所長室から

 広島市三滝少年自然の家・広島市グリーンスポーツセンターは、広島市の中心部から3.5キロメートルと近いにもかかわらず、多くの自然が残されており、野鳥など多種多様な動植物を観察することができます。また、宗箇山(三滝山)に続く登山道の展望台からは市街地が眼下に広がり、瀬戸内海も眺望できます。

 こうした自然環境の中で、子どもたちの健全育成を図ることを目的として、学校や幼稚園、子ども会など多く団体や個人に御利用いただいています。また、所内には、冒険橋やターザンロープなどのアスレチック遊具があり、市民の方に楽しんでいただいています。

 本施設は、年間多くの主催事業を実施するとともに、本施設の職員と地域の住民の方で構成する「広島市三滝少年自然の家振興会」において、本施設の活性化に向けて意見交換行ったり、地域住民のふれあいの場としての「三滝子どもまつり」などの企画や運営を行ったりするなどの取組を進めています。

 豊富な知識・経験を有する職員が一丸となって、利用者にとって「学びの空間」や「憩いの空間」、「体力づくりの空間」となり、「来てよかった。また来たい。」と思える魅力的な施設となるよう、より一層の充実を図っていきます。
 以下のページより主催事業の様子や取組みを紹介いたします。どうぞご覧ください。

 


広島市三滝少年自然の家・広島市グリーンスポーツセンター
所長  登 民夫

 

 

→令和2年9月1日 「利用者の方からの声」

 

今年度実施した主催事業(クリックするとページに移動します。)

→令和3年4月24日「第1回 親子で星空観察&夜景を楽しもうin三滝」

→令和3年4月25日「横川ふしぎ市(出前事業)」





令和2年度に実施した主催事業一覧についてはこちらからご覧いただけます 。

令和元年度に実施した主催事業一覧についてはこちらからご覧いただけます

ページの先頭へ↑