ビデオテープ アニメーション 8件

  no.1~8

no. 作品名 時間(分) 対象 内容
9-1 走れメロス 106 小・高学年~一般  日本文学史上に輝く傑作、太宰治の「走れメロス」のアニメーション版。友のために自分の生命のことも忘れ、必死に走るメロスの物語は、現代社会に「友情、信頼、約束」というキーワードを投げかけます。
9-2 鋳物師(いもじ) はんべえ奮戦記
(字幕・視覚障害者用ナレーション入り)
60 小・高学年~一般  枚方市がふるさと創生事業として製作した歴史アニメーション。京と大阪の中間に位置する枚方宿は、淀川舟運の中継地としてにぎわっていました。時は幕末、政局は混乱を極め、枚方宿でも人と情報が行き交い、鋳物師たちも政争の渦に巻き込まれていきます。
9-3 ぼくときどきぶた
(16ミリあり:9-192)
25 小・低学年  あだなは“十円やす”こと畠山則安君。クラスの発表会で、則安君の班は紙芝居をやることになりました。中川君は「宇宙人が地球を攻撃する話」、花村さんは「こぶたがお弁当を持って遠足に行く話」、則安君は「魔法使いがでてくる話」がいいといい、結局3人の意見を全部混ぜた話にすることにしました。発表会の日、紙芝居の2枚目をだして「魔王がやってきました」といった時、紙芝居から魔王が飛び出し大騒ぎになります。 
(文部省選定)
9-4 だるまちゃんとてんぐちゃん
/だるまちゃんとかみなりちゃん
(16ミリあり:9-229)
23 幼児、小・低学年  加古里子(かこさとし)の名作絵本「だるまちゃん」の2つの物語。
『だるまちゃんとてんぐちゃん』だるまちゃんは、かっこいいてんぐちゃんのまねをしようとしますが…。
『だるまちゃんとかみなりちゃん』だるまちゃんは、雲の上にあるかみなり国に行きます。そこには珍しいものばかりあります。
(文部省選定)
9-5 だるまちゃんとだいこくちゃん 18 幼児、小・低学年  加古里子(かこさとし)原作の名作絵本「だるまちゃん」より。ある春の日、だるまちゃんとだるま子ちゃんは神社でだいこくちゃん親子に出会いました。なんと持っていた打ち出の小槌から、おいしそうなものがポコポコ出てくるではありませんか…。
9-6 盲導犬クイールの一生 (字幕入り)
(dvdあり:9-54 ※字幕なし
25 小学生~一般  「人間らしい歩き方を思い出させてくれた」「盲導犬は、ただ道を教えてくれるだけと思っていましたが、でも違いました。いっしょにいるだけで気持ちを明るくしてくれる友だちなんですね」
9-7 おれたち、ともだち! ~ともだちくるかな~ 13 幼児、小・低学年  原作:内田麟太郎、絵:降矢ななの人気絵本をアニメ化。誕生日を一緒に祝うため、キツネが来るのを待つオオカミ。だけど、キツネは来ない―。ついに怒りを爆発させ、ふて寝してしまうオオカミ。翌朝、オオカミは考えました。「なぜ、おれはこんなにしょんぼりしているんだ。そうだ。心があるからさびしいんだ。心なんかいらないぞー。」そこに、キツネがやって来て―。
9-8 1ねん1くみ ~1ばんゆうき~ 13 小・低学年  原作:後藤竜二の「1ねん1くみ」シリーズのアニメ化。「これをいばっているやつに見せると、ぶん殴らないよ。」くろさわ君がくれた印籠をくどう君が両親に見せると、両親はひれ伏しました。数日後、校庭でドッジボールをしていたくどう君たち。らんぼう者の4年生にボールが当たってしまいます。怒った4年生にくどう君が印籠を見せると―。

page top