2020年11月のスケジュール


>2020年12月のスケジュール


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
映画鑑賞会では、座席の間隔を空けて
ご着席いただきます。 各回限定84席

2020年11月のスケジュール表

 鑑賞料
内容 開始時刻 大人 シニア 高校生 小中学生 会 場
1 セルゲイ・ボンダルチュク
生誕100周年記念特集
「祖国のために」
10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
ひろしま図書館まつり 子ども読書まつり連携事業
こども映画会
「トッピィと森の仲間たち」ほか
11:00/14:30 無料 無料 無料 無料 多目的研修室
2 休 館 日
3 火・祝 ファミリーシアター
「すて猫トラちゃん」ほか
10:30/14:00 無料 無料 無料 無料 ホール
4 振 替 休 館 日
5 セルゲイ・ボンダルチュク
生誕100周年記念特集
「人間の運命」
10:30/14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
6 セルゲイ・ボンダルチュク
生誕100周年記念特集
「戦争と平和 第一部 アンドレイ」
10:30/14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
7 セルゲイ・ボンダルチュク
生誕100周年記念特集
「戦争と平和 第二部 ナターシャ」
10:30/14:00/18:00 380円 180円 無料 無料 ホール
8 セルゲイ・ボンダルチュク
生誕100周年記念特集
「セルギー神父」
10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
9 休 館 日
10 催し物はありません
11 セルゲイ・ボンダルチュク
生誕100周年記念特集
「戦争と平和 第三部 1812年」
10:30/14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
12 セルゲイ・ボンダルチュク
生誕100周年記念特集
「戦争と平和 第四部 ピエール」
10:30/14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
13 セルゲイ・ボンダルチュク
生誕100周年記念特集
「ワーテルロー」
10:30/14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
14 百花繚乱 銀幕のヒロインたち
「女性の勝利」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 無料 無料 ホール
15 百花繚乱 銀幕のヒロインたち
「わが生涯のかゞやける日」
10:30/14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
16 休 館 日
17 催し物はありません
18 百花繚乱 銀幕のヒロインたち
「自由学校」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
19 百花繚乱 銀幕のヒロインたち
「朱雀門」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
20 百花繚乱 銀幕のヒロインたち
「夜の素顔」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
21 広島国際映画祭2020 ヒロシマEYE
「神様のくれた赤ん坊」
10:30/14:00 510円 250円 無料 無料 ホール
広島国際映画祭2020 ヒロシマEYE
「H story」
18:00 510円 250円 無料 無料 ホール
レコードコンサート
「音楽で綴る源氏物語と平家物語」
15:00 無料
(要申込)
無料
(要申込)
無料
(要申込)
無料
(要申込)
多目的研修室
22 広島国際映画祭2020 ヒロシマEYE
「TOMORROW 明日」
10:30/14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
23 月・祝 広島国際映画祭2020 ヒロシマEYE
「夏少女」
10:30/14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
24 振 替 休 館 日
25 文化映画
「文楽の魅力」ほか
14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
26 百花繚乱 銀幕のヒロインたち
「女の勲章」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
27 百花繚乱 銀幕のヒロインたち
「怪談」
10:30/14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
28 百花繚乱 銀幕のヒロインたち
「怪談」
10:30/14:00 510円 250円 無料 無料 ホール

かつべん(活弁)ワークショップ
10:00 - - - 無料
(要申込)
多目的研修室
29
活弁シアター「椿姫」
14:00 380円
(要申込)
180円
(要申込)
180円
(要申込)
無料
(要申込)
ホール
30 休 館 日

※新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、急遽、上映が中止・変更になる場合があります。

お客様へのお願い
  • ・発熱や咳など体調に不安がある方は、ご入館をお控えください。
  • ・ご入館の際は、マスクを着用してください。
  •  マスクを着用されていない場合はご入館をお控えください。
  • ・広島県外からのお客様は、各都道府県の移動自粛要請にあわせてご来館いただくようお願いします。

