2019年11月のスケジュール


2019年12月のスケジュール>


2019年11月のスケジュール表

内容 開始時刻 大人 シニア 高校生 小中学生 場 所
1 ゴーモン 珠玉のフランス映画史
「抵抗 - 死刑囚の手記より
14:00/18:30 380円 180円 180円 無料 ホール
2 ゴーモン 珠玉のフランス映画史「怪盗ルパン」 14:00/18:00 380円 180円 無料 無料 ホール
3 国際アニメーション・デー 2019 in 広島
「ファーザー・アンド・ドーター」ほか
10:30/14:00 無料 無料 無料 無料 ホール
3 ひろしま図書館まつり連携事業 こども映画会
「小さなバイキングビッケ ~世界で最初の消防隊~ほか
11:00/14:30 無料 無料 無料 無料 試写試聴室
4 月・休 ゴーモン 珠玉のフランス映画史「顔のない眼」 10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
5 振 替 休 館 日
6 ゴーモン 珠玉のフランス映画史
「殺人者にスポットライト」
14:00/18:30 380円 180円 180円 無料 ホール
7 ゴーモン 珠玉のフランス映画史
「私たちは一緒に年をとることはない」
14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
8 ゴーモン 珠玉のフランス映画史
「ファントマ 第1話 ファントマ/ベルタム事件」ほか
14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
9 ゴーモン 珠玉のフランス映画史
「ファントマ 第3話 ファントマの逆襲」
14:00/18:00 380円 180円 無料 無料 ホール
10 ゴーモン 珠玉のフランス映画史
「ファントマ 第4話 ファントマ対ファントマ」ほか
10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
11 休 館 日
12 催し物はありません
13 ゴーモン 珠玉のフランス映画史「鱒」 14:00/18:30 380円 180円 180円 無料 ホール
14 没後50年 成瀬巳喜男監督特集「流れる」 10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
15 没後50年 成瀬巳喜男監督特集「鰯雲」 10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
16 ICAF2019 広島上映
ようこそ“学生アニメーションの最前線へ”
12:00 無料 無料 無料 無料 ホール
17 周防正行監督「Shall we ダンス?」 10:30 510円 250円 250円 無料 ホール
17 ディレクターズ・トーク 周防正行監督 14:00 無料 無料 無料 無料 ホール
18 休 館 日
19 催し物はありません
20 没後50年 成瀬巳喜男監督特集「女が階段を上る時」 10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
21 没後50年 成瀬巳喜男監督特集「放浪記」 10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
22 広島国際映画祭2019「野のなななのか」 13:00 380円 180円 180円 無料 ホール
22 広島国際映画祭2019「異人たちとの夏」 18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
23 土・祝 広島国際映画祭2019「野ゆき山ゆき海べゆき」 10:30 510円 250円 250円 無料 ホール
23 土・祝 広島国際映画祭2019「あした」 14:30 510円 250円 250円 無料 ホール
24 広島国際映画祭2019「幻の光」 10:30 510円 250円 250円 無料 ホール
24 広島国際映画祭2019「オオクノシマ」ほか 14:30 380円 180円 180円 無料 ホール
25 休 館 日
26 振 替 休 館 日
27 没後50年 成瀬巳喜男監督特集「乱れる」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 250円 無料 ホール
28 没後50年 成瀬巳喜男監督特集「女の中にいる他人」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 250円 無料 ホール
29 没後50年 成瀬巳喜男監督特集「乱れ雲」 10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
30 バリアフリー映画特集「体操しようよ」 14:00/18:00 380円 180円 無料 無料 ホール
30 レコードコンサート「ピアノ協奏曲の音楽史」 15:00 無料 無料 無料 無料 試写試聴室

