• 名作映画
  • 外国映画
  • 名作映画
  • 外国映画
お知らせ
8月の上映・イベント

平和のシネマテーク2019

8月1日(木)~31日(土)

平和のシネマテーク2019の写真

 戦争や被爆体験をテーマにした作品を特集する「平和のシネマテーク2019」を開催します。皆様のご来場をお待ちしています。


クリス・マルケル特集2019
永遠の記憶

8月11日(日・祝)~8月21日(水)

クリス・マルケル特集2019の写真

 記憶と記録、歴史と個人史、戦争、虚構と現実。永遠に消えることのないテーマで、数多くの作品を発表したクリス・マルケル。本特集では、日本で初めて劇場公開される『イヴ・モンタン~ある長距離歌手の孤独』を含む8作品を上映します。


第18回広島国際アニメーション
フェスティバル1年前イベント

広島ゆかりの
アニメーション

8月22日(木)~8月25日(日)

ひろしまゆかりのアニメーションの写真

 本特集では、広島とアニメーションとの関わりを再発見すべく、来年8月に開催される第18回広島国際アニメーションフェスティバルの1年前イベントとして、広島ゆかりのアニメーションを上映します。多くの皆様のご来場をお待ちしています。


ファミリーシアター
「安寿と厨子王丸」

8月4日(日)

 森鷗外の『山椒大夫』でも知られる、安寿と厨子王丸の物語をアニメーション化。東映創立10周年記念作品として製作された。安寿と厨子王丸のきょうだいは、都へ向う途中、人買いにだまされ強欲な山椒大夫のもとに売られてしまう…。


ポップラ劇場2019
市民野外上映会
「ももへの手紙」

8月17日(土)

ももへの手紙の写真

 夏休みに川辺で映画の上映会を開催します。夏の夜空のもと、開放感いっぱいの屋外でいつもとは違う映画鑑賞を体験してみませんか?


要事前申し込み

お申込みは8月5日(月)必着!


広島平和記念都市建設法制定から70年
映像で振り返る広島の復興
「ヒロシマの記憶 幻の原爆フィルムで歩く広島
「平和記念都市ひろしま」

8月10日(土)

 今年は、広島市の戦後復興に大きな役割を果たした「広島平和記念都市建設法」の制定から70周年を迎えます。この機会に、復興支援のために製作された映画『平和記念都市ひろしま』などを上映し、被爆を経て復興への歩みを進めた広島の姿を映像で振り返ります。


文化映画鑑賞会

8月28日(水)

「1本の木が支える生命」
「生きている海岸線」
「母なる森 ブナ帯の自然と文化


レコードコンサート
映像文化ライブラリー収蔵のジャズ作品より

8月3日(土)

 選曲&解説/藤井政美(サックス奏者)

 当ライブラリー収蔵作品にも素晴らしいレコードが多々あります。それをピックアップして聴きどころとそれぞれの音楽から広がる次の作品、演奏者といった相関関係を解説します。次への興味を感じていただこうと思っています。


9月の上映・イベント

広島ゆかりの作家 映画選集

9月1日(日)~15日(日)

広島ゆかりの作家の写真

 今月は、井伏鱒二、大田洋子、若杉慧、梶山季之ら広島ゆかりの作家の小説を映画化した作品を特集します。広島ゆかりの作家のペンから生まれ、銀幕に映し出される様々なドラマをご鑑賞ください。


ジョージア[グルジア]
映画祭 in 広島 
コーカサスから未知の感動

9月18日(水)~9月28日(土)

ジョージア[グルジア]映画祭in 広島の写真

 ジョージア映画祭 in 広島では、昨年の岩波ホール上映作品の中から短・中編を含む、選りすぐりの15作品を一挙上映します。


サウンド・アンド・サイレント
「浮草物語」

9月29日(日)

 名匠・小津安二郎が哀感豊かに描く人情ドラマの傑作をピアノの調べと共に♪


ファミリーシアター
「太陽の王子 ホルスの大冒険」

9月16日(月・祝)

 北の国を舞台に、太陽の剣を手に悪魔グルンワルドと戦う少年ホルスの冒険を描く。高畑勲が演出を手がけ、宮崎駿が美術設計や原画で参加。日本のアニメーションを代表する2人の原点ともいえる作品。


文化映画鑑賞会

9月11日(水)

「川端康成と伊豆
名作のふるさと 伊豆の踊子を訪ねて
「詩人とふるさと
 藤村・白秋・朔太郎・光太郎
「柳田國男と遠野物語」


キッズ・アニメ教室 
透ける、重ね絵をつくってみよう!

9月23日(月・祝)

 透明のコップに、カラフルな線や形を描き、重ねて動かしてみよう!イラストレーターの沢田妙さんと一緒に自分だけのオリジナル作品を作ってみませんか。


要事前申し込み

定員になり次第応募は締め切らせていただきます。




page top