映画鑑賞会について。

  • 発券・開場は開映の1時間前(10:30の回は30分前)から行ない、定員に達し次第締切となります。
  • 開映30分後からの入場はできません。
  • 各回入替制です。鑑賞券は当日・当該回のみ有効です。
  • 都合により、発券・開場・開映時間が変更になる場合があります。
  • 各種手帳類の提示により、映画鑑賞料が無料になります。 詳しくはこちら
  • シニアは65歳以上。 運転免許証や健康保険証など年齢がわかる公的証明書、または健康手帳(平成19年度まで65歳以上のすべての人に配布されていたもの)をご提示ください。
百花繚乱 銀幕のヒロインたち
  •  日本映画のスクリーンで活躍した女優に焦点をあわせた特集「百花繚乱 銀幕のヒロインたち」。今月は、田中絹代扮する弁護士を主人公にした『女性の勝利』、山口淑子が戦争に翻弄されるヒロインを演じる『わが生涯のかゞやける日』、若尾文子、山本富士子、京マチ子ら大映の女優陣が個性を際立たせる『朱雀門』や『女の勲章』などを上映します。銀幕で輝きを見せる女優たち、その魅力をご堪能ください。
  • ※今月の上映作品には、映像・音声が良好ではないものがあります。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

11/14(土) 女性の勝利

  • 1946(昭和21)年 松竹(大船) 81分 
    白黒 35㎜
  • 監督/溝口健二
  • 出演/田中絹代、桑野通子、三浦光子、
    徳大寺伸
 田中絹代扮する弁護士・細川ひろ子を主人公に、女性の自立を訴えた作品。ひろ子は、生活苦のため錯乱状態となって、幼いわが子を殺してしまった女性の弁護を通じて、彼女を追いつめた社会の現状を訴える。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 
    各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生無料、小・中学生無料

11/15(日) 
わが生涯のかゞやける日

  • 1948(昭和23)年 松竹(大船) 101分 
    白黒 35㎜
  • 監督/吉村公三郎
  • 出演/森 雅之、山口淑子、滝沢 修、宇野重吉
 青年将校時代に重臣を暗殺した沼崎敬太は、戦後は酒と麻薬に溺れる日々を送っていた。殺された重臣の娘・節子は、キャバレーの歌姫となり、沼崎と出会い彼を愛するようになる…。戦争で心の傷を負った人々の戦後の生き方を描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ 
    各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

11/18(水) 自由学校

  • 1951(昭和26)年 大映(東京) 104分 
    白黒 35㎜
  • 監督/吉村公三郎
  • 出演/木暮実千代、小野文春、京マチ子、
    大泉 滉
 当時の世相を反映した、獅子文六の同名小説の映画化。南村五百助は、妻の駒子に内緒で会社を辞めていた。それを知った駒子の怒りを買い、五百助は家を追い出され、知らない世界で様々な体験をすることに…。大映と松竹の競作で話題を呼んだヒット作。
(原版提供/国立映画アーカイブ)
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料 

11/19(木) 朱雀門

  • 1957(昭和32)年 大映(京都) 100分 
    カラー 35㎜
  • 監督/森 一生
  • 出演/市川雷蔵、若尾文子、山本富士子、
    柳永二郎
 川口松太郎の小説『皇女和の宮』の映画化。有栖川宮熾仁との結婚を控えながら、公武合体政策のために将軍家に降嫁する和の宮。和の宮と姉妹のようにして育った侍女の夕秀も熾仁を慕っていた。熾仁をめぐる女性たちの思いを描いた悲恋ドラマ。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

11/20(金) 夜の素顔

  • 1958(昭和33)年 大映(東京) 121分 
    カラー 35㎜
  • 監督/吉村公三郎
  • 出演/京マチ子、若尾文子、根上 淳、
    菅原謙二
 京マチ子の主演で、舞踊に賭けた女性の半生を描いた作品。踊り子の朱実は、日本舞踊の家元に弟子入りし、師匠を裏切ることも辞さず、伝統を打ち破るやり方で舞踊界の頂点をめざす。が、成功の陰で、彼女自身も夫や愛弟子から手痛い裏切りを受ける。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料 

11/26(木) 女の勲章

  • 1961(昭和36)年 大映(東京) 110分 
    カラー 35㎜
  • 監督/吉村公三郎
  • 出演/京マチ子、田宮二郎、若尾文子、
    叶 順子
 山崎豊子の同名小説の映画化。服飾学院を経営する大庭式子、彼女を師と仰ぐ3人の女性デザイナー、式子のブレーンとなる野心家の青年・八代銀四郎。関西のファッション界を舞台に、式子をとりまく人々の愛情と打算が交錯するドラマを描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 
    各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

