2018年8月のスケジュール


2018年9月のスケジュール>


2018年8月のスケジュール表

内容 開始時刻 大人
(平成生まれの方は無料)
シニア 高校生
(平成生まれの方は無料)
小中学生 場 所
1 文化映画
「飛騨古川祭 -起し太鼓が響く夜-」ほか
14:00/18:00 380円 180円 無料 無料 ホール
2 夏休み特集 家族でシネマ「おかあさん」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 無料 無料 ホール
3 夏休み特集 家族でシネマ「大学の若大将」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 無料 無料 ホール
4 夏休み特集 家族でシネマ「お引越し」 10:30/14:00/18:00 510円 250円 無料 無料 ホール
5 夏休み特集 家族でシネマ「二つのハーモニカ」 10:30/14:00 510円 250円 無料 無料 ホール
6 夏休み特集 家族でシネマ「いしぶみ」 10:30/14:00 無料 無料 無料 無料 ホール
7 催し物はありません
8 文化映画
「諏訪のおんばしら -祭り・神と人とその風土-」ほか
14:00/18:00 380円 180円 無料 無料 ホール
9 夏休み特集 家族でシネマ「ナガサキの少年少女たち」ほか 10:30/14:00 510円 250円 無料 無料 ホール
10 広島ゆかりのアニメーション
「ピカドン」「はだしのゲン」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 無料 無料 ホール
10 キッズ・アニメ教室「透ける、重ね絵をつくってみよう!」 13:30 - - - 無料(要申込) 試写試聴室
11 土・祝 広島ゆかりのアニメーション
「太陽をなくした日」「クロがいた夏」
10:30/14:00 510円 250円 無料 無料 ホール
12 広島ゆかりのアニメーション
「この男子、宇宙人と戦えます。」
「かっ飛ばせ!ドリーマーズ -カープ誕生物語-」
10:30/14:00 380円 180円 無料 無料 ホール
13 休 館 日
14 休 館 日
15 広島ゆかりのアニメーション「黒い雨にうたれて」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 無料 無料 ホール
16 パラジャーノフ監督特集「アンドリエーシ」 14:00/18:30 380円 180円 無料 無料 ホール
17 パラジャーノフ監督特集「石の上の花」 14:00/18:30 380円 180円 無料 無料 ホール
18 パラジャーノフ監督特集「火の馬」 14:00/18:00 380円 180円 無料 無料 ホール
18 ポップラ劇場2018市民野外上映会
「この世界の片隅に」
19:30 500円
(任意
・要申込)
500円
(任意
・要申込)
無料
(要申込)
無料
(要申込)
基町POP’La
(ポップラ)通り
19 パラジャーノフ監督特集「ざくろの色」 10:30/14:00 380円 180円 無料 無料 ホール
20 休 館 日
21 催し物はありません
22 パラジャーノフ監督特集「スラム砦の伝説」 14:00/18:30 380円 180円 無料 無料 ホール
23 パラジャーノフ監督特集「アシク・ケリブ」 14:00/18:30 380円 180円 無料 無料 ホール
24 夏休み特集 家族でシネマ「天国にいちばん近い島」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 無料 無料 ホール
25 映画『平和記念都市ひろしま』とその時代
「平和記念都市ひろしま」「新しき日本 廣島篇」
10:30/14:00 無料 無料 無料 無料 ホール
26 ファミリーシアター「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」 10:30/14:00 510円 250円 無料 無料 ホール
27 休 館 日
28 催し物はありません
29 夏休み特集 家族でシネマ「青春デンデケデケデケ」 10:30/14:00/18:00 510円 250円 無料 無料 ホール
30 夏休み特集 家族でシネマ「ロックよ、静かに流れよ」 10:30/14:00/18:30 510円 250円 無料 無料 ホール
31 夏休み特集 家族でシネマ「遠き落日」 10:30/14:00/18:00 510円 250円 無料 無料 ホール

