広島市楽々園公民館のロゴ

〒731-5136 広島市佐伯区楽々園5丁目8-32
電話・ファックス:(082)921-1404
Eメール:rakurakuen-k@cf.city.hiroshima.jp
facebook運用ポリシー

《新型コロナウイルス感染拡大防止策に関する情報》



〇新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う施設の休館等について
公益財団法人広島市文化財団ひと・まちネットワーク部へ(外部リンク)



「広島市主催のイベント等の開催に関する基本方針(R4年3月4日改訂)」
広島市ホームページへ(外部リンク)

「広島市主催のイベント等の開催に関する基本方針」に準じた取扱いについては、
「活動内容チェック表」を参考にしてください。
(参考) 活動内容チェック表(R3.2.8〜)

「利用者の皆様へのお願い」について ・・・  利用者の皆様へのお願い

【別紙】イベント開催等における必要な感染防止策(PDFファイル)
広島市ホームページへ(外部リンク)


公民館だより 新着情報 4月25日更新しました

楽々園・美隅公民館の公民館だよりです。どうぞご覧ください。

バックナンバー
●前月号 1-4面
●前月号 2-3面

<お知らせ>
 講座情報更新しました−ひろしま情報a-ネットへ
 イベント情報更新しました−ひろしま情報a-ネットへ

 楽々園の歴史 

<海老塩浜村>

 海老塩浜村の始まりは、芸藩通志によると万治年間(1658〜1661)と記され、当時瀬戸内海沿岸では、赤穂(現在の兵庫県)で開発された入浜式塩田という方法がいたるところに伝播され、海老塩浜村でも明治の終わり頃まで約250年間にわたって入浜式で塩作りが行われていました。
 年間1100石の塩が作られ、広島県北部や島根県・山口県へ運ばれていたそうです。
<楽々園遊園地>

 1936年(昭和11年)9月に広島瓦斯電軌(広島電鉄の前身)により開園しました。名称は「電車で楽々行ける遊園地」というキャッチフレーズに由来し、この遊園地の開業にあわせて、前年に隅の浜駅を廃止し、昭和11年に塩浜駅を楽々園駅に改称し、現在の楽々園となりました。
 第二次世界大戦中は物資の集積場として利用され、戦後は一時さびれましたが、1950年代に新しい遊具が増えると大レジャーランドとなり親しまれました。

おすすめリンク

佐伯区の公民館
アクセスカウンター
トップページ(ページ先頭に戻る)
公益財団法人広島市文化財団の記章 公益財団法人広島市文化財団
楽々園公民館

開館時間:午前8時30分〜午後10時
休館日:毎週火曜日ほか
(詳しくはここをクリック)