  映画鑑賞会について。

  • 発券・開場は開映の1時間前(10:30の回は30分前)から行ない、定員に達し次第締切となります。
  • 開映30分後からの入場はできません。
  • 各回入替制です。鑑賞券は当日・当該回のみ有効です。
  • 都合により、発券・開場・開映時間が変更になる場合があります。
  • 各種手帳類の提示により、映画鑑賞料が無料になります。 詳しくはこちら
  • シニアは65歳以上。 運転免許証や健康保険証など年齢がわかる公的証明書、または健康手帳(平成19年度まで65歳以上のすべての人に配布されていたもの)をご提示ください。
没後50年 成瀬巳喜男監督特集
  •  10月に引き続き、没後50年にちなんだ成瀬巳喜男監督の特集を開催します。今月は、豪華な女優陣で芸者たちの飾らない日常を描く『流れる』、夜の銀座に生きる女性を主人公にした『女が階段を上る時』、林芙美子の自伝的な小説を映画化した『放浪記』、遺作となったメロドラマの秀作『乱れ雲』などを上映します。繊細な表現で女性の生き方を見つめた成瀬作品。その中で輝きを見せた、高峰秀子、山田五十鈴、田中絹代、淡島千景、新珠三千代、司葉子といった女優たちの演技にもご注目ください。多くの皆様のご来場をお待ちしています。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

11/14(木) 流れる

  • 1956(昭和31)年 東宝 116分 白黒 35㎜
  • 監督/成瀬巳喜男 出演/田中絹代、山田五十鈴、高峰秀子、杉村春子
 幸田文の同名小説の映画化。東京の下町を舞台に、経営が苦しくなった芸者置屋を盛り返そうとする女将を中心に、花街に生きる女性たちの姿を情感豊かに描く。田中絹代、山田五十鈴、高峰秀子ら豪華女優陣が演技を競う。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

11/15(金) 鰯雲

  • 1958(昭和33)年 東宝 129分 カラー 35㎜
  • 監督/成瀬巳喜男 出演/淡島千景、新珠三千代、木村 功、司 葉子
 成瀬巳喜男監督初のカラー作品。夫を戦争で亡くし、一家を支えるため毎日畑仕事に追われている八重(淡島千景)。相模平野の農村を舞台に、八重と妻子ある新聞記者との恋、本家の長男の結婚問題など、八重をめぐる人間模様を淡彩なタッチで描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

11/20(水) 女が階段を上る時

  • 1960(昭和35)年 東宝 111分 白黒 35㎜
  • 監督/成瀬巳喜男 出演/高峰秀子、森 雅之、仲代達矢、淡路恵子
 銀座のバーの雇われマダム圭子(高峰秀子)は、客の誘惑を退け、男に頼らずに生きていこうとするが、彼女が願う幸せは近づいてこない…。菊島隆三のオリジナル・シナリオをもとに、成瀬巳喜男監督が銀座の夜に生きる女の哀感を冷ややかなタッチで描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

11/21(木) 放浪記

  • 1962(昭和37)年 宝塚映画 123分 白黒 35㎜
  • 監督/成瀬巳喜男 出演/高峰秀子、田中絹代、宝田 明、加東大介
 林芙美子の自伝小説の三度目の映画化。菊田一夫による舞台劇の要素も取り入れ、文学を志すヒロインが文壇で脚光を浴びるまでの苦難の道のりを描く。主演の高峰秀子は、メイクや表情に工夫を凝らし、独自の解釈でヒロインを演じた。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

11/27(水) 乱れる

  • 1964(昭和39)年 東宝 98分 白黒 35㎜
  • 監督/成瀬巳喜男 出演/高峰秀子、加山雄三、三益愛子、草笛光子
 夫を亡くし、酒屋を切り盛りする礼子(高峰秀子)に義弟の幸司(加山雄三)が思いを寄せる。礼子は幸司の愛を断ち切るため家を出るが…。許されない愛に揺れ動くヒロインの心理を、さりげない描写の中に浮かび上がらせていく。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

