーロフ特集2022
  •  ソビエト時代には、監督作が当局により<上映禁止>となっていたアレクサンドル・ソクーロフ監督は、今や世界的な巨匠となり、昨年6月に70歳を迎えました。発表の場がTVやビデオのみの作品を加えると、監督作は優に数百本を超えますが、いずれも想像力を喚起させる、独創的で創造力溢れる作品を世に送り出しています。今回の特集ではソクーロフのエポックメイキング的な5作品を上映します。
  • 作品提供/パンドラ
  • ※上映作品の紹介は、作品提供先からの情報などを参考にしています。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。
アレクサンドル・ソクーロフ Aleksandr Sokurov

 1951年ロシア、シベリアのイルクーツク生まれ。ゴーリキー大学で歴史学の学位取得後、モスクワの国立映画大学の監督コースに進学した。劇映画第1作の『孤独な声』(1978年)はタルコフスキーに高く評価されるが、以後の作品は当局によりことごとく公開禁止処分を受けた。ペレストロイカ後にそれらの作品が公開されると注目を集め、その後の作品は西欧から日本、アメリカへまで広がり、現代ロシアでは、世界中の映画ファンの注目を集める監督である。

10/23(日) 孤独な声 Одинокий Годос Человека

孤独な声の写真
  • 1978年 ソ連 86分 白黒 35㎜ 日本語字幕
  • 出演/アンドレ・グラドフ、タチャイナ・ゴリャチョワ
 内戦が終わり、荒廃した故郷の村に戻った兵士のニキータ。貧困にあえぎながらも幼なじみのリューバとの愛を育んでいくが…。死と隣り合わせの生活の中でも気高さを失わなかった人々の精神を描いた、ソクーロフ監督のデビュー作。
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

10/26(水) 
モスクワ・エレジー タルコフスキーに捧ぐ Московская элегия

モスクワ・エレジーの写真
  • 1986-1987年 ソ連 88分 白黒・カラー Blu-ray 日本語字幕
  • ナレーション/アレクサンドル・ソクーロフ
 亡命先のパリで1986年、54歳で客死した名匠アンドレイ・タルコフスキー。没後35年を経てもなお、世界中の映画ファンを魅了し続けている。ソクーロフ監督の第一回長編監督作『孤独な声』(1978年完成/1987年公開)が公開禁止処分を受けた際、彼は「この映画にも欠点はあるが、それは天才による欠点だ」と擁護した。そして、後年ソクーロフはタルコフスキーに捧げて本作をつくった。なお、同じく亡命者だったロストロポーヴィチ演奏のチェロが終了を飾る。
  • ①14:00~ ②18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

10/27(木) セカンド・サークル
 Круг второй

セカンド・サークルの写真
  • 1990年 ロシア 93分 カラー 35㎜ 日本語字幕
 父親の死と向き合う孤独な青年。なすすべもなく葬儀屋に翻弄されながら、次第に「死」と親しくなってゆく青年を幻想と覚醒を往来する衝撃的な映像美で描く。
  • ①14:00~ ②18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

10/28(金)、29(土) 
精神(こころ)の声 デジタル・リマスター版 Духовные голоса

精神(こころ)の声の写真
  • 1995年ロカルノ映画祭ソニー賞、
    山形国際ドキュメンタリー映画祭特別招待 他多数
  • 1995年 ロシア、ドイツ、日本(パンドラ) 331分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • ナレーション/アレクサンドル・ソクーロフ
  • 音楽/モーツァルト、ベートーヴェン、メシアン、武満徹
  • 全5話構成
    (第1話+2話:72分、第3話:88分、第4話:78分、第5話:93分)
 タジキスタンとの内戦に派兵されたロシア軍の若き兵士たちを撮った、ソクーロフの金字塔ともいえるドキュメンタリー。なお、本作に登場する兵士はひとりも生還していない。
  • ①10/28(金)14:00~ ②10/29(土)10:30~ ※第3話の後に30分の休憩があります。 
    各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料
  • ※29(土)は高校生無料

10/30(日) 太陽 Солнце

太陽の写真
  • 2005年ベルリン国際映画祭正式出品、
    サンクトペテルブルク国際映画祭グランプリ 他多数
  • 2005年 ロシア、イタリア、フランス、スイス 110分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 出演/イッセー尾形、佐野史郎、桃井かおり
 1945年、敗戦が濃厚となる中、地下の防空壕で孤独に暮らす天皇。空襲の悪夢にうなされる日々を過ごし終戦を迎え、ある決意を胸にマッカーサーとの会見に臨む…。
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料
プロデューサーズ・トーク ※要事前申込

