2021年2月のスケジュール


<2021年1月のスケジュール


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
映画鑑賞会では、座席の間隔を空けて
ご着席いただきます。 各回限定84席

2021年2月のスケジュール表

 鑑賞料
内容 開始時刻 大人 シニア 高校生 小中学生 会 場
1 休 館 日
2 催し物はありません
3 生誕100年 三船敏郎特集
「用心棒」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
4 生誕100年 三船敏郎特集
「椿三十郎」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
5 生誕100年 三船敏郎特集
「天国と地獄」
10:30/14:00/18:00 17:30 510円 250円 250円 無料 ホール
6 生誕100年 三船敏郎特集
「悪い奴ほどよく眠る」
10:30/14:00 510円 250円 無料 無料 ホール
7 生誕100年 三船敏郎特集
「悪い奴ほどよく眠る」
10:30/14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
8 休 館 日
9 生誕100年 三船敏郎特集
「上意討ち 拝領妻始末
10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
10 生誕100年 三船敏郎特集
「男はつらいよ 知床慕情
10:30/14:00/18:00 510円 250円 250円 無料 ホール
11 木・祝 ファミリーシアター
「花折り」ほか
10:30/14:00 510円 250円 250円 無料 ホール
12 振 替 休 館 日
13 生誕100年 三船敏郎特集
本覺坊遺文 千利休」
10:30/14:00/18:00 510円 250円 無料 無料 ホール
レコードコンサート
「祈りと音楽 ~シターの響きに導かれて~
15:00 無料
(要申込)
無料
(要申込)
無料
(要申込)
無料
(要申込)
多目的研修室
14 「鯉のはなシアター
~広島カープの珠玉秘話を
映像化したシネドラマ~
10:30 380円 180円 180円 無料 ホール
ディレクターズ・トーク
「鯉のはなシアター」上映&時川英之監督トーク
14:00 380円
(要申込)
180円
(要申込)
180円
(要申込)
無料
(要申込)
ホール
15 休 館 日
16 催し物はありません
17 中東ドキュメンタリー特集
~山形国際ドキュメンタリー映画祭
アジア千波万波 優秀作品上映会~

「たむろする男たち」
14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
18 中東ドキュメンタリー特集
~山形国際ドキュメンタリー映画祭
アジア千波万波 優秀作品上映会~

「このささいな父の存在」
14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
19 中東ドキュメンタリー特集
~山形国際ドキュメンタリー映画祭
アジア千波万波 優秀作品上映会~

「そこにとどまる人々」
14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
20 中東ドキュメンタリー特集
~山形国際ドキュメンタリー映画祭
アジア千波万波 優秀作品上映会~

「消された存在、__立ち上る不在」
14:00/18:00 380円 180円 無料 無料 ホール
21 中東ドキュメンタリー特集
~山形国際ドキュメンタリー映画祭
アジア千波万波 優秀作品上映会~

「気高く、我が道を」
10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
22 休 館 日
23 火・祝 中東ドキュメンタリー特集
~山形国際ドキュメンタリー映画祭
アジア千波万波 優秀作品上映会~

「アナトリア・トリップ」
10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール
24 振 替 休 館 日
25 中東ドキュメンタリー特集
~山形国際ドキュメンタリー映画祭
アジア千波万波 優秀作品上映会~

「愛を超えて、思いを胸に」
14:00/18:00 380円 180円 180円 無料 ホール
26 生誕100年 三船敏郎特集
「赤ひげ」
10:30/14:30 510円 250円 250円 無料 ホール
27 生誕100年 三船敏郎特集
「赤ひげ」
10:30/14:30 510円 250円 無料 無料 ホール
28 靉光をめぐる映画&メディア・レクチャー
「復活」
10:30/14:00 380円 180円 180円 無料 ホール

※新型コロナウイルス感染拡大の状況に
よっては、急遽、上映が中止・変更になる
場合があります。

お客様へのお願い
  • ・発熱や咳など体調に不安がある方は、
    ご入館をお控えください。
  • ・ご入館の際は、マスクを着用してください。
  • ・マスクを着用されていない場合はご入館をお控えください。
  • ・広島県外からのお客様は、各都道府県の移動自粛要請にあわせてご来館いただくようお願いします。