11/28(木) 女の中にいる他人

  • 1966(昭和41)年 東宝 102分 白黒 35㎜
  • 監督/成瀬巳喜男 出演/小林桂樹、新珠三千代、三橋達也、草笛光子
 隣人の妻を死に至らしめた夫は、良心の呵責に耐えかね、妻に罪を告白する。しかし、家庭の崩壊を恐れた妻は、真実を永遠に葬ろうとする。幸福そうな家庭に潜む不安感を巧みに描いたサスペンス・ドラマ。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料
 

11/29(金) 乱れ雲

  • 1967(昭和42)年 東宝 108分 カラー 35mm
  • 監督/成瀬巳喜男 出演/加山雄三、司 葉子、森 光子、草笛光子
 成瀬巳喜男監督の遺作。山田信夫のオリジナル・シナリオで、夫を交通事故で亡くした若い妻と、加害者の青年との愛を描いたメロドラマの秀作。美しい十和田湖畔を舞台に、青年への憎しみが激しい愛情へと転じていくさまが描かれる。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料
  •  1895年の創業から現在まで、120年以上に渡る歴史を誇る世界最古の映画制作会社「Gaumont(ゴーモン)」。1911年には、6000もの観客席を擁した映画館「ゴーモン・パラス」をパリにオープンさせ、映画館の経営にも乗り出しました。名だたる映画監督たちの作品を手掛け、映画史を塗り替えてきたゴーモンの歴史を辿るべく、時代を超える傑作を上映します。神出鬼没の怪盗ファントマを躍動感溢れる映像で描き出したルイ・フイヤード、どこか幻想的で美しいホラーを生んだジョルジュ・フランジュ、オーソン・ウェルズとならぶ話術とフェイクの天才サッシャ・ギトリ、ジャック・ベッケル、ジャン・グレミヨン、マックス・オフュルス、ロベール・ブレッソン、モーリス・ピアラ、そしてジョセフ・ロージー…。日本では上映機会の少ない、時代もジャンルも異なる巨匠たちの傑作セレクションをお届けします。
    • 配給/マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム
    • 宣伝/VALERIA
    • 後援/在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本
    • 協力/Gaumont
  • 上映作品の紹介は、作品提供先からの情報を基にしています。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

11/1(金) 抵抗 - 死刑囚の手記より 
Un condamné à mort s'est échappé

抵抗 -死刑囚の手記よりの写真
  • 1956年 フランス 100分 白黒 Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ロベール・ブレッソン
  • 出演/フランソワ・ルテリエ、シャルル・ル・クランシュ、モーリス・ベールブロック
 ドイツ占領下のリヨンで、レジスタンスのフランス人将校が逮捕された。ドイツ軍の手によって、脱走不可能と言われた監獄に入れられるが、生き延びることを決意した彼は、身の回りの品を使って、脱獄計画を進めていた…。実話を基にしたサスペンス・アクション。
  • ①14:00~ ②18:30~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

11/2(土) 怪盗ルパン 
Les Aventures d'Arsène Lupin

怪盗ルパンの写真
  • 1957年 フランス 104分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ジャック・ベッケル
  • 出演/ロベール・ラムルー、ジョルジュ・シャマラ、O・E・ハッセ
 1910年、パリ。怪盗アルセーヌ・ルパンは、得意の変装を武器に次々とお宝を手に入れる。ルパンを見初めた美しい貴婦人ミナ・フォン・クラフトは、自分が仕えるドイツ皇帝カイゼル2世のもとに彼を呼び寄せ、ある依頼をするが…。
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生無料、小・中学生無料

11/4(月・休) 顔のない眼 
Les Yeux sans visage

顔のない眼の写真
  • 1960年 フランス 88分 白黒 Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ジョルジュ・フランジュ
  • 出演/エディット・スコブ、ピエール・ブラッスール、アリダ・ヴァリ
 ジェネシェ博士は、交通事故で失った娘のクリスティーヌの美しい顔を取り戻そうと日々研究を重ねている。しかしそれは、ほかの若い女性の皮膚をはぎ取って移植することだった…。『夏時間の庭』(2008年)、『未来よりこんにちは』(2016年)でも知られるスコブの初期の代表作。
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