10/22(土) 14:00

  •  『ブラックボード』から『一枚のハガキ』まで、プロデューサーとして父・新藤兼人監督の作品を支えてきた新藤次郎さんをお招きし、プロデューサーの視点から見た新藤監督の映画づくり、新藤組のスタッフワークなどについて語っていただきます。
    ※トークでは手話通訳と要約筆記を行います。
  • ゲスト/新藤次郎 (映画プロデューサー)
  • 聞き手/玉田陽子 (フリーパーソナリティ)
  • 申込方法/9月22日(木)10:00から
    電話または映像文化ライブラリー1階窓口にて
    受付します。
  • 限定84席 
    ※定員になり次第、締め切らせていただきます
  • お申込・お問い合わせ/
    広島市映像文化ライブラリー 電話 082-223-3525
  • ※お申込みいただきました個人情報は、当事業のみに使用し、それ以外の目的に使用したり、第三者に提供することはありません。
  • ※プロデューサーズ・トークは「広島市高齢者いきいき活動ポイント事業」の対象となります。
プロフィール
新藤次郎さんの写真

新藤次郎

 1949年、神奈川県に生まれる。1971年、日本大学芸術学部写真学科卒業。在学中より新藤兼人作品を中心に、独立プロダクションのスチールを担当。1979年から三船プロダクションで『大江戸捜査網』(テレビ東京)のプロデュースに携わる。1986年、『ブラックボード』から近代映画協会にてプロデューサーを務め、現在に至る。主なプロデュース作品は、『午後の遺言状』『三文役者』『サヨナラ COLOR』『転がれ!たま子』『石内尋常高等小学校 花は散れども』『一枚のハガキ』など。『一枚のハガキ』で芸術選奨文部科学大臣賞、藤本賞、SARVH賞を受賞。

ファミリーシアター

10/10(月・祝) 
アラビアンナイト シンドバッドの冒険

  • 1962(昭和37)年 東映動画 81分 カラー 35㎜
  • 演出/薮下泰司、黒田昌郎
  • 声の出演/木下秀雄、黒柳徹子、滝口順平、太宰久雄
 手塚治虫と北杜夫が脚本を手がけた作品。冒険好きな若者シンドバッドとアリー少年は、宝の島を探す旅に出る。途中、自由を求めるサミール姫が冒険の仲間に加わり、苦難の末、シンドバッドは宝石よりもすばらしい宝を見つける。
  • ①10:30~ ②14:00~  各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。
レコードコンサート 
募集を締め切りました

10/9(日) シャンソンで世界旅行

※定員に達しましたので募集を締め切りました。

  • 選曲&解説/戸板律子
    (フランス語講師、シャンソン研究家)
  • 14:00~16:00
  • 入場無料
 新型コロナウィルス感染症の世界的流行以来、国境を超えた移動はすっかり難しくなってしまいました。かつてのように安心して旅ができる日はまだ先かもしれませんが、そろそろ旅の計画を立ててみたいという方や、世界の国々からの来訪者をまた迎えたいと願っている方も多いでしょう。では一足先に、シャンソンで世界旅行はいかがでしょう。
 シャンソン(フランスのポピュラーソング)に歌われている、フランスにとっての「外国」。異国情緒だけでなく、フランス語圏のつながりや、世界に向けて開かれた関心がうかがえます。またシャンソンのアーティストには、フランス語圏にとどまらず様々なルーツの人、出会いを求めて軽々と国境を超えていく人がいます。そうした交流・交歓から生まれた曲やサウンドに、多様なジャンルの影響や融合を聞き取ることができます。バラエティに富んだ歌の数々を対訳とともにご紹介します。旅の気分を味わってもらえたらと思います。
申込方法 /
9月21日(水)10:00から
電話または映像文化ライブラリー1階窓口にて
受付します。

定員に達しましたので募集を締め切りました。
  • 限定20席 要事前申込
  • ※お申込みいただきました個人情報は、当事業のみに使用し、それ以外の目的に使用したり、第三者に提供することはありません。
  • ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
  • お申込・お問い合わせ/
    広島市映像文化ライブラリー 電話 082-223-3525
  • ※レコードコンサートは
    「広島市高齢者いきいき活動ポイント事業」の対象となります。

開館時間

・火曜日~土曜日
午前10時~午後8時
・日曜日・祝日・8月6日
午前10時~午後5時

休館日

・月曜日(8月6日、祝日は開館)
・祝日の翌日
ただし土・日・月曜日にあたるときは、
直後の平日
・12月29日~1月4日

--月の休館日

 --日(--)、--日(--)、
 --日(--)、--日(--)、
 --日(--)、--日(--)

page top