レクチャーコンサート クラシック

奥田 誠PRODUCE

オペラを楽しむ

中止となりました。
延期日程については、決定次第こちらで発表します。


       
     
日時

2021年9月15日(水) 開場13:15 開演14:00 

会場

東区民文化センター・ホール
 

      プロデューサー

奥田 誠

広島大学教育学部卒業。東京芸術大学音楽学部卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了。
芸大オペラ「外套」ミケーレ役でデビュー。その後「ジャンニ・スキッキ」「ドン・ジョヴァンニ」「ラ・ボエーム」「蝶々夫人」「カルメン」「椿姫」「はだしのゲン」等、数多くのオペラの主たる役を演じ好評を博す。
また「第九」や宗教曲のバリトンソロ、リサイタルをはじめとする各種演奏会への出演等、幅広い演奏活動を展開してきた。
NHK全国学校音楽コンクール、日本演奏連盟新人演奏会等の審査員、第15回国民文化祭実行委員会オペラ座長、ひろしまオペラ推進委員会委員等社会における活動も多数。広島大学名誉教授。日本演奏連盟会員。

     
       
                    「オペラを楽しむ」


「敷居が高い」と思われがちなオペラですが、ここ数年様々なメディアを通じて身近なものになりつつあります。TVコマーシャル、映画やスポーツのBGMなどから、オペラの名曲が自然と耳に入ってきています。
オペラは演ずる側にとっても、過酷ですが楽しいものです。そこでオペラをより楽しんでいただくために、上演時の裏話やトリビアなど、オペラのあれこれをお話ししたいと思います。楽しいエピソードと共に、鍛錬を繰り返した歌声によるオペラの名曲の数々をお楽しみください。


     
      出演

松岡 由希子(ソプラノ)、平福 知夏(ソプラノ)、大野内 愛(ソプラノ)
枝川 一也(テノール)、飯島 聡志(テノール)、枝川 泰子(ピアノ)



     
プログラム

   オペラ『ラ・ボエーム』より
         「冷たき手を」「私の名前はミミ」 G.プッチーニ作曲
   オペラ『トスカ』より
         「歌に生き、愛に生き」「星は光りぬ」 G.プッチーニ作曲
   オペラ『夕鶴』より「私のだいじな与ひょう」 團伊玖磨作曲
   オペラ『はだしのゲン』より「麦の歌」 保科洋作曲     他

     
松岡 由希子(ソプラノ)

広島大学教育学部教科教育学科音楽教育学専修卒業。愛知県立芸術大学大学院音楽研究科修了。イタリア留学中、ミラノにて「フィガロの結婚」にスザンナ役で出演。第25回飯塚新人音楽コンクール入選。「マイタウンオーケストラ広響in安芸区」で広島交響楽団と共演。これまでに「ヘンゼルとグレーテル」、「魔笛」、「フィガロの結婚」、「ルサルカ」、「カルメン」、「椿姫」等のオペラに出演。2018年にはミラノ・スカラ座の元首席フルート奏者ロマーノ・プッチ氏と、2019年にはプッチ氏を中心としたアンサンブル・クラシカ・トリオと共演。また最近はポーランドの歌曲に取り組んでおり、2021年3月にはショパンの「17のポーランドの歌」を全曲ポーランド語で演奏した。奥田誠、枝川一也、二神二朗、A.ダッツィ、D.クロヴェッティの各氏に師事。フェミニンコール広島・広島ジュニアコーラスヴォイストレーナー。




平福 知夏(ソプラノ)

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院音楽修士課程修了。卒業時に同声会新人賞受賞、同声会新人演奏会に出演。毎日新聞主催第79回日本音楽コンクール声楽部門入選。第22回奏楽堂本歌曲コンクール歌唱部門奨励賞受賞。第23回奏楽堂日本歌曲コンクール歌唱部門入選。日本演奏連盟主催新人オーディションに合格し、第124回日本演奏連盟推薦新人演奏会に出演。第26回広島市新人演奏会に出演し、優秀演奏者として選考され、広島プロミシングコンサートに出演。2019年8月にはMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島で行われた広島カープと読売ジャイアンツとの試合にて国歌斉唱を行う。広島国際文化財団中村音楽奨学生。あきクラシックコンサート実行委員会副会長。ヤマノミュージックサロン広島声楽コース講師。NHK文化センター講師。広島文化学園大学学芸学部音楽学科非常勤講師。これまでに奥田誠、佐藤ひさら、故平野忠彦の各氏に師事。



大野内 愛(ソプラノ)

広島大学教育学部音楽文化系コース卒業、同大学院教育学研究科博士課程前期修了、博士課程後期単位取得退学後、博士(教育学)取得。枝川一也、奥田誠、市村公子の各氏に師事。第27回飯塚新人音楽コンクール入選、第10回さくらぴあ新人コンクール第2位、第14回KOBE国際学生音楽コンクール優秀賞(第2位)などを受賞。文化庁委託事業「新進演奏家育成プロジェクト・オーケストラシリーズ第12回広島」、「2014マイタウンオーケストラ広響in安芸区」にて広島交響楽団と共演。オペラでは「ジャンニ・スキッキ」ラウレッタ、「コジ・ファン・トゥッテ」ドラベッラ、「椿姫」フローラ、「ヘンゼルとグレーテル」ヘンゼル・グレーテル、「魔笛」ダーメⅡ、「領事」秘書などに出演。2014年にリサイタルを開いたほか、第九やバッハのカンタータのソリストを務めるなど、さまざまな演奏会に出演。あきクラシックコンサート実行委員会委員。広島大学大学院准教授。東広島市在住。



枝川 一也(テノール)

東京芸術大学卒業。同大学院独唱科修了。イタリア・ミラノ留学。渡邊高之助、佐藤幹一、G.プランデッリ、D.E.エルベルディングの各氏に師事。「芸大メサイア」でデビュー。芸大「安宅賞」受賞。「第九」「マタイ受難曲」などのソリストの他、オペラでは「ドン・ジョヴァンニ」「コシ・ファン・トゥッテ」「魔笛」「夢遊病の女」「シャムニーのリンダ」「ラ・ボエーム」「蝶々夫人」「ジャンニ・スキッキ」「椿姫」「仮面舞踏会」「アイーダ」「カルメン」「こうもり」など、約50作品の主たる役を内外で演ずる。広島大学大学院教育学研究科教授。グループなーベ会員。






飯島 聡志(テノール)

広島大学教育学部音楽文化系コース卒業。広島大学大学院教育学研究科音楽文化教育学専修修了。広島市立大学大学院情報科学研究科博士課程単位取得退学。多くのオペラやコンサートへ出演、コンサートの企画も多く手掛ける。声楽を、奥田誠、枝川一也、折江忠道、故・松永美三子の各氏に師事。安田学園安田小学校教諭。広島アーティスト協会会員。あきクラシックコンサート実行委員会委員。博士(情報科学)。







枝川 泰子(ピアノ)

広島大学教育学部音楽科卒業。同大学院教育学研究科修了。ピアノを多田耕基、草間眞知子、伴奏法を小梶由美子の各氏に師事。RCC「第九ひろしま」のピアニストを務めるほか、オペラの練習ピアニストとして、ひろしまオペラルネッサンス公演「ラ・ボエーム」「こうもり」「蝶々夫人」「魔笛」「修道女アンジェリカ」「ジャンニ・スキッキ」「フィガロの結婚」「カルメン」「ドン・ジョヴァンニ」「イル・カンピエッロ」「コジ・ファン・トゥッテ」「イドメネオ」「松風」などの制作に携わる。広島文教大学非常勤講師。




     

topページへ