トピックス

重要なお知らせの最近の記事

サーバーメンテナンスに伴うサービス停止のお知らせ(平成28年12月28日(水)22:00 ~ 12月29日(木)8:00)

重要なお知らせ
2016年12月22日

下記の日時において、サーバーのメンテナンスを行います。

ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

なお、メンテナンス時間帯にメールを送受信することができません。

日時 : 平成28年12月28日(水)22:00 ~ 12月29日(木)8:00

作業内容 : メールサーバが稼働しているストレージ装置の入れ替え

公演中止のお知らせ

トピックス
2015年11月 8日

公演中止のお知らせ

 

11月19日(木)・20日(金)に公演を予定しておりました

南区民文化センター演劇活性化事業「劇×魂」PROJECT Fe『ぜんまい』につきまして

出演者の都合により急遽公演を中止させていただくこととなりました。

 

ご来場を楽しみにしていらっしゃったお客様には、

大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

 

ご購入いただきましたチケットにつきましては、南区民文化センターにて払い戻しをさせていただきます。

現在お持ちのチケットは、払い戻しの際に必要となりますので、必ずお手元にお持ちください。

指定管理者の指定について

重要なお知らせ
2015年4月 1日

平成27年4月1日より、南区民文化センターの指定管理者に、(公財)広島市文化財団が引き続いて指定されました。

 

1 施設の概要

(1) 施設名及び所在地

  広島市南区民文化センター

  広島市南区比治山本町16番27号

(2) 設置目的

  市民に各種の地域活動と文化活動の場を提供し、もって地域連帯意識の高揚と地域文化の振興を図る。

(3) 管理の基準

ア 休館日

() 月曜日(その日が8月6日に当たるときは、その日を除く。)

  ただし、月曜日が国民の祝日に関する法律に規定する休日に当たるときは、その直後の休日でない日

※平成23年度から休日及び、休日直後の休日で無い日は開館とする。

() 12月29日から翌年1月3日まで

イ 開館時間

午前9時から午後9時まで

 

2 指定管理者

 (1) 名称(所在地)

   公益財団法人広島市文化財団(広島市中区加古町4番17号)

 (2) 指定期間

   平成27年4月1日~平成32年3月31日

 

3 事業概要等

 (1) 業務内容の概要

ア 区民文化センターの使用許可に関すること。

イ 区民文化センターへの入館の制限に関すること。

ウ 区民文化センターの特別設備の設置の許可に関すること。

エ 区民文化センターの建物及び設備の維持管理に関すること。

オ その他市長が定める業務

 (2) 主な市民サービスの向上の内容

  ア 利用料金の値下げ
    大広間を一般活動で3時間使用する場合の利用料を4,620円から4,440円に値下げ。

       (支払日が10月1日以降の適用となります)

  イ 附属設備の無料化

    [ホール]

    現行:コントラバス椅子100円/1区分 ⇒ 無料

    [音楽室]

    現行:電子オルガン630円/3時間 ⇒ 無料

    現行:ステレオ装置630円/3時間 ⇒ 無料

  ウ 優先利用の取扱い

    ①受付拒否期間の優先使用の追加

     従来の公的行事や全国大会などの他に、当センターを全施設使用する事業について、優先使用が可能(商業活動を除く)。

     (ただし全施設使用という条件を欠くキャンセルはお受けできませんのでご注意ください)

    ②受付拒否期間の連続優先使用の取扱い

     商業活動での連続優先使用が可能。

     (「連続優先使用」とは、仕込み、リハーサル、本番と複数日連続して会場を確保しなければ事業の実施が困難である場合に、

      1年前応答日から先の日程を連続して一括予約することができる特例です。これまでは一般活動に限られていました)

 

 

(指定管理者制度の概要等については広島市ホームページに掲載されています。)

施設利用の取扱い変更のお知らせ

トピックス
2015年4月 1日

平成27年(2015年)4月1日

 

南区民文化センター 施設利用の取扱い変更のお知らせ

 

