東区民文化センター舞台芸術促進事業

コンブリ団その10「ムイカ」再び西へ東へ


     

作・演出 はしぐちしん

出演:香川倫子、佐藤あい、はしぐちしん
    広田ゆうみ(このしたやみ)、豊島由香

舞台美術:川上明子
舞台監督:山中秀一
照明:池辺茜
音響:あなみふみ(ウイングフィールド)
宣伝美術:橋本純司
装画:中野ひかり(劇団ものありき)
制作協力:尾崎商店


8月が怖かった
夏休みのある日
何処までも何処まで青い空
遠くからプロペラ機の飛ぶ音
空を見上げる
姿は見えない
8月が怖かった
6日の登校日
図書室へ向かう廊下に展示される写真
式典中流れ続ける音楽
繰り返されるのではないかという怖れ
今年も8月6日は巡ってくる
再び、また、再び
そして怖れに立ち向かうために祈る
再び、また、再び

「ムイカ」とは、広島原爆投下の8月6日を指す。舞台は当たり前の日常を次々と映しながら、やがて原爆投下の朝のある家族の風景へとたどり着く。2010年に第17回OMS戯曲賞大賞を受賞した作品、再び。

 
     
日時
   7月28日(土)14:00/19:30
   7月29日(日)14:00

会場
  
広島市東区民文化センター・スタジオ2
 
料金
   一般 2,500円 22歳以下 1,500円 18歳以下 800円
   (前売・当日とも・全席自由・日時指定)
   *未就学児入場不可 *22歳以下、18歳以下の方は当日受付にて要証明
  
  
                            
主催
  コンブリ団
  舞台芸術制作室 無色透明
  広島市東区民文化センター

Topページへ戻る