11/6(水) 殺人者にスポットライト Pleins feux sur l'assassin

殺人者にスポットライトの写真
  • 1961年 フランス 93分 白黒 Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ジョルジュ・フランジュ
  • 出演/ピエール・ブラッスール、パスカル・オードレ、マリアンヌ・コッホ
 フランジュの長編三作目。『めまい』や『顔のない眼』の原作者ピエール・ボワローの「彼奴を殺せ」を映画化したサスペンス作品。モーリス・ジャールの音楽のリズムに乗って、裕福な伯爵のミステリアスな死と遺産相続人たちの波瀾に満ちた人生が語られる。
  • ①14:00~ ②18:30~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

11/7(木) 
私たちは一緒に年をとることはない 
Nous ne viellirons pas ensemble

私たちは一緒に年をとることはないの写真
  • 1972年 フランス、イタリア 107分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/モーリス・ピアラ
  • 出演/ジャン・ヤンヌ、マルレール・ジョベール
 映画監督のジャンは、6年前からカトリーヌと付き合っているが、妻のフランソワーズと生活をともにしている…。ピアラの自伝的作品であり、ジャン・ユスターシュの『ママと娼婦』と並び、映画史に残るカップルについての傑作。
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

11/8(金) ファントマ Fantômas 
第1話 ファントマ/ベルタム事件 
第2話 ファントマ対ジューヴ警部

ファントマの写真
  • ファントマ 第1話 ファントマ/ベルタム事件
  • 1913年 フランス 59分 白黒 無声 Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ルイ・フイヤード
  • ファントマ 第2話 ファントマ対ジューヴ警部
  • 1913年 フランス 64分 白黒 無声 Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ルイ・フイヤード
 神出鬼没の怪盗ファントマを主人公とした連続活劇。ピエール・スーヴェストルとマルセル・アランの新聞連載小説をフイヤードが映画化。ギヨーム・アポリネールやジャン・コクトー、コレットら、当時のフランスの作家や芸術家たちを熱狂させた。
  • ①14:00~ ②18:00~ (2作品・123分)
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

11/9(土) ファントマ Fantômas 
第3話 ファントマの逆襲

  • 1913年 フランス 98分 白黒 無声 Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ルイ・フイヤード
 神出鬼没の怪盗ファントマを主人公とした連続活劇。ピエール・スーヴェストルとマルセル・アランの新聞連載小説をフイヤードが映画化。ギヨーム・アポリネールやジャン・コクトー、コレットら、当時のフランスの作家や芸術家たちを熱狂させた。
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生無料、小・中学生無料

11/10(日) ファントマ Fantômas 
第4話 ファントマ対ファントマ 
第5話 ファントマの偽判事

  • ファントマ 第4話 ファントマ対ファントマ
  • 1914年 フランス 62分 白黒 無声 Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ルイ・フイヤード
  • ファントマ 第5話 ファントマの偽判事
  • 1914年 フランス 75分 白黒 無声 Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ルイ・フイヤード
 神出鬼没の怪盗ファントマを主人公とした連続活劇。ピエール・スーヴェストルとマルセル・アランの新聞連載小説をフイヤードが映画化。ギヨーム・アポリネールやジャン・コクトー、コレットら、当時のフランスの作家や芸術家たちを熱狂させた。
  • ①10:30~ ②14:00~ (2作品・137分)
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

