2021年5月のスケジュール


<2021年4月のスケジュール


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
映画鑑賞会では、座席の間隔を空けて
ご着席いただきます。 各回限定84席

2021年5月のスケジュール表

 鑑賞料
内容 開始時刻 大人 シニア 高校生 小中学生 会 場
1 日本映画史探訪 1940年代の秀作
「大日向村 」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 無料 無料 ホール
2 日本映画史探訪 1940年代の秀作
「南海の花束」
10:30/14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
3 月・祝 日本映画史探訪 1940年代の秀作
「花咲く港」
10:30/14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
4 火・祝 日本映画史探訪 1940年代の秀作
「海軍」
10:30/14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
5 水・祝 ファミリーシアター
「西遊記」
10:30/14:00 510円 250円 無料 無料 ホール
6 振 替 休 館 日
7 日本映画史探訪 1940年代の秀作
「無法松の一生」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
8 日本映画史探訪 1940年代の秀作
「陸軍」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 無料 無料 ホール
9 日本映画史探訪 1940年代の秀作
「一番美しく」
10:30/14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
10 休 館 日
11 催し物はありません
12 文化映画
「藤本能道の色絵磁器 -釉描加彩-ほか
14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
13 文化映画
「絵巻」ほか
14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
14 イタリア映画特集 「結婚演出家」 14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
15 イタリア映画特集 「夫婦の危機」 14:00/18:00 380円 180円 無料 無料 ホール
16 イタリア映画特集
「日々と雲行き」
10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
17 休 館 日
18 催し物はありません
19 文化映画
今は昔 昔は今 歌舞伎をみる」ほか
14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
20 文化映画
「利休の茶」ほか
14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
21 イタリア映画特集
「ただ一人の父親」
14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
22 イタリア映画特集
「ニーナ ローマの夏休み」
14:00/18:00 380円 180円 無料 無料 ホール
23 イタリア映画特集
「Viva! 公務員」
10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
24 休 館 日
25 催し物はありません
26 文化映画
「松本城」ほか
14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
27 日本映画史探訪 1940年代の秀作
「明日を創る人々」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
28 日本映画史探訪 1940年代の秀作
「結婚」
10:30/14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
29 日本映画史探訪 1940年代の秀作
「素晴らしき日曜日」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 無料 無料 ホール
30 日本映画史探訪 1940年代の秀作
「夜の女たち」
10:30/14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
31 休 館 日

※新型コロナウイルス感染拡大の状況に
よっては、急遽、上映等が中止・変更になる
場合があります。

お客様へのお願い
  • ・発熱や咳など体調に不安がある方は、
    ご入館をお控えください。
  • ・マスクを着用されていない場合はご入館をお控えください。
  • ・広島県外からのお客様は、各都道府県の移動自粛要請にあわせてご来館いただくようお願いします。

映画鑑賞会について。

  • 発券・開場は開映の1時間前(10:30の回は30分前)から行ない、定員に達し次第締切となります。
  • 開映30分後からの入場はできません。
  • 各回入替制です。鑑賞券は当日・当該回のみ有効です。
  • 都合により、発券・開場・開映時間が変更になる場合があります。
  • 各種手帳類の提示により、映画鑑賞料が無料になります。 詳しくはこちら
  • シニアは65歳以上。 運転免許証や健康保険証など年齢がわかる公的証明書、または健康手帳(平成19年度まで65歳以上のすべての人に配布されていたもの)をご提示ください。
日本映画史探訪 1940年代の秀作
  •  1940年代は、戦争の激化、終戦、占領下での改革と、日本にとって大きな変革の時期でした。映画も時代の影響を受けながら、名匠たちが作品に取り組みました。今月の特集では、木下惠介監督のデビュー作『花咲く港』、阪東妻三郎が名演を見せた『無法松の一生』、黒澤明監督が戦時下の女性たちを描いた『一番美しく』、終戦から間もない頃の恋人たちを主人公にした『結婚』や『素晴らしき日曜日』などを上映し、1940年代の日本映画を振り返ります。
  • ※今月の上映作品には、映像・音声が良好ではないものがあります。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

5/1(土) 大日向村

  • 1940(昭和15)年 東京発声、東宝映画(東京)、前進座 84分 白黒 35㎜
  • 監督/豊田四郎
  • 出演/河原崎長十郎、中村翫右衛門、伊藤智子、杉村春子
 農村を舞台にした作品で知られる、和田傳の同名小説の映画化。昭和12年頃、村の人口のおよそ半分を満州(現・中国東北地方)に送り出し、移民の先駆けとなった長野県の大日向村。農地の乏しい大日向村の人々が、様々な紆余曲折を経て、移住を決意するまでが描かれる
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 
    各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生無料、小・中学生無料

