朗読会「さがして います」 今、私たちは何を。。。

※2/20開催分は中止いたします。

著名作品から広島の物語まで…奥深い「声」の世界


 
       
広島で活躍する劇団による朗読舞台を通して、普段の読書では味わえない文学作品の魅力を探求します。前半は参加する団体が選んだ作品を上演し、後半は広島在住の詩人アーサー・ビナードの作品「さがしています」を朗読します。
     
      出演団体紹介
声優カンパニー

広島声優カンパニーは、「広島から、長く活躍出来る声優を生み出す」事を目的に、2017年4月より活動している声優グループです。少数精鋭で規模は小さいですが、代表が様々な組織の声優講師を30年以上続けている事もあり、しっかりとしたノウハウが身につけられます。又、東京の多くの声優プロダクションとも繋りがあり、最新の声優界の情報も網羅しています。今回は学習している内容の一部である「マイクワーク」をお見せ出来るかと思います。 マイクワークとは、入れ替わり立ち代わりマイク前に来たり離れたりする動きで、声優のアフレコ現場では当たり前に行われてる動きです。普段は目にする機会がほぼ無いアフレコの雰囲気を、少しでも味わっていただければと思います。

テアトル広島

1965年4月『RCCドラマグループ』として発足。88年11月中国放送より独立後、『劇団テアトル広島』と改称。老舗劇団として広島の演劇界を牽引し続け、本年で創立58年目。「ささやかではあっても 美しい演劇の華を この広島の地に咲かせたい せめて・・・その芽なりとも育てたい」という創立者岩崎徹の意志を継ぎ、その教えと精神を基に、戯曲の文学性・芸術性を大切に、広島の地に根ざした、大人から子供まで全ての年齢層の観客に楽しんでもらえる「本物の芝居創り」を目指し、公演に関わる全ての仕事を、劇団員の総力を合わせて取り組んでいる。1回の自主公演を主軸に、依頼を受けての移動公演の他、こども文化科学館「子供劇場」としてオリジナル作品の上演は現在も続いている。(発足以来の通算公演回数は2022年2月現在194回)

劇団 Tempa

広島を拠点とする劇団。20114月、旗揚げ。春と秋、年に2回の公演を基盤に活動をスタートする。活動拠点は「広島市東区民文化センター」。 座付き作家によるオリジナル作品を上演するほか、既成作品の上演、県外ツアー、映画館での上演、小学校での公演など、少しずつ、新しいことに挑戦しながら公演を重ねている。また、親子で観劇できる演劇公演やワークショップを開催、FMはつかいちで演劇に特化した冠番組「劇団Tempaのゲキラジ!」を毎週放送するなど、広島での演劇の普及活動にも力を入れている。人と人との繋がり、心のやり取りを大事にした芝居作りを心がける。演じる人も観る人も「心が震える芝居」をその場にいるお客さんと一緒に作り上げることをモットーとし、「生で目の前で起きる非日常」を楽しんでもらえる作品を生み出していく。

     
      日時・内容・会場
  日時:2022年2月20日(日) ① 10:30開演 ②14:00開演
  会場:東区民文化センター・スタジオ1


     
入場料
  各回 前売500円(当日800円)

  
  事前にご予約いただき当日精算の場合は前売料金での取り扱いとさせていただきます。

  

      主催・問い合わせ
  広島市東区民文化センター 電話:082-264-5551 電子メール:higashi-cs@cf.city.hiroshima.jp
     
      ご来場のお客様へのお願い
●マスクのご着用および咳エチケットにご協力をお願いいたします。マスクを着用されていないお客様はご入場をお断りする場合がございます。
●新型コロナウイルス感染症の関連でコンサートの中止や延期する場合があり、その際はチケット代金の払い戻し等をいたします。
●公演のご参加にあたり、氏名や連絡先を確認いたします。新型コロナウイルス感染症の感染発生が疑われる場合には、これらの情報が保健所等の公的機関へ提供されることがあります。
●未就学児のお子様のご入場はお断りしております。※新型コロナウイルス感染症予防のため、3密になるホール親子室の利用はできません。
入場制限
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下に該当するお客様のご来場はお控えください。(チケットを購入済みの方は払戻しいたします。)
●37.5度以上の発熱や風邪症状があるお客様(入場時に検温いたします)咳、倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、目の痛みや充血、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐
●新型コロナウイルス感染症陽性とされた人との濃厚接触があるお客様
●過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触があるお客様
     

トップページへ戻る