亀山公民館トップページ お知らせ 施設案内 講座案内 活動グループ 市民ギャラリー 子育て応援情報 図書室 ボランティア 事業報告



亀山地域の史跡

旧河戸駅と可部線
所在地:亀山二丁目

可部中央から柳瀬・今井田方面に進むと、広島北税務署を過ぎて「河戸」バス停手前
に「JR旧河戸駅」がある。
可部の町は、水路・陸路ともに山陽と山陰を結ぶ交通の要衝として、人の往来や物資
の集散などで、城下町・宿場町・商工業の町として繁栄していた。
明治38年(1905)に日本最初の国産乗合バスが横川から可部まで走った。
その6年後の明治44年(1911)に横川〜可部まで鉄道が開通し、昭和5年には全国で
も早い電車の走る区間となった。
昭和8年(1933)に可部〜飯室間の鉄道が開通し、戦争で一時中断したが、昭和29年
(1954)に加計まで、昭和44年(1969)に三段峡までの鉄道が開通した。
三段峡まで開通した時にはすでに社会情勢が大きく変わり、車やバスの非常な発達
により、鉄道乗車人口が減少して赤字経営を余儀されるに至り、可部〜三段峡間が
平成15年(2003)11月末で廃止された。
現在、可部駅終点を河戸駅まで電化延伸の運動が行われている。

区切り線

JR旧河戸駅舎 「電車早く来い鯉」の看板と鯉のぼり
ひっそりと人影のないJR旧河戸駅舎 駅構内の「電車早く来い鯉」の看板と鯉のぼり
「ありがとう可部線」のプレート 三段峡〜可部間の乗車券
「ありがとう可部線」のプレート 三段峡〜可部間の乗車券
横川から可部まで走った日本最初の国産バス 可部旧街道を行くバス
横川から可部まで走った日本最初の国産バスが 左は太田川橋下流、右は可部旧街道を行く復元バス
100年ぶりに復元され、平成16年3月に披露された

戻る

(財)広島市未来都市創造財団 広島市亀山公民館 〒731-0232 広島市安佐北区亀山南三丁目16−16 TEL・FAX(082)815−1830