映画鑑賞会について。

  • 発券・開場は開映の1時間前(10:30の回は30分前)から行ない、定員に達し次第締切となります。
  • 開映30分後からの入場はできません。
  • 各回入替制です。鑑賞券は当日・当該回のみ有効です。
  • 都合により、発券・開場・開映時間が変更になる場合があります。
  • 各種手帳類の提示により、映画鑑賞料が無料になります。 詳しくはこちら
  • シニアは65歳以上。 運転免許証や健康保険証など年齢がわかる公的証明書、または健康手帳(平成19年度まで65歳以上のすべての人に配布されていたもの)をご提示ください。
生誕100年 三船敏郎特集
  •  昨年12月から開催してきました、『生誕100年 三船敏郎特集』も終盤を迎えます。今月は、三船敏郎扮する浪人・三十郎が活躍し、迫力ある立ち回りで国内外に大きな影響を与えた『用心棒』と『椿三十郎』、誘拐事件をめぐるサスペンス大作『天国と地獄』、庶民の治療に力をつくす江戸時代の医師のヒューマンな姿を描いた『赤ひげ』、渥美清と三船敏郎のやりとりが秀逸な『男はつらいよ 知床慕情』などを上映し、不世出の大スター・三船敏郎の足跡を振り返ります。
  • ※今月の上映作品には、映像・音声が良好ではないものがあります。
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。

2/3(水) 用心棒

  • 1961(昭和36)年 
    東宝、黒澤プロダクション 110分 白黒 35㎜
  • 監督/黒澤 明
  • 出演/三船敏郎、仲代達矢、山田五十鈴、
    加東大介
 2人の親分が縄張りを争う宿場町を舞台に、浪人・桑畑三十郎が、巧みな策略で悪人たちを一掃する。従来の時代劇に衝撃を与え、マカロニ・ウェスタンにも影響を及ぼした黒澤時代劇。三船敏郎の迫力とスピード感のある立ち回りが見所の一つ。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 
    各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

2/4(木) 椿三十郎

  • 1962(昭和37)年 
    東宝、黒澤プロダクション 95分 白黒 
    35㎜
  • 監督/黒澤 明
  • 出演/三船敏郎、仲代達矢、加山雄三、
    入江たか子
 『用心棒』に引き続き、三船敏郎扮する三十郎が活躍する時代劇。原作は、山本周五郎の『日々平安』。三十郎は、上役の汚職を暴こうとする若侍たちに味方し、その凄腕で御家騒動の黒幕と対決する。三船敏郎と仲代達矢によるラストの決闘シーンは圧巻。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 
    各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

2/5(金) 天国と地獄

  • 1963(昭和38)年 
    東宝、黒澤プロダクション 143分 白黒 35㎜
  • 監督/黒澤 明
  • 出演/三船敏郎、仲代達矢、山崎 努、
    香川京子
 製靴会社の重役の息子と間違えられて運転手の子どもが誘拐された。巧妙な手口で身代金を手に入れた犯人。全力をあげて犯人を追跡する捜査陣。特急列車を利用した身代金の受け渡しなど、全編息詰まるようなサスペンスに満ちた大作。
  • ①10:30~ ②14:00~ 
    ③18:00~ ③17:30~
    (上映時刻が変更になりました)
     各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料 

2/6(土)、7(日) 
悪い奴ほどよく眠る

  • 1960(昭和35)年 
    東宝、黒澤プロダクション 151分 白黒 35㎜
  • 監督/黒澤 明
  • 出演/三船敏郎、森 雅之、三橋達也、加藤 武
 主人公・西幸一の父は、汚職事件の責任を負って自殺した。西は他人になりすまして汚職の元凶である人物に近づき復讐を試みる。しかし、悪の根源は西の手の届かないところにあった・・・。サスペンスと緊迫感あふれる演出で現代版『モンテ・クリスト伯』とも評された作品。
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料
  • ※6(土)は高校生無料

2/9(火) 上意討ち 拝領妻始末

  • 1967(昭和42)年 
    東宝、三船プロダクション 121分 白黒 35㎜
  • 監督/小林正樹
  • 出演/三船敏郎、加藤 剛、司 葉子、仲代達矢
 滝口康彦の小説『拝領妻始末』をもとに、武家社会の非情な一面を描いた力作。藩主の命により、側室を息子の妻として与えられた笹原伊三郎。突如、妻を返上せよとの上意が下るが、伊三郎の一家は家名断絶を覚悟のうえで反抗する…。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

