亀山公民館トップページ お知らせ 施設案内 講座案内 活動グループ 市民ギャラリー 子育て応援情報 図書室 ボランティア 事業報告


亀山地域の史跡


青古墳群
所在地:亀山五丁目

国道191号「下大毛寺」点滅信号を福王寺山方面に進み、福王寺自動車道に出た
ところにフェンスに囲まれて「青古墳群」がある。
福王寺南麓一帯は可部古墳群と称され、西から給人原・青・原迫・上ケ原・城ケ平・
九品寺の六つの古墳群からなり、太田川流域では他に例をみない数の後期古墳の
群落地であった。
100基近い古墳は開発によってその多くが消滅したが、青古墳群にはもとあった15基
のうち現在は4基、うち3基が広島市史跡に指定されている。
これらはいずれも6世紀末から7世紀に造られた小規模の横穴式石室である。
後期に作られた横穴式石室は埋葬施設とし、被葬者の生前の権力を象徴するために
古墳を造るという意識から、黄泉(よみ)の国での生活を祈念するものに変わった。

区切り線

横穴式石室 横穴式石室
副葬品は埋葬儀礼用の儀器や日用品が多い 食器類・鉄刀・金環などの装身具が出土されている
青古墳群説明板 広島市指定史跡表示杭
出土された遺品は、亀山小学校に保管されている 安佐北区では白木でも古墳が分布している


戻る

(財)広島市未来都市創造財団 広島市亀山公民館 〒731-0232 広島市安佐北区亀山南三丁目16−16 TEL・FAX(082)815−1830