11/13(水) 鱒 La Truite

鱒の写真
  • 1982年 フランス 日本 104分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/ジョゼフ・ロージー
  • 出演/イザベル・ユペール、ジャン=ピエール・カッセル、ジャンヌ・モロー
 男たちを無邪気に挑発しても、身を委ねることがないフレデリックは、偶然出会った実業家の日本出張に同行するが…。性と権力を巡る駆け引きと欲望のゲーム。どこか突き放した視線で見据えるロージーの演出が光る。
  • ①14:00~ ②18:30~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料
ディレクターズ・トーク&関連上映

11/17(日) 
ディレクターズ・トーク 
14:00~15:00

  • ゲスト/周防正行 (映画監督)
  • 聞き手/玉田陽子 (フリーパーソナリティ)
  • 『Shall we ダンス?』(96)で第20回日本アカデミー賞13部門独占受賞という快挙を果たし、その後も独自の視点で話題作を手掛ける周防正行監督をお招きし、活動弁士を夢見る青年を主人公にした最新作『カツベン!』についてやこれまで手掛けられた作品について語っていただきます。(講演は手話通訳と要約筆記を行います)
    
  • 入場無料(申込不要)
  • ※ディレクターズ・トークは「広島市高齢者いきいき活動ポイント事業」の対象となります。
  • ※映画鑑賞は対象外です。

11/17(日) 関連上映
「Shall we ダンス?」

Shall we ダンス?の写真
  • 1996(平成8)年公開 KADOKAWA 日本テレビ 博報堂DYメディアパートナーズ 日販
  • 136分 カラー 35㎜
  • 監督/周防正行
  • 出演/役所広司、草刈民代、竹中直人、渡辺えり
 平凡なサラリーマン杉山は、美しいダンサーに憧れて社交ダンスの教室に通い始めるが、ダンスに打ち込む人々の影響を受けてその真の魅力に目覚めていく…。キネマ旬報ベスト・ワン、日本アカデミー賞最優秀作品賞などに輝いた傑作。
  • ①10:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料
プロフィール
周防監督の写真

周防正行(映画監督)

1956年生まれ。東京都出身。立教大学文学部仏文科卒。
1989年、本木雅弘主演『ファンシイダンス』で一般映画監督デビュー。修行僧の青春を独特のユーモアで鮮やかに描き出し注目を集める。再び本木雅弘と組んだ1992年の『シコふんじゃった。』では学生相撲の世界を描き、第16回日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ、数々の映画賞を受賞。
1993年、映画製作プロダクション、アルタミラピクチャーズの設立に参加。
1996年の『Shall we ダンス?』では、第20回日本アカデミー賞13部門独占受賞。同作は全世界で公開され、2005年にはハリウッドでリメイク版も製作された。
2007年の『それでもボクはやってない』では、刑事裁判の内実を描いてセンセーションを巻き起こし、キネマ旬報日本映画ベストワンなど各映画賞を総なめにした。
2011年には巨匠ローラン・プティのバレエ作品を映画化した『ダンシング・チャップリン』を発表。
2012年『終の信託』では、終末医療という題材に挑み、毎日映画コンクール日本映画大賞など映画賞を多数受賞。
2014年の『舞妓はレディ』では、あふれるような歌と踊りとともに、京都の花街を色鮮やかに描き出した。
2016年には、紫綬褒章を受章。最新作は2019年12月13日公開の『カツベン!』

  •  今年の広島国際映画祭は、大林宣彦監督にフォーカスをあわせます。広島市映像文化ライブラリーでは、大林監督が自ら選んだ4作品、『野ゆき山ゆき海べゆき』、『異人たちとの夏』、『あした』、『野のなななのか』を上映します。大林監督が作品に込めた思いを語る熱いトークも予定しています。“映像の魔術師”と言われる大林ワールドをご堪能ください。
     また、広島にゆかりのある作品を上映する「ヒロシマEYE」の企画として、部谷京子が美術を手がけた『幻の光』や、海外の監督が広島でロケをしたドキュメンタリーを上映します。
  • 主催/広島国際映画祭実行委員会、広島市映像文化ライブラリー
  • 助成/芸術文化振興基金
  • 後援/外務省、広島県教育委員会、広島市教育委員会、広島青年会議所、公益財団法人ひろしま文化振興財団
    • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。
    • ※やむを得ない事情により、上映作品、開映時間、トークゲスト等が変更になる場合があります。
    • 広島国際映画祭2019のチケット(一般1日券または指定作品・指定席券)でも、ご入場いただけます。
各作品の上映終了後に、大林宣彦監督のトークを予定しています。