2/10(水) 男はつらいよ 知床慕情

  • 1987(昭和62)年 松竹 107分 カラー 35㎜
  • 監督/山田洋次
  • 出演/渥美 清、三船敏郎、淡路恵子、
    竹下景子
 シリーズ第38作。北海道の知床にやってきた寅次郎は、無骨な獣医とスナックのママとの仲を取り持つ一方、獣医の娘に熱を上げる。淡路恵子が20年ぶりにスクリーンにカムバック。三船敏郎と渥美清、剛と柔のやりとりが秀逸な一編。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料

2/13(土) 本覺坊遺文 千利休

  • 1989(平成元)年 西友 108分 カラー 35㎜
  • 監督/熊井 啓
  • 出演/奥田瑛二、三船敏郎、萬屋錦之介、
    加藤 剛
 日本文学大賞を受賞した井上靖の『本覺坊遺文』の映画化。太閤秀吉の命で自刃した千利休。利休の愛弟子だった本覺坊は、師の霊と語らう日々を送っていた。織田有楽斎は本覺坊との対話を通して、利休の死の謎を解明しようとするが…。
  • ①10:30~ ②14:00~ ③18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生無料、小・中学生無料

2/26(金)、27(土) 赤ひげ

  • 1965(昭和40)年 
    東宝、黒澤プロダクション 185分 白黒 35㎜
  • 監督/黒澤 明
  • 出演/三船敏郎、加山雄三、山崎 努、
    二木てるみ
 山本周五郎の『赤ひげ診療譚』の映画化。江戸時代、小石川養生所で庶民の治療に力をつくす医師、“赤ひげ”こと新出去定を主人公にした物語。彼に師事して成長していく青年医師の姿や、治療を受ける人々の人間模様が、壮大なシンフォニーを思わせる大作にまとめあげられている。
  • ※途中、休憩があります。
  • ①10:30~ ②14:30~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料
  • ※27(土)は高校生無料
  •  アジア初の国際ドキュメンタリー映画祭として、国内外で高い評価を得ている山形国際ドキュメンタリー映画祭。この映画祭では、世界の最新ドキュメンタリー作品を上映するインターナショナル・コンペティションだけにとどまらず、アジアのフレッシュな才能を紹介するもう一つのコンペティション部門「アジア千波万波」が大きな注目を集め、中心的なプログラムとなっています。今回は、そのプログラムの中から中東地域の現在を映し出す作品を上映します。広島ではなかなか見る機会の少ない作品の数々を、ぜひこの特集でご鑑賞ください。
  • 作品提供/認定NPO法人
    山形国際ドキュメンタリー映画祭
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。
  • ※上映作品の紹介は、作品提供先の情報を基にしています。

2/17(水) 
たむろする男たち Standing Men

たむろする男たちの写真
  • 2015 小川紳介賞
  • 2015年 フランス、レバノン 55分 
    カラー Blu-ray 日本語・英語字幕
  • 監督/マーヤ・アブドゥル=マラク
 3つの電話ブースがあるパリの街角の小さなお店には、中東から出稼ぎに来ている労働者が、遠く離れた故郷へ電話をかけにやってくる。店主はカウンター越しにコーヒーやケーキを出し、親しげなアラビア語のおしゃべりから、家族や仕事のことなど、それぞれの日常がこぼれ落ちてくる。そして、14年ぶりにアルジェリアの家族のもとに一時帰国するムスタファの会話と、かつて監督の父がレバノンの家族にあてた手紙が、男たちが集う空間で呼応し、郷愁の想いが時を止める。
  • ①14:00~ ②18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

2/18(木) このささいな父の存在 This Little Father Obsession

このささいな父の存在の写真
  • 2016年 レバノン 103分 カラー・白黒 Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/サリーム・ムラード
 レバノン内戦を生き残った監督の祖父が建てた家が、取り壊されることになる。一人息子である監督はゲイで、ムラード家の血筋は彼で止まってしまう。そこで、縁が切れていた父の弟を訪ねるのだが…。家も家系も引き継げない監督が、自らの居場所を探すため、父を、家族を、伝統や宗教に縛られた家父長制を、耽美とユーモアで挑発するオートフィクション・ドキュメンタリー。
  • ①14:00~ ②18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

