広島市観音台公民館のロゴ

731-5157  広島市佐伯区観音台三丁目 16-5
電話・ファックス: (082)921-4762
Eメール: kannondai-k@cf.city.hiroshima.jp
October
10月のイラスト
冷暖房設備改修等工事について
 冷暖房設備等改修工事の日程が決定しました。
 12月14日(土)以降から全室をご利用いただけます。
(10月16日〜12月13日はご利用いただけません)
■内容/冷暖房設備及び照明(LED化)の改修
■期間/10月16日(水)〜12月25日(水)(予定)
    ただし、部屋の使用については、14日(土)から使用可能
■利用制限/公民館の全部屋(図書室を含む)および駐車場の一部
・工事期間中でも公民館事務室は通常業務を行います。
・印刷サービスや市立図書館の本の返却など、一部のサービスは事務室で行います。
・ロビーは使用できます。工事期間中もロビー展は開催します。

 なお、例年開催しております「ふれあい湧水まつり」については、工事期間と重なり、他の時期への調整も困難なため、やむなく中止とさせていただきます。
 ご利用の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解ご協力の程、よろしくお願いいたします。

公民館だより 新着情報

公民館だよりのバナー
観音台公民館の公民館だよりです。どうぞご覧ください。
バックナンバー
●先月号

今月のチラシ


観音台カノン 【カノン(canon):輪唱の意】

  初ガツオのイメージイラスト 残暑の暑さも和らぎ、秋らしい風が吹くようになってきました。
秋といえば、スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋と「秋」がくっついてきますよね。
スポーツだって、読書だって秋じゃなくてもできるのに、なぜ秋がいちばん! と、なぜなっていったのでしょうか?  ちょっと調べてみました!
「スポーツの秋」は、1964年の東京オリンピック開催からだといわれています。
10月10日の東京は例年、晴天になる確率が高い日だったこともあり、この日に開会式が設定された経緯があります。
秋の夜長は……、その字のごとく秋の夜は長いのです。
そんな秋の夜長を有意義にすべく、古代中国ではこんな言葉が広まりました。
〈灯火(とうか)親しむべし〉つまり秋の夜長は、灯りをともして読書をするのに最適だという意味が込められています。
「芸術の秋」は、1918年発行の雑誌『新潮』の中で、「美術の秋」と記載されたことが由来とされ、加えて、秋には大きな美術展が続々と開催されることからも「芸術の秋」といわれるようになったようです。
秋は何をするにも心地よい気候です。気候が穏やかな秋の間に何か新しいことを始めてみるのもよいかもしれませんね。



おすすめリンク

佐伯区の公民館
アクセスカウンター
トップページ(ページ先頭に戻る)
公益財団法人広島市文化財団の記章 公益財団法人広島市文化財団
観音台公民館
開館時間: 午前8時30分午後10時
休館日:毎週火曜日ほか
(詳しくはここをクリック)