2018年12月のスケジュール


2019年1月のスケジュール>


2018年12月のスケジュール表

内容 開始時刻 大人 シニア 高校生 小中学生 場 所
1 バリアフリー映画特集「パンク・シンドローム」 14:00/18:00 380円 180円 無料 無料 ホール
2 バリアフリー映画特集「グランドフィナーレ」 10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
3 休 館 日
4 2018 Hiroshima Active Library 協働事業
スポーツ・ドキュメント「アルプスに翔ぶ」ほか
14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
5 バリアフリー映画特集「ぼくと魔法の言葉たち」 14:00/18:30 380円 180円 180円 無料 ホール
6 バリアフリー映画特集「奇跡のひと マリーとマルグリット」 14:00/18:30 380円 180円 180円 無料 ホール
7 バリアフリー映画特集「六月橙の三姉妹」 10:30/14:00/18:30 380円 180円 180円 無料 ホール
8 バリアフリー映画特集「愛を積むひと」 10:30/14:00/18:00 380円 180円 無料 無料 ホール
9 バリアフリー映画特集「校庭に東風吹いて」 10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
10 休 館 日
11 催し物はありません
12 バリアフリー映画特集「夜間もやってる保育園」 14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
13 シナリオ作家 橋本忍「仇討」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 250円 無料 ホール
14 シナリオ作家 橋本忍「白い巨塔」 10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
15 シナリオ作家 橋本忍「日本のいちばん長い日」 10:30/14:00/17:30 510円 250円 無料 無料 ホール
16 シナリオ作家 橋本忍「上意討ち 拝領妻始末」 10:30/14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
16 ワークショップ「おんがく探検隊」 10:30 無料(要申込) 試写試聴室
17 休 館 日
18 催し物はありません
19 文化映画「長い航跡 人と海と船」ほか 14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
20 シナリオ作家 橋本忍「首」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 250円 無料 ホール
21 シナリオ作家 橋本忍「砂の器」 10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
22 シナリオ作家 橋本忍「八甲田山」 10:30/14:00/17:30 510円 250円 無料 無料 ホール
23 日・祝 シナリオ作家 橋本忍「影の車」 10:30/14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
24 月・休 ファミリーシアター「わんわん忠臣蔵」 10:30/14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
25 振 替 休 館 日
26 催し物はありません
27 文化映画「岩宿の発見 日本の石器時代」ほか 14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
28 文化映画「日本のこころ 浮世絵」ほか 14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
29 年 末 休 館 日
30 年 末 休 館 日
31 年 末 休 館 日

  映画鑑賞会について。

  • 発券・開場は開映の1時間前(10:30の回は30分前)から行ない、定員に達し次第締切となります。
  • 開映30分後からの入場はできません。
  • 各回入替制です。鑑賞券は当日・当該回のみ有効です。
  • 都合により、発券・開場・開映時間が変更になる場合があります。
  • 各種手帳類の提示により、映画鑑賞料が無料になります。 詳しくはこちら
  • シニアは65歳以上。 運転免許証や健康保険証など年齢がわかる公的証明書、または健康手帳(平成19年度まで65歳以上のすべての人に配布されていたもの)をご提示ください。
シナリオ作家 橋本忍
  •  11月に続き、数々の日本映画史に残る作品を手がけたシナリオ作家・橋本忍さん(1918-2018)の特集を開催します。武家社会ゆえの悲劇をテーマにした『仇討』や『上意討ち 拝領妻始末』、8月15日をめぐるドラマを緊迫感あふれるタッチで描いた『日本のいちばん長い日』、回想を巧みに用いて感動を呼んだ『砂の器』など、橋本忍さんのシナリオから生まれた秀作、話題作をご鑑賞ください。
  • ※今月の上映作品には、映像・音声が良好ではないものがあります。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

12/13(木) 仇討

  • 1964(昭和39)年 東映(京都) 103分 白黒 35㎜
  • 監督/今井 正 脚本/橋本 忍 出演/中村錦之助、丹波哲郎、三田佳子、田村高廣
 橋本忍のオリジナル・シナリオによる作品。果し合いで同じ藩の者を殺したことから、家名と藩の体面を保つために窮地に追い込まれていく若い武士・江崎新八。彼を主人公に、武家社会の非情な一面を描く。ラストの仇討の場面で新八の無念さや怒りが爆発する。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

