戸山カルチャーマップ(吉山地区)
戸山カルチャーマップ(阿戸地区)

 戸山は広島の西北に位置し、吉山川に沿って展開した集落で、四方を山に囲まれ自然に恵まれた地区である。 
 明治22年、吉山村と阿戸村が合併して戸山となり、以後沼田町を経て昭和46年に広島市に統合された。
 現在は「ほ場整備」等、農業基盤の整備事業が行われているが、緑の山々と清らかな川の美しい自然の中に昔の面影を伝える多くの文化財を残し、温かい人情とともに、詩情豊かな地区である。
 広島県指定の無形文化財「阿刀神楽」や、無形文化財としての広島市指定阿刀明神境内の「社そう」と中ノ森神社境内の「アラカシ」がある。 

戸山地区の魅力を探る

地域情報

生活お役立ち情報

戸山地区の魅力をより多くの方に知っていただくために戸山カルチャーマップ委員会(財)広島市ひと・まちネットワーク戸山公民館)が地図を作成しました。地域で、家族でそしてまた戸山を訪れてくださった方々、どうぞご利用ください。
くすの木台 戸山線・飯室線(久地経由)バス時刻表 月〜金曜日
戸山大橋が二車線になった。
※平成29年 7月 1日 ダイヤ改正がありました。
くすの木台 戸山線・飯室線(久地経由)バス時刻表 土曜日休日
戸山の地域情報