11/22(金) 13:00~ 
野のなななのか

  • 2014(平成26)年 芦別映画製作委員会、PSC 171分 カラー Blu-ray
  • 監督/大林宣彦 出演/品川 徹、寺島 咲、常盤貴子、山崎紘菜
 北海道、芦別市。医師を辞めて古物商を営む鈴木光男(品川徹)が92歳で他界した。離れ離れに暮らしていた鈴木家の人々が光男の葬儀のために古里に集まり、そして、謎の女・清水信子(常盤貴子)も舞い戻る。死者と生者、過去と現在が入り交じり、戦争の時代の光男の過去が浮かび上がる…。(配給/PSC、TMエンタテインメント)
  • ①13:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

11/22(金) 18:00~ 
異人たちとの夏

  • 1988(昭和63)年 松竹 108分 カラー 35㎜
  • 監督/大林宣彦 出演/風間杜夫、秋吉久美子、片岡鶴太郎、名取裕子
 第1回山本周五郎賞を受賞した山田太一の原作を、市川森一が脚色。シナリオライターの原田(風間杜夫)は、生まれ育った浅草を訪れ、12歳の時に死別したはずの両親と再会する。ファンタジックな展開で、忘れかけていた心のふれあいを蘇らせる大人のメルヘン。
  • ①18:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

11/23(土・祝) 10:30~ 
野ゆき山ゆき海べゆき

  • 1986(昭和61)年 日本テレビ放送網、ATG、バップ 135分 カラー 35㎜
  • 監督/大林宣彦 出演/鷲尾いさ子、佐藤浩市、林 泰文、三浦友和
 原作は、佐藤春夫の小説『わんぱく時代』。主人公の総太郎(林泰文)は、年上の少女・お昌ちゃん(鷲尾いさ子)に思いを寄せ、ガキ大将たちと戦争ごっこを繰り広げる。尾道や鞆にロケーションし、戦争が影を落とす時代の少年の日々を描く。
  • ①10:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

11/23(土・祝) 14:30~ 
あした

あしたの写真
  • 1995(平成7)年 アミューズ、PSC、IMAGICA、プライド・ワン 141分 カラー 35㎜
  • 監督/大林宣彦 出演/高橋かおり、峰岸 徹、多岐川裕美、植木 等
 小型客船・呼子丸が尾道沖で嵐のために遭難し乗客全員が帰らぬ人となる。3カ月後、不思議なメッセージに導かれて、残された家族や恋人が呼子浜で死者たちと束の間の再会を果たす。かけがえのない人との絆と別れを描く、“新尾道三部作”の第2作。
  • ①14:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料
上映終了後に、ゲストトークを予定しています。

11/24(日) 10:30~ 
幻の光

幻の光の写真
  • 1995(平成7)年 テレビマンユニオン 110分 カラー 35㎜
  • 監督/是枝裕和 美術/部谷京子 出演/江角マキコ、内藤剛志、浅野忠信、柄本 明
 宮本輝の同名小説を映画化。関西で暮らす若い夫婦、郁夫(浅野忠信)とゆみ子(江角マキ子)。郁夫が自ら命を絶ち、その痛みが癒えぬまま、ゆみ子は民雄(内藤剛志)と再婚し北陸に移り住む。画面の中の光を意識した映像でゆみ子の心に寄り添い、喪失と再生のドラマを紡ぐ。
  • ①10:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