2/19(金) そこにとどまる人々 Those Who Remain

そこにとどまる人々の写真
  • 2016年 レバノン、アラブ首長国連邦 
    95分 カラー Blu-ray 日本語字幕
  • 監督/エリアーン・ラヘブ
 シリアとの国境に近いレバノン北部。長く続く宗派間紛争やシリアでの戦闘により農地は放置され、かつては異教徒が隣り合わせで暮らしていた村にも排他的な空気が覆う。ハイカルおじさんはりんごや羊を育て、石を一つひとつ積み上げては、別れた妻や子どもたちがいずれ帰ってくるための家を建て、食堂を切り盛りするルワイダと、いつも通りの日常を送る。この土地に居続ける行為そのものが、まるで使命であるかのように。
  • ①14:00~ ②18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

2/20(土) 
消された存在、__立ち上る不在 Erased,___Ascent of the Invisible

消された存在、__立ち上る不在の写真
  • 2019 小川紳介賞
  • 2018年 レバノン 76分 カラー・白黒 Blu-ray 日本語・英語字幕
  • 監督/ガッサーン・ハルワーニ
 行方不明者の顔写真、死亡扱いにされない住民票、埋め立てられた集団墓地…。真実究明の動きに忖度が加えられ、犯罪の実態が上塗りされる行為に抗うかのように、幾重にもポスターが貼られた街中の壁をカッターでめくり、行方不明者を掘り起こす。35年前、レバノン内戦時に誘拐されたある男の面影を手掛かりに、内戦後は名もない死者として片付けられてしまった多数の行方不明者という不在の個を掬い、ドローイングによってアニマを吹き込む。
  • ①14:00~ ②18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生無料、小・中学生無料

2/21(日) 
気高く、我が道を Gracefully

気高く、我が道をの写真
  • 2019 日本映画監督協会賞
  • 2019年 イラン 64分 カラー 
    Blu-ray 日本語・英語字幕
  • 監督/アラシュ・エスハギ
 牛を飼い、田植えをしながら田舎暮らしをしている80歳の男性。農作業を終えると念入りに化粧し、女装してダンスを始める。ライブ演奏の巡業やキャバレーでミュージシャン仲間と踊っていたが、革命後は踊ることが厳しくなった。別々に暮らす息子たちは理解し応援してくれるが、二人暮らしの妻には呆れられている。革命前の華やかな思い出を胸に、結婚パーティーや慰問先の病院で踊るのが生きがい。牛舎では牛を愛でながら、ひとり嬉々として踊る。
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

2/23(火・祝) 
アナトリア・トリップ Anatolian Trip

アナトリア・トリップの写真
  • 2018年 トルコ 114分 白黒 
    Blu-ray 日本語・英語字幕
  • 監督/デニズ・トルトゥム、ジャン・エスキナジ
 時は2014年大統領選前夜。イスタンブールを出発し、路上演奏をしながらアナトリア半島を旅する若者インストゥルメンタル・バンド「Venus Music Peace Band」。合間に出会う旅人や土地の人とは、政治の話から、民族や階級ポリティックスまで、いつの間にやら井戸端会議が繰り広げられる。世代間や政治観、地域差を好奇心旺盛に行き来しながら、演奏する側も耳慣れない音楽を聴く側も、音楽も旅も即興で進むロード・トリップ。
  • ①10:30~ ②14:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料

2/25(木) 
愛を超えて、思いを胸に 
A Feeling Greater Than Love

愛を超えて、思いを胸にの写真
  • 2017年 レバノン 93分 カラー・白黒 Blu-ray 日本語・英語字幕
  • 監督/マリー・ジルマーノス・サーバ
 1975年の内戦以後の中東の歴史に埋もれてしまった、70年代初頭のレバノンの工場労働者やタバコ農家らによるスト、労働/政治運動。大きな社会変革のうねりの渦中にいた当時の若い男女の活動家らが集まり、異論反論入り混ざり、生き生きと回想する。民衆蜂起と内戦前夜を暗示するクリスティヤーン・カーズィーの作品、その時代が写り込んでいる『赤軍 ― PFLP 世界戦争宣言』など多彩なフッテージも引きながら、民衆革命を掘り起こし、息を吹き込む。
  • ①14:00~ ②18:00~ 各回限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料
ディレクターズ・トーク&関連上映