11/27(金)、 28(土) 怪談

  • カンヌ国際映画祭審査員特別賞受賞
  • 1964(昭和39)年 
    文芸プロダクションにんじんくらぶ 
    161分 カラー 35㎜
  • 監督/小林正樹
  • 出演/新珠三千代、岸 惠子、三國連太郎、
    仲代達矢
 小泉八雲の原作から『雪女』『茶碗の中』など4編を選び、オールスター・キャストで映画化したオムニバス作品。怪奇と幻想の世界をセット主体の撮影で描き、撮影監督・宮島義勇の重厚な画調、美術の戸田重昌による巨大なセットが見る者を圧倒する。
  • ①10:30~ ②14:00~ 
    各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料
  • ※28(土)は高校生無料
  •  世界映画史に燦然と輝くアカデミー賞受賞作『戦争と平和』で知られるソ連の映画監督セルゲイ・ボンダルチュク。今年、生誕100周年を迎えるのを記念して特集上映を開催します。
    文豪トルストイ原作による大歴史ロマン『戦争と平和』全四部をはじめ、初監督作でモスクワ国際映画祭グランプリを受賞した『人間の運命』や、ナポレオン最後の戦いを大迫力で描いた『ワーテルロー』などを上映します。
  • 協力/㈱アイ・ヴィー・シー、
    ㈱ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント、
    ㈱東北新社、
    ㈱日本シネアーツ社、
    ホワイトライン、
    正村和子、柳川由加里
  • 特集上映事務局/パンドラ
    • ロゴ
    • ロゴ
    • ロゴ
  • ※全作品、ブルーレイディスクによる上映です。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。
  • ※上映作品の紹介は、作品提供先の情報を基にしています。
  • ※上映開始30分後からの入場はおことわりします。
  • セルゲイ・ボンダルチュク
    (セルゲーイ・ボンダルチュークとも表記)
  • Сергей Фёдорович Бондарчук
セルゲイ・ボンダルチュクの写真
 1920年9月25日~1994年10月20日、ウクライナ生まれ。当初は俳優を目指し演劇学校で学び、第二次世界大戦終了後の1948年、全ソ国立映画大学を卒業し、俳優としてキャリアをスタートさせた。同年、『青年親衛隊』(セルゲイ・ゲラシーモフ監督)に出演。『タラス・シェフチェンコ』(1951年/アレクサンドル・アロフ監督)では高い評価を受け、翌年、史上最年少の32歳で、ソ連人民芸術家の称号を授与されている。1956年、『オセロ』(セルゲイ・ユトケヴィチ監督)ではオセロ役を演じた。以後、監督業にも挑戦し、初監督作『人間の運命』(1959年)で高い評価を受けレーニン賞受賞。『戦争と平和』(1965年~1967年)では、監督だけではなくベズーホフ伯爵も演じ、アカデミー賞最優秀外国語映画賞、ゴールデングローブ賞等を受賞。イタリアの巨匠ロベルト・ロッセリーニ監督作『ローマで夜だった』(1960年)に出演するなど、俳優、脚本家や映画編集者としても多くの作品に参加し、名実共にソ連を代表する映画人の一人であった。なお、『戦争と平和』第一部の日本公開時(1966年)には来日している。

11/1(日) 祖国のために 
ОНИ СРАЖАЛ ИСЬ ЭА РОДИНУ

祖国のためにの写真
  • 1975年カンヌ国際映画祭パルムドール候補
  • 1975年 ソ連 157分 カラー 
    Blu-ray 日本語字幕
  • 原作/ミハイル・ショーロホフ
  • 監督・出演/セルゲイ・ボンダルチュク
 ノーベル賞作家ショーロホフ(「静かなドン」)原作による戦争スペクタクル。3000万人の犠牲者を出し史上最悪といわれる独ソ戦(1941年~1945年)。ソ連に侵攻した独軍に総力で抵抗する赤軍兵士。ボンダルチュク監督は本作に兵士役で出演。タルコフスキーの「惑星ソラリス」のカメラマン、ワジーム・ユーソフによる戦闘シーンの臨場感は見ものである。
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