  映画鑑賞会について。

  • 発券・開場は開映の1時間前(10:30の回は30分前)から行ない、定員に達し次第締切となります。
  • 開映30分後からの入場はできません。
  • 各回入替制です。鑑賞券は当日・当該回のみ有効です。
  • 都合により、発券・開場・開映時間が変更になる場合があります。
  • 各種手帳類の提示により、映画鑑賞料が無料になります。 詳しくはこちら
  • シニアは65歳以上。 運転免許証や健康保険証など年齢がわかる公的証明書、または健康手帳(平成19年度まで65歳以上のすべての人に配布されていたもの)をご提示ください。
  •  7月・8月は平成生まれの方は映画鑑賞料が無料です! 
     2018年7月・8月は、映像文化ライブラリーのすべての上映会で、平成生まれの方は映画鑑賞料が無料になります。 
     学生証、運転免許証、健康保険証など生年月日を確認できる身分証明書をお見せください。
     平成生まれでない高校生の方は、高校生料金となります。(250円または180円) 
夏休み特集 家族でシネマ
  •  8月は、「夏休み特集 家族でシネマ」と題して、幅広い世代でご覧いただける作品を特集します。
    平和をテーマにした『二つのハーモニカ』や『いしぶみ』、家族の絆を描いた『おかあさん』や『お引越し』、若者を主人公にした『青春デンデケデケデケ』や『ロックよ、静かに流れよ』など、さまざまな作品を上映します。夏休みのひととき、映像文化ライブラリーのスクリーンでご鑑賞ください。
  • ※今月の上映作品には、映像・音声が良好ではないものがあります。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

8/2(木) おかあさん

  • 1952(昭和27)年 新東宝 98分 白黒 35㎜
  • 監督/成瀬巳喜男 出演/田中絹代、香川京子、岡田英次、加東大介
 全国の小学生が書いた作文をもとにした作品。戦災で失ったクリーニング店を家族の努力で再開し、度重なる不幸を乗り越えて生きていく一家の物語を、田中絹代扮する母親を中心に生活感あふれるタッチで描く。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、平成生まれの方は無料

8/3(金) 大学の若大将

  • 1961(昭和36)年 東宝 80分 カラー 35㎜
  • 監督/杉江敏男 出演/加山雄三、星由里子、団 令子、田中邦衛
 加山雄三主演の“若大将”シリーズの記念すべき第1作。すきやき屋の老舗“田能久”の若大将・田沼雄一は、大学の水泳部で活躍する好青年。偶然出逢った中里澄子は雄一に想いを寄せるが、“青大将”こと石山新次郎が恋のライバルとして立ちはだかる…。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、平成生まれの方は無料

8/4(土) お引越し

  • 1993(平成5)年 讀賣テレビ放送 124分 カラー 35㎜
  • 監督/相米慎二 出演/田畑智子、中井貴一、桜田淳子、笑福亭鶴瓶
 小学6年生の漆場レンコは、両親が離婚を考え、父ケンイチが家を出たため、母ナズナと二人暮らしになる。レンコは父と母の間で戸惑いながらも、元の家族に戻るよう、あの手この手を実行するが…。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、平成生まれの方は無料

8/5(日) 二つのハーモニカ

  • 1976(昭和51)年 近代映画協会、仙台協映社 70分 カラー 35㎜
  • 監督/神山征二郎 出演/南波広弥、福田勝洋、岩崎加根子、地井武男
 川口志保子作の児童文学の映画化。戦争の時代、特攻隊の基地がある東北の村。東京から疎開してきた隆と、地元の少年・良吉は、大原一飛曹とハーモニカを合奏して心を通わせる。しかし、やがて大原一飛曹にも出撃の日が来る…。
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、平成生まれの方は無料

