• シナリオ作家 橋本忍特集
  • バリアフリー映画特集
  • 銀幕旅情
  • ロシアン・カルト特集
  • サウンド・アンド・サイレント
  • ラルジャン
お知らせ
12月の上映・イベント

シナリオ作家 橋本忍

12月13日(木)~23日(日・祝)

橋本忍特集の写真

 11月に続き、数々の日本映画史に残る作品を手がけたシナリオ作家・橋本忍さん(1918-2018)の特集を開催します。


バリアフリー映画特集

12月1日(土)~12日(水)

バリアフリー映画特集の写真

 障害者週間(12月3日~9日)にあわせて、日本語字幕付き、あるいは日本語字幕と音声ガイドが付いたバリアフリー作品を特集します。


ファミリーシアター
「わんわん忠臣蔵」

12月24日(月・祝)

 虎のキラーに母親を殺された子犬のロックは、母の仇を討つためキラーに立ち向かい、危ないところを、ウサギやリスの森の仲間たちに助けられる。ロックは、野良犬のリーダー・ゴロの加勢を得て、母の仇を討とうとするが、ロックの行く手には危険な罠が張り巡らされていた…。


文化映画鑑賞会

2018 Hiroshima Active Library 協働事業
スポーツ・ドキュメント12月4日(火)
19日(水)、27日(木)、28日(金)

「長い航跡 人と海と船
「イカロスの夢 ライト兄弟からジャンボまで
「自動車の世紀」ほか


ワークショップ
「おんがく探検隊」

12月16日(日)

 講師/寺内大輔、三宅珠穂、長山 弘

 音を使ったいろいろな遊びをしましょう。遊びの中で生まれるいろんな音に耳をすましながら、一緒に新しい音楽をつくりましょう。


要事前申し込み

定員になり次第応募は締め切らせていただきます。


1月の上映・イベント

銀幕旅情 瀬戸内・中国地方

1月5日(土)~24日(木)

銀幕旅情 瀬戸内・中国地方の写真

 今月は、名匠・木下惠介監督が、瀬戸内海の島々を舞台に撮った『二十四の瞳』や『なつかしき笛や太鼓』、中国・四国地方をめぐるカップルの珍道中を描く『集金旅行』、大林宣彦監督の故郷・尾道への思いが込められ、尾道三部作として知られる『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』などを上映します。


ロシアン・カルト特集

1月25日(金)~31日(木)

ロシアン・カルト特集の写真

 ロシアと日本の交流を深めるための2018年の「ロシアにおける日本年及び日本におけるロシア年」を記念して企画された、ロシア映画の特集を開催します。


広島県立美術館特別展
「サヴィニャック
 パリにかけたポスターの魔法
関連上映

1月12日(土)・13日(日)

サヴィニャックの写真

 広島県立美術館で開催する特別展「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」の開催にちなみ、ポスター作家、レイモン・サヴィニャックがポスター制作に携わったフランス映画『ラルジャン』を上映します。また、サヴィニャックが影響を受けたといわれる喜劇映画の中から、サイレント映画『ロイドの巨人征服』を、小林知世さんのピアノ生演奏つきで上映します。


ファミリーシアター
「わんぱく王子の大蛇退治」

1月14日(月・祝)

 母を探して旅を続け、火の神や八岐大蛇(やまたのおろち)と戦う、わんぱく王子スサノオ。日本神話をもとに、スサノオの冒険をシンプルな画調とダイナミックな表現で描く。『ゴジラ』のテーマで知られる伊福部昭が音楽を担当。


レコードコンサート
「ジャック・ブレル 
没後40年そして生誕90年」

1月26日(土)

 選曲&解説/戸板律子

 シャンソン史上最も大きな存在のひとり、ジャック・ブレル。昨年はブレルの没後40年、今年は生誕90年にあたります。これを機に、僅か49年の生涯を濃密に、壮絶に、「立ったまま」生き抜いた比類ないソングライター&パフォーマーの代表曲や隠れた名曲を、対訳をご覧いただきながら、一部ライヴパフォーマンス映像も含めてご紹介します。


ビデオ入門講座

1月19日(土)・20日(日)

 講師/田中智也

 入学式、運動会、結婚式など素敵な思い出の数々を映像に残しておきたい…そんな皆さんに、ビデオカメラで撮影した映像の編集をやさしく学べる講座を開催します。ぜひ講座に参加して、あなたの思い出作りにお役立てください。


要事前申し込み

定員になり次第応募は締め切らせていただきます。




page top