11/5(木) 人間の運命 
Судьба человека

人間の運命の写真
  • 1959年モスクワ国際映画祭グランプリ
  • 1959年 ソ連 101分 白黒 
    Blu-ray 日本語字幕
  • 原作/ミハイル・ショーロホフ
  • 監督・出演/セルゲイ・ボンダルチュク
 アンドレイは天涯孤独だったが、イリーナと結婚し一男二女に恵まれて幸せな毎日を送っていた。戦争が勃発したため出征した彼はドイツ軍の捕虜となり、収容所暮らしに。ある日、スキをみて収容所を出て、故郷に辿り着いた。だが、妻も子供たちの姿もなかった。戦後、トラック運転手になった彼は、イリーナの面影を漂わせる戦災孤児ワーニャと出会う…。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

11/6(金) 戦争と平和
第一部 アンドレイ ВОЙНА И МЦР

戦争と平和の写真
  • 1965年(復元1988年) ソ連 146分 
    カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 原作/レフ・トルストイ
  • 監督/セルゲイ・ボンダルチュク
  • 出演/セルゲイ・ボンダルチュク、
    リュドミラ・サベーリエワ
 舞台は1805年のペテルブルク。フランスから帰国したピエールは、ベズーホフ伯爵の非嫡出子で放蕩息子だったが、父に溺愛され、財産を受け継いだ。その頃、ナポレオンがヨーロッパ全土に侵攻し、各地で戦火があがり始める。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

11/7(土) 戦争と平和
第二部 ナターシャ ВОЙНА И МЦР

戦争と平和の写真
  • 1965年(復元1988年) ソ連 97分 
    カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 原作/レフ・トルストイ
  • 監督/セルゲイ・ボンダルチュク
  • 出演/セルゲイ・ボンダルチュク、
    リュドミラ・サベーリエワ
 ロストフ家の長女ナターシャとアンドレイ侯爵は舞踏会で知り合い、たちまち恋に落ちるが、結婚を反対されたアンドレイは、ナターシャを残し外国に旅立つのだったが…。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生無料、小・中学生無料

11/8(日) セルギー神父 Степь

戦争と平和の写真
  • 1978年 ソ連 99分 カラー Blu-ray 
    日本語字幕
  • 原作/レフ・トルストイ
  • 監督/イーゴリ・タランキン
  • 出演/セルゲイ・ボンダルチュク、
    ワレンリナ・チトワ
 原作は文豪トルストイ。舞台は1800年代の半ば、ニコライ1世治下のロシア。婚約者メリーの裏切りを知った近衛士官のスチェパン・カサツキーは修道僧となり、セルギーの名を与えられ、人里離れた僧院に赴くが、女性地主に誘惑されるのだった…。なお、無声映画時代の1917年にも映画化されている。
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

11/11(水) 戦争と平和
第三部 1812年 ВОЙНА И МЦР

戦争と平和の写真
  • 1967年(復元1988年) ソ連 81分 
    カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 原作/レフ・トルストイ
  • 監督/セルゲイ・ボンダルチュク
  • 出演/セルゲイ・ボンダルチュク、
    リュドミラ・サベーリエワ
 1812年、ナポレオン率いるフランス軍がロシア侵攻開始。圧倒的な戦力のナポレオン軍にロシア軍は終始、圧され気味だったが、クトゥーゾフ将軍の登場により、戦局に変化が生じ始める。そのロシア軍の中にアンドレイの姿が。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

11/12(木) 戦争と平和
第四部 ピエール ВОЙНА И МЦР

戦争と平和の写真
  • 1967年(復元1988年) ソ連 96分 
    カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 原作/レフ・トルストイ
  • 監督/セルゲイ・ボンダルチュク
  • 出演/セルゲイ・ボンダルチュク、
    リュドミラ・サベーリエワ
 フランス軍の侵攻により、戦火から逃れようとする人々で大混乱に陥ったモスクワ。だが、ひとりピエールはナポレオン暗殺を決意して、街中に潜んでいた…。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

11/13(金) ワーテルロー Ватерлоо

ワーテルローの写真
  • 1971年ダヴィッド・ディ・ドナッテッロ賞
  • BAFTA最優秀美術賞・衣装デザイン賞
  • 1970年 ソ連、イタリア 132分 カラー 
    Blu-ray 日本語字幕
  • 出演/ロッド・スタイガー、
    クリストファー・プラマー、
    ジャック・ホーキンス、
    オーソン・ウェルズ
  • 製作/ディノ・デ・ラウレンティス
  • 音楽/ニーノ・ロータ
 ナポレオン率いるフランス軍とウェリントン率いるイギリス軍との間で、1815年6月18日に戦われた<ワーテルローの戦い>を描いた作品。撮影には当時のソ連軍が全面協力し、英独蘭仏合わせて総勢20万の大軍が激突した戦いを、合成を一切用いないライブで再現。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料
活弁シアター&ワークショップ

