コンテンツ欄が表示されない場合はこちらから新しいページを開いてください。トップページに移動します。 


特別掲載「美味しいバウムクーヘンの作り方」


平成24(2012)年4月、似島臨海少年自然の家にお菓子作りで有名なJUCHHEIM(ユーハイム)からMeister(マイスター)の方が、
来られ、似島臨海少年自然の家で、実際にバウムクーヘンを生地作りから焼き上げまでを行われました。
Meister(マイスター)が作るバウムクーヘンは、似島臨海少年自然の家での作り方と、若干異なり、細部にわたるまで、伝統の技術
が活かされています。
その、素晴らしい技とともに、美味しいバウムクーヘンの作り方を教えてくださいました。

☆ 『Meister(マイスター)』とは ☆
 ドイツではマイスター制度というものがあります。。
 『その道のプロ』として職人(ゲゼレ)の資格を取得し、さらにその分野で十分な経験を積み、一流の技術を磨くことはもちろん、
一方では『その道の後身の指導』を行います

これは今を遡ること、まだヨーロッパが十字軍遠征を行っている頃、早くも11世紀後半から続いている伝統なのです。

その厳しい試験に合格してはじめて『マイスター称号』が与えられるのです。
ですので、最近マイスターという言葉がはやっていますが、本当の意味でのマイスターはドイツにて修行し、取得できるとても厳しいものなのです。



  

 カール・ユーハイム(左)と妻:エリーゼ(右)

 ☆ JUCHHEIM GROUP 参照

【このページの内容】
 1 JUCHHEIM(ユーハイム)と似島
 2 おいしいバウムクーヘンの作り方
 3 「おいしいバウムクーヘンの作り方」レシピ

 JUCHHEIM(ユーハイム)と似島

 広島市の似島臨海少年自然の家では、バウムクーヘンづくりを平和学習の一環として行ってきました。
 似島とバウムクーヘンの関係を知る人は意外に少ないようです。
 昔、ドイツの租借地だった中国のチンタオ(青島)で、カール・ユーハイムはドイツ人相手にケーキを焼いていました。
 第一次世界大戦でドイツに宣戦布告した日本は、チンタオ(青島)を1914(大正3)年11月に陥落させます。
 当時、結婚したばかりのカール・ユーハイム(妻:エリーゼ)多くの俘虜(捕虜)と一緒に日本へ連行されました。
 
1917(大正6)年2月、大阪の収容所の閉鎖に伴って、カール・ユーハイムは似島に移されます。
 似島には、検疫所があり第二検疫所(現:自然の家)の一部が俘虜(捕虜)収容所として指定されました。
 開設当初の似島の俘虜(捕虜)収容所の人数は、五百四十名あまりで、広さは一万六千平方メートルほどでした。
 俘虜(捕虜)というと、拷問などを連想される人も多いですが、当時の日本は国際条約にのっとり、俘虜(捕虜)の扱いは、
 比較的寛大だったようです。実際、給金があったり、演劇、音楽、新聞の発行、パン作り等が行われました。
 
1918(大正7)年11月、ドイツ軍が降伏したことにより、カール・ユーハイムたちは一層の自由が与えられました。
 
1919(大正8)年1月には、捕虜チームと広島高等師範の学生とのサッカー試合も行われました。
 そのような中で、ユーハイムはバウムクーヘンを焼いていたのですが、ユーハイムが特に活躍したのが、
 
1919(大正8)年3月4日から広島県物産陳列館(現:原爆ドーム)での独人俘虜製作品展覧会でした。
 初日の入場者数は7,395人を数え、その後も押すな押すなの大盛況が続いたそうです。
 当時の書物によると、工芸品、絵画、サンドウィッチやコーヒーなどという、当時としては、まだ珍しいものが並び、
 多くの市民をヨーロッパに行った気分にさせてくれたそうです。
 中でも、菓子は、初日だけで百五十円を売り上げ、一番の人気商品でした。
 当時の様子を中国新聞では、「その売り場の前は、場内一の雑踏で三人の捕虜の係員は目の回る忙しさ。しかも写真班
 を連れて行くと『ここ撮してください』と…」と紹介されています。
 カール・ユーハイムが作ったバウムクーヘンが最初に出会った出来事とされています。

 
※ 1919(大正8)年3月4日に日本人が初めてバウムクーヘンを味わったので、3月4日は「バウムクーヘンの日」と
   呼ばれています。現在JUCHHEIM GROUPでは3月4日にイベントが行われています。


