ノートジャパンの邦楽ノート 2017年度
 
影絵と邦楽で楽しむ物語 泉鏡花『夜叉ヶ池』


 
     

泉鏡花の名作「夜叉ヶ池」の朗読に、影絵と和楽器の演奏でイメージをつけていくという作品です。
影絵は、インドネシアの影絵(ワヤン)から生まれた現代の影絵技法「ワヤン・リストリック」を応用し、下絵から切抜き・操作まで、地元の有志が協力して作ります。

4回公演 各回30分前開場 上演時間約60分(予定)

     

日 時 平成30317日(土)①14;00開演 ②17;00開演

 平成30318日(日)③14;00開演 ④17;00開演

      会 場 広島市東区民文化センター・スタジオ2 (1階)      
      料 金 前売 \1,500  当日 \1,800 (全席自由・消費税込)

     こちらからチケット予約が出来ます→ チケット予約
 
     
      出 演      
       和田 啓(音楽・監修)

幼少の頃から学んだ江戸里神楽をもとに独自の音世界を表現するアジア系ハンドドラム奏者、作曲家。1990年にバリ島に渡り、民族音楽であるガムランを学ぶ。のち、アラブ古典音楽において重要な位置を占める打楽器レク(アラビックタンバリン)をエジプト・カイロにて八二-・ペダールに師事、現在はメイン楽器として演奏している。作曲家としての近年の主な作品には2010年「現代狂言IV・コンカツ」(作・演出/南原清隆、野村万蔵ほか)2012年「朗読劇・天守物語」(演出/野村万蔵、天守夫人/松坂慶子)2013年能登演劇堂ミュージカル「たぬき御殿」(演出/原田一樹)2014年俳優座70周年記念公演第一弾「東海道四谷怪談」等がある。2009年度より船橋市文化芸術ホール芸術アドバイザー
     
       多和田さち子(台本・朗読)

学習院大学大学院人文科学研究科博士課程修了。2005年より文学作品の舞台朗読を中心に活動。2008年舞台経験者のための朗読勉強会Reading Notteを立ち上げ、作品分析や朗読技術の研鑽に努める。2009年からReading Notte公演『朗読夜会』の構成・演出・出演を重ね、2016年『朗読夜会第六夜~光は汽車の窓から~』に至る。観客参加型の試演会『ちょつと聴いてみよう』会も8回を数え、好評。『歌曲のしらべ』192730354250、音楽定食五百円也voI.21『絃・言・幻音と語り(井伏鱒二)(リーデンローズ)などにも朗読出演。ユニット詩音~うたね~、朗読サークル彩所属。朗読講座講師。広島演劇協会会員。

     
     

柳田秀潤(筝)

山田流筝曲を北垣内秀響に師事。小・中学校での邦楽観賞会や美術館コンサート、各種イベントでの演奏など、邦楽の発展と普及に意欲的な活動を行っている。筝曲宮下社秀会師範、筝曲ひびきの会所属。

     
       安達秀環(十七絃筝)

山田流筝曲を北垣内秀響に師事。NHK-FM「邦楽のひととき」に出演の他、アメリカ、アジア各地での海外公演や国内のイベントで活動している。筝曲宮下社秀会準師範、筝曲ひびきの会所属。

     
     

住田七重(篠笛)

学校・施設などへの訪問演奏、音楽ボランティアを中心に活動している。イギリス・コベントリー市他で開催された「ヒロシマ・デー」、切り絵作家・吉田路子氏の宮沢賢治作品朗読、和楽器集団ぐるーぷ“樹”等に参加。

     
     

山口香織(和太鼓)

京都・広島の太鼓センターで和太鼓や篠笛の講習を受けたことを機に、1993年 和太鼓チーム雅楽太(がらくた)を結成。地域の祭りや和太鼓フェスタ等に出演するほか、子どもたちにも指導している。現在、雅楽太の代表。

     
     

特別出演 松本泰子(ヴォーカル)

大学卒業の頃ジャズヴォーカルと出会い、伊藤君子氏に師事。1990年を境に様々な民族音楽と出会う機会に恵まれ、その中から自分の生まれ育った風土をもう一度自分の声で表現しようと、ジャンルにとらわれず日本の童歌・民謡をはじめアラブ古典、そして自らの作詞作曲によるオリジナル等も手掛ける。 201213年佐藤允彦氏による「ランドゥーガ~スリランカ公演」に参加。2014年斎藤徹氏による「オペリータ~うたをさがして」全国ツアーに参加。近年はヴォイストレーナーとしての評価も高く、ヴォーカリストのほか様々な演劇やミュージカル俳優のトレーナーを務めている。

     
     

ウェダサユリ(影絵原画・操作・フライヤーグラフィックデザイン) 

赤木奈穂子・石井忍・是貞麻里子・柴田直美・高野仁美
・日高徹郎(影絵操作)

伊藤多喜子(企画・制作)

     
      主 催・連絡先  公益財団法人広島市文化財団 東区民文化センター
        
          
Tel:082-264-5551


助 成  公益財団法人エネルギア文化・スポーツ財団

     

topページへ