DVD 人権啓発 6件

  no.1~6

no. 作品名 時間(分) 対象 内容
4-1 めぐみ 25 小学生~一般  昭和52年11月15日、新潟市に住む当時中学1年生の横田めぐみさんが、下校途中で行方不明となりました。北朝鮮による日本人拉致問題に関するアニメーション。
4-2 ねずみくんのきもち 12 幼児~小・低学年  公園で仲良しのねみちゃんを待っているねずみくん。そこへいじわるねこくんがやってきて、いじわるをされてしまいます。「またいじわるされちゃった。ぼくが小さくて気が弱くて、何をしても失敗ばかりだからいじめられるのかなあ」。落ち込んでいるねずみくんに、ふくろうさんが教えてくれた大切なことは…。同名絵本が原作のアニメーション。
4-3 アイムヒア ぼくはここにいる
僕の歩み ~発達障害とともに~
54 中学生以上  バイク好きの青年・優希は、幼い頃から落ち着きがなく周囲から孤立しがち。恩師の勧めで訪れた病院で“広汎性発達障害”と診断されますが、会社に言い出せない優希は、退職し、自信をなくしてしまいます…。発達がアンバランスなために生きにくさを感じ、苦しんでいる“発達障害”の人たちのことを理解し、すべての人権が尊重される社会の実現について考えるドラマ。
4-4 パパ、ママをぶたないで!

※日本語字幕
20 小学生以上  パパがママに暴力を振るうのは自分が悪い子だからと思い、悩んでいた少年ボイ。ある日、「誰かに話してごらん」と風と木と小鳥に励まされ、王様に手紙を書いたことから、事態に変化が起こります…。ノルウェーの実話をもとに、ドメスティック・バイオレンス解決の道を、卓抜したアニメーション技術で描きます。
(第13回広島国際アニメーションフェスティバル・グランプリ、アヌシー国際映画祭審査員特別賞・観客賞ほか)
4-5 いじめケース・スタディ
みんなで考えよう
16 中学生以上  いじめには、無視、暴力、掲示板やネットでの誹謗中傷などがあり、ケースによって対処法には違いがあります。それぞれのケースに合わせて、どのような対応をすればいじめ被害を解決できるかを、再現ドラマを交え、教育評論家の尾木直樹先生がわかりやすく解説します。
4-6 いじめはゼッタイわるい! 13 小・低中学年  クラスメイトからいじめを受けている健一の前に、ある日一人のお兄さんが現れて…。逃げるのは卑怯? 大人に言いつけるのはかっこ悪い? 自分のことでなければ知らんぷり? いじめから自分や友達を守る方法を伝えるアニメーション。
(教育映像祭優秀作品賞)

page top