5/2(日) 南海の花束

  • 1942(昭和17)年 東宝映画 106分 白黒 35㎜
  • 監督/阿部 豊
  • 出演/大日方傳、河津清三郎、清水将夫、杉村春子
 民間航空会社の飛行場を舞台に、南洋の新航路開拓に命を懸ける男たちの姿を描く。大日方傳が厳格そのものの所長を、若き日の河津清三郎や清水将夫らが血気盛んなパイロットを演じ、熱のこもったドラマが繰り広げられる。
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

5/3(月・祝) 花咲く港

  • 1943(昭和18)年 松竹(大船) 82分 白黒 35㎜
  • 監督/木下惠介
  • 出演/小沢栄太郎、上原 謙、水戸光子、笠 智衆
 菊田一夫の戯曲をもとにした、木下惠介監督のデビュー作。九州の島を舞台に、造船所再建の話を種に一儲けを企む二人のペテン師と、純朴な島の人々とが巻き起こす騒動を描く。小沢栄太郎、上原謙、笠智衆ら演技陣のアンサンブルが楽しい喜劇。
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

5/4(火・祝) 海軍

  • 1943(昭和18)年 松竹(京都) 112分 白黒 35㎜
  • 監督/田坂具隆
  • 出演/山内 明、風見章子、滝花久子、小杉 勇
 獅子文六のペンネームでも知られる岩田豊雄の同名小説の映画化。海軍に憧れる谷真人は、江田島の海軍兵学校を経て海軍士官となり、特殊潜航艇に乗り込んで真珠湾攻撃に臨む。田坂具隆監督は、主人公の成長過程に焦点をあわせて描く。(上映作品は、ラストの部分が欠落しています。)
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

5/7(金) 無法松の一生

  • 1943(昭和18)年 大映(京都) 79分 白黒 35㎜
  • 監督/稲垣 浩
  • 出演/阪東妻三郎、園井恵子、月形龍之介、永田 靖
 岩下俊作の『富島松五郎伝』を伊丹万作が脚色し、病床にあった伊丹に代わって盟友の稲垣浩が監督。北九州の小倉を舞台に、喧嘩っ早いが人情に厚い人力車夫・松五郎の生涯を描く。伊丹のシナリオ、稲垣の演出、阪東妻三郎の演技が一体となった名編。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

5/8(土) 陸軍

  • 1944(昭和19)年 松竹(大船) 87分 白黒 35㎜
  • 監督/木下惠介
  • 出演/田中絹代、笠 智衆、東野英治郎、杉村春子
 火野葦平の同名小説の映画化。日清・日露戦争、そして太平洋戦争と、息子たちを戦争に送り出した一家の四代にわたる歩みを描く。田中絹代扮する母親が、出征する息子を見送るラストシーンが印象深い作品。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生無料、小・中学生無料

5/9(日) 一番美しく

  • 1944(昭和19)年 東宝 85分 白黒 35㎜
  • 監督/黒澤 明
  • 出演/入江たか子、矢口陽子、志村 喬、菅井一郎
 『姿三四郎』に続く黒澤明監督の第二作。太平洋戦争の末期、軍需工場でレンズ作りに従事する女子勤労挺身隊。黒澤監督は、ドキュメンタリーのような作品を狙い、増産目標を達成するために努力する女性たちのひたむきな姿を描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

5/27(木) 明日を創る人々

  • 1946(昭和21)年 東宝 83分 白黒 35㎜
  • 監督/山本嘉次郎、黒澤 明、関川秀雄
  • 出演/薄田研二、中北千枝子、森 雅之、志村 喬
 戦後間もなく作られた民主主義的な映画の一本。製鋼会社に勤める父、撮影所の記録係をする姉、レビュー劇場で踊る妹、家計のやりくりに頭を悩ませる母。こうした岡本家の人々を主人公に、職場で労働運動が高まりを見せていく様子を描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

5/28(金) 結婚

  • 1947(昭和22)年 松竹(大船) 85分 白黒 16㎜
  • 監督/木下惠介
  • 出演/田中絹代、上原 謙、東野英治郎、東山千栄子
 木下惠介の原作を新藤兼人が脚色した作品。松川文江と菅原積は相思相愛の仲だが、文江の父が失業中という家庭の事情が二人の結婚を阻んでいた。田中絹代と上原謙、『愛染かつら』のコンビで、戦後間もない頃の恋人たちを描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

5/29(土) 素晴らしき日曜日

  • 1947(昭和22)年 東宝 109分 白黒 35㎜
  • 監督/黒澤 明
  • 出演/沼崎 勲、中北千枝子、渡辺 篤、中村是好
 終戦から2年、まだ焼け跡の残る東京の街を舞台にした青春スケッチ。ある日曜日にデートする恋人たちの姿を追い、戦後の厳しい現実と、将来に不安を抱きながらも、ささやかな希望を持つ二人の心情を、一日の出来事に凝縮して描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生無料、小・中学生無料

