コンテンツ欄が表示されない場合はこちらから新しいページを開いてください。トップページに移動します。


平和学習の活動例T


似島臨海少年自然の家では、無償で職員による「平和学習」を行っています。(要予約)
平和学習における活動の様子をここでは紹介していきます。
平和学習を実施する際の参考にしてください。
なお、修学旅行等による平和学習実施の計画例をこちらに掲載していますので、あわせてご覧ください。

 ○ 「平和学習の活動例U」(プレゼンテーション&慰霊碑参拝)についてはこちら

 
 平和学習T(プレゼンテーション&遺構巡り)
   平和学習実施における、通常コースになります。

 プレゼンテーションは…
 
@ 小学生向きの短縮版(60〜80分)
 
A 中学生以上向きの短縮版(60〜80分)
 
B 中学生以上の通常版(80〜100分)
 があります。

 遺構巡りは…
 
○ 自然の家周辺にある遺構を巡ります。(60〜75分)
 
   
@    「プレゼンテーションソフトを使った学習」
 〈ぷれぜんてーしょんそふとをつかったがくしゅう〉


 @ 似島について
 A 似島の遺構の紹介
 B 似島検疫所(消毒所)について
 C 太平洋戦争
 D 特別攻撃隊
 E 原子爆弾投下(広島)について
 F 原子爆弾投下後の似島
 G 戦後の似島
 H 終戦後の原子爆弾被害と被爆者の苦労
 等について学習していきます。
 なお、通常版においては、「似島独逸人俘虜収容所」
 (第一次世界大戦時)についても触れていきます。
 
A    プレゼンテーションの学習後、休憩を約10分程度とり、
 体育棟玄関前(つどいの広場)に集合します。

 1グループ15人程度が望ましいですが、
 職員1人あたり30人程度までは対応できます。

 児童・生徒数の多い学校の場合は、1クラスに職員1人
 で対応しますので、よろしくお願いします。

 なお、複数グループでの遺構巡りの場合、グループに
 よっては、コースが入れ替わりますのでご了承ください。
B    「似島陸陸軍検疫所跡」
 〈にのしまりくぐんけんえきしょあと〉


 生活棟裏(多目的広場側)にある、
 「似島陸軍検疫所跡」の碑です。

 似島臨海少年自然の家(似島臨海公園)が検疫所で
 あったことを示す碑を見学します。
C    「防空壕跡」(7カ所)
 〈ぼうくうごうあと〉


 「防空壕跡」は、自然の家の家入口道路向いに
 あります。
 空襲警報が発令された時に、この横穴に避難します。
 原子爆弾投下時、第二検疫所は臨時野戦病院と
 なります。
 その際、この防空壕も使用されました。

 確認できるだけで、7つの防空壕があります。

 現在は、安全のため、コンクリートで蓋がしてあります。
D     「軍用桟橋」(第一・第二・第三)
 〈ぐんようさんばし〉


 「軍用桟橋」は似島臨海少年自然の家の海水プール
 道路向かいにあります。

 「軍用桟橋」は似島陸軍検疫所時代に作られた
 ものです。
 古い桟橋は明治時代に作られ、2つ現存しています。
 新しい桟橋は、昭和に入って増設されたものです。

 兵士達がここから、上陸したり、復員していきました。

 現在は、カキ打ち等に利用されています。
E      「宇品線のプラットホームの一部」
 〈うじなせんのぷらっとほうむのいちぶ〉


 「宇品線のプラットホームの一部」は似島臨海少年
 自然の家に隣接する、平和養老館前にあります。
 
 戦時中、兵士達を広島駅から宇品港まで送るために
 つくられた「宇品線」のプラットホームの一部です。

 地元の方が、一部を移設されました。

 プラットホームの側には、説明版も設置してあります。
F     「トロッコレール」
 〈とろっこれいる〉


 「トロッコレール」のレールは、上記の「宇品線プラット
 ホーム跡」の裏側にあります。

 検疫所内及び、第一検疫所跡地の弾薬庫に敷かれて
 いたトロッコレールの一部です。

 車輪のついた荷台等に物資を載せて、搬入搬出を行って
 いました。
G     「原爆被爆者診療の地」
 〈げんばくひばくしゃしんりょうのち〉


 「原爆被爆者診療の地」の碑は、平和養老館前に
 あります。

 旧暁6165部隊であった、軍医であった西村幸之助
 さんや同部隊の隊員が自費で設置されたものです。

 十分な治療を受けることができないまま亡くなっていった
 多くの被爆者の霊を弔いために作られました。
H     「平和記念地蔵尊」
 〈へいわきねんじぞうそん〉


 「平和祈念地蔵尊」は平和養老館前にあります。
 大きい像のため、通行する際は目にとまると思います。

 平和を祈念し建てられました。
I     「検疫所時代の送水管」
 〈けんえきしょじだいのそうすいかん〉


 似島臨海公園内のアスレチック場の側にあります。

 井戸から水をくみ上げ、この送水管で高架水槽にまで、
 水を送っていました。

 現在は、上水が通っているため、使用されていません。

 また、似島臨海公園を取り囲む堀の中でも、
 このあたりの堀は、明治時代に作られた堀を
 そのまま現在も雨水の排水のために使っています。
J      「馬匹焼却炉」
 〈ばひつしょうきゃくろ〉


 「馬匹(ばひつ)焼却炉」は、似島臨海公園内の
 アスレチック場そばにあります。

 軍馬の検査をするために設置された馬匹検疫所にて、
 使用されていました。

 戦後、この焼却炉から多くの被爆者の人骨がでてきました。
 保存のため、「馬匹焼却炉」の一部を似島臨海公園内に
 移設したものです。
 
K     「第二検疫所の井戸」
 〈だいにけんえきしょのいど〉


 「第二検疫所の井戸」は、炊飯場北側にあります。

 戦後、平和養老館へ水を供給するために残された
 数少ない検疫所時代のものです。

 これらの井戸の水は、被爆者の治療に使われました。

 現在も井戸には水が湧き、8月6日の平和記念式典
 では、献水用として、使用されています。
L    「クスノキの大木」
 〈くすのきのたいぼく〉


 「クスノキの大木」は炊飯場裏の「第二検疫所の井戸」の
 隣にあります。

 樹齢は約120年ほどになります。

 
M    陸軍似島第二検疫所の開設当初からこの場所に立って
 おり、今日までの変遷を見守ってきた樹です。

 似島臨海少年自然の家では、この「クスノキの大木」を
 大切にし、平和の尊さを伝えています。

 

 

 

TOP PAGE