11/24(日) 14:30~ 
オオクノシマ / トーテムと鉱石

  • オオクノシマ Okunoshima
  • 2019年 ドイツ 30分 カラー Blu-ray 日本語・英語字幕
  • 監督/フリッツ・シューマン
  • トーテムと鉱石 Totem & Ore
  • 2019年 オーストラリア 97分 カラー Blu-ray 日本語・英語字幕
  • 監督/ジョン・マンデルバーグ
  • ①14:30~ (2作品・127分)
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料
バリアフリー映画特集
  •  映画の音を振動で伝える
    「カラダで感じる上映会」
  •  障害者週間(12月3日~9日)にあわせて、11月末から12月中旬にかけて、日本語字幕付き、あるいは日本語字幕と音声ガイドが付いたバリアフリー作品を特集します。11月は、ラジオ体操を題材にしたハートウォーミングなコメディ『体操しようよ』を、映画の音を振動で伝える体感音響システムを用いて、日本語字幕・音声ガイド付きで上映します。
  • (12月のバリアフリー映画特集は、12月1日~13日に開催します。)
  • ※体感音響システムを用いた座席は限定5席です。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

11/30(土) 体操しようよ

体操しようよの写真
  • 2018(平成30)年 「体操しようよ」製作委員会 109分 カラー Blu-ray
  • 日本語字幕 音声ガイド 体感音響システム(提供/パイオニア)
  • 監督/菊地健雄 出演/草刈正雄、木村文乃、和久井映見、きたろう
 会社員の佐野道太郎(草刈正雄)は、18年前に妻を亡くし、娘の弓子(木村文乃)と二人暮らし。停年退職を迎えた道太郎は、ひょんなことから地元のラジオ体操会に参加することに。道太郎は体操会のマドンナ・のぞみ(和久井映見)に胸をときめかせるが…。
(作品提供/ポリゴンマジック)
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生無料、小・中学生無料
国際アニメーション・デー2019 in 広島
  •  国際アニメーションフィルム協会(ASIFA)が世界中で展開する「国際アニメーション・デー」の催しにあわせて、広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会、ASIFA日本支部等との共催により、広島国際アニメーションフェスティバルのこれまでの入賞作品から、選りすぐりの作品を上映します。
  • 共催/ 広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会ASIFA日本支部
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/無料

11/3(日)①10:30~ <8作品・63分>

  • スプリング
  • 1996年 ドイツ 4分 第7回大会優秀賞
  • 監督/シルケ・パルツィヒ
  • ライアン
  • 2004年 カナダ 14分 第10回大会木下蓮三賞
  • 監督/クリス・ランドレス
  • ループ・プール
  • 2004年 日本 3分 第10回大会国際審査委員特別賞
  • 監督/鮎澤 大輝
  • ニブルス
  • 2003年 アメリカ 5分 第10回大会優秀賞
  • 監督/クリス・ヒントン
  • 家を買った男
  • 1998年 ノルウェー 7分 第8回大会ヒロシマ賞
  • 監督/ピョートル・サペガン
  • ニュルカのサウナ
  • 1995年 ロシア 11分 第6回大会国際審査委員特別賞
  • 監督/オクサーナ・チェルカッソヴァ
  • ザ・マーメイド
  • 1996年 ロシア 11分 第7回大会ヒロシマ賞
  • 監督/アレクサンドル・ペトロフ
  • ファーザー・アンド・ドーター
  • 2000年 オランダ・イギリス 9分 第9回大会グランプリ
  • 監督/マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット

