お知らせ
11月の上映・イベント

開館40周年記念
生誕110年 新藤兼人特集

11月2日(水)~11月30日(水)

生きたいの写真

 5カ月にわたる新藤兼人特集も、今月で終幕を迎えます。「生きているかぎり、生きぬきたい」という自身の言葉どおり、生涯、現役で映画を作り続けた新藤監督の軌跡をたどります。


Peter Barakan’s Music Film Festival 2022
ピーター・バラカンが選んだ音楽映画フェスティヴァル

11月9日(水)~11月13日(日)

アメリカン・エピックの写真

 昨年、全国を巡回し好評を博したピーター・バラカンさんが監修する音楽映画祭の第2弾。広島市映像文化ライブラリーでは、アメリカ音楽のルーツを巡る全4部作の大作ドキュメンタリー『アメリカン・エピック』などを上映します。


広島国際映画祭2022

11月18日(金)~11月20日(日)

宇宙船の写真

 11月18日から20日までの3日間、NTTクレドホールをメイン会場に、広島市映像文化ライブラリー、八丁座、横川シネマの4会場で広島国際映画祭2022が開催されます。広島国際映画祭2022の多彩なプログラムをお楽しみください。


文化映画鑑賞会

11月16日(水)

特別天然記念物をさぐる
 イリオモテヤマネコ」
「動物の行動をさぐる」
「野生のイノシシ
出産から子育ての記録


ファミリーシアター
「吾輩は猫である」

11月3日(木・祝)

 英語教師の苦沙弥先生の家で飼われる猫の“吾輩”は、近所に住む美猫のチヨちゃんを好きになる。しかし、強力なライバルが現れ“吾輩”の恋もままならない。一方、人間たちの世界でも恋愛をめぐって騒動が起きる…。


ひろしま図書館まつり連携事業
こども映画会

11月5日(土)

「くつやとこびと」
「花ともぐら」
「鹿鈴(ろくれい)
「セロ弾きのゴーシュ 人形劇」

 童話の一編を人形劇化し、そぼくな人形のメルヘンの中で心の優しい老夫婦と、その手助けをするこびとたちとのあたたかい心の交流を描いた「くつやとこびと」ほか3作品。


レコードコンサート
「ピアノ協奏曲の音楽史II」

11月27日(日)

※11月1日(火)10:00から
申込受付を開始します。

選曲&解説/矢吹護
(ピアニスト、エリザベト音楽大学非常勤講師、広島修道大学非常勤講師)

 1709年に誕生したピアノは18・19世紀に改良が重ねられ、現在では独奏、伴奏、室内楽の分野で欠くことのできない楽器となっています。「ピアノ協奏曲」に焦点を絞って、今回はショパンの作品から歴史を追って作品鑑賞していきます。


受付を終了しました

定員に達しましたので募集を締め切りました。

12月の上映・イベント

生誕120年 田坂具隆特集

12月15日(木)~12月28日(水)

爆音の写真

 田坂具隆監督の生誕120年にちなんで、今月から3カ月にわたって田坂具隆特集を開催します。1902年に広島県豊田郡(現在の三原市)に生まれて1926年に監督としてデビューした田坂具隆監督の作品の中から、今月は戦前の代表作や戦後の復帰間もない頃の作品を上映します。


バリアフリー映画特集

12月1日(木)~12月11日(日)

ミケランジェロ・プロジェクトの写真

 障害者週間(12月3日~9日)にあわせて、日本語吹替・日本語字幕付き、あるいは日本語字幕と音声ガイドが付いたバリアフリー作品を特集します。聴覚障害のある方が楽しめるよう、映画の音を振動で伝えるボディソニック(体感音響システム)を用いた上映も行います。
 身体障害者手帳等をお持ちの方は無料となりますので、ご持参ください。


外国映画鑑賞会

12月14日(水)

My Thoughts Are Silentの写真

 録音技師のヴァディムは、高額報酬と憧れの外国暮らしを手に入れるために、帰郷して動物の鳴き声を録音する仕事に就く。タクシー運転手の母は、帰ってきた息子の手伝いをしながら、共に過ごす時を楽しんでいたが、親子それぞれの将来に対する考え方の違いの結末は…。


PFFアワード・セレクション

12月17日(土)~12月18日(日)

ばちらぬんの写真

 日本映画の第一線で活躍する映画監督を輩出しつづける「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」。広島市映像文化ライブラリーでは、このフェスティバルのメインプログラムである「PFFアワード」(自主制作映画のコンペティション)の2021年の受賞作品を中心に上映します。


ファミリーシアター
「わんわん忠臣蔵」

12月25日(日)

 虎のキラーに母親を殺された子犬のロックは、母の仇を討つためキラーに立ち向かい、危ないところを、ウサギやリスの森の仲間たちに助けられる。ロックは、野良犬のリーダー・ゴロの加勢を得て、キラーを倒そうとするが、ロックの行く手には危険な罠が張り巡らされていた…。


シナリオ講座2022

12月17日(土)、18日(日)

※応募は11月18日(金)必着です。

講師/赤城 聡
(フラミンゴ代表取締役 プロデューサー)

 映画やテレビドラマ、そして、小説や漫画など「ストーリー」にご興味をお持ちの方。
 その面白さを、もっと深めてみませんか? そのテクニックを、学んでみませんか?
 この講座では、映画の脚本や小説のストーリーを作るベーシックな技術を解説いたします。そこから、映画の新たな面白さ、楽しみ方を発見して、豊かな鑑賞体験に繋げていただきたい、と思っています。そして、創作を志す皆さんは、自身の疑問点・問題点を見出し、解決していきながら、ストーリー創作と脚本執筆のイロハを身に付けていきましょう。


要事前申込

応募は11月18日(金)必着です。

レコードコンサート
「和楽器の表現手法を楽しむ」

12月11日(日)

選曲&解説/中村亮太 (尺八奏者)

 尺八、こと、三味線などの日本の楽器は噪音を重要視し、独特な表現が可能です。虫や動物の鳴き声などをストレートに表現した手法は、その部分だけでも楽しめるようなものが散見されます。本来は曲中の一部分である独特な表現手法を取り出して楽しんでみましょう。


受付を終了しました

定員に達しましたので募集を締め切りました。



page top