2/14(日) 
ディレクターズ・トーク+上映

※要事前申込
  • ゲスト/時川英之 (映像作家)
  • 聞き手/玉田陽子 (フリーパーソナリティ)
  •  劇場公開作品としては初監督となる『ラジオの恋』から広島を舞台にした作品を撮り続け、近年は閉鎖される劇場をテーマにノスタルジーでありながらファンタジーな作品を送り出しいてる時川英之監督をお招きし、これまで手掛けられた作品について語っていただきます。
     また、広島国際映画祭でヒロシマ平和映画賞を受賞した『鯉のはなシアター』をあわせて上映します。
    (講演は手話通訳と要約筆記を行います)
  • 14:00~ 『鯉のはなシアター』上映
  • 15:45~ 時川英之監督トーク
  • 映画鑑賞料として/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、高校生180円、小・中学生無料
  • 申込み方法/
    電話または映像文化ライブラリー窓口にて
    受付。(先着順)

    1月15日(火)10:00から 申込受付を
    開始します。
  • 限定84席
  • ※お申込みいただきました個人情報は、当事業のみに使用し、それ以外の目的に使用したり、第三者に提供することはありません。
  • ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
  • お問い合わせ/
    広島市映像文化ライブラリー
    〒730-0011 
    広島市中区基町3-1 
    電話082-223-3525
  • ※ディレクターズ・トークは
    「広島市高齢者いきいき活動ポイント事業」の対象となります。
  • ※映画鑑賞は対象外です。

2/14(日) 関連上映
「鯉のはなシアター
~広島カープの珠玉秘話を映像化した
シネドラマ~

鯉のはなシアターの写真
  • 2018(平成30)年 2018「鯉のはなシアター ~広島カープの珠玉秘話を映像化したシネドラマ」製作委員会 
    94分 カラー Blu-ray
  • 監督/時川英之
  • 出演/徳井義実、矢作穂香、小越勇輝、
    八嶋智人、松本裕見子、緒方かな子
 東京での暮らしに疲れ故郷・広島へ戻ってきた奥崎愛実は、経営難で閉館となる祖父の映画館で、東京から来た徳澤という不思議な男と出会う。徳澤は「昔のカープはお金がなくても知恵を絞って生き残ってきた」と、広島カープの昔話を出しながら、映画館を復興させる様々なアイデアを提案していくが…。
  • 10:30~ (上映のみでトークはありません) 申込は不要です。 限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料
公式サイトはこちら
プロフィール
>時川監督の写真

時川 英之(映像作家)

 1972年11月3日広島生まれ。
明治大学/
バンクーバー・フィルムスクール卒。
 ディスカバリーチャンネル・アジア(シンガポール)、ウォルト・ディズニー・テレビジョン(東京)で多くの番組にプロデューサー/ディレクターとして携わる。その後、映画監督の岩井俊二氏に師事。映画を中心に、ドキュメンタリー、TVCM、ミュージックビデオなど幅広いジャンルの映像作品を手がける。活動範囲は日本だけにとどまらず、その国際色豊かな経験からユニークな作品を作り出している。2009年TimeRiver Pictures 株式会社を設立。広島から世界に向け作品を発信する。
 初監督映画『ラジオの恋』(2014)は広島でロングランした後、全国公開へ。2作目の『シネマの天使』 (2015)は福山市に120年以上の歴史ある映画館 大黒座の閉館をきっかけに制作された物語。3作目『鯉のはなシアター』(2018)は広島
カープの戦後の実話と、現代のカープファンの熱意をドラマ化した感動の物語で、「ヒロシマ平和映画賞」を受賞。4作目『彼女は夢で踊る』(2019)は、広島市に実在する有名なストリップ劇場を舞台にした美しくも切ないラブストーリーが若い女性の共感を得る。(2020年秋全国
公開)

