広島市佐伯勤労青少年ホーム   
 
 <勤労青少年ホームとは>
 働く青少年のため、日々の自由時間において、憩いやレクリエーション、クラブ活動等の健全な余暇活動の場を提供するとともに、それらを行う青少年に対する相談・指導、文化・教養講座を実施するなど、勤労青少年の福祉に関する事業を総合的に行うことを目的とする施設です。
 広島市には、佐伯勤労青少年ホーム以外にも、中央勤労青少年ホームと安佐勤労青少年ホームがあります。


ホームを利用するには、会員登録が必要となります。
※ 会員以外の方も、有料で施設の利用は可能です。詳しくは、「施設利用」をご覧ください。


会員登録を行えば…
〇講座に参加できる!
〇サークルに参加できる!
〇無料で施設の利用ができる!


<会員>
①15歳~35歳の方(登録する年度の4月1日時点)
②広島市内に在住または通勤されている方
③働いている方 ※ 求職中でも登録は可能です。

また、会員の要件を満たしていない方でも、準会員の要件を満たしていれば、講座とサークルの参加は可能です。
(施設の利用は有料になります。)

<準会員>
①広島市の近隣市町(※)に在住で広島市外に通勤されている方
②18歳以上の広島市に通学している学生(高校生を除く)
 ※ 近隣市町の範囲:安芸郡府中町・海田町・坂町、廿日市、呉市、江田島市、安芸高田市、山県郡安芸太田町・北広島町、東広島市


登録は、勤労青少年ホーム窓口で受け付けます。
「申込書」と一緒に、「身分証明書(免許証など)」、「働いていること(在学していること)が確認できるもの(保険証、社員証、名刺、学生証など)」を持参の上、窓口に提出してください。
申込書は、窓口にも用意していますので、来館の際、記入できます。

申込書(PDFファイル)


登録後に会員証をお渡しします。
会員証は、広島市内の勤労青少年ホーム共通です。
いずれかの施設で登録を行えば、他の施設も利用できます。