 平成27年4月1日より、南区民文化センターの指定管理者に、(公財)広島市文化財団が引き続いて指定されました。

 センターの運営を適切に行いつつ、お客様の利便性の向上を図る観点から、市と協議を行い施設利用についての取扱いを改正し、4月1日(一部除く)から実施します。

 取扱いについての主な改正点は次のとおりです。

 

1 利用料金の割引、又は無料化

 次の施設・附属設備料金を値下げ又は無料とします。

 

①施設の利用料金を値下げします。

 〔大広間〕(一般活動の場合)

 現行:4,620円(3時間) ⇒ 4,440円(3時間)

 お支払日が10月1日以降の適用となります。

 

②附属設備の利用料金を無料とします。

 〔ホール〕

 現行:コントラバス椅子100円(1区分) ⇒ 無料

 

 〔音楽室〕

 現行:電子オルガン630円(1区分) ⇒ 無料

 現行:ステレオ装置630円(1区分) ⇒ 無料

 

2 優先使用の取扱いの変更

 ①優先使用の特例の追加

  従来の公的行事や全国大会などの他に、新たに当センターを全施設使用する事業については、優先使用が可能(商業活動を除く)となりました。ただし、全施設使用を満たさないキャンセルはできませんのでご注意ください。手続きには、1年前応答日の1か月前までに所定の申請書の提出が必要です。

 

 ②連続使用する場合の優先使用の取扱い

 「連続使用の優先使用」は、仕込み、リハーサル、本番(1日~複数日)、と連続して会場を確保しないと公演が実施できないため、1年前応答日に連続して一括予約ができる特例です。これまでは商業公演については適用されなかったので、全国ツアーなどの公演が開催されにくい状況を解消するため商業活動も連続使用が可能となりました。(ホール、スタジオ、ロビー・ギャラリー)

サーバーメンテナンスのお知らせ(平成27年3月23日(月)午後10時~24日(火)午前1時)

トピックス
2015年3月12日

下記の日時において、サーバーのメンテナンスを行います。

ご迷惑をおかけして誠に申し訳ありません。

なお、メンテナンス作業中はWEBサイトからの施設予約がご利用いただけませんので、ご注意ください。

日時:平成27年3月23日(月)午後10時~24日(火)午前1時

作業内容:WEBサーバープログラムの脆弱性に対応するためのバージョンアップ

8.20豪雨災害による被害のお見舞いを申し上げます。

トピックス
2014年8月31日

広島市8.20豪雨災害によりお亡くなりになられた方々に、心からご冥福をお祈りいたします。

また、被害を受けられた多くの方々には、心からお見舞い申し上げます。

南区民文化センターでは、義援金のための募金箱を設置させていただいております。

皆様のご協力をお願いいたします。

財団法人広島市未来都市創造財団は、「公益財団法人広島市文化財団」に名称を変更しました。

トピックス
2014年4月 1日

財団法人広島市未来都市創造財団は、平成26年4月1日付けで公益財団法人へ移行するとともに、名称を「公益財団法人広島市文化財団」に変更しました。

『ひろしま公共施設予約サービス』が新しくなります

トピックス
2014年3月25日

空室状況を確認する『ひろしま公共施設予約サービス』が新しくなります!

平成26年4月1日以降は新システム(https://yoyaku.e-harp.jp/hiroshima)をご利用ください。

※新システムでご利用いただけるのは、現行と同じく空室状況の確認のみとなります。

新システムへの移行準備のため、3月26日~3月27日は利用を停止したり、未確定な情報の提示となることがあります。

この間は直接ご来館いただくか、電話にてお問い合わせください。

広島市のホームページでもご案内していますので、ご確認ください。

 