12/14(金) 白い巨塔

  • 1966(昭和41)年 大映(東京) 149分 白黒 35㎜
  • 監督/山本薩夫 脚本/橋本 忍 出演/田宮二郎、田村高廣、東野英治郎、小沢栄太郎
 医学界の内幕を描いて大きな反響を呼んだ山崎豊子の同名小説の映画化。ある医大を舞台に、野望に燃える若き助教授・財前五郎が、権謀術数をめぐらせて教授の座を獲得するまでを描く。社会的な題材を一級のエンターテイメントに仕上げる山本薩夫監督の手腕が冴える作品。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

12/15(土) 日本のいちばん長い日

  • 1967(昭和42)年 東宝 157分 白黒 35㎜
  • 監督/岡本喜八 脚本/橋本 忍 出演/山村 聰、三船敏郎、黒沢年男、笠 智衆
 太平洋戦争が終結する昭和20年8月15日をクライマックスに、ポツダム宣言受諾をめぐる御前会議、閣僚たちの動向、クーデターを画策する青年将校たちの動きなど、玉音放送にいたるまでの出来事を、オールスター・キャストで描いた大作。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③17:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生無料、小・中学生無料

12/16(日) 上意討ち 拝領妻始末

  • 1967(昭和42)年 東宝、三船プロダクション 121分 白黒 35㎜
  • 監督/小林正樹 脚本/橋本 忍 出演/三船敏郎、加藤 剛、司 葉子、仲代達矢
 『切腹』と同じく、原作=滝口康彦、脚色=橋本忍、監督=小林正樹による作品。藩主の命により、側室を息子の妻として与えられた笹原伊三郎。突如、妻を返上せよとの上意が下るが、伊三郎の一家は家名断絶を覚悟のうえで反抗する…。
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

12/20(木) 首

  • 1968(昭和43)年 東宝 100分 白黒 35㎜
  • 監督/森谷司郎 脚本/橋本 忍 出演/小林桂樹、南風洋子、神山 繁、清水将夫
 昭和18年の冬、一人の男が警察署で死亡し、死因に疑いを持った弁護士が真相の究明に乗り出す。死体の首を手がかりに、事件が解決するまでをスリリングに描く。弁護士を演じた小林桂樹の熱演が話題となった。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

12/21(金) 砂の器

  • 1974(昭和49)年 松竹、橋本プロダクション 143分 カラー 35㎜
  • 監督/野村芳太郎 脚本/橋本 忍、山田洋次 出演/丹波哲郎、加藤 剛、森田健作、島田陽子
 迷宮入りと思われた殺人事件を捜査する2人の刑事の執念と、過去と決別するために殺人を犯した青年の運命を描く。日本各地の四季を捉えた映像がドラマを彩り、過去と現在が交錯し真実が明らかになるラストの展開が秀逸。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料

12/22(土) 八甲田山

  • 1977(昭和52)年 橋本プロダクション、東宝映画、シナノ企画 169分 カラー 35㎜
  • 監督/森谷司郎 脚本/橋本 忍 出演/高倉 健、北大路欣也、加山雄三、緒形 拳
 明治35年冬、“白い地獄”と恐れられた八甲田山で、青森と弘前の二つの連隊が雪中行軍を敢行する。自然に逆らわずに進む弘前連隊と、自然に力づくでぶつかっていく青森連隊。雪山を舞台に男たちの壮絶なドラマが繰り広げられる。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③17:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生無料、小・中学生無料

12/23(日・祝) 影の車

  • 1970(昭和45)年 松竹(大船) 98分 カラー 35㎜
  • 監督/野村芳太郎 脚本/橋本 忍 出演/岩下志麻、加藤 剛、小川真由美、芦田伸介
 松本清張の『潜在光景』の映画化。息子と二人暮らしの女性・小磯泰子を愛するようになった浜島幸雄は、泰子の息子に殺されるのではないかという妄想にとりつかれる。回想シーンを特殊処理の映像で見せ、人間心理の深淵をのぞかせるミステリー。
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料
  •  障害者週間(12月3日~9日)にあわせて、日本語字幕付き、あるいは日本語字幕と音声ガイドが付いたバリアフリー作品を特集します。上映作品は、知的障害者で結成されたバンドの日常を追った『パンク・シンドローム』、自閉症で言葉を失った少年と家族のドラマ『ぼくと魔法の言葉たち』、北海道で第二の人生を送る夫婦の絆を描いた『愛を積むひと』などです。聴覚障害のある方が楽しめるよう、映画の音を振動で伝える体感音響システムを用いた上映も行います。
  • ※体感音響システムを用いた座席は5席です。
  • ※上映作品の紹介は、作品提供先からの情報を基にしています。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

