あきクラシックコンサートとは?

あきクラシックコンサートとは?
あきクラシックコンサートは、次代を担う若手音楽家に活動の場を提供し、その育成を図る事を目的とし、 安芸区民文化センターが「あきクラシックコンサート実行委員会」(ボランティア組織)と協働で、 安芸区民文化センターをフランチャイズとして展開するコンサートです。
momiji10.gif  主催:公益財団法人広島市文化財団 安芸区民文化センター
momiji10.gif  協力:あきクラシックコンサート実行委員会
あきクラシックコンサート実行委員会は、広島市を中心に活動している音楽ボランティアです。
多くの人にクラシックを楽しんで貰いたいとの思いから、主催者の安芸区民文化センター協力のもと、地域に根ざした演奏活動(アウトリーチ活動等)を行っています。
メンバーはいずれも音楽大学を卒業した20代から30代までの若手音楽家で構成されています。



ホルン.jpg入場無料のあきクラシックコンサート



小学校.JPG小学校への出前コンサート
公民館.jpg公民館コンサート

あきクラシックコンサート ホールコンサート

入場無料の「あきクラシックコンサート」を、安芸区民文化センターのホールにて年に10回程度開催しています。
このコンサートは、出演者が、演奏するだけでなく企画から宣伝、当日の運営(受付やアナウンス、司会など)にまで参加し、コンサートの運営方法を学ぶ場にもなっています。 


アウトリーチ活動 地域交流コンサート

コンサートホールから飛び出して、音楽を聴く機会や興味のない人に、身近なところでコンサートを聴いていただくという、アウトリーチ(“手を伸ばす、差し伸べる”の意味)活動を、積極的に行っています。
これまでに開催しているのは、学校、公民館、福祉施設等で、それぞれの会場や観客に合わせたテーマにより選曲をし、司会も工夫しています。
出演者と客席の距離が近いこともあり、ホールで聴くのとは一味違ったコンサートになっています。


180.gif

181.gif

© 2011 Aki Ward Community Cultural Center. All rights reserved.