5/30(日) 夜の女たち

  • 1948(昭和23)年 松竹(京都) 73分 白黒 35㎜
  • 監督/溝口健二
  • 出演/田中絹代、高杉早苗、角田富江、浦辺粂子
 溝口健二監督が戦後の復調を示したとされる作品。終戦直後の大阪を舞台に、夫を戦争で失い、子どもを結核で亡くした妻が、男に裏切られ転落していくさまを、荒廃した街を背景にリアルなタッチで描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料
イタリア映画特集
  •  今回のイタリア映画特集では、東京などで長年開催され好評を博している「イタリア映画祭」で紹介された作品を中心に上映します。現代イタリア映画の重鎮マルコ・ベロッキオ監督による渾身作『結婚演出家』、若い女性の幻想的なひと夏を描いた『ニーナ ローマの夏休み』、イタリア映画歴代興行収入トップの大記録を打ち立てたコメディ『Viva! 公務員』、などバラエティー溢れる6作品を上映します。現代のイタリアの魅力がふんだんに盛り込まれた作品の数々をぜひご鑑賞ください。
  • 作品提供/パンドラ
  • ※全作品、ブルーレイディスクによる上映です。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。
  • ※上映作品の紹介は、作品提供先の情報を基にしています。

5/14(金) 結婚演出家 Il regista di matrimoni

結婚演出家の写真
  • 〈伊〉ゴールデン・グローブ賞 最優秀作品賞、イタリア映画批評家連盟賞 最優秀オリジナル脚本賞、他多数受賞
  • 2006年 イタリア、フランス 100分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/マルコ・ベロッキオ
  • 出演/セルジョ・カステッリット、ドナテッラ・フィノッキアーロ、サミー・フレイ
 娘が結婚して寂しくなった映画監督のフランコは、マンゾーニ作の小説「いいなづけ」を原作にした新作を準備中に訪れたシチリアで、新婚カップルを撮影している一団と出会う。撮影を演出していたエンツォに招かれ家に行くと、ある貴族から結婚式の撮影を依頼されるが、それは思いもかけない出会いに繋がってゆくのだった…。
  • ①14:00~ ②18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

5/15(土) 夫婦の危機 Il caimano

夫婦の危機の写真
  • 第59回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品
  • 第50回ダヴィッド・ディ・ドナッテッロ賞作品賞・監督賞など6部門受賞
  • 2006年 イタリア 112分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ナンニ・モレッティ
  • 出演/シルヴィオ・オルランド、マルゲリータ・ブイ
 落ち目の映画プロデューサー、ブルーノの前に、監督志望の若い女性が新作の脚本を持って現れる。ブルーノは無謀にも彼女を監督に起用するが、現場は大混乱に。改めて脚本を読むと、イタリア首相を糾弾する映画だった。スキャンダルまみれなのに憎めない宰相ベルルスコーニを、才気あふれるモレッティが皮肉った内容に、イタリアでは大ヒットを記録。
  • ①14:00~ ②18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生無料、小・中学生無料

5/16(日) 日々と雲行き Giorni e nuvole

日々と雲行きの写真
  • イタリア・アカデミー賞 最優秀主演女優賞・最優秀助演女優賞
  • モスクワ国際映画祭 最優秀主演女優賞、他多数受賞
  • 2007年 イタリア、スイス、フランス 117分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/シルビオ・ソルディーニ
  • 出演/マルゲリータ・ブイ、アントニオ・アルバネーゼ
 ミケーレとエルサは、豪邸で仲睦まじく暮す中年の夫婦。一人娘も20歳になり、妻のエルサは長年の夢だった学位を取得するために、フレスコ画修復の研究に打ち込む充実した日々を送っていた。しかし、夫のミケーレが失職してしまい、それを機に夫婦の間に亀裂が生じる…。
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

5/21(金) ただ一人の父親 Solo un padre

ただ一人の父親の写真
  • 2008年 イタリア 93分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ルカ・ルチーニ
  • 出演/ルカ・アルジェンテーロ、ディアーヌ・フレーリ
 10ヶ月になる娘を育てるシングルファーザーのカルロは、仕事と育児に悪戦苦闘していた。時折、思い出すのは妻の事。離婚の前に娘をみごもり、出産後に亡くなってしまった妻。カルロの脳裏には、妻との日々が時折よみがえり、その度に、後悔の念に苛まれていた。そんなある時、フランス人女性カミーユと知り合う…
  • ①14:00~ ②18:00~ 
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

5/22(土) ニーナ ローマの夏休み Nina

ニーナ ローマの夏休みの写真
  • 2012年 イタリア 78分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/エリザ・クスサス
  • 出演/ディアーヌ・フレーリ、ルカ・マリネッリ
 ニーナは郊外の小さな学校で音楽教師をしていたが、外国での新しい生活を夢見ていた。すべては親友の頼みごとから始まった…。両親の留守中に老犬オメロの世話を頼まれたニーナは、ローマ郊外、近代的な街並の続くエウルにある家で暮らすことになった。幻想的で魔法のような様々な出会いにより、彼女は奇妙なひと夏を過ごす。
  • ①14:00~ ②18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生無料、小・中学生無料

5/23(日) Viva! 公務員 Quo vado?

