企画・制作/伊藤多喜子(ノートジャパン


平成28年度公演


いま最も大切なこと・・・ 宮沢賢治が理想とした「農民芸術」の思想に思いを寄せながら、
手作りの影絵と和楽器の生音でその世界観を表現していきます。

ノートジャパンの邦楽ノート 「影絵と音で楽しむ物語」

宮沢賢治「銀河鉄道の夜」(全3話)



今年度の邦楽ノートは、宮沢賢治の名作「銀河鉄道の夜」の物語に、影絵と邦楽でイメージをつけていくという作品です。
影絵は、インドネシアの影絵(ワヤン)から生まれた現代の影絵技法「ワヤン・リストリック」を応用し、
下絵から切抜き・操作まで、地元の有志が協力して作りました。
あとは皆様の想像力を駆使して、銀河鉄道を旅していきましょう。




第1話 (終了しました)

第2話・第3話 (終了しました)