サロンコンサート 歌曲のしらべ -49-
     
     
日時

2015年6月26日(金) 開場18:30 開演19:00
 

会場

東区民文化センター・スタジオ1(小ホール)
 

構成・おはなし

松本憲治

      出演

枝松瞳(ソプラノ)、佐々木有紀(メゾ・ソプラノ)
大下さちこ(ピアノ)、橋村基子(朗読)

 

     
      ゲスト

錦織亮雄(建築家・(株)新広島設計代表)
 

     
料金

前売 1,500円 当日 1,800円

 
前売券取扱所

東区民文化センター(TEL082-264-5551)  
チケット予約はコチラから

協力

音声学講座広島実行委員会

プログラム
建築家・錦織亮雄さんとお話をしながら、歌曲を楽しみます。

●シューマンの歌曲たち
・「ミルテの花」より
1)献呈(Widmung)
2)蓮の花(Die Lotosblume)
・「女の愛と生涯」より
3)彼に会って以来(Seit ich ihn gesehen)
4)彼は誰よりも素晴らしい人(Er, der Herrlichste von allen)
5)わたしの心に、わたしの胸に(An meinem Herzen, an meiner Brust)
6)今、あなたは初めてわたしを悲しませる(Nun hast du mir den ersten Schmerz getan)


●対談「街と人・・・世界の建築、広島の建築」(仮)
/錦織亮雄・松本憲治

●ピアノ独奏
7)「子供のためのアルバム」Op.68より
 「愛らしい五月よ」「朝の散歩をする子供」、他
                  /R. シューマン

●日本の唱歌(日本の歌百選より)
8)朧月夜(大正3年)
          /作詞・高野辰之 作曲・岡野貞一

●詩人立原道造 作曲家高田三郎の歌曲
       /朗読と歌曲による構成(松本憲治/音楽)
 ・立原道造の詩篇より
詩集「暁と夕の詩」より、詩集「優しき歌」より
 ・立原道造の詩篇による高田三郎の歌曲
9)眠りの誘い 
10)夢見たものは

●現代の愛唱歌(日本の歌百選より)
 11)いつでも夢を/作詞・佐伯孝夫 作曲・吉田正


                       ※曲目は予告なく変更することがあります。

      枝松瞳(ソプラノ)
山形県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学別科修了。日本歌曲振興会第18回日本歌曲コンクール声楽部門第1位及び四家文子賞受賞。日本オペラ振興会オペラ歌手育成部29期修了。イタリアに短期学、フィレンツェで研鑽を積む。アバノ市立劇場でのコンサートに出演。新人育成オペラアンサンブル公演『イル・カンピエッロ』(ガスパリーナ)で本格デビュー。また、『魔笛』『奥様女中』『カルメン』等出演。宗教曲では、モーツァルト『レクイエム』、オルフ『カルミナ・ブラーナ』、ヘンデル『メサイア』等のソプラノソロを務める。藤原歌劇団団員。

佐々木有紀(メゾ・ソプラノ)
広島女学院中学高等学校卒業。エリザベト音楽大学3年次に飛び級し、同大学院修士課程を首席で修了。2008年度プロミシングコンサート、2011年度新進演奏家育成プロジェクトオーケストラ・シリーズにて広島交響楽団と共演。これまでオペラでは、ひろしまオペラルネッサンスにおいて『子どもと呪文』母親、中国のカップ、『イル・カンピエッロ』オルソラで出演、『カルメン』カルメン役のアンダースタディを務める。グレゴリオ聖歌やコラールの独唱、ハイドン『小オルガンミサ』、ヘンデル『メサイア』、メンデルスゾーン『エリヤ』、『ラウダ・シオン』、ブルックナー『ミサ曲第3番』、シューマン『レクイエム』など宗教曲のソリストとしても活動している。広島市在住。


大下さちこ(ピアノ)
エリザベト音楽大学器楽学科ピアノコース卒業。森脇久仁子、島岡洋子、柴田美穂の各氏に師事。PTCピアノコンクールにて、PTC最優秀賞、ベストデュオ賞などを受賞。国際セミナーにてジャック・ルヴィエ氏のマスターコースを受講。2005年、2007年、2009年、ベルリンにて日独記念演奏会に出演し、レナーテ・ファルティン女史による声楽講習会の伴奏者を務める。現在、アンサンブルを中心に演奏活動を行う傍ら、後進の指導にあたっている。合唱団かざぐるま、広島ジュニアコーラス、フェミニンコール広島、青い鳥歌唱グループ、広島レディースコーラスのピアニストを務める。


橋村基子(朗読)
大学時代よりいくつかの劇団で経験を積む。 2000年 劇団太陽を立ち上げ、解散まで代表を務める。役者として舞台に立つ傍ら脚本を書き始め、後半は演出も担当。 2007年、劇団小豆組を旗上げて以来ほとんどの作品で出演・脚本・演出をこなす。 高校の進路ガイダンスの為の寸劇脚本も執筆。 日本演出者協会 会員、日本劇作家協会 会員、乗馬ライセンス5級。


錦織亮雄(建築家・(株)新広島設計代表)
1937年広島市生まれ。建築家、日本建築家協会名誉会員。 1961年京都工芸繊維大学工芸学部建築工芸学科卒業。 1966年(有)都市建築研究所((株)新広島設計に社名変更)を設立代表となる。 1996年~2000年日本建築家協会中国支部長。 2003年~2014年広島県建築士会会長。 作品に日食広島支店(広島市優秀建築物受賞)、西区民センター(広島市優秀建築物受賞)、広島金座街アーケード(広島県景観大賞受賞)などがある。 7歳の時原子爆弾被爆。建築家として広島市の復興にかかわると共に、地域活性化のための各種の社会活動や広島からの平和発信に参加しており、まちづくりやくらしづくりに関わるコミュニティーアーキテクトとして広範囲に活動している。

松本憲治(構成・おはなし)
東京藝術大学声楽科を卒業。作・編曲家として幅広く活躍。
また、オペラの指揮・演出をはじめ、音楽・舞台芸術イベントの構成・演出、コーディネーターを手がけ、合唱指揮、音楽批評も行っている。
2005年広島文化賞を受賞。
佐伯区民文化センター「おはなしおんがく」、安芸区民文化センター「おんがくのおもちゃ箱」などを手がけている。

 
     
     
過去の会場の様子
  
     

topページへ