8/6(月) いしぶみ

  • 2016(平成28)年 広島テレビ 85分 カラー Blu-ray
  • 監督/是枝裕和 出演/綾瀬はるか、池上 彰
 テレビ史に残る名作ドキュメンタリー『碑』を、是枝裕和監督がリメーク。シンプルなセットを背景にした朗読劇という旧作のスタイルを尊重しながらも新たな演出が加えられている。広島市出身の綾瀬はるかが語り手を務め、現在の視点からヒロシマを語り継ぐ。
(製作・配給/広島テレビ 配給協力/東風)
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/無料

8/9(木) <2作品・78分>

  • ナガサキの少年少女たち
  • 1996(平成8)年 日本映画新社 32分 カラー 16㎜
  • 演出/小笠原基生 ナレーション/奈良岡朋子

  • 長崎の子
  • 1957(昭和32)年 共同映画社、新東映画社、新文化映画社 46分 白黒 35mm
  • 監督/木村荘十二 出演/五月藤江、吉行和子、塚田親一、小柳秀樹
 子どもの頃に長崎で被爆した人々への取材を中心にしたドキュメンタリー『ナガサキの少年少女たち』、原爆で親を亡くしながらも、たくましく生きる長崎の子どもたちを描いた『長崎の子』。長崎にまつわる二つの作品を上映。
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、平成生まれの方は無料

8/24(金) 天国にいちばん近い島

  • 1984(昭和59)年 角川春樹事務所 103分 カラー 35㎜
  • 監督/大林宣彦 出演/原田知世、高柳良一、峰岸 徹、小林稔侍
 森村桂の同名小説の映画化。主人公の桂木万里は、亡くなった父が話していた“天国にいちばん近い島”を探すためにニュー・カレドニアへ向かう。旅を通じて成長するヒロインを原田知世がみずみずしく演じる。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、平成生まれの方は無料

8/29(水) 青春デンデケデケデケ

  • 1992(平成4)年 ギャラック・プレミアム、PSC、リバティフォックス 135分 カラー 35㎜
  • 監督/大林宣彦 出演/林 泰文、大森嘉之、浅野忠信、岸部一徳
 芦原すなおの同名小説の映画化。エレキギターの響きに魅せられ、ロックバンドを結成して音楽に情熱を燃やす高校生たち。香川県の観音寺市を舞台にした、軽快でユーモラスな青春ドラマ。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、平成生まれの方は無料

8/30(木) ロックよ、静かに流れよ

  • 1988(昭和63)年 プルミエ・インターナショナル、ジャニーズ事務所、東宝 100分 カラー 35mm
  • 監督/長崎俊一 出演/岡本健一、成田昭次、高橋一也、前田耕陽
 男闘呼組のメンバー4人が主演した青春映画。ロック好きの高校生・俊介は、仲間たちとバンドを結成。アルバイトをして楽器を買い、コンサートをめざして練習に励むが、思わぬ出来事が起き、バンド解散の危機が訪れる…。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、平成生まれの方は無料

8/31(金) 遠き落日

  • 1992(平成4)年 テレビ朝日、東急グループ、松竹グループ 119分 カラー 35㎜
  • 監督/神山征二郎 出演/三田佳子、三上博史、牧瀬里穂、仲代達矢
 世界的な細菌学者・野口英世の生涯を、母親シカとの絆を軸に描く。福島県の農村に生まれた野口清作(後の英世)は、幼い頃、左手に大やけどを負うが、周囲の人々に支えられ勉学に励む。やがて清作は、左手の手術を受けたことをきっかけに医学の道を志す…。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、平成生まれの方は無料
広島ゆかりのアニメーション
  •  第17回広島国際アニメーションフェスティバルの応援企画として、原爆をテーマにしたアニメーション、戦後の広島の復興を描いた作品、広島出身の若手アニメーション作家の作品など、広島ゆかりのアニメーションを特集します。
  •  
  • 主催/NPO法人広島アニメーションシティ、広島市映像文化ライブラリー
  • 協力/広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会