ひろしま公共施設予約サービス更新のためのインターネット予約サービスの利用停止期間等について

詳しくはコチラ 260324_ver3.doc をご覧ください。

利用料金の改定について

トピックス
2014年3月 4日

※ 重要 ※

消費税率の変更に伴い平成26年4月1日より利用料金を改定いたします。

4月1日以降のご利用分については新料金の適用となります。

詳細については、下記の施設利用料金表(平成26年4月1日以降の利用)及びホール附属設備料金表(平成26年4月1日以降の利用)をご覧ください。

また、4月以降のご利用分についての使用許可申請のお支払いは、4月1日以降にお願いいたします。

なお、すでにお支払いが済んでいる方は、4月1日以降に新料金との差額分のお支払いが必要となりますので、お手数をおかけしますが手続きをお願いいたします。

・3月31日までの利用分料金表 → 

・4月1日以降の利用分料金表

 ↓

施設利用料金表

ホール附属設備料金表

請求書の発行について

重要なお知らせ
2013年11月10日

平成26年4月1日以降のご利用分については、
消費増税に伴う料金改定の可能性があるため、
請求書の発行を停止しております。
ご了承ください。

南区民文化センター施設利用の取扱い変更のお知らせ

トピックス
2011年4月 2日

平成23(2011年)41日 

 

 

南区民文化センター施設利用の取扱い変更のお知らせ

 

 

 平成2241日より、広島市南区民文化センターの指定管理者に指定された(財)広島市文化財団は、平成2341日に、(財)広島市ひと・まちネットワーク及び(財)広島勤労者職業福祉センターと合併し、名称を「(財)広島市未来都市創造財団」に変更しました。当財団は、館の運営を適切に行いつつ、できるだけお客様の利便性の向上を図る観点から、市と協議を行い施設利用についての取扱いを改正し、平成224月1日(一部除く)から実施しています。

取扱いについての主な改正点は次のとおりです。

 

 

1 開館日の拡大

平成2341日以降の休館日(月曜日)が祝日にあたった場合の振替休館日を撤廃しました。(平成22年度から受付け。

 

2 休館日の開館

ホールを使用する事業(一体として使用する場合の諸室を含む)で、該当日でなければ事業の実施が困難と認められる場合(休館日が団体の記念日にあたる場合等)は開館し、ご利用いただけます。ただし、使用日の2か月前までに申込んだ場合に限ります。

 

3 連続で施設を使用できる日数の延長

従来、施設を連続で使用できるのは文化活動の発表を目的とした展示会等のロビーを除き、3日(準備・撤去で5日)が限度でしたが、使用前6か月未満に受付けるものについては、連続7日(準備・撤去で9日)までご利用いただけます。

 

4 使用当日の会場変更

使用当日に定員より多くの人数が集まった等、やむを得ない理由により使用会場を変更する場合、追加の料金のみでご利用いただけます。(返還はできません。)

 

5 利用料金の割引、又は値下げ

次の施設・附属設備料金を割引き又は値下げします。

① ホール使用日の2か月未満に受付けを行った場合の利用料金を3分の2の額とします。ただし、すでに予約済又は使用許可済のものからの変更はできません。

 

② 施設の利用料金を値下げします。

大広間(一般活動の場合)

3時間まで) 

現行:5,400円 ⇒ 4,500

3時間を超える1時間までごとに)

現行:1,800円 ⇒ 1,500

   備考 商業活動のために使用する場合の金額は、この表により算定した額の1.5倍の額とする。

 

③ 附属設備の利用料金を値下げします。

〔ホール〕

 1区分)

現行:35ミリ映写機4,200円 ⇒ 2,100

現行:16ミリ映写機3,150円 ⇒ 1,560

現行:スライド映写機2,100円 ⇒ 1,050

(超過金額(30分までごとに))

現行:35ミリ映写機700円 ⇒ 350

現行:16ミリ映写機515円 ⇒ 255

現行:スライド映写機350円 ⇒ 175

 

〔スタジオ〕

 (3時間まで)

現行:16ミリ映写機1,560円 ⇒ 780

3時間を超える1時間までごとに)

現行:16ミリ映写機510円 ⇒ 255

 

〔大会議室〕

 3時間まで)

