自然の家とは

概 要

 広島市三滝少年自然の家及びグリーンスポーツセンターは、恵まれた自然環境の中で、集団宿泊生
活や野外活動、自然体験活動、レクリエーション活動などを通して、心身共に健やかで活力ある少年
を育成することを目的として、主催事業、受入指導事業を一体的な運営の中で行っています。

教育目標  
 〇自然の恩恵にふれ、自然に親しむ心や敬けんの念を育てること。
 〇集団宿泊生活を通じて、規律、協同、友愛、奉仕の精神を養うこと。
 〇野外活動を通じて、心身を鍛錬すること。

設置者・管理運営指定管理者

設置者(主管課)
広島市(広島市教育委員会青少年育成部育成課)

管理運営指定管理者
公益財団法人広島市文化財団


施設名・所在地・開設年月日

施設名 所在地 開設年月日
広島市三滝少年自然の家 広島市西区三滝本町一丁目73番地の20 昭和53年5月1日
広島市グリーンスポーツセンター 広島市西区三滝本町一丁目68番地の6 昭和57年5月1日

 

沿 革

昭和49年 6月 ●少年自然の家建設のための立地条件として
 ・旧市内に近く、市民の利用に便利であること
 ・自然に恵まれ、海や山の景色がよいこと
 などを掲げ、適地を検討した結果、三滝地内に建設することが決定
  9月 ●昭和50年度当初予算に、建物の実施設計費を計上することが決定
●建設用地造成工事の設計依頼(造成課)造成計画案
 ・造成面積 6,000㎡
 ・造成費  2億7千万円
昭和50年 4月 ●財団法人広島市土地開発公社による先行取得により用地買収
 20,199㎡
●建設基本計画を決定
昭和51年 3月 ●広島市議会本会議で、少年自然の家建設が議決
  10月 ●造成工事起工
昭和52年 7月 ●建設工事起工
昭和53年 5月 ●広島市少年自然の家開所・職員発令
●開所記念式典挙行
●自然の家周辺の国有林63,533㎡の払い下げを受け、キャンプ場を中心とした野
 外活動施設を、グリーンスポーツセンターとして建設することが決定
昭和56年 4月 ●財団法人広島市青少年健全育成振興協会に管理運営業務を委託
  9月 ●広島市グリーンスポーツセンター起工
昭和57年 4月 ●財団法人広島市青少年健全育成振興協会に広島市グリーンスポーツセンターの
 管理運営業務を委託
  5月 ●広島市グリーンスポーツセンター開所・職員発令
●広島市グリーンスポーツセンター開所式を挙行
昭和59年 4月 ●所名を「広島市三滝少年自然の家」に改称
昭和63年 7月 ●開所10周年記念式典挙行
平成8年 12月 ●財団法人広島市青少年健全育成振興協会理事会で、本協会の解散及び財団法人
 広島市ひと・まちネットワークへの事業の委譲と残余財産の寄与を議決
平成9年 4月 ●財団法人広島市ひと・まちネットワークが「広島市三滝少年自然の家及び広島
 市グリーンスポーツセンター」の管理運営業務を受託
平成10年 11月 ●広島市三滝少年自然の家開所20周年を祝うつどい開催
平成19年 9月 ●宿泊者50万人達成記念行事開催
平成20年 12月 ●開所30周年イベントを、第10回三滝子どもまつりと併せて開催
平成23年 3月 ●財団法人広島市ひと・まちネットワーク解散
  4月 ●財団法人広島市未来都市創造財団へ移行
平成26年 4月 ●公益財団法人に移行するとともに、「公益財団法人広島市文化財団」へ名称変
 更

施 設

⑴ 環 境
  市中心部に3.5kmと近く、交通の便がよい標高123mの三滝山に位置し、自然環境・景観ともに
 恵まれている。近くには国の重要文化財のある三瀧寺、市民登山に宗箇山、高峠山、茶臼山、スポ
 ーツや憩いの場として竜王公園がある。

⑵ 施 設
 ア 三滝少年自然の家
   敷地面積   20,119㎡
   建物床面積  3,624㎡
   建築面積   2,683㎡
   建物の構造  鉄筋コンクリート造り 3階建
   主たる内容  ・宿泊棟(定員200人) ・体育館 ・キャンプファイア場 など

 イ グリーンスポーツセンター
   敷地面積   63,533㎡
   主たる内容  ・キャンプ場(常設テント8基:定員96人、1基あたりの定員12人)
          ・炊飯場 ・アスレチック遊具(20種類) など

事 業

 ● 集団宿泊訓練に関すること

 ● 自然観察、自然探求、その他自然に親しむ学習活動に関すること

 ● 体育、レクリエーション及び野外活動に関すること

 ● 野外活動のための施設及び設備の利用に関すること

ページの先頭へ↑