  • 広島国際アニメーションフェスティバル応援事業
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

8/10(金) <2作品・93分>

  • ピカドン
はだしのゲンの写真
  • 1978(昭和53)年 スタジオロータス 10分 カラー 16mm
  • 演出/木下蓮三
 原爆の悲惨さと平和への祈りを短編に凝縮したアニメーション。
  • はだしのゲン
  • 1983(昭和58)年 ゲンプロダクション 83分 カラー 35mm
  • 監督/真崎 守 声の出演/宮崎一成、井上孝雄、島村佳江、甲田将樹
 原爆の惨禍と戦中戦後をたくましく生きる少年ゲンの姿を描いた、中沢啓治の漫画『はだしのゲン』をアニメーションにした作品。ゲンは原爆で父や姉を失うが、母はその直後、女の子を産む。ゲンは妹のミルクのために懸命に働くが…。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、平成生まれの方は無料

8/11(土・祝) <2作品・86分>

  • 太陽をなくした日
太陽をなくした日の写真
  • 2002(平成14)年 19分 カラー 16mm
  • 監督/前田 稔
 セミが鳴き、子どもたちの歓声が聞こえる。そんな日常を奪う原爆が広島に投下され…。広島出身の前田稔監督が描いたピース・アニメーション。
  • クロがいた夏
  • 1990(平成2)年 ゲンプロダクション、中国放送 67分 カラー 35mm
  • 監督/白土 武 声の出演/田口悦子、小刀将弘、中島ゆき、矢田耕司
 伸子と誠のきょうだいは、カラスにおそわれていた子猫を助け、クロと名づけて育てる。が、8月6日の原爆は、クロの命も奪っていった。子どもたちと子猫のふれあいを通して、原爆の悲惨さを訴えるアニメーション。
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、平成生まれの方は無料

8/12(日) <2作品・114分>

  • この男子、宇宙人と戦えます。
  
この男子、宇宙人と戦えます。の写真
  • 2011(平成23)年 コミックス・ウェーブ・フィルム 28分 カラー DVD
  • 監督/山本蒼美 声の出演/木村良平、豊永利行、平川大輔
 広島出身の山本蒼美監督の商業デビュー作。突如、セカイは宇宙人に侵略される。記憶喪失の高校生・カカシは、セカイでただ一人、宇宙人と戦うことができた。宇宙人臨時対策本部の職員・有川や、彼の上司のシロに見守られ、カカシは日々戦うのだが…。
(作品提供/コミックス・ウェーブ・フィルム)
  • かっ飛ばせ!ドリーマーズ -カープ誕生物語-
  • 1994(平成6)年 広島映画センター 86分 カラー 16mm
  • 監督/兼森義則 声の出演/甲田将樹、小山裕香、風見しんご、相原 勇
 カープ誕生のエピソードを交えながら、原爆で家や家族を失った少年たちが草野球に打ち込んで、たくましく生きる姿を描く。
(作品提供/大阪映画センター)
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、平成生まれの方は無料

8/15(水) 黒い雨にうたれて

  • 1984(昭和59)年 ゲンプロダクション、土田プロダクション 94分 カラー 35mm
  • 監督/白土 武 声の出演/西城秀樹、島村佳江、大林丈史、政宗一成
 原爆を扱った中沢啓治作品の原点ともいえる劇画をもとにしたアニメーション。原爆投下から30数年たった広島。幼い頃に被爆した岩田武司がマスターをつとめるスナック「赤馬」。そこに集まる被爆者の怒りと悲しみを描く。
(この作品は大人向けに製作されたアニメーションです。)
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:30~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、平成生まれの方は無料
パラジャーノフ監督特集
  •  独特な色彩感覚と様式美で、死後20年以上を経てなお、世界中の映画ファンをとりこにしている映画監督セルゲイ・パラジャーノフ(1924-1990)。ソ連当時のグルジアに生まれ、モスクワの国立映画大学で映画製作を学び、投獄や強制労働により不自由な生活を強いられながらも、監督や脚本家としてだけではなく、画家や工芸家としても素晴らしい作品を残しています。いまなお人々を魅了し続ける作品の数々をぜひご堪能ください。

