中区公民館ホームページ 舟入公民館


 トップページ メニュー

舟入公民館を東から臨んだ外観写真。鉄筋3階建て。

公民館主催の行事については、公民館だよりのページに掲載していますので、ぜひご覧ください
舟入公民館で活動するグループについてのお問合せはお電話でお気軽にどうぞ!→舟入公民館 082−295−5003

  • はじめにお読みください
  • 施設のご案内
  • 公民館だより←講座のお知らせはこちらです。(平成29年6月30日更新) new!
  • 登録グループ紹介(舟入公民館 登録グループ一覧へ)
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ひろしま公共施設予約サービス
  • 消費税率の引き上げに伴う公民館使用料の改定について(お知らせ)

  •   ☆講座情報☆   

    はだしのゲンフィールドワーク&「はだしのゲンが見たヒロシマ」上映会チラシ(PDF)
    「はだしのゲン」の作者中沢啓治さんは舟入のご出身で、神崎国民学校で被爆されました。
    映像で中沢さんの被爆体験を聞き、漫画の舞台となった場所を実際に歩いてみることで、
    私たちが住む地域の被爆の実情について知識を深めてみませんか。

    7月29日(土) 14:00〜17:00
    1部 「はだしのゲンが見たヒロシマ」上映会 14:00〜15:20
    中沢啓治さんが半生を語るドキュメンタリー映画です。ご自身が神崎国民学校で被爆した体験など語られています。
    今回のフィールドワークで訪れる神崎小学校や舟入川口町電停などを中沢さんご自身が実際に訪れる場面も収録されています。
    事前に見てからフィールドワークに臨むと学習が深まります。
    ■場所/舟入公民館 2階 研修室2(広島市中区舟入川口町2−8) 
    ■対象/どなたでも・先着50人

    2部 「はだしのゲン」フィールドワーク 15:30〜17:00
    中沢さんが被爆した神崎国民学校(現:神崎小学校)や、被爆後に母と再会した舟入川口町電停を実際に歩いて訪れます。
    ■集合/解散:舟入公民館 
    ■持参物/飲み物、帽子、筆記用具、バインダー(ある人)
    ■講師/「はだしのゲンが見たヒロシマ」製作プロデューサー 渡部 久仁子さん
    ■対象/小学生以上・先着20人

    申込:前日までに舟入公民館へ(082−295−5003)
    ■主催:(公財)広島市文化財団舟入公民館



    質問などありましたら、お気軽にお電話ください 舟入公民館Tel295−5003


    アクセスカウンター
     中区内の公民館 
      中央公民館竹屋公民館吉島公民館舟入公民館  

    2005-07-01開設  (公財)広島市文化財団 舟入公民館
      連絡・問合せ先  〒730−0845 広島市中区舟入川口町2番8号
    電話:(082)295−5003   ファックス:(082)295−5003
    Eメール: funairi-k@cf.city.hiroshima.jp