12/1(土) パンク・シンドローム The Punk Syndrome

パンク・シンドロームの写真
  • 2012年 フィンランド、ノルウェー、スウェーデン 85分 カラー Blu-ray
  • 日本語字幕 日本語吹替 音声ガイド 体感音響システム(提供:パイオニア)
  • 監督/ユッカ・カルッカイネン
  • 出演/ペルッティ・クリッカ、カリ・アールト、サミ・ヘッレ、トニ・バリタロ
 フィンランドの知的障害者4人で結成されたパンクロックバンドの日常を追ったドキュメンタリー。施設や社会への不満をシンプルかつパワフルな音楽で表現し、障害者や健常者の垣根もなく聴衆を魅了している。(作品提供/エスパース・サロウ)
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生無料、小・中学生無料

12/2(日) グランドフィナーレ Youth

グランドフィナーレの写真
  • 2015年 イタリア、フランス、スイス、イギリス 124分 カラー Blu-ray
  • 日本語字幕 日本語吹替 体感音響システム(提供:パイオニア)
  • 監督/パオロ・ソレンティーノ
  • 出演/マイケル・ケイン、ハーベイ・カイテル、レイチェル・ワイズ、ポール・ダノ、ジェーン・フォンダ
 80歳を迎え現役を退いた英国人音楽家・フレッドは、親友の映画監督・ミックと共に高級ホテルで優雅な日々を送っていた。そんな中、英国女王から出演依頼が舞い込むが、なぜか頑なに断るフレッド。その理由とは…。(作品提供/ギャガ)
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

12/5(水) ぼくと魔法の言葉たち Life, Animated

ぼくと魔法の言葉たちの写真
  • 2016年 アメリカ 91分 カラー Blu-ray 日本語字幕 日本語吹替 音声ガイド
  • 監督/ロジャー・ロス・ウィリアムズ
  • 出演/オーウェン・サスカインド、ロン・サスカインド、コーネリア・サスカインド
 自閉症により言葉を失った少年が、ディズニーアニメを通じて徐々に会話を取り戻していく姿を追ったドキュメンタリー。ある日、父は息子が口にする意味不明の言葉が『リトル・マーメイド』のセリフであることに気付く。(作品提供/トランスフォーマー)
  • ①14:00~ ②18:30~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

12/6(木) 奇跡のひと マリーとマルグリット Marie Heurtin

奇跡のひとの写真
  • 2014年 フランス 94分 カラー DVD 日本語字幕 日本語吹替 音声ガイド
  • 監督/ジャン=ピエール・アメリス
  • 出演/イザベル・カレ、アリアーナ・リヴォアール、ブリジット・カティヨン
 19世紀末にフランスに実在した、先天的に目と耳に障害を持つ少女マリーと、彼女に言葉をはじめ生きる喜びを教えた修道女マルグリットを描いたドラマ。(作品提供/スターサンズ)
  • ①14:00~ ②18:30~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

12/7(金) 六月燈の三姉妹

六月燈の三姉妹の写真
  • 2013(平成25)年 「六月燈の三姉妹」製作委員会 104分 カラー Blu-ray 日本語字幕 音声ガイド
  • 監督/佐々部 清
  • 出演/吹石一恵、吉田 羊、徳永えり、津田寛治
 鹿児島のとある商店街で、離婚しながらも和菓子店・とら屋を切り盛りする母・惠子と菓子職人の父・眞平。長女・静江は離婚してとら屋にもどり、次女・奈美江は夫と離婚調停中、三女・栄は妻子ある男性と不倫関係に。それぞれに訳ありの家族が、新しいお菓子の販売に挑むが…。(作品提供/パディハウス)
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

12/8(土) 愛を積むひと

愛を積むひとの写真
  • 2015(平成27)年 「愛を積むひと」製作委員会 125分 カラー Blu-ray 日本語字幕 音声ガイド
  • 監督/朝原雄三
  • 出演/佐藤浩市、樋口可南子、野村周平、杉咲 花
 篤史と良子の夫婦は、東京を離れて北海道に移り住み、大自然に包まれて第二の人生を送ろうとする。良子に勧められ、篤史は家を囲む石塀作りを始めるが、思いがけない出来事が起き…。夫婦の絆と2人をめぐる人間模様を描く。(作品提供/アスミック・エース)
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生無料、小・中学生無料