  • 配給/パンドラ
ロシアの写真ロシア文化の写真
  • ※上映作品の紹介は、作品提供先からの情報を基にしています。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。
  • セルゲイ・パラジャーノフ Sargis Parajanoyan
パラジャーノフの写真
 1924年、ソ連当時のグルジア(現.ジョージア)に生まれたアルメニア人映画監督。独特な色彩感覚と様式による映画は他に例がなく、死後20年以上を経てなお、世界中の映画ファンをとりこにしている。1947年に最初の投獄。以後複数回にわたり投獄される。投獄や強制労働により不自由な生活を強いられながらも、監督や脚本家としてだけではなく、画家や工芸家としても素晴らしい作品を残した。 1990年死去。

8/16(木) アンドリエーシ Андриеш

アンドリエーシの写真
  • 1954年―1955年 ソ連 61分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/セルゲイ・パラジャーノフ、ヤーコフ・バゼリャン
  • 出演/コスチャ・ロッソ、ナダール・シャーシク=アグイ、リュドミラ・ソコロヴァ
 羊飼いのアンドリエーシは正義感の強い少年。ある時、英雄ヴェノヴァンから勇気と独立心をほめられ、魔法の笛を贈られるが、嫉妬した悪魔が羊と犬を連れ去ってしまう。取り戻そうと悪魔を追いかけるアンドリエーシだが…。
  • ①14:00~ ②18:30~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、平成生まれの方は無料

8/17(金) 石の上の花 Цветок на камне

石の上の花の写真
  • 1962年 ソ連 74分 白黒 Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/セルゲイ・パラジャーノフ
  • 出演/リュドミラ・チリパーナヴァ、ポリス・ドミアホフスキー
 ウクライナ東部のドネツク炭鉱に、職を求めて若者たちが次々と集まり、町は希望と活気にあふれていく。そんな中、美しく無垢な女性クリスティーナは、グリーシャに心惹かれていくが、頑迷な父親に遠慮して、グリーシャを遠ざけるのだった…。
  • ①14:00~ ②18:30~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、平成生まれの方は無料

8/18(土) 火の馬 Тiнi забутих предкiв

火の馬の写真
  • 1965年 ソ連 92分 カラー Blu-ray 日本語字幕 デジタル・リマスター版
  • 監督/セルゲイ・パラジャーノフ
  • 出演/ラリサ・カドチニコワ、タチアナ・ベスタエワ、イワン・ミコライチュク
 何世代にもわたり争いが続く二つの氏族。息子イワンと娘マリーチカは敵同士でありながら愛し合い結婚を誓うが、貧しい家のイワンは結婚のために出稼ぎに出かける。ある日、イワンの帰りを待つマリーチカの身に思いもかけない出来事が降りかかる。
マール・デル・プラタ映画祭国際映画批評家連盟賞・南十字星賞受賞他
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、平成生まれの方は無料

8/19(日) ざくろの色 Sayat Nova

さくろの色の写真
  • 1969年 ソ連 73分 カラー Blu-ray 日本語字幕 デジタル・リマスター版
  • 監督/セルゲイ・パラジャーノフ
  • 出演/ソフィコ・チアウレリ、M・アレクヤン、G・ゲゲチコリ、O・ミナシャン
 18世紀アルメニアの代表的詩人サヤト・ノヴァの悲恋を、絵画とパントマイムで描く珠玉の一本。王妃への想いを美しい詩と琴の演奏で伝えるが、修道院に幽閉されてしまうサヤト・ノヴァ。絶望の淵に立った彼は…。鮮やかな色彩、絵画のような画面構成が、世界中の映画ファンを魅了するパジャーノフの代表的作品。
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、平成生まれの方は無料

