• 5月時代劇特集
  • ポーランド映画祭
  • 高峰三枝子・木暮実千代特集
  • アメリカ映画特集
  • サウンドアンドサイレント
お知らせ
5月の上映・イベント

時代劇特集

5月17日(木)~31日(木)

5月時代劇特集の写真

 今月も「時代劇特集」を開催します。『宮本武蔵』映画化の決定版ともいえる、内田吐夢監督と中村錦之助のコンビによる『宮本武蔵』五部作、谷崎潤一郎の小説を新藤兼人が脚色し、魔性の刺青に翻弄される男女を描いた『刺青』、篠田正浩監督が格調ある映像美で近松門左衛門の世界に挑んだ『鑓の権三』、千利休の死の謎を追い、ベネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した熊井啓監督の『千利休 本覺坊遺文』などを上映します。


ポーランド映画祭

5月2日(水)~16日(水)

ポーランド映画祭の写真

 今年のポーランド映画祭は、多くの映画作品に影響を与えてきた傑作古典から、改めて発掘された知られざる名作、そして次世代を担う若手監督たちによる最新作まで、ポーランド映画の注目作を厳選してお届けします。


ファミリーシアター
「シンドバッド 魔法のランプと動く島」

5月5日(土・祝)

シンドバッドの写真

 『空とぶ姫と秘密の島』に続く、シンドバッドの冒険第2弾。魔法族の姫・サナのために、シンドバッドは魔法族の仲間を探すべく大海原に乗り出す。嵐で損傷した船を修理するため島に立ち寄るが、そこは大地が動く謎の島だった…。


6月の上映・イベント

生誕100年
高峰三枝子・木暮実千代特集

6月1日(金)~30日(土)

高峰三枝子・木暮実千代特集の写真

 気品のある美しさでファンを魅了し、歌手としても活躍した高峰三枝子(1918-1990)、華やかな役柄や妖艶な存在感でドラマに深みを与えた木暮実千代(1918-1990)。それぞれの個性で日本映画を支えた2人の大女優がそろって生誕100年を迎える今年、高峰三枝子主演の『浅草の灯』や『暖流』、木暮実千代主演の『帰郷』や『お茶漬の味』などを上映し、2人の銀幕での活躍を振り返ります。


アメリカ映画特集

6月20日(水)~28日(木)

アメリカ映画特集の写真

 ハリウッド黄金時代を支えた伝説的映画スタジオRKO。MGM、パラマウント、20世紀フォックス、ワーナー・ブラザースと並んで「ビッグ5」と呼ばれ、アメリカ映画ベストワンに輝く『市民ケーン』や、西部劇の神様ジョン・フォード作品、フレッド・アステアの人気ミュージカルシリーズなどハリウッド全盛期の作品を数々と生み出しました。今なお色褪せない名優たちがスクリーンを飾った珠玉の6作品を上映します。


サウンド・アンド・サイレント
「第七天国」

6月24日(日)

アメリカ映画特集の写真

 無声映画をピアノの生演奏で楽しむサウンド・アンド・サイレント。今回は、第1回アカデミー賞で監督賞、女優賞、脚本賞のトリプル受賞をした究極の恋愛映画『第七天国』を山下雅靖さんのピアノとともに上映します。


ファミリーシアター
「映画 かいけつゾロリ
だ・だ・だ・だいぼうけん!」

6月17日(日)

かいけつゾロリの写真

 むかし、海賊が宝を隠したという伝説の山・ガパール山へと向かったゾロリと相棒のイシシとノシシ。ふもとの村では、子どもたちの間で謎の伝染病“しましま病”が大流行していた。ゾロリは子どもたちの病気を治して男を上げようとするが…。


文化映画鑑賞会

6月6日(水)、13日(水)、14日(木)

「中国の陶磁」
「小鹿田焼(おんたやき)」
「土と炎と人と~清水卯一のわざ~」
ほか




page top