Viva! 公務員の写真
  • イタリア映画記者協会賞 最優秀プロデューサー賞
  • ゴールデンCIAK賞 最優秀助演女優賞、他多数受賞
  • 2015年 イタリア 86分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ジェンナーロ・ヌンツィアンテ
  • 出演/ケッコ・ザローネ
 イタリア映画歴代興行収入トップの大記録を打ち立てたコメディ。子供のころからの夢だった安定した終身雇用の職=公務員に就いて15年のケッコ。だが、ある日、政府による公務員削減の対象になってしまった…。
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

5/12(水)

  • 藤本能道の色絵磁器 -釉描加彩-
  • 十三代今右衛門 薄墨の美
  • 小鹿田焼
 色絵磁器の分野で“釉描加彩”と呼ばれる新たな技法を生み出した藤本能道、佐賀県有田の色絵磁器、“色鍋島”の伝統を守りつつ、新たな創作に挑む十三代今泉今右衛門、大分県の日田市皿山で、昔ながらの陶器づくりが受け継がれる小鹿田焼。陶磁器の匠の技を紹介する作品を上映します。
  • ①14:00~ ②18:00~ (3作品・103分) 
    各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

5/13(木)

  • 絵巻
  • 国宝 鳥獣人物戯画
 平安時代や鎌倉時代の社会、貴族や武士、庶民の生活を鮮やかに描き出す絵巻。今に残る絵巻の中でも、近年、とりわけ注目を集めている鳥獣人物戯画。絵巻の成り立ちや、その謎に迫る作品を上映します。
  • ①14:00~ ②18:00~ (2作品・88分) 
    各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

5/19(水)

  • 今は昔 昔は今 歌舞伎をみる 2001・国立劇場
  • 歌舞伎の魅力 衣裳と化粧 ー御摂勧進帳ー
 花道、回り舞台、立ち回り、女形の演技と踊り…。歌舞伎の魅力を生み出す要素を解説した入門編『歌舞伎をみる』。「御摂勧進帳」(ごひいきかんじんちょう)の舞台裏にスポットをあてて、歌舞伎における衣裳と化粧の役割を探る『衣裳と化粧』。歌舞伎の魅力を伝える作品を上映します。
  • ①14:00~ ②18:00~ (2作品・74分) 
    各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

5/20(木)

  • 利休の茶
  • 茶の湯釜 角谷一圭のわざ
 利休好みの茶器などを紹介しながら、茶の湯を支える造形の美を探る『利休の茶』。伝統と新たな創意とを調和させた角谷一圭の茶の湯釜。その制作過程を記録した『茶の湯釜 角谷一圭のわざ』。茶の湯の美意識に迫る作品を上映します。
  • ①14:00~ ②18:00~ (2作品・78分) 
    各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

5/26(水)

  • 松本城
  • 松山城
  • 城と城下町
 昭和25年に始まった解体修理の記録映像から明らかになる松本城の構造、昭和40年代の松山城の再建工事の過程、彦根城の城下町の成り立ちと人々の暮らし。城の歴史や構造を探る作品を上映します。
  • ①14:00~ ②18:00~ (3作品・79分) 
    各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。
ファミリーシアター

5/5(水・祝) 西遊記

  • 1960(昭和35)年 東映動画 88分 カラー 35㎜
  • 演出/薮下泰司、手塚治虫、白川大作
  • 声の出演/小宮山清、新道乃里子、木下秀雄、篠田節夫
 手塚治虫のマンガ『ぼくの孫悟空』をもとにしたアニメーション。三蔵法師のお供をして天竺へ向かい、金角・銀角や牛魔王と戦う孫悟空の冒険を描く。悟空の恋人・リンリンが登場し、ミュージカルのような演出やさまざまなギャグが楽しさを加える。
  • ①10:30~ ②14:00~ 
    各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生無料、小・中学生無料

開館時間

・火曜日~土曜日
午前10時~午後8時
・日曜日・祝日・8月6日
午前10時~午後5時

休館日

・月曜日(8月6日、祝日は開館)
・祝日の翌日
ただし土・日・月曜日にあたるときは、
直後の平日
・12月29日~1月4日

5月の休館日

 6日(木)、10日(月)、
 17日(月)、24日(月)、
 31日(月)

page top