8/22(水) スラム砦の伝説 ამბავი სურამის ციხისა

スラム砦の伝説の写真
  • 1984年 ソ連 83分 カラー Blu-ray 日本語字幕 デジタル・リマスター版
  • 監督/セルゲイ・パラジャーノフ、ダヴィッド・アバシーゼ
  • 出演/ヴェリコ・アンジャパリッゼ、ダヴィッド・アバシーゼ、ソフィコ・チアウレリ
 舞台は中世グルジア。解放奴隷のドゥルミシハンは恋人ヴァルドーと別れ、隊商となり成功して富を得るが、ヴァルドーは彼を忘れられずにいた。月日は流れ、ある女性預言者により、防衛の要となる砦の再建に、ある若者が生贄に捧げられるが…。
  • ①14:00~ ②18:30~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、平成生まれの方は無料

8/23(木) アシク・ケリブ აშიკი ქერიბი

アシク・ケリブの写真
  • 1988年 ソ連 74分 カラー Blu-ray 日本語字幕 デジタル・リマスター版
  • 監督/セルゲイ・パラジャーノフ、ダヴィッド・アバシーゼ
  • 出演/ユーリー・ムゴヤン、ヴェロニカ・メトニーゼ、ソフィコ・チアウレリ
 原作は世界的に知られるロシアの詩人レールモントフによる恋物語。主人公のアシク・ケリブは貧しいながらも心優しい吟遊詩人。大切な娘マグリとの結婚を、その父に認められるために修行の旅に出る。マグリには千の昼と夜の後に戻ると約束して…。
  • ①14:00~ ②18:30~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、平成生まれの方は無料
文化映画鑑賞会

8/1(水)<3作品・99分>

  • 飛騨古川祭-起し太鼓が響く夜-
  • ねぶた祭り-津軽びとの夏-
  • 遠江の盆行事-天竜川流域を中心に-
 男たちが心意気を競う飛騨の古川祭り、東北の夏に若者たちの熱気があふ れるねぶた祭り、特色のある習俗が残る天竜川流域の盆行事を紹介します。
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、平成生まれの方は無料

8/8(水)<3作品・98分>

  • 諏訪のおんばしら-祭り・神と人とその風土-
  • ふるさとからくり風土記-八女福島の燈籠人形-
  • 秩父の夜祭り-山波の音が聞こえる-
 勇壮な祭りとして知られる諏訪大社の御柱祭り、華やかなからくり人形 が観客を魅了する八女福島の燈籠人形、秩父盆地で暮らす人々のエネルギーが爆発す る秩父の夜祭りを紹介します。
  • ①14:00~ ②18:00~
  • 鑑賞料/大人380円、シニア(65歳以上)180円、平成生まれの方は無料
ファミリーシアター

8/26(日) 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル

  
花田少年史の写真
  • 2006(平成18)年 「花田少年史」製作委員会 123分 カラー 35㎜
  • 監督/水田伸生 出演/須賀健太、篠原涼子、西村雅彦、北村一輝
 一色まことの人気コミックの映画化。瀬戸内海に臨む港町で暮らす少年・花田一路は、ひょんなことから幽霊が見えるようになる。さらに過去にタイムスリップし、父や母の秘密を知ることに…。
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/大人510円、シニア(65歳以上)250円、平成生まれの方は無料
映画『平和記念都市ひろしま』とその時代
  •  被爆70周年記念事業として広島市が編纂した『広島市被爆70年史 あの日まで、そしてあの日から 1945年8月6日』の発行を記念して、映画『平和記念都市ひろしま』と、その同時代に広島を記録した作品を上映し、貴重な映像を通して、当時の広島を振り返ります。