現行:カセットデッキ、プレーヤー各300円 ⇒ 一式300

現行:ビデオレコーダー、教材提示装置各620円 ⇒ 一式620

3時間を超える1時間までごとに)

現行:カセットデッキ、プレーヤー各100円 ⇒ 一式100

現行:ビデオレコーダー、教材提示装置各200円 ⇒ 一式200

備考 ビデオレコーダー及び教材提示装置、カセットデッキ及びプレーヤーを同時に使用する場合は、それぞれの金額を2分の1とする。

 

6 連続使用する場合の優先使用の取扱い (平成2271日から適用。)

「連続使用の優先使用」は、仕込み、リハーサル、本番(1日~複数日)、と連続して会場を確保しないと公演が実施できないため、1年前応答日に連続して一括予約ができる特例(商業活動を除く)です。しかし、単独日使用の希望者が「予約待ち」していても、競合する連続使用希望者の方が優先されるケースが出てくることがまれにありました。この問題を解消するため、予約待ちをしていることが明白な場合は、予約待ちの方を優先する取扱いに改正します。(ホール、スタジオ、ロビー)

 

7 優先使用の取扱い (平成2271日から適用。)

従来の公的行事や全国大会などの他に、新たに当センターを毎年恒例(5年以上)で使われたと認められる全国巡回公演又はホールを長期連続(3日以上)して使用する事業については、優先使用が可能(商業活動を除く)となりました。ただし、長期連続で許可したものは、3日以上の条件を満たさないキャンセルはできませんのでご注意ください。手続きには、1年前応当日の1か月前までに所定の申請書の提出が必要です。

 

8 利用料金の返還について【平成2341日以降の使用分から適用します。】

ホールの使用に係る利用料金の返還基準

現行 :使用日の1週間前までの取消・変更は全額返還する。

変更後:使用日の2か月前までの取消・変更は全額返還する。

 

現行 :使用日の前日までの取消・変更は半額返還する。

変更後:使用日の1か月前までの取消・変更は半額返還する。

 

休館日変更のおしらせ

重要なお知らせ
2011年4月 1日

4月1日から、月曜日が休日に当たるときの翌日。当該翌日が休日に当たるときは、さらにその翌日を振り替えで休館しておりましたが、開館いたします。


▼平成23年4月1日からの休館日

月曜日(但し、祝日にあたる場合及び8月6日にあたるときは開館)
12月29日~1月3日

(財)広島市文化財団は、(財)広島市未来都市創造財団となりました

重要なお知らせ
2011年4月 1日

(財)広島市文化財団は、平成23年4月1日に、(財)広島市ひと・まちネットワーク及び(財)広島勤労者職業福祉センターと合併し、名称を「(財)広島市未来都市創造財団」に変更しました。

施設利用申し込みの徹夜待機をしないために

重要なお知らせ
2010年4月 1日

現在、施設の利用申し込みの順番確保のために数日前から待機され、閉館後も深夜・早朝にわたり待機される場合があります

待機者の安全確保及び近隣トラブルの未然防止のため、閉館時間(午後9時から午前9時及び休館日)は待機しないよう、取り扱いを改めます。

具体的には、当館の閉館時(午後9時)に待機している方に、待機確認書をご記入のうえ確認票をお持ち帰りいただきます。翌開館日の午前8時55分に確認票を返却し、指定場所で再待機をしていただきます。(8時50分に待機者の確認を行いますので、確認票を持って閉館時待機場所でお待ちください。)

皆様のご協力をよろしくお願いします。

詳細な手続きは受付にお問い合わせ下さい。

yakan_taiki_271212.jpg

« トピックス | メインページ
広島市南区民文化センター 〒732-0816 広島県広島市南区比治山本町16番27号(広島産業文化センター 2階・3階)
TEL 082-251-4120 FAX 082-256-8811 お問い合わせメール

施設概要交通アクセス利用料金催し物案内主催事業利用ガイド施設予約状況文化サークル情報リンク集
サイトマッププライバシーポリシー

Copyright© Minami Ward Community Cultural Center. All rights reserved.