矢野町の髢(かもじ)

 矢野町といえば、髢といわれるほどその名は広く全国に知られています。元来、髢とは、婦人のそえ毛のことですが、広い意味では「かつら」もこれに含まれています。

 言い伝えによりますと、その昔寛永年間(1624−1643)に大官田吉兵衛<おおかんだきちべえ>(屋号は大阪屋)という人が、九州地方を旅した際に、道端に捨てられていた抜毛から髢の製造を思いついたといわれています。髢に関する資料としては、文化年間(1804−1817)の神田屋香奠帳<こうでんちょう>にただ「髪つくり」の名がみえるだけで、その確かなことはわかりません。また、江戸時代終り頃の矢野村の様子を詳しく書いた「国郡志御編集に付書出帳」も、髢については一言もふれておらず、そこになにか一種のなぞめいたものさえ感じられます。

 化学洗剤の使用が今日のように普及する以前、髢製造の工程のなかで、もっとも人々が苦心したことは、髪についた油をどのようにして取り除くかということでした。

 いろいろ試したあげく成功したのが、矢野町付近でとれるマサ土という細かい土を少量の水にといて平釜に入れた玉髪(原料となる髪)を蒸し、さめないうちに玉髪を取り出して、それを土のついたままたたきつけるという方法でした。このようにして油抜きされた髪は長さが不揃いで、しかもちぢれているので、金櫛や木櫛ですきそろえます。次に、染料釜で着色し、光沢をつけて髢に仕上げます。その間、相当の時間と手間とを必要としました。このようにして作られた髢は、更に人手にかけられて、島田や丸髷などの日本髷に作り上げられていきます。

 矢野町での髢産業の最盛期は大正時代の終り頃で、全国生産の70%を占め、町内に髢市場も開設されて、全住民の80%が髢に関係していたといわれています。その後、日本髪が洋髪に変り、更に戦争の影響もあって、事業所の多くは閉鎖されてしまいました。戦後は、洋かつらに髢が使用されるようになり、対米輸出も増大して、再び事業所数13、従業員278人(昭和43年)にまで回復しました。しかし今日では洋かつらに化学繊維が多く使用されるようになり、他都市の大企業の進出が目立ってきました。現在の矢野町の髢業界では、日本髪かつらの手植えの技術を応用し、ヤング市場を中心としたファッション性の高いヘアピースが主に製造されております。

 矢野公民館では、古くから髢製造に使用された用具材料などを貴重な文化財(民俗資料)として保存し展示していますので一度ご覧ください。


〜 かもじづくりの町 矢野 〜

 矢野町でかもじづくりが盛んなのは油抜きに必要なひげ土と呼ばれる粘土が町内でとれることや、谷あいから流れ出た豊富な水が町内を流れ、かもじ洗いに適していたことなどがあげられます。



〜 かもじづくりの歴史 〜

 かもじというのは、女性が自分の髪(地毛)で日本髪を結うときに、髪型をととのえるために、中に入れこんだり、添えたりするものをいいます。
 かもじづくりは、今からおよそ350年ぐらい前の江戸時代の初めごろ、寛永年間(1624−1644)に矢野の大坂屋吉兵衛が始めたと伝えられています。
 矢野町内に残る「かもじの碑」は、かもじづくりについて研究するための貴重な資料です。
 かもじづくりは明治時代の終わりから昭和の始めにかけてが最も盛んであり、昭和2年(1927)には町内に430軒、1386人の人がかもじづくりを行っていたという記録があります。




〜 かもじづくりの工程 〜

・玉毛の油抜き工程
玉毛(からまったり、もつれたりしている毛)についている油やほこりなどを落とすため、カマに水を入れ、アルカリ性の粘土(ひげ土)を加えたものに玉毛を入れて2〜3時間蒸します。蒸した後は、まだ熱いうちにカマの中の粘土を玉毛とさらになじませるためヌキイタでたたき、粘土に油やほこりなどをすいとらせます。
・解きそろえ工程
油抜きをした玉毛を竹のサオにかけて日に干し、乾燥させた後、解きほぐし、毛の長さをそろえます。ここまでの工程を「揚げ地仕上げ」と呼びます。この工程の中で、マンガンを使って、手づかみできるぐらいの量の毛玉を何度も鉄棒に通して、毛のもつれを解き、ととのえる作業を「解きそろえ」といいます。
・角沙仕上げ工程
「揚げ地仕上げ」の工程の中で、解きそろえのすんだ玉毛を、さらにカネグシとアラメと呼ばれるキグシを使ってとかし、すきそろえます。こうしてできあがった毛を片手で握れるぐらいの太さにまとめたものを「角沙」といいます。角沙になるといらない玉毛がとりのぞかれるため、最初の玉毛の半分ほどになります。
・染色工程
角沙を美しい黒髪に染めあげるために、カマに水を入れ、むかしはハゼの葉や実いっしょに3〜5時間煮ました。今ではヘマチン・ロフンドと呼ばれる化学染料を加えて煮こんで染色します。角沙を染めるのは、角沙の中にまじった白い髪や赤い毛をとりのぞく手間をはぶき、美しくそろった黒髪にするために行われはじめました。
・色止め、光沢つけ工程
染めた角沙の色落ちがしないように、ローハ(成分は硫酸鉄)と呼ばれる薬品を加えて、カマで3時間ほど煮て、そのまま一晩つけておき、そのあと流水で水洗いをします。髪に光沢(つや)をつけるため、さらにカセイソーダを加えてカマで煮こみます。水洗いした後に竹のサオにかけて乾燥させます。今ではカセイソーダのかわりに、洗たく石けんが使われています。
・抜き地工程
染色のすんだ角沙をハコグシを使ってすき通し、同じ長さの毛にそろえて床に並べます。この時に長さをそろえるためにスンイタを使います。分けられた毛は片手で握れるぐらいの太さの束にされて「抜き地」となります。この「抜き地」を使っていろいろなかもじ製品はつくられます。



矢野の町(メニュー)へ戻る