靉光をめぐる映画
&メディア・レクチャー

2/28(日) 復活

  • 2015(平成27)年 SOMOVE! FILMS 
    80分 カラー Blu—ray 英語字幕
  • 監督/渡邉 聡
  • 出演/大橋正英、逢澤純世、リ・コウジ、
    山城秀之
 戦前戦中の昭和、多くのアトリエがあり芸術家たちが集った“池袋モンパルナス”。そこに広島出身の画家・西村光郎がいた。ひたすら自分の絵を追求する光郎は、苦闘のすえ眼をモチーフとした代表作を完成させる。しかし、光郎のもとにも召集令状が届き…。
  • ①10:30~ ②14:00~ 限定84席
  • 鑑賞料/大人380円、
    シニア(65歳以上)180円、
    高校生180円、小・中学生無料
  • メディアレクチャー
  • 14:00からの『復活』の上映終了後、
    靉光の作品と生涯についてお話しいただきます。
    講師/藤崎 綾
    (広島県立美術館主任学芸員)
ファミリーシアター

2/11(木・祝)

  • 花折り
  • 1968(昭和43)年 川本プロダクション 
    14分 カラー 16㎜
  • 演出/川本喜八郎
  • 声の出演/黒柳徹子
 桜の花が満開のお寺の境内。住職が出かけ、留守を頼まれた小坊主は、花見にやって来た大尽と太郎冠者にまどわされ、したたかに酔ってしまう…。
  • チコタン ぼくのおよめさん
  • 1971(昭和46)年 学研 11分 カラー 35㎜
  • 演出/岡本忠成
 チコタンのことが好きなボクは、悩んだ末に思いを告白するが…。
  • おこんじょうるり
  • 1982(昭和57)年 桜映画社、エコー 
    25分 カラー 35㎜
  • 演出/岡本忠成
  • 声の出演/長岡輝子、小野寺かほる、
    木村富穂、後藤哲夫
 いたこの婆さまは、浄瑠璃を聞かせて病気を治す狐のおこんを背中に隠し、村人の病気を治しに出かけるが…。
  • ①10:30~ ②14:00~ (3作品・50分) 
    各回限定84席
  • 鑑賞料/大人510円、
    シニア(65歳以上)250円、
    高校生250円、小・中学生無料
  • ※当日の上映分数は、ここに掲載したものと多少異なる場合があります。
レコードコンサート

2/13(土) 15:00~17:00 
入場無料

※要事前申込
  • 祈りと音楽 ~シターの響きに導かれて~
  • 選曲&解説/白井 朝香
    (バイオリン&シター奏者)
 祈りの楽器 フランスの琴シターの奏者として演奏活動する中で、導かれるように出会った様々な祈りの音楽。モン・サン・ミッシェルやヴェズレーの修道院のミサでの天から降るような美しい聖歌を、パリの教会で入手したCDなど貴重なレア音源でご紹介します。
 また後半は、海を渡って伝えられたキリスト教のラテン語の祈りを長崎のキリシタンが400年前幕府の厳しい宗教弾圧の中で独特の言葉に変えて歌い継いできた「オラショ」を収めた文化遺産的なレコード「サカラメンタ提要」に、秘められた祈りの心を聴きたいと思います。
 当日は、日本では稀少なシターの生演奏もお聴き頂けます。
  • 鑑賞CD
  • 「サカラメンタ提要」
  • 「エルサレムよ 歓べ」
  • 「海を渡る祈りの響き」他
  • 演奏
  • クレド アヴェマリア 長崎の鐘
  • 聖フランシスコの平和のための祈り 他
  • 申込み方法/
    電話または映像文化ライブラリー窓口にて
    受付。(先着順)

    2月2日(火)10:00から 申込受付を
    開始します。
  • 限定20席
  • ※お申込みいただきました個人情報は、当事業のみに使用し、それ以外の目的に使用したり、第三者に提供することはありません。
  • ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
  • お問い合わせ/
    広島市映像文化ライブラリー
    〒730-0011 
    広島市中区基町3-1 
    電話082-223-3525
  • 会場/1階多目的研修室
  • ※レコードコンサートは
    「広島市高齢者いきいき活動ポイント
    事業」の対象となります。

開館時間

・火曜日~土曜日
午前10時~午後8時
・日曜日・祝日・8月6日
午前10時~午後5時

休館日

・月曜日(8月6日、祝日は開館)
・祝日の翌日
ただし土・日・月曜日にあたるときは、
直後の平日
・12月29日~1月4日

2月の休館日

 1日(月)、8日(月)、
 12日(金)、15日(月)、
 22日(月)、24日(水)

page top