11/29(日) 活弁シアター

※定員に達しましたので募集を締め切りました。

※要事前申込
オペラに作曲され、数多く映画化された名作を、ライブ・エンターテイメント「活弁」でご体験ください。
 昭和のはじめ頃の映画には音がありませんでした。
日本では、話芸の伝統を受け継いで、巧みな語り口で映画を説明する「活弁」が発達し、活動弁士は映画館のスターとして人気を集めました。弁士の語りによって、映画は新たな輝きを放ちます。この機会に、ぜひ「活弁」をご堪能ください。
申込み方法/ 定員に達しましたので募集を締切りました。
電話または
映像文化ライブラリー1階窓口にて受付
※お申込みいただきました個人情報は当事業のみに使用し、それ以外の目的に使用したり第三者に提供することはありません。
椿姫 Camille
  • 1921年 アメリカ 63分 白黒 
    Blu-ray 無声
  • 監督/レイ・C・スモールウッド
  • 原作/アレクサンドル・デュマ・フィス
  • 出演/アラ・ナジモヴァ、
    ルドルフ・ヴァレンチノ
 パリの社交界を舞台に、“椿姫”と呼ばれる高級娼婦マルグリットと都会に出て来たばかりの純情な青年アルマンとの純愛悲恋物語。世界中で何度となく映画化され、オペラとしても知られる物語を、人気沸騰中の若きヴァレンチノと時の大女優アラ・ナジモヴァの共演で描いた話題作。キネ旬第3位。
  • 活動弁士/佐々木 亜希子
  • ①14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料
  • ※本作品には映像が良好でない箇所があります。
  • ※当日の上映時間は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

11/28(土) 
かつべん(活弁)ワークショップ

※定員に達しましたので募集を締め切りました。

※要事前申込
 声優体験してみませんか?
 音のない映画に、みんなで考えたせりふをつけて、自分たちの作品を作ってみよう!
【日 時】
11月28日(土)10:00~15:00
【内 容】
・グループに分かれて、映画を見ながらセリフを考え、台本をつくります。
・講師の指導のもと、映画を繰り返し見ながら、語り方を練習します。
・成果発表
【会 場】
広島市映像文化ライブラリー
【対 象】
小学生~中学生まで
【定 員】
6名(先着順)
【参加料】
無料
【講 師】
佐々木 亜希子(活動弁士)
【申込み方法】
定員に達しましたので募集を締切りました。
電話かFAXまたは映像文化ライブラリー1階窓口にてお申込みください。
FAXの場合は、
住所・氏名・学年・電話番号を明記し、「活弁ワークショップ係」までお申込みください。
FAX:082-228-0312
※お申込みいただきました個人情報は当事業のみに使用し、それ以外の目的に使用したり第三者に提供することはありません。
【お申込み・お問い合わせ】
広島市映像文化ライブラリー
〒730-0011 広島市中区基町3-1
電話:082-223-3525  
FAX:082-228-0312
活動弁士・講師プロフィール
佐々木亜希子さんの写真

佐々木亜希子(ササキアキコ)

 NHK山形放送局で夕方のニュース番組キャスターを務めた後フリーになり、2001年より無声映画説明者「活動弁士」を始める。全国各地の映画祭を始め、国立映画アーカイブ等日本を代表するフィルムアーカイブへの出演のほか、朗読、ナレーション、司会、講演、執筆等幅広く活躍している。また、活弁の技術を活かした視覚障害者も健常者も楽しめる映画音声ガイドに携わり、バリアフリー映画推進団体であるNPO法人Bmap(ビーマップ)で理事長を務めている。