12/9(日) 校庭に東風(こち)吹いて

校庭に東風(こち)吹いての写真
  • 2016(平成28)年 ゴーゴービジュアル企画 112分 カラー Blu-ray 日本語字幕 音声ガイド
  • 監督/金田 敬
  • 出演/沢口靖子、遠藤久美子、村田雄浩、星由里子
 教師の三木知世は、転勤先の小学校で蔵田ミチルという少女と出会う。ミチルは、家では話せるのに学校では話せなくなる“場面緘黙症”の疾患を抱えていた。知世はミチルに愛情を持って接するが、ある事をきっかけにミチルは不登校になり…。(作品提供/シネマ・キャラバンV.A.G)
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

12/12(水) 夜間もやってる保育園

夜間もやってる保育園写真
  • 2017(平成29)年 社会福祉法人杉の子会、大宮映像製作所、東風 111分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 音声ガイド
  • 監督/大宮浩一
 東京新宿区で24時間保育を行うエイビイシイ保育園をはじめ、北海道や新潟、沖縄の保育現場を取材し、親や保育士たちの葛藤や喜び、成長する子どもたちの姿を映し出したドキュメンタリー。
(配給/東風)
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

12/4(火)2018 Hiroshima Active Library 協働事業
スポーツ・ドキュメント

  • アルプスに翔ぶ(25分)
  • あるマラソンランナーの記録(63分)
 アルプスの山々に挑むプロスキーヤーたちの滑りを撮影した『アルプスに翔ぶ』、1964年の東京オリンピックを目指した君原健二選手の苦闘の日々を追った『あるマラソンランナーの記録』。スポーツを題材にした記録映画を上映します。(2作品・88分)
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

12/19(水)

  • 長い航跡 人と海と船(32分)
  • イカロスの夢 ライト兄弟からジャンボまで(34分)
  • 自動車の世紀(28分)
 船、飛行機、自動車、人と乗り物の歴史をひも解く作品を上映します。(3作品・94分)
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

12/27(木)

  • 岩宿の発見 日本の石器時代(40分)
  • 稲荷塚古墳 八角形墳の謎に迫る(32分)
 日本の石器時代について解説する『岩宿の発見』、全国でも珍しい八角形墳の秘密を探る『稲荷塚古墳』。遺跡や古墳にまつわる作品を上映します。(2作品・72分)
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料

12/28(金)

  • 日本のこころ 浮世絵(30分)
  • 広重(20分)
  • 文人画 -大雅・蕪村・玉堂・木米・竹田-(20分)
 浮世絵と文人画、江戸時代の美術について解説する作品を上映します。(3作品・70分)
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料
ファミリーシアター

12/24(月・休) わんわん忠臣蔵

  • 1963(昭和38)年 東映動画 81分 カラー 35㎜
  • 演出/白川大作 声の出演/堀 絢子、水木蘭子、佐藤英夫、西村 晃
 虎のキラーに母親を殺された子犬のロックは、母の仇を討つためキラーに立ち向かい、危ないところを、ウサギやリスの森の仲間たちに助けられる。ロックは、野良犬のリーダー・ゴロの加勢を得て、母の仇を討とうとするが、ロックの行く手には危険な罠が張り巡らされていた…。
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、高校生250円、小・中学生無料
ワークショップ おんがく探検隊

12/16(日) 10:30~12:30 申込要

音を使ったいろいろな遊びをしましょう。
遊びの中で生まれるいろんな音に耳をすましながら、一緒に新しい音楽をつくりましょう。
音楽経験の有無は関係ありません。
当日は、音の出るものがあればお持ちください(手ぶらでも構いません)。
【講師】
寺内大輔(作曲家・即興演奏家、広島大学教育学研究科准教授)
三宅珠穂(作曲家・即興演奏家)
長山 弘(広島大学附属東雲小学校非常勤講師)
【対象】
小学3年生~小学6年生
【定員】
10名 (先着順)
【参加料】
無料
【会場】
広島市映像文化ライブラリー 試写試聴室
【申込み方法】
電話または映像文化ライブラリー1階窓口にてお申込みください。
【締切】
12月11日(火) ※ただし、定員になり次第、締め切らせていただきます。
※お申込みいただきました個人情報は、当事業のみに使用し、それ以外の目的に使用したり、第三者に提供することはありません。
お申し込み・お問い合わせ   
広島市映像文化ライブラリー
〒730-0011 広島市中区基町3-1
電話 082-223-3525


開館時間

・火曜日~土曜日
午前10時~午後8時
・日曜日・祝日・8月6日
午前10時~午後5時

休館日

・月曜日(8月6日、祝日は開館)
・祝日の翌日
ただし土・日・月曜日にあたるときは、直後の平日
・12月29日~1月4日

12月の休館日

 3日(月)、10日(月)
 17日(月)、25日(火)、
 29日(土)、30日(日)、31日(月)

page top