11/3(日)②14:00~ <8作品・61分>

  • ザ・トラムNo.9・ゴーズ・オン
  • 2002年 ウクライナ 9分 第10回大会優秀賞
  • 監督/ステパン・コワル
  • 朱の路
  • 2002年 日本 13分 第9回大会優秀賞
  • 監督/村田朋泰
  • ピコール
  • 2002年 フランス 3分 第10回大会優秀賞
  • 監督/フランソワ・ベルタン
  • 金の子牛
  • 2000年 イタリア 5分 第8回大会国際審査員特別賞
  • 監督/アルビズ・レンジニ
  • ノー・リミッツ
  • 2004年 ドイツ 1分 第10回大会国際審査員特別賞
  • 監督/ハイディ・ヴィドリンガー、アニヤ・パール、マックス・シュトルツェンバーグ
  • エックス・チャイルド
  • 1994年 カナダ 5分 第6回大会優秀賞
  • 監督/ジャック・ドゥルーアン
  • すばらしい1日
  • 1989年 イギリス 21分 第3回大会カテゴリーG1位
  • 監督/ニック・パーク
  • キーピング・マム
  • 1999年 フランス 3分 第8回大会優秀賞
  • 監督/ジャン-リュック・グレコ、カテリーヌ・ブファ
ICAF2019 広島上映 Inter College Animation Festival
ようこそ“学生アニメーションの最前線へ”
  •  インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)は、全国の大学や専門学校などの教育機関で推薦された学生アニメーション作品を一同に集めて上映するフェスティバルです。膨大な作品群から、今の学生アニメーションのクオリティ、さらにその先に展開するアニメーションの未来を感じていただけると思います。

11/16(土) 入場無料

  • 12:00~ ICAF2018 セレクション
  • 13:40~ ICAF2019 参加各校選抜
  • 15:40~ ICAF2019 セレクション
  • 17:20~18:50 広島特集上映+トーク 
    尾道市立大学/比治山大学短期大学部/広島市立大学
  • ICAF2019 公式サイト

11/3(日)①11:00~ ②14:30~ 入場無料

  • 小さなバイキングビッケ ~世界で最初の消防隊~
 フラーケ村で山火事が起こりました。ビッケのつくった水道管が威力を発揮し、村に被害はありませんでしたが、今度は風向きが変わり、森の方に火が回り始めました。森には何も知らないギルビーがいるのです。(23分)
  • ババロワさんこんばんは
 真夜中、動物専門のハンターにババロワと名のる男から「ある猛獣を生け捕りにして欲しい」と電話がありました。ハンターがババロワの家を訪れると、今まで見たことのない珍しい動物たちがいました。ババロワは「さあ、世界一危険な動物を捕まえよう」と言い、ハンターは震えながら銃をかまえました…。地球を破壊していく人間の傲慢さ、愚かさをユーモラスなタッチで描く。(24分)
  • ①11:00~ ②14:30~ (2作品・47分)
  • 鑑賞料/無料
  • 会場/1階試写試聴室
レコードコンサート

11/30(土) 15:00~17:00 入場無料

  • ピアノ協奏曲の音楽史
  • 選曲&解説/矢吹 護(ピアニスト、エリザベト音楽大学非常勤講師)
 1709年に誕生したピアノは18・19世紀に改良が重ねられ、現在では独奏、伴奏、室内楽の分野で欠くことのできない楽器となっています。今回は「ピアノ協奏曲」に焦点を絞り、ピアノ協奏曲が誕生した推移、ピアノの進化が与えた作曲法・演奏法の影響、また当時の社会環境・音楽環境の変化によりどのように演奏形態、演奏の場が変化してきたか、ピアノ協奏曲の移り変わりをバロック後期から歴史を追って作品鑑賞していきます。
  • 会場/1階試写試聴室
  • ※レコードコンサートは「広島市高齢者いきいき活動ポイント事業」の対象となります。

開館時間

・火曜日~土曜日
午前10時~午後8時
・日曜日・祝日・8月6日
午前10時~午後5時

休館日

・月曜日(8月6日、祝日は開館)
・祝日の翌日
ただし土・日・月曜日にあたるときは、直後の平日
・12月29日~1月4日

11月の休館日

 5日(火)、11日(月)
 18日(月)、25日(月)、26日(火)

page top