  •  11月21日から23日までの3日間、広島国際映画祭2020が開催されます。広島市映像文化ライブラリーでは、メイン会場のNTTクレドホールで上映される桃井かおりさん主演の『宇宙でいちばんあかるい屋根』と、諏訪敦彦監督の『風の電話』にちなんだ作品をご覧いただきます。桃井さんの出演作品では、尾道などを巡るロードムービー『神様のくれた赤ん坊』、広島、長崎の被爆をテーマにした『夏少女』と『TOMORROW 明日』を、諏訪敦彦監督の作品では、広島で撮影された『H story』を上映します。広島ゆかりの作品を中心にした「ヒロシマEYE」のプログラムをご鑑賞ください。
  • 主催/広島国際映画祭実行委員会、
    広島市映像文化ライブラリー
  • 助成/芸術文化振興基金、
    公益財団法人野村財団
  • 後援/広島県教育委員会、
    広島市教育委員会、
    広島青年会議所、
    公益財団法人ひろしま文化振興財団
    • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。
    • ※やむを得ない事情により、上映作品、開映時間、トークゲスト等が変更になる場合があります。
    • 広島国際映画祭2020のチケットでも、
      ご入場いただけます。

11/21(土) 
10:30~/14:00~ 
神様のくれた赤ん坊

  • 1979(昭和54)年 松竹 91分 カラー 35㎜
  • 監督/前田陽一
  • 出演/桃井かおり、渡瀬恒彦、
    河原崎長一郎、吉 幾三
 中村登監督の『集金旅行』のリメークとして企画された作品。同棲中の小夜子と晋作は、2人に押し付けられた子ども・新一の父親を探して、尾道、別府、天草、長崎と旅を続ける。旅を通して、2人の絆が確かなものになっていく過程をコミカルに描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生無料、小・中学生無料

11/21(土) 18:00~ H story

  • 2003(平成15)年 
    電通、IMAGICA、サンセントシネマワークス、東京テアトル 111分 カラー 35㎜
  • 監督/諏訪敦彦
  • 出演/ベアトリス・ダル、町田 康、馬野裕朗
 広島出身の諏訪敦彦監督は、ベアトリス・ダルの主演で『ヒロシマ・モナムール』(『二十四時間の情事』)のリメークに挑む。しかし、ベアトリスはセリフに違和感を覚え、撮影は暗礁に乗り上げる。諏訪監督は、フィクションとドキュメンタリーの境界を行き来しながら、広島で映画を撮ることを問う。
  • ③18:00~ 限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生無料、小・中学生無料
  • 上映終了後に、諏訪敦彦監督の
    トークを予定しています

11/22(日) TOMORROW 明日

  • 1988(昭和63)年 
    ライトヴィジョン、沢井プロダクション、
    創映新社 105分 カラー 35㎜
  • 監督/黒木和雄
  • 出演/桃井かおり、南 果歩、仙道敦子、
    佐野史郎
 昭和20年8月8日、長崎。三浦家では、若い2人のささやかな結婚披露宴が行われ、新婦の姉は夜明けに新しい命を産み落とす。8月9日の原爆で失われた人々の営み、そのかけがえのなさを浮かび上がらせる。
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

11/23(月・祝) 夏少女

  • 1995(平成7)年 あびプロダクション 
    90分 カラー 35㎜
  • 監督/森川時久
  • 出演/桃井かおり、間 寛平、八崎朝子、
    藤岡貴志
 原爆に焼かれた瓦を島に持ち帰ったことから、マモルの前に不思議な少女が現れ、マモルの両親のつらい思い出を呼びさます…。『夢千代日記』の早坂暁が脚本を書き、瀬戸内海の島を舞台に、メルヘン的な物語を通して原爆がもたらした痛みを描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

11/25(水)

  • 文楽の魅力
  • 日本の伝統芸能 機巧人形
  • ふるさとの文化財を守る
    -秩父ふくさ人形-
 人形、語り、三味線が一体となって生まれる文楽の世界、各地の祭に登場する機巧(からくり)人形の仕組み、埼玉県秩父地方に伝わるふくさ人形の舞台。日本の伝統芸能における人形の魅力に迫った作品を上映します。
  • ①14:00~ ②18:00~ (3作品・76分) 
    各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。
ファミリーシアター

11/3(火・祝) 