似島ドイツ人俘虜収容所 カール・ユーハイム
こちら こちら

似島陸軍第二検疫(消毒)所に併設された、ドイツ人俘虜(捕虜)収容所については、
上記リンクからご覧ください。

 美味しいバウムクーヘンの作り方


美味しいバウムクーヘンの作り方

1 材 料(8人分)

薄力粉

150g

小麦粉デンプン※コーンスターチでも可

150g

砂糖
※グラニュー糖

300g

バター

300g


※Lサイズ

12個

 

 

 

2 用 具(1グループ)

ボウル
25cm30cm

3

泡立て器

2

おたま 

1個

ゴムべら
※しゃもじでも可

1本

包丁 

1個

まな板

1枚

取り皿

 3枚

コンロ

竹の棒
1.5m程度

1本

(炭)

(4kg〜6kg)

3 生地のつくりかた

 (1) ボウルを3つ〔(1)(2)(3)〕用意し、白身(1)と黄身(2)をわける。
   ※ 白身に黄身が混じると、泡立ちにくくなるので注意する。

 (2) ボウル(3)に薄力粉を半分(75g程度)入れる。

    ※ 「ふるい」をつかって薄力粉はふるっておくと馴染みがよい。

  (3) ボウル(3)にバターを入れ、泡立て器でしっかりまぜる。

 (4) ボウル(3)に黄身(1)のを少しずつ入れながら、泡立て器でしっかりまぜる。

 (5) ボウル(3)に小麦粉でんぷんを入れて、しっかりまぜる。

   ※ 「ふるい」をつかって、小麦粉でんぷんはふるっておくとなじみがよい。


    
   ※ マヨネーズの堅さになるくらいまでしっかりとまぜる。
  ※ 生地が硬い場合は、コンロで温めるなどして、少しゆるくする。

    

 (6) 白身の入ったボウル(1)にグラニュー糖を入れ、もう一本の泡立て器でメレンゲをつくる。
    ※ 上白糖だと不純物が多いので泡立ちにくい。
    ※ 泡立て器はきれいなものをつかう。バターなどの油がついていると泡立ちにくい。
    ※ メレンゲは泡立て器ですくってぴんとつのがたつくらいまで行う。

       

 (7) メレンゲができたら、ボウル(3)に残った薄力粉を入れてしっかりまぜる。


      

 (8) ボウル(3)にメレンゲ(2)をいれて、さっくりとまぜる。

      

4 焼き方

 (1) 竹の棒にアルミホイルをしっかりとまく。

      

 (2) 剥がれないようにアルミホイルの継ぎ目に生地をぬり、のり代わりにする。

      

 (3) アルミ箔を巻いた竹の棒をコンロであぶり、のり代わりの生地を貼り付ける。

       

※ 生地はコンロに近いところに置き、生地がつややかでさらさらな状態にしておく。

 (4) 生地をたっぷりと竹の棒に塗る。

    


 (5) 生地がたれないように、竹の棒を回しながらコンロの火で焼く。

    


  ※ 生地が乾くまでは、生地が飛び散らない程度に速くまわすことで、ひだができる。

   ※ 生地が乾いたら、ゆっくりとまわして、全体がきつね色になるようにまんべんなく焼く。

   ※ 途中で、生地がふくらんで生地と生地の間に隙間ができたら、串で穴を開け、
    手で軽く押さえて隙間を埋める。


 (6) (5)を繰り返し、生地がなくなるまで焼く。

 (7) できあがり

      


5 外し方
 (1) 両端(アルミホイルが巻いてあるところまで)を切り落とす。

    


 (2) 竹の棒の細い方に向かってスライドさせて、バウムクーヘンを抜く。

      

 (3) バウムクーヘンを生地から抜いたら、アルミ箔を外す。

    


 (4) 切り分ける。

      

 



 【ご注意】

似島臨海少年自然の家では主催事業及び特別な事業以外では、
現在、学校及び一般対象のバウムクーヘン作り体験では、
上記の方法で製作していません。ご了承ください。

但し、材料持ち込みの上、指導してほしい等の希望がある場合、
電話にて、お問い合わせ下さい。


 「美味しいバウムクーヘンの作り方」レシピ


 「美味しいバウムクーヘンの作り方」(PDF)
 
※ 新しいウインドウが開きます。

※ PDFを閲覧するには、アクロバットリーダーが必要です。



 

 

 

TOP PAGE