    主催/広島市公文書館(被爆70年史編修研究会)、広島市映像文化ライブラリー

8/25(土) <2作品・70分>

  • 平和記念都市ひろしま
  • 1950(昭和25)年 内外映画社
  • 未公開カット集(10分)+復元ノーカット版(30分) 白黒 DVD
  • 監督/秋元 憲
 広島の復興支援を海外に求めるために製作され、当時の広島の風景や人々の生活、復興する産業、広島平和記念都市建設法の衆院可決の場面などを収めた作品。2度目の上映となる今回は、この作品に関する調査をもとに、未公開カット集と復元ノーカット版を上映。
  • 新しき日本 廣島篇
  • 1951(昭和26)年頃 毎日新聞社 30分 白黒 DVD
  • 構成/木村春彦 解説/高橋圭三
 1950年から52年にかけて、毎日新聞社が製作した記録映画シリーズの一本。復興する広島の街や観光地、広島県内の伝統産業、造船や自動車製造といった工業の状況などの映像が収められている。(作品提供/毎日新聞社)

※本作品には、音声が良好ではない箇所があります。
※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。
  • ①10:30~ ②14:00~
  • 鑑賞料/無料
ポップラ劇場2018 市民野外上映会

8/18(土)この世界の片隅に

この世界の片隅にの写真
夏休みに川辺で映画の上映会を開催します。
夏の夜空のもと、開放感いっぱいの屋外でいつもとは違う映画鑑賞を体験してみませんか?

詳しいイベント内容はこちら
【日 時】
8月18日(土)午後4時開場
午後7時30分~午後9時40分
【場 所】
基町POP’La(ポップラ)通り(広島市中区基町 中央公園西側河岸緑地)
【参加費(任意)】
大人500円
当上映会の費用に充てさせていただきます。
※要事前申込・定員300名
【申し込み方法】
はがきかEメールに、〒住所、氏名、参加人数、電話番号、E-mailアドレス、この映画について思うこと、
を添えて下記にお送りください。
※8月6日(月)必着。 受付後、整理券を発送します。
【あて先】
○はがきの場合
 〒730-0801 広島市中区寺町5-15
 PPC「この世界の片隅に」市民野外上映会 係
○Eメールの場合
 メールアドレス:sinngopapa4588@gmail.com
 件名:「この世界の片隅に」参加希望

※ご記入いただいた個人情報は野外上映会以外の目的に使用いたしません。
【主 催】
ポップラ・ペアレンツ・クラブ、広島市映像文化ライブラリー
【問い合わせ】
ポップラ・ペアレンツ・クラブ
担当:山崎(午後6時~午後9時 090-4695-3077)
キッズ・アニメ教室

8/10(金)透ける、重ね絵をつくってみよう!

※定員に達しましたので募集を締め切りました。

 透明のコップに、カラフルな線や形を描き、重ねて動かしてみよう!
イラストレーターの沢田妙さんと一緒に自分だけのオリジナル作品を作ってみませんか。夏休みの自由工作の一つにいかがでしょうか?

広島国際アニメーションフェスティバル応援事業
【日 時】
8月10日(金)13:30~15:00
【対 象】
小学生
【講 師】
沢田妙(イラストレーター)
【定 員】
8名
【参加料】
無料
【申込み方法】
電話かFAXまたは映像文化ライブラリー1階窓口にてお申込みください。(先着順)
FAXの場合は、住所・氏名・学年・電話番号を明記し、「キッズ・アニメ教室係」までお申込みください。
FAX:082-228-0312
【締 切】
7月31日(火)まで(必着)

定員に達しましたので募集を締切りました。

お申込みいただきました個人情報は、当事業のみに使用し、それ以外の目的に使用したり、第三者に提供することはありません。
【お申込み・お問い合わせ】
広島市映像文化ライブラリー
〒730-0011 広島市中区基町3-1
電話082-223-3525 FAX082-228-0312


開館時間

・火曜日~土曜日
午前10時~午後8時
・日曜日・祝日・8月6日
午前10時~午後5時

休館日

・月曜日(8月6日、祝日は開館)
・祝日の翌日
ただし土・日・月曜日にあたるときは、直後の平日
・12月29日~1月4日

8月の休館日

 13日(月)、14日(火)
 20日(月)、27日(月)
 

page top