  • すて猫トラちゃん
  • 1947(昭和22)年 
    日本動画社、東宝教育映画部 21分 
    白黒 35㎜
  • 演出/政岡憲三
 すて猫のトラちゃんは、3匹の子猫を連れたお母さん猫に救われ家族の一員となる。ところが、お母さんがトラちゃんばかりをかわいがるので、妹猫のミケちゃんが焼きもちを焼いて家出してしまう…。
  • こねこのらくがき
  • 1957(昭和32)年 東映教育映画部 
    13分 白黒 35㎜
  • 演出/薮下泰次
 いたずら子猫が壁にらくがきをする。それを見ていた2匹のネズミが子猫からエンピツを取り上げ、らくがきの汽車に乗っての追いつ追われつの騒動が起きる。
  • やさしいライオン
  • 1970(昭和45)年 虫プロダクション 
    27分 カラー 35㎜
  • 原作・演出/やなせたかし
  • 声の出演/久里千春、増山江威子
 母親をなくした赤ちゃんライオンのブルブルは、犬のムクムクに育てられ、サーカスの人気者となるが…。『アンパンマン』の作者・やなせたかしによる、優しく悲しい物語。
  • ①10:30~ ②14:00~ (3作品・61分) 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人無料、シニア(65歳以上)無料、
    高校生無料、小・中学生無料
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

11/1(日)

  • トッピィと森の仲間たち
 元気で愉快なチェコの国民的キャラクター、モグラのトッピィくんが活躍する3つの物語。
 ひよこのお母さんを探す冒険物語の『トッピィくんとひよこのたび』。トッピィくんが受話器を赤ちゃんのようにあやして大切にしている電話の話の『トッピィくんのだいすきなでんわ』。トッピィくんが動物園の中を大冒険する『トッピィくんとどうぶつえん』の3作品です。
  • ちいさなジャンボ
 やなせたかし作のミュージカル・アニメーション。子象と少年がつづる愛と感動の物語。平和な小島・紅バラ島に、赤い不思議な箱に乗った子象のジャンボと象使いの少年・バルーが流れ着きます。島の人々の前でいろいろな曲芸をしてみせるジャンボとバルー。そんなある日、紅バラ島の両隣にある2つの大きな島が戦争を始め、紅バラ島の上空を大砲の弾が飛び交うようになります。
  • ①11:00~ ②14:30~ (2作品・47分) 
    各回限定20席
  • 鑑賞料/無料
  • 会場/1階 多目的研修室
レコードコンサート

11/21(土) 15:00~17:00 
入場無料

※定員に達しましたので募集を締め切りました。

※要事前申込
  • 音楽で綴る源氏物語と平家物語
  • 選曲&解説/中畝みのり
    (ヴァイオリニスト)
    川本弘子
    (日本古典文学家)
 平安時代中期、紫式部は当時の貴族社会を様々な視点から長編の物語作品(恋愛小説)源氏物語を書きました。主人公の光源氏は琴に優れ、その社会で楽才は不可欠だったようです。物語の中には雅楽の演奏シーンなどがあります。特に「青海波」は舞楽として登場。
 平家物語は鎌倉時代の軍記物語で、平家の栄華と滅亡までを表しています。「祇園精舎の鐘の声...」の書き出しは有名ですが、日本伝統音楽の琵琶楽が原文の美しい詞を見事に表現することで人物の具象化が味わえます。
 秋も深まる中、源氏物語からは、光源氏と女性たちの想いを雅楽や西洋現代音楽で鑑賞し、平家物語からは琵琶の伝統的奏法と現代邦楽技法を取り入れた半田淳子氏の演奏と語りに耳を傾けましょう。
  • 紹介予定曲
  • 詩篇交響曲・源氏物語 (千住 明作曲)
  • 祇園精舎、敦盛の最後 (平家物語より) 
    ほか
  • 申し込み方法/ 定員に達しましたので募集を締切りました。
    電話または
    映像文化ライブラリー
    窓口にて受付。(先着順)

    10月14日(水)から申込受付を開始します。
  • 限定20席
  • ※お申込みいただきました個人情報は、当事業のみに使用し、それ以外の目的に使用したり、第三者に提供することはありません。
  • ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
  • 問合せ/広島市映像文化ライブラリー
    (広島市中区基町3-1)
    電話082-223-3525
  • ※レコードコンサートは
    「広島市高齢者いきいき活動ポイント事業」の対象となります。

開館時間

・火曜日~土曜日
午前10時~午後8時
・日曜日・祝日・8月6日
午前10時~午後5時

休館日

・月曜日(8月6日、祝日は開館)
・祝日の翌日
ただし土・日・月曜日にあたるときは、
直後の平日
・12月29日~1月4日

11月の休館日

 2日(月)、4日(水)、9日(月)
 16日(月)、24日(火)、30日(月)

page top